タイトルの通りなのですが、羽田空港まで行って来ました。
軽くレポートと感想述べます。

FOREVER 23が羽田空港に到着したのは早朝3時半。
運転に備え眠眠打破とアイスコーヒーを飲みながら羽田まで約30分。
到着ロビーに着くと、こんな時間でも飛行機を待ってる人がチラホラ。
無論ローズのジャージを着て歩いてるのは自分だけw

Twitterで情報収集&暇つぶしをしつつ待機。
4時を回る辺りで到着口前にスタンバイ。
天候のせいか少しずつ遅れていく到着時刻に今か今かとドキドキしながら待っていました。

時刻が4時半を回った辺りで飛行機が到着ステータスに変わり、荷物受渡中の表示に変わります。
周辺にも人が集まってきて、大体30人くらい居たと思います。
誰か有名人来るの?って感じで後ろで見てる人も少々。
待つことそこから20分くらいで遂にローズ登場!
画像1

個人的に先に出てきたママローズも見て「おお!」となってましたw
個人エージェントの元ブルズPGであるBJ・アームストロングも登場。

ボクは到着口のローズが出て来た側の端あたりに居て、
iPadで「Welcome D-ROSE!」
というボードを掲げておりましたがきっと気付いてなかったと思いますww←涙目
早足で通過していくローズを見送り、これではダメだとローズをチェイス。

そこで突然、大声で「Wait!」。
Gallery2さんのロゴが背中に入った浴衣を着た大男がローズに果たし状があると言い、
それを広げて読み始めました。それに応じ立ち止まるローズ。
画像1

笑顔で聞き、「All right」と返答。
ヘッドフォンはズラしてあったそうですw
この果たし状は恐らく六本木ヒルズのイベント、1ON100の前振りなのだと思われます。

送迎バスに乗るためにadidasジャパンのエスコートで歩き出すローズ。
ここで一度立ち止まったローズにファンが近づきます。
みんなサインを貰おうとジャージやトレカ、バスケットボールなど思い思いの物をサインペンと共に差し出そうとしますが誰一人ローズと接触は出来ず。
adidas関係者やローズ関係者が完璧なシャットアウトで近づかせません。←涙目2
バスに乗るためのエレベーターまで移動するローズを結構な距離感で再びチェイス。
画像1

待ってたファンは大体こんなもんです。

そしてエレベーターに乗り込み、降りて行くのを見送ってローズお出迎えは終了。
画像1

この後も追おうとエスカレーターで降りようとするファンも居ましたが警備員がシャットアウト。
はい、もういいですね、解散してくださいとの警備員の号令でチェイスは完全終了と相成りました。

不完全燃焼感は正直あります。
それでもシカゴ・ブルズの現役エースでNBAのスーパースターであるデリック・ローズを間近で見ることが出来ました。
生で見たローズは想像よりも大きくなく、小顔で、寡黙かつ真面目なオーラが出ていました。
今までインタビュー動画などで受けていた印象と変わらない、イメージ通りという印象です。
六本木のイベントでも見ることは出来ますが、早朝から車走らせて行った甲斐あって画像のような近くでローズの存在を感じることが出来、貴重な経験になりました。

早朝ということもあり、待機していたファンは上記の通り2〜30人程度。
正直に言えば、この人数なら・・・もしかしてファンとの交流クルー!?
と期待してしまったがために残念な気持ちも少なからずあります。
待っている間、小さなメモ用紙に書いてある英語を真剣な顔で何度も読む子供、
登校前に集まったであろう中高生、仕事前に集まったボクのような大人。
皆ローズの来日を喜び、ローズを歓迎したい、折角だから少し交流も持ちたい。
そんな気持ちをローズにぶつけるタイミングもなく、ただ見送ることしか出来なかったのは残念でした。

Twitterでも色々な意見があるサムライ果たし状の下りですが、あれがあったためにローズが立ち止まってくれて近くで見れたという意見、あれがなければローズは少しでもファンと交流出来たのかもしれないという意見。
どっちの意見もたられば論になってしまうので何とも言えませんが、せめて集まったファンに少しでもいいから笑顔を向けて貰いたかったなぁとは思いますね。
長旅で非常に疲れているでしょうし、到着時の対応が事前にガッチリ決まっていたかもしれませんし、仕方ない部分も多々あることは承知の上で。

長くなってきましたのでネガティブと捉えられそうなことを書くのはもうこの辺にしときます。
それを伝えたいわけじゃないので。

距離もあったし、特段交流はなかったし、時間もほんの一瞬でしたが行って良かったと思ってます。
ローズを生で見た一番乗りの1人としてあの場に居れたことは非常にいい思い出になりそうです。
行かないで後悔するより行って後悔して来いと快く送り出してくれた妻に感謝。
来日を実現させてくれたadidasジャパンさんにも感謝。
そして大変な時期に来日を決めてくれたローズに最大の感謝。

土曜日、再びローズを生で見れる喜びに浸りたいと思います。
今日のところはこんな感じで。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
最後にブルズのメンバーをポチっとしてくれると嬉しいです。 
ブログランキングリンク用
ランキング参加してます!