今シーズンも書いてみます。
ここを書いてる時点では簡潔にとか考えてます。マジです。
でも結果的にクソ長くなりますね間違いなく←
あと文章のテンションについてはノーコメントで←←

★POINT GUARD

クリス・ダン(背番号32、23歳)
2016年NBAドラフト5位指名、プレドラフトランキングでPG部門1位だった逸材。
ジミー・バトラーとのトレードでブルズに入団。
ブルズフロントが以前欲しいと思った選手を無理やり獲得しました①である。
現在怪我の治療中で開幕絶望的。
しかし気にすることはない。完璧に治して帰ってくるんだぞ。

良い所:長身、大変アグレッシブ、運動量豊富、ディフェンス意識と能力、カズンズに喧嘩売っちゃう命知らず
悪い所:シューティングが安定しない、そのせいで対戦相手の脅威になりきれない

ブルズ未来の希望として大成してほしいが果たして。

ジェリン・グラント(背番号2、24歳)
2015年NBAドラフト19位指名。
去年ローズとのトレードでブルズに来た。
ちなみに「以前欲しいと思った選手を無理やり獲得しました②」である。
(いったい何回このフレーズを書くことになるのだろうか)
ダンの怪我により、開幕スターターがほぼ確定。

良い所:長身、スコアリング能力あり、PGとして判断力も伸びてきた、ホーレス・グラントの甥
悪い所:我が弱く縮こまりがち、プレーの出来に波がある

ディフェンス強化してアグレッシブになればもう一皮剥けれると思う。

キャメロン・ペイン(背番号22、23歳)
2015年NBAドラフト14位指名。
去年タージ、マクダーモットとのトレードでブルズに来た。
ちなみに「以前欲しいと思った選手を無理やり獲得しました③」である。
ちょっと待て。PG全員これかよ。そうかそうか。ウケる←
ペインもダン同様、現在怪我の治療中。

良い所:シュートが上手い、個性的なダンス・ヘアスタイル、仮想IT(←)
悪い所:怪我がち、ブルズに来てから1度も目立った結果を出していない

今後に期待…していいのか。ロッタリーピックの意地を見せて欲しい。
「がけっぷち①」FOREVER23書

ケイ・フェルダー(背番号20、22歳)
2016年NBAドラフト54位指名。
ネイト・ロビンソンとほぼ同じ身長の小兵系スコアリングガード。
キャブスがロスター・サラリー調整のため放出したおこぼれに与った形。
2016年NCAAアシストリーダーであり、垂直跳び110センチという身体能力オバケ。
ブルズフロントが好きそうなタイプの選手だなぁと思う。

良い所:契約が安くリスクがない、PGの控えを埋められる、身体能力
悪い所:サイズ

頑張れフェルダー。ブルズに来たからには応援する。

ライアン・アーチディアコノ(2WAY契約。背番号15、23歳)
2016年NBAドラフトクラスだが、指名は受けていない。
スパーズにてサマーリーグに参加後、スパーズと契約するもプレシーズンで解雇。
その後はGリーグのオースティン・スパーズにてキャリア初年度を迎える。
ブルズ初の2WAY契約選手の1人。

良い所:PGとして危なげないプレーが出来る、割と端正な顔立ち
悪い所:今のところスコアリングにあまり期待できなさそう、ディフェンスがペラい

2WAY契約なので過度な期待は禁物だが、ダンとペインの怪我で開幕から出番はある…か?

★SHOOTING GUARD

ザック・ラヴィーン(背番号8、22歳)
2014年NBAドラフト13位指名。ダンクコンテスト連覇のダンクマスター。
2017年10月現在、ブルズの未来と言えばラヴィーン、
ラヴィーンと言えばブルズの未来、皆さん清き一票をである。
ダン同様、ジミー・バトラーとのトレードでブルズに入団した。
昨シーズンに前十字靭帯断裂の大怪我を負い、現在絶賛リハビリ中。
復帰は早くて11月下旬から12月上旬であると言われているが、焦りは禁物である←

良い所:スコアリング能力、抜群の身体能力、あくなき向上心、スター性
悪い所:怪我からの復帰具合、ディフェンス

未来のエース候補、ラヴィーン。完全復活で頼む。

ジャスティン・ホリデー(背番号7、28歳)
2011年NBAドラフトクラスだが、指名は受けていない。
キャリア6年で8チームを渡り歩く苦労人である。
弟はペリカンズのジュルー・ホリデー。
ローズとのトレードでニックスに移籍したが、1年で戻ってきてくれた。
こういう選手を大事にできるかどうか、ブルズフロント腕の見せどころである。
サインしたのはGJとしか言えないわ。

良い所:オフボールでの運動量、高いシューティング能力、ディフェンス、タレ目
悪い所:線が細い、オンボールでショットクリエイトするタイプではない(高望み)

バッシバシ活躍してもらって、再来年いい契約を掴んでもらいたい。ブルズで。

デンゼル・バレンタイン(背番号45、23歳)
2016年NBAドラフト14位指名。なかなかクセのある顔をしている(顔)。
2年目になり、成長した姿を少しずつ見せ始めていて、期待したい若手の1人。
マルチポジションが出来るバレンタイン、今年は重用されるんじゃないか。
でもディフェンスをもう少し頑張らないと。

良い所:シュート力、ハンドリングが良い、パスを捌ける、ロバみたいな顔
悪い所:若干判断が遅い、ショットセレクション、ディフェンスがザル

ベンチからの起爆剤になって欲しい。あとディフェンスは死ぬほど練習しろ。

デイビッド・ヌワバ(背番号11、24歳)
レイカーズがロスター調整のためカットした選手。
2016年NBAドラフトクラスだが、指名は受けていない。
ブルズの若手の中では際立つギラギラ感。大変好感が持てる。
このザルディフェンスロスターの中、ヌワバが存在感出してくれると面白そう。

良い所:アグレッシブなディフェンス、リムに向かう姿勢、対戦相手を食べそう
悪い所:アウトサイドシュート

ようこそブルズへ。個人的に応援したい選手です。

アントニオ・ブレイクニー(2WAY契約。背番号9、21歳)
2017年NBAドラフトクラスだが、指名は受けていない。
サマーリーグで輝きまくっていたスコアリングガード。
昨年のドラ1、ベン・シモンズと大学でチームメイト。
ボクはもはや彼を2巡目指名したと思うことにした。
ジョーダン・ベル?誰それ(威圧)(←)

良い所:スコアリング能力、2代目ブロッコリー
悪い所:若干アンダーサイズ、ショットセレクション、ディフェンス

2WAY契約なので、こちらも限定的な活躍になると思う。育てて欲しい。

★SMALL FORWARD

ポール・ジプサー(背番号16、23歳)
2016年NBAドラフト48位指名。
ブルズの2巡目指名では近年稀に見る当たり選手である。
色々と発展途上ではあるが、このままいけば良いロールプレイヤーになりそう。
SFポジションがスカスカのブルズロスターなので、今季スターターは確定か。

良い所:割とオールラウンドなスキル、おっさんくさい顔
悪い所:比較的平凡な身体能力、ディフェンス

シューティング能力をもっと向上させて、
NBAスタータークラスにつけるディフェンス能力を培えば…期待したいものである。

クインシー・ポンデクスター(背番号20、29歳)
2010年NBAドラフト26位指名。まだ29歳だが、チーム最年長。
怪我からの完全復帰を期すシャープシューターである。
サラリー調整請負人であるブルズフロントがNOPに塩を送った対価で獲得。
元ブルズ選手のクリフ・ポンデクスターの甥である。wiki先生あざす。

良い所:アウトサイドシュート、ブルズ元選手の甥
悪い所:コンディション

ポンデクスターが砲台として機能してくれたら面白そうだよなぁ。

★POWER FORWARD

ニコラ・ミロティッチ(背番号44、26歳)
2011年NBAドラフト23位指名。スペインの至宝、ユーロの至宝である。
今季制限付きFAとなったが、2年27ミリオンで再契約に至った。
オフに10キロ近く体重を増やしたニコにさらなる活躍を期待したい。

良い所:どっからでも打てるシュート力、サイズに似合わないアジリティ、髭
悪い所:ディフェンス、シュートの安定感

ボクはニコがもっと出来ると信じてる派なので、今年見返してもらいたい。

ラウリ・マルケネン(背番号24、20歳)
2017年NBAドラフト7位指名。
ジミー・バトラーとのトレードでブルズに入団することになった。
ブルズはプレドラフトワークアウトに呼んでなかったらしい。
ジミーのトレード、どんだけ突発的に決まったんだよ。
話が逸れた。若干20歳のピチピチボーイ、長い目で見るか…。
とか言ってたやつをユーロ2017での大活躍で土下座させた。
即戦力です、すみませんでした←←

良い所:シューター並みのシュート力、多彩なポストスキル、
    軽快なフットワーク、変えたばかりのヘアスタイル
悪い所:発展途上なフィジカルとそれに伴うNBAビッグマンへのディフェンス

どう考えてもブルズの未来ですありがとうございます。

ボビー・ポーティス(背番号5、22歳)
2015年NBAドラフト22位。
今年、勝負の年となりそうなクレイジーアイズ。
同ポジションにボビーよりシュート力のある選手が揃っていることもあり、
どこで違いを出していくのか密かに今季楽しみにしている。
ピック&ポップからのスリー以外に見せ場作れるかどうかがカギ。

良い所:モーターと形容される運動量、アウトサイドも打てる器用さ、飛び出る目
悪い所:バスケIQ、ディフェンスがザル

「がけっぷち②」FOREVER23書

★CENTER

ロビン・ロペス(背番号42、29歳)
2008年NBAドラフト15位指名。
今年のブルズの大黒柱オブ大黒柱。チーム最年長にして最強のグルーガイ。
いつもチームメイトのことを気にしている感が伝わってくる。
たまにハイタッチに気付かずシカトするやつが居て、戻ってロペスとハイタッチして来いと言いたくなる←
デッドラインまでに放出もあり得るんじゃないかと言われているが勘弁してほしい。

良い所:正確無比なフック、どんどん拡がるシュートレンジ、フィジカルなディフェンス、鳥の巣
悪い所:ストレッチ系ビッグマンへの弱さ、他チームマスコットをしばき倒しすぎる

ロペスさんすみませんが今年もブルズの若手たちをよろしくお願いします(低身低頭)

クリスティアーノ・フェリシオ(背番号6、25歳)
2014年NBAドラフトクラスだが、指名は受けていない。
サマーリーグ契約から4年32ミリオン契約を勝ち取ったブラジリアンドリーム。
まさかここまでの選手になるとはなぁ…。
ただのジャガイモじゃなかったんだな。あ、メイクイーンじゃなくて男爵の方←

良い所:屈強なフィジカル、高い身体能力、合わせの巧さ、男爵イモ
悪い所:得点パターンの少なさ、ディフェンスがザル

控えセンターは君しかいない、頼んだぞジャガイモ!←

以上です。超疲れました。

FOREVER 23