2019年03月07日

IG証券のノックアウトオプション(2)

さて、ここではドル円110円の時に、円安になると予想して、買いポジションを取ると仮定します。そして、109円になったら損切りするとします。

FXだと、109円に逆指値を置きますが、相場が急変した場合や、週明けに窓を開けた場合など、108円よりもかなり下で約定することもあり得ます。

買いポジションとしてオプションを買う場合は、コールオプションになります。普通のコールオプションを買うと、値上がりした時は利益になりますが、値下がりした場合は、オプションを放棄することで、それ以上の損失がなくなります。ただし、オプションを買う時はオプション料(プレミアム)を払わないといけません。

オプションには、方向(買う権利=コール、売る権利=プット)、権利行使価格(その時の相場にかかわらず、売買すると約束した価格)、期限の3つがあります。期限が来た時に、権利行使価格よりも有利(例えば権利行使価格110円で、相場が115円)なら、権利を行使(110円でドルを買う)して、すぐ115円で売れば、5円儲かります。不利(108円)なら、権利を放棄します。

続く



forex_trader at 21:10|PermalinkComments(0)clip!

IG証券のノックアウトオプション(1)

最近、話題のIG証券「ノックアウトオプション」ですが、オプション研究家(?)として、説明してみたいと思います。

まず、IG証券は、昔、FXオンラインジャパンというFX業者でした。どういういきさつかよく分からないのですが、現在はIG証券になっています。FXオンラインジャパン時代に、少しだけ取引したこともあります。

FXでオプションと言えば、バイナリーオプションが主流みたいですが、バイナリーオプションは例外的なオプションです。本来のオプションは、「買う権利」を売買する「コール」オプションと、「売る権利」を売買する「プット」オプションで、これら何も条件が付いていないオプションを「バニラ」「プレーンバニラ」と言います。普通のアイスクリームのフレーバーですね。国内で上場されている有名なオプションである日経225オプションもこちらになります。海外では株価指数先物だけではなく、個別株や商品先物のオプションも多数上場されており、盛んに取引されています。

FXオプションにもコールとプットがありますが、普通のFXと同様、相対取引で取引されています。個人向けでは、サクソバンクがやっているのでしょうか?

(続く)



forex_trader at 10:45|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月05日

昔のブログ記事

昔のブログ記事を読み返していると、このブログを始めた頃は、手数料無料の業者が出始めた頃のようです。本体のウェブサイトを作った時は手数料は有料が当たり前、スプレッドも数銭でした。そういった情報を集めて比較ページを作っていたら、多くの方にリンクを張っていただいたりしていました。今では、手数料無料は当たり前ですよね。そして、多くの業者が消えていきました。

forex_trader at 15:48|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月02日

半年放置してる間に

取引はしてたけど、忙しくて放置してる間に、ドメイン(forex-traders.net)が失効してしまいました。2003年から続けていたウェブサイトが消滅。しょうがないですね。ドメインとレンタルサーバを合わせて年間数千円かかるので、取り直すつもりはありません。livedoor blogは無料なので、ここだけ残しておきます。

低レバトラリピなので、1月3日のフラッシュクラッシュも利益になりました。この調子でコツコツ続けます。

forex_trader at 22:16|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月16日

トルコショック

トルコリラが暴落していますが、トラリピでトルコリラやってる人いないですよね。新興国通貨は落ちても戻るとは限らないので、トラリピには向きません。

ドル円、クロス円は落ちたけど戻ってきました。結構よく動いてくれたので、トラリピ的にはうれしいです。早く元値を超えてくれれば。

forex_trader at 20:06|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月31日

一瞬の乱高下

今日は13時03分〜07分までの短い時間に小さな乱高下が発生しました。トラリピだとこういった動きが取れるのがありがたいです。

夜はドルが急伸。塩漬けポジションがどんどん決済されていきます。

トラリピは、トレンドに逆らう、ナンピンする、薄利を狙うなど、相場のセオリー的に反することばかりなのですが、低レバでじっくり取り組むと、着実に利益が取れるのが、ありがたいです。ギャンの28のルールとは正反対ですけど。

forex_trader at 22:28|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月06日

雇用統計

雇用統計は毎月第1金曜日。

上がったり下がったり、トラリピにとってはとても楽しい動きです。今夜はどうなるでしょうか?

forex_trader at 20:55|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月21日

円安で窓開け

今週は円安で窓を開けて始まりました。月曜日は、業者によって始まる時間が違うようです。また、窓開けの場合の処理も違うようです。マネパの場合、オープンは7時、指値よりもオープン時のレートが有利な場合、オープン時のレートで取引が成立するようです。

NZD/JPYはすぐに窓を埋めてしまいましたが、AUD/JPYとUSD/JPYは窓を埋めずに円安が進んでいます。どこまで上がるのやら?

forex_trader at 20:07|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月02日

新生銀行ATM有料化

新生銀行のお知らせ「2018年10月7日(日)より、提携ATMの出金手数料を以下の通り、ステージに応じた手数料に改定させていただきますので、事前にお知らせいたします。」

PLATINUMとGOLDは無料のままだけど、STANDARDは1回108円になります。昼も夜も関係ありません。無料回数もありません。8月時点でGOLDの条件が満たせないと有料になります。GOLDの条件は・・・

お預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上(月末じゃなくて平均!)
外貨預金などの所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上(月末じゃなくて平均!)
円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上(月末じゃなくて平均!)
投信積立(つみたてNISA含む)にて投資信託を購入されかつ、前月21日〜当月20日までに約定日を迎えていること(積立!)
THEO+[テオプラス]新生銀行にて前月21日〜当月20日までに積立の引き落としがあること(新生総合口座パワーフレックスからの積立の引き落としに限ります)(積立!)。
新生銀行FXにて前月21日〜当月20日までに新規取引により10万基本通貨単位以上約定すること(新規のみ!)
などです。

いつでもATM無料。振込月1回無料(GOLDなら月5回)だったので便利に使わせてもらっていたのですが、弱小投資家には厳しいことになりました。解約を含めて要検討です。

forex_trader at 19:53|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月04日

チリも積もれば

相変わらず、方向性のない相場が続きます。下に行きそうにも、上に行きそうにも見えます。方向がうまく読めれば儲かるのですが、読めない人でも、レバレッジを下げて、じっくりと取り組むことで利益を上げよう、というのが、トラリピ手法です。

トラリピは微益を重ねていくので、まさに「チリも積もれば」です。すいすいと相場を読んで稼いで、失敗したら損切りで切り抜けて、となれば、もっと儲かるのかも知れませんが、それができないと、損切りの嵐。だったら、微益に甘んじて、少しずつでも稼ぎたいと思います。スワップと合わせて、年に10〜15%取れればいいのではないでしょうか?

forex_trader at 21:57|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月20日

ヒゲとトラリピ

FXチャートは、ロウソク足で見る人が多いと思います。ロウソク足の上下に付いている「ヒゲ」。特に、要人発言でヒゲが出ることが多いようです。

レンジブレイクでエントリーし、損切りを設定していた頃は、この「ヒゲ」でエントリー・損切りになることもしばしばでした。

トラリピを始めてからは、ヒゲが出るほど儲かります。安く買って高く売って、また戻る、という動きで、何度もリピートするほど、収益が上がるわけです。

チャートに貼り付けない人、読みが下手な人は、トラリピが向いていると思います。



forex_trader at 22:03|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月09日

雇用統計はトラリピ向き?

今日の日本時間22:30は米国の雇用統計の発表日です。来月からは夏時間なので1時間早くなります。

FXの最大イベントはこの雇用統計ですね。いつも予想通りにならず、大きく変動します。おまけに、翌朝までに元に戻ったり、最初とは逆方向に行ったりなど、とてもじゃないけど付いて行けません。

トラリピ派になった今は、見てるだけでどんどんポジションが増えたり減ったり、結果として、利益が出ることが多くて楽しみです。「行ってこい」だと最高ですね。雇用統計でも失敗がない、最悪でもポジションが溜まるだけ、のトラリピです。

forex_trader at 22:02|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月06日

スワップ派からトラリピ派へ

昔々、「外国為替取引入門」のサイトを始めた15年前よりも、もうちょっと前にFXを始めました。最初に開いた口座は、オリエント・トラディション・FX、今の外為どっとコムです。

その頃の目的は高金利の外貨による運用、つまり「スワップ派」だったわけです。ただ、その頃と今を比べると、日本円の低金利は変わりません(ゼロ金利になってしまいました)が、外貨金利は、新興国を除き、かなり下がっています。なので、スワップだけではちょっと金利が低すぎるし、それを補うためにレバレッジを上げるとリスクが高まる、ということで、トラリピのような、細かな値動きを利益に変える手法の重要性が増しています。

forex_trader at 21:01|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月27日

窓開け

月曜日のドル円、クロス円は、大きく窓を開けて始まりました。買いトラリピなので、上の方で決済されてよかったのですが、その後は窓を埋めてさらに下に行って戻して。その後は、上にも下にも行けない相場です。本日24時のパウエルさんの発言まで動きはなさそうですね。トラリピ的には、激しく乱高下するのが一番儲かりますが。



forex_trader at 21:44|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月20日

100勝0敗のトラリピ

「損小利大」とか「ナンピン素寒貧」とか「損切り万人力」とか、色々な相場格言がありますが、トラリピ手法はそれらに真っ向から逆らう手法です。小さな利益を積み重ね、ナンピンを繰り返し、損切りをしない。ひとたび損切りに追い込まれると99勝1敗でもトータルで負け。トラリピは100勝0敗でなければいけません。

相場はいつかは戻る、それを信じて、スワップと小利を積み重ねて待ち続ける、個人だから取り得る手法です。ただし、新興国通貨は戻る保証がありません。ある程度規模の大きな国の通貨でないといけません。

forex_trader at 22:34|PermalinkComments(0)clip!