2020年02月10日

2020年F1 レッドブルとフェルスタッペンの勝算

年明けてからすでに1か月以上たってしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、今宮さんの突然の訃報に大変驚きました。
私がF1を見始めたときから
ずっと今宮さんの冷静な解説付きでレースを見てきました。
近年こそTV解説はわずかとなりましたが、
様々な記事を書かれていて精力的に活動されていたと思います。
まさかの訃報に大きなショックを受けました。

セナの死亡事故のとき涙声で
「それでもレースは続いていくんですね」
とコメントされたシーンが目に焼き付いています。
今宮さんが亡くなられてもレースは続く・・・
見たくても見られなかったレースを自分が見られることをありがたく思います。


さて、年末年始にかけての動きは大きくはなかったものの、
ルクレールとフェルスタッペンの契約更新が早くも決まりました。

レッドブルに関してはホンダとの供給交渉が引き続いている中で
先にフェルスタッペンとの契約を実現できたのは好材料です。

ではフェルスタッペンはホンダエンジンを失うリスクがありながら、
なぜ早々と残留を決めたのでしょうか。

まず、2021年から予算制限が導入されることになりましたが、
エンジン開発の大きな部分に関しては蚊帳の外になりました。
↓レギュレーションの翻訳

(n)F1チームによって使用されるパワーユニット供給境界内の商品およびサービスのすべてのコスト、通年の報告期間中、技術規則に定められた適用最大価格に等しい金額まで。

(s) F1チームのF1車のパワーユニットで 使用する代替燃料およびオイルの開発、そして、テスト、および検証に直接起因する、パワーユニットサプライヤで発生したすべての費用。

以上のことからすると、シャシー開発に比べると
エンジン開発はこれからもかなり熾烈な競争が続くことになります。
そうなると、エンジンサプライヤーはかなり高コストになることが想定されます。
ホンダが契約延長をするかどうかは、この部分が最大の心配事と思われます。

逆に、レッドブルにとってはこれまでシャシー開発に回していたコストは浮きます。
ではその分は得するのか?
ホンダエンジンの開発に何らかの協力をする予算になるのではと推測します。

というのは、メルセデスやフェラーリとは違ってレッドブルだけが自社製エンジンではない、
ということがハンデになってはいけないというルノー時代からの教訓があると思うからです。
すなわち、ホンダとは一心同体のつもりで開発をしていかないと、
メルセデスやフェラーリにはかなわないと考えているに違いありません。
であれば、ホンダとはワークス以上の関係にするべく予算投下してもおかしくないと思うのです。

ホンダとしてはコストの負担をチーム側がしてくれる(実質有償供給)のであれば、
参戦を継続することには当然前向きになると思います。
ホンダ側がそういった条件をレッドブル(またはアルファタウリ)から引き出すことができれば、
開発ペースも確保でき、フェルスタッペンも含めて勝つ要素は揃うと考えられます。

そこで、フェルスタッペンがホンダより先に残留を決めたということは、
レッドブル側からホンダと契約できる確かな情報を得ていると思われます。

もちろん、ルクレールがいる以上フェラーリ移籍は不利になりますし、
ハミルトンが引退しない限りメルセデス入りもないでしょう。
むしろ、メルセデスの方が撤退の噂が出るなどしていて不安定です。
早めにレッドブルのナンバーワン待遇を抑えておくことは悪くないはずです。

唯一の不安要素がエンジンがないことによる撤退だったとすれば、
その点はすでに概ねクリアになっているのではないかと思います。

このように考えると、レッドブル&フェルスタッペン&ホンダのタッグは、
今後も崩れないのではないでしょうか。
個人的には、リカルドが帰ってくれば盤石、だと思っています。
あとは二人目の安定したドライバーが必要なピースになるでしょう。






F1 ブログランキングへ




formuladiary at 00:10|PermalinkComments(0)F1