【MUGEN】バダー兄さんと簡易対応



バダー兄さんは原作でのクウガとの対決でもお互い実に「ライダーしてる」ので、私も相当好きです。
具体的にはダグバとかガドル閣下とかゴオマさんより好きです。

β版が公開されたので紹介を兼ねて、昨日特殊イントロ対応させました。
対・カイザ、ディケイド用の特殊イントロを本来の用途であるバダー兄さんとの特殊イントロとして
p2name追記しただけですし、バダー兄さん相手のイントロ時はビートチェイサー出ないようにとか
直すとこ少しあるので、また更新するかもです。


バギブソンの技としての組み方は、クウガに反映させたいくらいなんですが
クウガは超必殺技が多すぎるのでこれ以上加えられない……かな
まぁ、気にせず入れちゃえばいいって気もしますけど。

昨日、本当はバギブソンとトライチェイサーで空中で激突して始まる特殊イントロとかも作ってみたかったですが
暇がありませんでした、ムネーン


アギトの改造方向性について考えてみる

スタイリッシュな新規絵を追加してコンボゲーだのCVS程度のクオリティの動きをさせるのは
私の実力として明らかに不可能なので、このままだとAIのないヘタレ改変データと化す可能性

というわけで、ベースになるゲームシステムを変えてしまうことにしました。

qzakさんのオリジナルデータは餓狼mowエフェクトを使用しているので、たぶんそれだと思いますが
動き全体のフレーム数をアレコレと考えた結果「なんちゃってサムスピ風」が一番合うのではないかと

1ボタン技大ダメージがサムスピの根幹なので、フレイムセイバーをどうにかせにゃならんとですが
現状の追加版トリニティ技を必殺技ランクに落として六道にして、RKは普通ゲージ技、バーニングパンチはゲージ技の当身にしてシャイニングは絶命扱いにすれば、どうにか住み分けになる気がします。

各フォームの必殺技を搭載した豪華なゲージ技が多いのに、ゲージを稼ぎにくいというジレンマも解消




…………あれ? 意外とイケるんじゃ







ディケイド単体化計画その2

5)


振り向き・歩きetcの各種基本行動に加えて通常攻撃の弱中強の差し替えが完了
合わせて必殺技の再設定もとりあえず終わりました。

ただし、スプライト各種は琉衣さん描画ではなくAzuma作のテキトー切り貼りなので凄まじい状態です。


kuuga_3650_4

しゃがみ強攻撃はこんな感じのヒット後フォロースルー絵を入れたかったのですが
Azumaの画力は琉衣さんのレベルにすら程遠い状態なので、描けてません。



なお、アギト同様にqzakさんのルールに沿う限り再改変自由(SFFからデータ抜いてqzak氏DCD用に「攻撃喰らったり歩いただけでクウガにならないパッチ」とか作って公開したりとか、このデータを更に改変してキャラ製作とか、自由です)。

素材投稿とか、cns書き換えとか演出強化とか更なるオリジン改変版とか大歓迎ー





続きを読む

M.U.G.E.N キャラセレ画面

mugen-top



今更ですが晒しという名の自慢(自慢になってないけど)
アドオンがアレとかコレでなくてデフォアドなのは、いっちゃん軽いからキャラテストの際に起動が楽なのが理由

見てわかる通り、テスト用のキャラ以外仮面ライダー系キャラしか入ってません
1段目は昭和ライダー
2段目が平成ライダー、数が多いので3段目も平成ライダー
4段目は製作・改造中のキャラ用スペースです。
……小ポトレだけ見て全部のキャラがわかる人がいたら凄い


数合わせでα版公開のキャラも入れていますが、昔公開されていた「てつを」「ザビー」は見つかってないので入っていません。qzakさん製作ライダーズは、たぶん全部入れたと思いますが、DCDクウガは被りとして除外。
ただし、雑草さん改造版があるものはそちらを採用しているので2キャラ入れていないです。
大ポトレと被って見えづらいですが1段目にニコニコ産ブラックも導入済み。
2段目響鬼さんの左の空欄はブレイドキングフォームです、アレは小ポトレが無いので透明で見えてません。



こうして見ると、クウガの小ポトレって超絶に地味ですね。



oki氏の大首領・muu氏のガラガランダ&イカデビルは未導入なだけですが
他に公開中のライダーキャラがいましたら、教えて下さいなー





セイバースラッシュ分割完了

0)


弱→qzakさんオリジナル版そのまま
中→フミコミザン  (誰がわかるんだ、このネタ
強→上のアニメ参照、2連斬り

というわけで、強版のアニメをテキトーにでっちあげました。
細かな調整は後回し、中身ってのは絵と素材ありきですから


Ennkiさん改造verへの仮搭載版をアップローダに上げておきました。
なお、Ennkiさんの搭載したゲージ消費版CHRKのCNSとかエフェクトは弄ってません。

あと基本、再改変自由です。


誰かがストームフォームの技を上手いこと作り変えてくれないかなーとか
丸投げもとい、期待していますがそれ以外の細かいとことかアレコレの素敵素材とかもお待ちしております。





ポケモンは秋に買わないことになりました。 無念

残念ですが、モチベと時間を維持できる気が全くしないせいですね。
やむをえません

というわけで、方向性を色々と見失っている当ブログですが
今更ながらにテーマを丸ごと変更することを検討しております。
丸ごと消してゼロから再スタートも考えたのですが、ぶっちゃけ新規に構築するのがめんどいのでナシ
MUGENクウガのDLアクセス所としては向こう数年生かしておかないとマズイですし

出来れば次のテーマは継続して書けるネタで、尚且つ書いていて自分で面白いことにしたいですね。






小説 仮面ライダークウガ 感想

小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)
小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫) [単行本(ソフトカバー)]


 というわけで一晩でがーっと読んでしまいました。
 結論だけ言ってしまうと、クウガ全編をキチッと見ている人なら、値段分楽しめる作品です。
 後日談・エピローグとしての小ネタあれこれファンサービス(?)と、原作特有のリアリティを求める「感じ」が小説になっても失われずにいたので、映像と文章とメディアの違う作品であっても違和感を感じることなく触れられると思います。

 アニメや漫画の小説化って聞くと、大概で心理・内面描写が凄く多くなって、クドい文章表現の数々に嫌気がさすという第一印象があります。原作に気を使い過ぎているのかわかりませんが、某ブログのテキストを丸コピすると「私の気持ち発表会」「行動原理説明会」系のテキスト」というアレに食傷状態になります。でも、映像では伝えきれない何かを明確に表現するという点で大事なので多くなければ好きなんです。

 で、本作は五代さんの内面描写とかは皆無です。

 主人公は一条さんです(これ大事)。映像作品の段階で完成した一つのヒーローとしての姿がある五代さんの語り・独白の類がありませんので、これが一番原作のイメージを崩さない要因になっているかもしれません。まぁ、今回は買う前からメインライターが書いた文章だとわかっていたので、懸念してませんでしたが。


◆ヒロイックな映像描写のない小説、普通の人間である一条薫の視点を通し、再度クウガを考える。

 本作では原作最終話から経過した時間の中で変化したもの、変わってきた事柄がキーになります。それは五代さん=クウガと、一条さんを始めとする警察関係者、そして現代に蘇ったグロンギ達etc作品世界で生きた人々、それぞれが戦い・守り・貫いた「なにか」の結果生まれた結果であり現在です。
 作品内で表現された五代雄介・グロンギ達の目的とその背景・覚悟、それらに対して経過した時間・変わったもの・変わらないものを通して再度アプローチを行い、作品放映時から成長した読者の解釈を問うています。


本作品を読んで私が表現する感想としてはこういった形になりました。
……ネタバレ防止をすると、素人文では具体性に欠ける文章になってしまいますね。修行が足りません。

ともあれ、ガッカリノベライズではないので、是非買ってみて下さい。
皆さんの感想も聞いてみたいな★








以下、ネタバレ気にしないで書きますので未読の人は注意
続きを読む

というわけで

小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫 1)
小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫 1) [単行本(ソフトカバー)]





買いに行ってきます!!

強キック作るの忘れてた

ラフからおこすのめんどいので、切り貼りしてアクション基礎作成
⇒テキトーに整えてスプライト完成  ってしまうことにしました。
新規

ちなみにアクションのトレス元はアギトの強攻撃…だったはず
忙しいのでDCDとかに気力が向けられていないことに気付いたので、一旦これを完成させる方向で


問題は、しゃがみ強キックのアクションにネタがないということ
思いつかない限り完成しないという当然のジレンマにより停滞状態に陥っていたりする。

どないしょーっかなー



ファイアストーム(ry

色々と格好良くしようと考えた結果
ストームシュートの動作がその場で動かないってのが最大の動きの無さポイントだと気付きました。
原作設定&劇中アクションだと、軽やかに動き回っているイメージでないとおかしいはずなんですよね

というわけで、シンプルな波動昇竜系キャラに作ろうかなと思っていたんですが、やめ。

武器系の必殺技が多い上に全体にゲームスピードの遅めのキャラメイクなので、いっそサムスピ風にでもしてしまおうかとは思いましたが、アレはキャラメイクのバランス調整が凄まじく難しい上に既存の電王クウガカイザと戦わせると勝負にならないことが想定されるので……なし


じゃあ、どうするんだと悩んでいる間に1アクション考えたのがこれ
Ennkiさんの搭載したスパコンに一味加えようという目論見ですが、まだラフ未満です。
0)




悩ましい






Categories
訪問者数
  • 累計:

  • ライブドアブログ