突然GBAソフトで遊びたくなり、近所のブックオフを除いた所
電池切れ&ソフトのみ条件でワゴン売りされているボクらの太陽を発見(¥480)
思わず買ってしまいました。

ed3eb400



が、よく考えると時間が連動していないと面白みに少々欠けるゲームなので時計電池交換必須
任天堂の公式サポートも未だ生きているようなのですが、手間はともかく時間とお金がかかるのでやめ
ネットで引いたら結構簡単にできそうですし、失敗しても500円程度のソフトなのでセルフ交換で頑張ってみました。

近所のタウンドイトにてY字ドライバーを購入(¥478)、合わせてボタン電池CR1616も購入(¥258)
方法は上のリンク先とかを参考にしたんですが、既設のボタン電池を取り外す作業が一番難しいです。
デザインナイフとドライバーでベキベキと外したんですが、無理のない比較的安全な方法としては半田ゴテで電極の金具ごと溶かして外すのだと思います。もっとも、我が家に半田ごてはないんですけど
IMG_0124


ともあれ、セロテープで強引に電極にボタン電池CR1616を貼り付けて作業完了。
時計も無事認識されているようです。
やってから気づきましたが、これ本来はGBA版のポケモンルビサファエメラルドで行うべき作業だった……
もうだいぶ前から時計が死んでいるんですよね、自分のエメラルド



さて、無事時計も復活したんですが今度はより根本的な問題が発覚
「昼間にプレイできない」

このゲーム、当然ですが太陽センサーによる太陽光のリアルタイム変化をゲームに反映させるのがウリ
昼間は完全仕事中、朝早起きしてゲームしようにも冬場は日の出前なので日差しがないので不可
白熱灯・蛍光灯で強引にセンサーを起動させようかとも思いましたが、手元が熱くなるのでナシ

プロアクションリプレイなどを購入して、チートコードで書き換えも検討しそうになりましたが
無駄に高い上に他に用途がなく、使ったことのない機会なので使い方から調べねばなりません。
というわけで、これも面倒なのでナシ


妥協手段としてブラックライトでセンサーを強引に起動させることを思いつきました。
昔は文房具店で不思議ペン・書いた文字が暗闇で光る!ペンの付属品として、100円ショップでも簡単な紫外線ペンライトを販売していたんですが有害光なのもあってか最近は店頭に置いていないようです。池袋の東急ハンズへ行けばありそうですが、足台と時間が無駄なのでネットショップで探したところ日亜化学というメーカーを発見。
紫外線波長375nmのUV-LEDを製作している国内メーカーなのですが、ここの製品を埋め込んだキーホルダー型のボタン電池起動のLEDブラックライトを通信販売で入手(送料込¥790)。
概観は可愛らしいですが点灯状態でホールドできるので、意外とまともな作りです(錆浮いてましたが)。

到着後、早速試したところ、センサーが反応!!
※画面下部の青い光がUV-LEDの光なのですが、少々わかりにくいでしょうか?
ゲージ量8でパイルドライブ戦もバッチリ問題ない感度です。太陽樹もすくすく育ちそうですね。
……ちょっとゲージ強すぎて即時オーバーヒート状態になりそうなのが怖いですけど
IMG_0128



さて、夜でもプレイできる道具が手に入りました。
最後に点灯状態で両手持ちプレイできるようライトをGBA本体に固定するという大事な作業が残っています。
テキトーに針金でつるして固定しようかと思ったのですが、これだと光源に指向性がないのでセンサーへの光の他、自分の目にも紫外線光が入って来るので大変目に良くないです。視力ガタ落ちetcの眼病ルートまっしぐらです。
しかも、これハンガーとかの針金をばらして作ろうと思っていたので、固定がしっかり出来ず相当ガタつきます。
携帯して遊ばないとはいっても折りたたみも不可能なので、保管時にクローゼット内のスペースを相当喰います。

凄くいい加減なイメージ図
41Z1WG5SX9L__SL500_AA300_



というわけでライト部分&GBASP本体&ソフトを覆いこむ一体型の固定方式にすることにしました。
手元に素材がないので近所の100円ショップで紙粘土を入手しました(¥105円)。

とりあえずの、やっつけ完成映像がこちら
IMG_0126


(;´∀`)・・・うわぁ・・・
ま、まぁ実際使用に問題なければ概観なんてどうでもいいんです。
とりま紙粘土はGBAソフトや本体に使われているプラスチック系樹脂にはくっつかないのでゲーム機が汚れてしまう心配不要なのは便利です。が、実はこの記事を書いている段階では未だ乾燥が完了していないので、乾燥に伴う伸縮歪みでどの程度変形するかが未知数です。



乾燥終わった後で、また投稿するかもです。