トップ周辺街情報>小田急線豪徳寺駅 「三輪亭」
2007年02月27日

小田急線豪徳寺駅 「三輪亭」

07.02.26三輪亭1昨日は夕方から、当社で取り扱っているテナントのレセプション・パーティーに行って参りました。

小田急線豪徳寺駅から徒歩4分。
住宅街の中に佇むように出現したイタリアンレストランです!!
お店の名前は「cucina tirolese 三輪亭 per famiglie」。
前後の部分が覚えられない方は「三輪亭」とだけで覚えて下さいね。実は、私も覚えれてません。 →


07.02.26三輪亭2店頭は濃い目の木目でしっとりした感じ。
内装もクリーム色から茶色で落ち着いた雰囲気にまとめられてます。

イタリアンレストランって言うと、普通パスタとかピザとか想像するでしょ?
ココは一味違うんですよ。

オーナーシェフが、イタリアの北の方、スイス・オーストリアとの国境付近のアルトアディジェ(南チロル)地方で修行を積んで来た方で、その辺りの家庭料理。
長いことオーストリア領だった地域だそうで、「イタリア料理」というイメージは覆ります。
牧羊・牛のおかげで、乳製品や肉の加工品等がたくさんある地域だそうで、確かにチーズも満載です!!

レセプション・パーティーは、お店の真ん中にテーブルを置いての立食形式。
07.02.26三輪亭307.02.26三輪亭607.02.26三輪亭7
この後、会社に戻る予定だったので、シャンパンはちょっとだけ。
パンが色々な種類があって、美味しかった!!
パンはどこかで仕入れるワケではなく、お店でシッカリ作っているんです!!
「ウリの1つです!」と胸を張っていらっしゃいました。
えぇ、本当に美味しいパンですもの。

私はチーズの味が強めのスティック状のパンと黒パンっぽいのが気に入りました。
「何とかチーズと何とかチーズで・・・。」とパンの説明もして頂いたのですが、うーんと、何チーズだったかは覚えてません。
1つはゴルゴンゾーラだったかな、違ったかな・・・。自信ナシです。

不動産会社の人間としては、内装も興味がありますから、キョロキョロ具合はいつもの2倍。
以前のお店を知っているので変わり様に驚きつつも、天井や壁や色々とチェックしてしまいます。
前はね、酒屋さんだったんですよ。
07.02.26三輪亭4コチラは、以前冷蔵ケースだった場所。
お洒落なストックルームとして生まれ変わりました!!
あーん、前の店舗の写真が無いのが残念です。ビフォーアフターでお見せできたら良かったんですが。
普通の酒屋さんだったんですよ。

収納の特集本で「見せる収納」のページってよく見かけますが、店舗バージョンだとこんな風になるのね!!
ガラス貼りの部分は、野菜コーナーだったり、ワインコーナーだったり。
めちゃめちゃ中を覗き込んでしまいました。プレ・オープンだからできる事ですね。
07.02.26三輪亭5
取っ手を引けば、客席側からも開けられそうですが・・・。
残念でした!!
取っ手は飾りなんです。
手前に開けられるように見えるように作ってあるのですが、開けられないんです。
上手く作ってあるなぁ。
皆さんも、思わず引っ張っては「見せるように作ってあるんだー!」と話してました。

お料理は続々と出てきます。
ラザニアが出た後は鹿肉のスモーク。
パーティーにもいらしてた方が北海道で仕留めた鹿なんですって!!

そして!!
鹿のスネ肉とモモ肉を南チロルの家庭料理風に煮込んだ物!!
07.02.26三輪亭8スネ肉は骨ごと登場です。

写真だと「コレ何?」って感じでしょうが、ビーフシチューっぽいけど、ちょっと違うの。
お肉はすっごく柔らかい。どれぐらい煮込んだんだろう。
木のスプーンとフォークで簡単に崩れるぐらいなんです。木のフォークで削いだお肉に手前のクリーム色のを付けて頂くのですが、クリーム色のが何なのかは聞いたけど忘れちゃいました。
むむむ、「聞いたけど忘れた」ってのばっかりですね、私。
とにかく美味しいの!!

最後にまたまたビックリ。
07.02.26三輪亭10開店記念の大きいケーキ!!
30cm×40cmぐらいあるでしょうか。いや、縦はもっと長いかしら。

右からチロッと手が写っておりますが、コレは心霊写真でも何でもなく、シェフの息子さんの手。
3〜4歳ぐらいなのかな。
出てきたケーキにガマンができず、思わず手が伸びてしまいました。

甘さ抑え目でとっても美味しかったですよ。
パティシエの方がいらっしゃるので、通常の営業でもティータイムがあり、ケーキセットだけでも楽しめるそうです。
07.02.26三輪亭9
お皿にもお店のマーク入りで、オーナーシェフのこのお店にかける情熱が伺えますね。
この紅い鷲は「チロルの鷲」と呼ばれているそうで、アルトアディジェでは、町のおじさん達が胸に紅い鷲のついた青いエプロンを付けているのをよく見かけるんですって。
お店のスタッフも同じエプロンしてましたよ。
こういう細かい部分、大好きです!!
お店の繁昌と発展をフォルテ一同心よりお祈り申し上げます。

cucina tirolese 三輪亭 per famiglie」は、小田急線豪徳寺駅から左の商店街へ。
りそな銀行の向かいのオリジン弁当の横の路地を入って、微妙にクランクしながらも基本は真っ直ぐ。
住宅街の中、右手にありますよ。地図はコチラ

グランド・オープンは3月1日の木曜日!!
是非、イタリア北部のアルトアディジェ(南チロル)地方の家庭料理を味わいにお越し下さい。

★小田急線豪徳寺駅情報は→フォルテのHPはコチラ
[今日の「ふぉるて日記」は「〜方向性〜」]



この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/forte_umegaoka/50432213

この記事へのトラックバック
王様のブランチ◆グルメジャーナリスト犬養裕美子のハッピーパスタ 紹介店舗メモ
王様のブランチ【むぅにぃの駄文戯れ言】at 2007年07月15日 23:00
豪徳寺のイタリアン、クッチーナ チロレーゼ 三輪亭にランチを食べにいきました。 ここはイタリアンといってもちょっと変わっていて南チロル宮.
cucina tirolese 三輪亭 per famiglie(豪徳寺)【くいしんぼ手帖】at 2008年01月14日 23:44
この記事へのコメント
夕食前に見ていけない画像ですね。
すごくおいしそうです。
Posted by e-kosumo at 2007年02月27日 18:28
チーズ…
モッツァレラチーズが食べたいでつ。
(´ρ`)

白いソース…
ベシャメルソース?

フォルテさんが忘れたらしいので妄想でお料理を組み立ててみる(笑)。
今日のお昼のオムライスがいまだに胃に残ってる感じだけど。。。
Posted by がちゃ at 2007年02月27日 20:31
こんな素敵なお店が家の近くにあったらどれだけ幸せな事か・・・
毎日飲みにいっちゃいます(笑)
イタリア料理って聞くとパスタにピザって思っちゃいますが、こうしたその土地独特の料理を頂けるのも良いですね♪
三輪亭さぁ〜ん。こっちにこぉ〜い(笑)
Posted by まめ姉 at 2007年02月28日 13:28
美味しかったですよー。
最初テーブルに用意されているのを見て「これで全部かな?」なんて思って、張り切ってバクバク食べていたら、ちょっとしてからラザニアやシチューみたいなのがドンドン出てきました。

ご挨拶してちょこっと頂いたらすぐに失礼しようと思っていたのに、結局最後のデザートまで。
お酒があまり飲めなかったのが、残念です。
e-kosumoさんが今度東京に来たら、お連れするお店決定です!!
Posted by フォルテよりe-kosumoさんへ at 2007年03月01日 00:05
私もモッツァレラチーズが食べたいでつ。
今、「モッツァレラチーズ」と打とうとしたんだけど、「モッツァレラ」が上手く打てずコピペしちゃった。
だから何度でも、モッツァレラモッツァレラ・・・。(笑)

温野菜のドレッシングも不思議な味でした。何かね、鰯の味みたいな・・・。グレーだったからゴマ味かと思ったら魚味だった。
あ、今日のオムライスは、当然お箸で食べたんでしょ?
Posted by フォルテよりがちゃさんへ at 2007年03月01日 00:08
初めて食べるイタリアンでした。ラザニアは今までのイメージとそんなに変わらなかったけど、それ以外は未知の味!!
レストランの味って言うより、海外旅行した時に食べる田舎のホテルの味。本当に南チロルの家庭料理なんだろうなぁ。

ワインも沢山ありましたよー。記憶を失わない程度に、是非どうぞ!!
まめ姉さん方面に支店を出すという情報をキャッチしたらすぐお報せしますね。
Posted by フォルテよりまめ姉さんへ at 2007年03月01日 00:14
キャー嬉しいです。
とはいえ、今度はいついけるのでしょうか?
早くゆっくりしたいです。
Posted by e-kosumo at 2007年03月01日 11:46
また一緒に長ーいランチタイムを過ごしたいですね。
遠方への出張が無いのが、お互いツライ仕事ですよねぇ。富田林出張とかあったらなぁ。(笑)
京都もチェックしてるよー!
シーズン、頑張って乗り切りましょう!!
Posted by フォルテよりe-kosumoさんへ at 2007年03月02日 01:03