人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

米国の連邦最高裁が同性婚を認める判断を示しました。これにより日本でも同性婚の論議が活発になると思います。

 

結論から言うと、私は日本で同棲婚を認めることには反対です。

アメリカでは~」と言われたら、アメリカがやっているからこそ反対です。

米国では3割以上の子供が非嫡出子として生まれます。離婚率も高く、18歳まで実の両親が揃っているほうが少数派です。

子供のホームレスが100万人以上、親からの暴力で病院に運ばれる子供が年間50万人以上、家庭内での性的暴力の被害にあった女子は悲観的な調査で5人に1人、楽観的な調査で20人に1人、夏休みなどで給食が休みになると飢餓状態になる子供が百万人以上と言われています。

 

要するに米国の家庭政策は完全に失敗しており反面教師でしかありません。

 

同性愛行為自体は古今東西珍しいものではありません自由にすればよろしい。

同性愛者だと言う理由で独身者と同等の権利を認められないようなら問題です。

また医療保険や不動産を借りる時などに不便を強いられるなら改善すべきでしょう。

例えば、なんらかの団体が証明書を発行して身元証明をしやすくするのが機能するのであれば良いのではないでしょうか?

ただし、それは結婚ではない何かです。

結婚と言う日本語は、あくまで男女がするものを意味します。

 

男女の結婚のみに特権が認められているのは差別ではありません

結婚次世代を産み育てること、子供の安定した環境を与えることが社会全体の公益になるから特権を認められる代わりに義務を負い、その義務に違反した場合は社会的に制裁を受けます。

例えば、結婚の貞操義務と言うのは、不貞に対して社会全体で制裁(法的ではなくても後ろ指刺されるなど)することにより、子供の父親が誰だか分からないような状態になってしまうことを防ぎ、父親が子育てに参加しないような事態で子供の権利が侵害されることを防ぐ機能を持ちます。

しかし前述のように米国では男女の結婚自体が崩壊しており、子供の権利を守る機能を果たしていません

だから男女の結婚にのみ特権を認め、同性婚に特権を認めないことへの説得力がゼロの状態です。

本来は子供達が男女の結婚生活の維持の仕方を学ぶ機会を与えるためにゲイのカップルへの養子は避けた方が良いと思いますが、これほどまでに離婚、虐待、ネグレクトが多いと子供に安全な環境が提供できれば何であれ贅沢は言っていられません

 

米国の真の問題は、子供の保護と言う義務を果たせなくなった男女の結婚が崩壊していて特権を持つに値しなくなったことです。

今回の判決を、結婚制度の崩壊と嘆く人が見受けられますが、同棲婚が認められたことによって米国の結婚制度が崩壊したのではありません。
米国の結婚制度が既に崩壊しており、そのことが今回の憲法判断で追認されたと考えるべきだと思います。

結婚制度を崩壊させたのは同性愛者ではなくて、ちゃんと子育てしない男女です。
 


梓弓

 日本は米国のような惨状ではないので、
ワザワザ低いほうのレベルに合わせる必要はありません。 





 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ