人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。  

トランプ大統領が、まるで80年代みたいに、日本(だけでなくドイツもですが)ではアメ車が走っていないのは不公正だからだと言う趣旨の発言をして波紋を起こしています。

トランプ大統領はビジネスマンだから自由貿易の信奉者だと言う思い込みは楽観的すぎます。

ビジネスマンは自社の優位が規制等で阻まれている時は自由を言いますが、自分が守られている時はコロっと立場を変え規制が必要だと言います

自由競争だろうが規制と保護だろうが儲かるほうを好みます

例えば自動車部品製造業に勤め米国子会社に出向中の私としてはTPPで関税が撤廃されると、折角関税の向こう側に工場を建てた日本の他社に対するアドバンテージを失っていてしまうので困ります。

しかし、もし我が社が米国子会社を立ててなければ自由貿易万歳TPP賛成となっていたでしょう。

 

私の身の回りの米人の感覚では、日本車はアメ車より高品質だから売れていると言う意識の様です。

信頼性が高いトヨタやホンダのリセールバリューが高いのは、車が超生活必需品のアメリカでは何より壊れない事が評価されるからです。

同僚がアメ車の新車を買ってもMade in USAであることを強調したりして品質より愛国心」たいな言い訳をします。

ピックアップトラックを除いては日本車>アメ車と言う評価が一般的でしょうから、トランプ大統領が煽っても80年代の様な炎上は起こらないでしょう

だいたいオバマ大統領が「東京ではアメ車を見なかった」と言ったら安倍総理大臣に「VWBMWは沢山走っていますが何か?」と2秒で論破された言いぐさの繰り返しです。

おそらくトランプ大統領はバーゲニングチップを増やすためにダメモトで高めの球を投げただけでしょう。

 

では、何故、日本ではアメ車は売れないのでしょう?

日本ではアメ車はデカイ、燃費が悪いと言うイメージが定着していますが、リーマンショック後の金融緩和で高騰したガソリン価格の影響でビッグ3も小型車のラインナップを増やしています。

これを渋滞の多い日本に持ち込んだら実燃費がどうなるは分かりませんが、カタログ燃費では日本車に劣ってはいません

たまにレンタカーでアメ車に乗る事がありますが、車そのものの短期的視点での弱点は以下の通りだと思います。

ミリ単位で練りに練られたギリギリの日本の小型車に比べてパッケージングが甘い

実際に座ってみると車内の圧迫感が強く、車体の大きさの割に後席か荷室が狭いことが多い。米人の体格を考慮してシートが大きめなことの影響かも知れない。

エグ目の曲線やラインを強調したデザインを好むのにプレス技術が低いのかチリがあっていないので近くでみると何となくチープ。

一見良い感じに見える内装だが、ネジが見えたり、軽自動車のようなペラペラなプラッチックな部品がチラホラしてテンションが下がる。

見た目の品質は一番弱いところで全体を判断されるのを理解していない。

などです。

もう少し長い目で評価すると、社用車でクライスラーのセブリングが我が社にありましたが、鬼の様に故障しました。

他の5台のトヨタの社用車が起こした故障よりクライスラー一台のほうが3倍は多かったです。

我が社の偉い人が「アメリカの工場だから社用車はアメ車にすれば?」と言われましたが、長距離走るアメリカで故障して止まった時の事を考えると断固拒否です。

 

昔、クライスラー・ネオンと言う「日本車キラー」がありましたが、見事に返り討ちで無残な売り上げでした。

日本のメーカー系列の販売店が非関税障壁であると言う理屈で、ホンダでジープを売ったり、トヨタのバッジをつけてGMのキャバリエが販売されたりしましたが全然売れませんでした。

過去マツダはフォード傘下、スバルやスズキはGM傘下であったので、いくらでも売るチャンスはありましたし、今回の燃費偽装問題で三菱自動車を安く買いたたくことも可能だったはずなにしなかったのですから、販売店が理由ではないのはビッグ3も自覚していると推測できます。

低品質な車を政治力で押してつけても反発を買うだけでした。

ああ言う、いい加減な商売でブランドイメージは傷つき、ビッグスリーの日本での評価はゼロどころかマイナスなのは自業自得です。

では、どうやったら日本でアメ車が売れるでしょうか?と言いたいところですが、失敗した理由は分かりますが、未来に必ず成功する方法についてな、私には分かりません。

そんな事が分かるぐらいなら、とっくに私は転職して大儲けしています。


梓弓

 同じハッタリで高めの球投げるなら
アップルストアのオンラインでアメ車売る
ぐらい言えばよいのに。


 日常の全ての瞬間が新しくなります
的なビッグマウスで。 
やよい

 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ