人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

梓弓です。

天皇陛下の御譲位に関する特例法案について、民進党等の野党は「女性宮家」について検討する付帯決議をつける事を賛成の条件としました。

 

女性後続が嫁がれた後も、それなりの待遇を維持すると言う意味なら良いのですが、それを女性女系天皇へ繋げようとするものなら警戒せざるをえません。

 

神武天皇から男系男子子孫が皇統を継ぐのが日本の例外なきルールです。

女系天皇なるものが天皇を名乗るのは語義矛盾です。

 

そして女系天皇は皇位の安定継承に資すると言う論議は究極に頭が悪いです。

2000年以上、男系継承で皇室が続いてきたと言う圧倒的な実績を無視しています。

万が一、直系が途絶えた場合でも男系の繋がりを遡れば、たとえ何代離れていようと、臣籍降下していようと正統な皇位継承者がいると言う不測の事態に対する耐性があり、かつ時の権力者、例えば絶頂期の藤原氏でも皇位簒奪は不可能だった、政争に耐性も強いのが男系継承のシステムです。

もし男系に拘らない直系主義だったとしたら、政争に巻き込まれて皇位簒奪されたりして皇統は途絶えていたであろうことは、諸外国の王朝をみれば簡単に推測できます。

要は、皇位の安定継承と言うテーマ設定するときに、実績で良かったシステムより実績でダメだったシステムを押すって論理的に成り立ってすらいません。

これだったら男女同権だからと別の物差しを持ってくるほうが、まだ論理的です。

 

日本は万世一系の天皇が治らす国であることは神武操業以来の一貫しています。

この根本が不変だから、摂関政治や幕藩体制や議会制民主主義と政治体制が変わっても日本は日本であり続けました。

他所の国では、近代の議会制民主主義以前は政治体制の変更どころか政権が変わる度に国が滅んでいました。

しかし日本の場合、皇統が続けば日本は日本ですから大胆な変化が出来ました。

大化の改新や明治維新で、外国に対抗するために外国の諸制度や技術を導入すると言う事も大胆に出来ました。

現代では変化のスピードは益々速くなっています。

グローバル化で外国人は増え、技術の進歩によって距離の壁は益々低くなるでしょう。

我々は現代の議会制民主主義の政治制度が未来永劫続くと勘違いしていますが、我々に想像もつかないような次の世代の政治体制に変革する時が近いかもしれません。

そんなダイナミックな変化に対応しつつ、日本が日本であり続けるために天皇の存在は益々大事になるでしょう。

皇統の男系継承と言う大原則を崩し、天皇と名乗る天皇ではない何かによって皇統を途絶えさせる事は、それそのものが御先祖様と子孫達に申し開きが出来ない愚行ですが、実利的なサバイブの観点だけで見ても、やはり愚行です。

 

女性宮家は女系天皇とは直接関係ないのですが、現行の皇室典範では女性皇族に皇位継承権はありませんし、歴史上女性天皇は未亡人で生涯再婚しなかったり、生涯独身を貫かれたりしました。

要するに女性宮家を新設すると、皇位継承とは関係ないのに特別な身分として扱うことになります。

日本国憲法では貴族制は禁止されています。

天皇については憲法に規定があるので皇位継承権に関係する皇族に関しては明らかに合憲ですが、皇位継承権を持たない女性宮家は日本国憲法違反だと言う攻撃をされないか心配です。

私個人は、日本国憲法はロクでもないと思っていますし、皇室の藩屏として皇族を増やし貴族的な存在が必要だと考えていますが、自分の意見とは別に、日本国憲法違反となれば大きな波紋を産むでしょう。

皇室典範や皇室に関わる法律について憲法違反だと言う訴訟が起こされると、たとえ違憲判決が出なくても、日本国憲法体制による皇室へのマウンティングがやりたい放題になります。

最終的には、男女平等の日本国憲法に違反するから女系天皇を認めない皇室典範は憲法違反、なんてことになりかねません。

 

大日本帝国時代、皇室典範と大日本帝国憲法は互いに独立し補完し合う形となっていました。

これを典憲体制と言います。

皇室典範をもって帝国憲法の改正は出来ず、帝国憲法をもって皇室典範の改正は出来ませんでした。

皇室典範は皇族会議(定員10名に対して皇族2名の定員の現行の皇室会議とは違い、皇族成人男子を主体として構成される)によって改正され、国会は関与できませんでした。

 

今上陛下の御譲位については御高齢の事もあり時間的な制限がありましたから仕方がありませんが、そもそも皇統に関する事を我々臣民が口出しする事自体がおかしくないですか?

女性宮家とか女系天皇を論議する前に、そもそも日本国憲法の枠組みそのものがおかしいのではないか?典憲体制に戻るべきではないか?の議論から始めるべきだと思います。

 
梓弓

憲法論議とは国の形を論議する事であり
憲法の枠組み、皇室典範との関係について
考えるのが先


  憲法典の条文より
国体について考えるのが真の憲法論議。  
やよい

 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ