すめらぎいやさか

二〇一六年師走


人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

 

「安らかに眠って下さい過ちは繰り返しませぬから」と聞くたびに、二度と航空優勢を失ってはなならないから、第五世代戦闘機の早期導入とF-15JF-2の近代改修弾道ミサイル対策としてのPAC3増強やサードミサイルの導入、レーダーサイトの強化、イージス艦の増強、F-35AによるJDAM運用の早期戦力化や巡航ミサイル導入による敵策源地攻撃能力の獲得、それらのために必要な防衛予算の大幅増と法整備、あの様な状況に追い込まれないためのスパイ防止とプロパカンダ戦に負けないインテリジェンスの強化が必要だとの思いを新たにします。

 
やよい

 過ちを繰り返さないために必要なのは
 正確な分析と具体的な行動  

具体的な行動とはヒト・モノ・カネ
まずは防衛予算の大幅増加 
梓弓
 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

 

もうすぐクリスマスですね。

当然、うちの子供達もクリスマスが楽しみで仕方がありません。

私が住む地域はバリバリ保守的で、長女が通っていた、次女が通っているプリスクールも教会付属で聖書の話などを聞かされていますが、クリスマスが楽しみなのはキリストの誕生を祝う事よりも何といってもサンタクロースがプレゼントをくれるからです。

サンタクロースのプレゼントほどキリスト教の布教に貢献しているものはないでしょう。

サンタクロースの元になった聖ニコラウスはキリスト教の聖人ではありますが、聖書本体に載っている話ではありません

けれどもサンタのプレゼントはキリスト教のイベントで最も有名なものの一つでしょう。

ただし八百万の神々が住む日本では単なる八百万柱の内の一柱にされてしまってキリスト教は全然広まっていませんが。

 

子供は年がら年中玩具が欲しいわけですが、誕生日とクリスマスに玩具を買うのが定着しているの親の選択です。

親も子供が喜ぶ姿を観るのは楽しいですから、つい甘くなってしまいがちですが、だからと言って何でもカンでも、のべつ幕無しに買い与えていたらロクな子供に育ちません

しかし厳しさだけでもロクな子供に育ちません

甘すぎも厳しすぎも良くありません。

クリスマスと誕生日とぐらいの区切りが丁度良い塩梅だと思います。

 

子供がサンタにプレゼントを貰うのは素晴らしい風習だと思います。

子供達が一年間良い子にしていた御褒美をもらうとともに、良い子を授かり一年間無事に育った有り難さを実感出来る、親への御褒美でもあるからです。


梓弓

 健やかに育つ子供こそ
親にとって最高のクリスマスプレゼント 

 ちゃんと奥様にもプレゼントを
用意しないと知りませんよ。  
やよい

 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

 

米国に住んで驚くことの一つがレベータのクオリティの低さです。

米国「ガコン、グイーングイーン

日本「シュイーン

日本でもたまに米系のオーチスのエレベータがありますが「ガコン、グイーングーン」とは言っていないので米系メーカーに技術力そのものがないわけではないのでしょう。

そこにコストをかけても市場で評価されないのでしょう。

たしかにエレベータは人と荷物を運ぶのが主目的で少々の音や揺れなんて気にしないのは合理的と言えば合理的です。

けれども私はやっぱりスムースで静かなのが好きです。

この安心は気分的なものだけじゃなくて異音がすれば直ぐ発見されると言うところにもあると思います。

 

日本の製造業はS(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を重視します。

Sが行き届いた現場は、職場環境や従業員のモラル向上、異常があった時に発見しやすくなり効率化や品質や安全性の向上に寄与するからです。

そう言う日本人の製造業向きの気質はエレベータにもスムースさを求めコストをかける日常生活で培われているものなのでしょう。

学校で自分で掃除したりして、自分が出したものは自分で片付ける習慣を身に着けていることも大きいと思います。

 

米国の場合、学校でも会社でも掃除はジャニターと言う専門の人がいてやる事が多く、掃除に教育的効果があると考えていません。

学生は勉強に集中する、時給の高い人は高付加価値な仕事に集中する、と言えば合理的ではありますが、使う人と片付ける人と別々なので、どうやったら楽に使えるか?楽に片付けられるか?と自然に頭を使うことがありません。

だから米国で5Sを推進維持するのは日本でやるよりも苦労します。


  5Sみたいに日本の製造業用語は、
そのまま英語いなっているのが多いですね。  
やよい

梓弓
 英語の5Sは
Sort, Set in oreder, Standardize, Sustain
です。 

 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

フジテレビで池上彰氏が悪質な印象操作をして炎上しています。

<捏造・印象操作>池上彰が「日本の格差の深刻さ」で使用したグラフが酷すぎると話題にwwwww~ネットの反応「これBPOやろ」「この人まともなのかと思ってた時期がありました」「視聴者に誤解を与えるのを狙って作ったグラフだ」

http://anonymous-post.com/archives/19308

https://youtu.be/L_hf5k8fm-w

 

このグラフを見てもらうと分かりやすいのですが、

http://i.imgur.com/dvANpiS.png

グラフを使って比較しているのに、縦軸:日0.81.4 米0.53.0横軸:日19802010 米19802015になっています。

縦軸も横軸も違うグラフで比較って、印象操作以外の何物でもありません。

素直にグラフを読めば、米国の格差の拡大は凄まじいが、下位90%の所得の落ち込み率は日本の方が悪い事を見ると、格差の拡大よりもデフレの方が害が大きいと言う結論にしかならないはずです。

それをわざわざ歪めたのは、縦軸で日本が米国よりも格差拡大しているかの様に印象づけたい狙いがあり、横軸で日本側だけ2010年でカットなのは2013年のアベノミクス以降は隠したい狙いがあるのだろうと思います。

一体、何のためでしょうか?

 

池上氏は格差のほうを問題にして、その後タレントが増税の話をしてます。増税で再配分をして格差を是正すると言うロジックです。

たぶんタレントの話は台本で決められている番組の方針でしょう。

 

アベノミクス開始後の経済状況を見れば、金融緩和と財政出動で物価は上がり始め、順調に所得の減少も格差も改善していたのに、消費税増税で失速してしまいました。

その事にワザと言及していないのは、アベノミクスの成長路線で財政再建も格差縮小も達成されているのが明らかになったら困ると言う立場の自白です。

 

黒田バズーカで間違いが明らかになった藻谷浩介氏の「デフレの正体」で人口減少がデフレの原因であると言うトンデモを絶賛してしまったのに未だに拘っているのでしょうか?

それとも増税したくてしたくてしょうがない勢力に媚びを売る事で何かを得ようとしているのでしょうか?


梓弓

 庶民の所得が減るデフレのほうが
格差拡大よりも害が大きい。

  フェイクニュース規制は
地方波にこそ必要。  
やよい
 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ
 


人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


梓弓です。

 

沖縄でオスプレイが立て続けに2件の事故を起こしました。

 

一件は、夜間の空中給油訓練中にローターが給油パイプに接触して破損、パイロットは空港まで戻る事を諦め海の上不時着しました。

もう一軒は、着陸装置の不調による胴体着陸です。

 

これを受け、オスプレイ反対派は欠陥機だと騒いでいますが、この基準を他の航空機に当て嵌めると殆どの航空機は欠陥機になってしまいます。

その基準を用いると言うことは彼等は沖縄と本土を移動する時に飛行機を使わないのでしょう。

 

空中給油のホースがローターに接触してローターが破損しない航空機なんかありませんから、それをもって欠陥機と言うのは月刊ムーレベルのオーパーツテクノロジーを要求するようなものです。

検証すべきはオスプレイが夜間空中給油が特別に難しい構造なのか?整備不良なのか?正しく運用していれば防げた操縦ミスなのか?と言うことです。

 

着陸装置不調による胴体着陸の原因究明まで飛行停止処置は当然ですが、コントロール不能になって住宅地に落ちる用な事故ではありません。

空中給油中の事故については原因究明まで空中給油訓練停止で十分です。

住宅密集地の中にあるからローター破損時に空港に戻るのを諦めた可能性があり、もし、そうなら基地移転は有効な対策です。

 

コントロールされていたかどうかで区別される「不時着」及び「不時着水」と「墜落」の違いが判らない国語力の低い人達がマスコミが政府にコントロールされていると陰謀論に走っているのも面白いですね。

現時点では機体の不具合を検知して意図的に海面に着水したとの発表を受けて「墜落」との表現を使っていないのは当然です。

航空機は極めて軽量に作られているため、普通に運用する場合にかかる力以外がかかると簡単に破損する場合があります。

バラバラのオスプレイの写真みて不時着ではなく墜落だーと大騒ぎしている人がいますが、海面との衝突による衝撃のためなのか、流されている間にバラバラなったのかは、まだ分かりません。

もしかしたら米軍がコントロール不能であったのを隠している可能性もなきにしもあらずですが、その事については、まだ検証しようがありません。

 

サウスカロライナのマートルビーチに行くときにガンガン住宅地の上をオスプレイが飛んでるの見ました

オバマ大統領も移動にオスプレイを使用する事もありアメリカ政府がオスプレイが欠陥機と考えていないのは明らかです。

サウスカロライナの取引先の近くでは、訓練中のC-130が住宅地近くの空港で凄い角度で滑走路にアプローチしてるのを何度も目撃しています。

米軍が日本と米国でやっている事が同じなのですから、米軍が沖縄県民の安全性を顧みていない植民地主義などと言うのは根も葉もないデマです。

ちなみに体感では-130よりオスプレイの方が静かでした。


梓弓

 普段、ポピュリズムがーと騒ぐなら、こう言う時こそ
事故検証でファクトが出てくるのをジックリ待ちましょう。


一方、翁長知事「法治国家ではないですね」と
法治国家の意味を理解していないことを自白。
やよい

 当ブログにご賛同、応援いただける
方はクリックをお願いします(^O^)/

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ