健康的な食べ物・健康的な食事について考えましょう!

『学者が選ぶ世界で最も健康的な食べ物ベスト50』 
12位はピスタチオです。
Healthy Food  


12位:ピスタチオ


 a0002_008598ピスタチオ

ピスタチオは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養価が豊富なため
「ナッツの女王」と称されることもあるようです。

お菓子の材料に使われたり、お酒のおつまみとして食されていますね。

原産地は、中央アジアや西アジア。

約4000年前から、古代トルコやペルシャなどで
自生していたといわれています。

紀元前にローマ・地中海沿岸に伝わり、19世紀になるとヨーロッパから
アメリカ・カリフォルニアに広まっていきました。

日本では1880年代から栽培が試されたようですが、
気候や風土が合わないため定着せず、すべて輸入品となっています。

生産国シェアは、①イラン、②アメリカ、③トルコ、④シリア、⑤中国。


ピスタチオの効能・・・
コレステロール値を下げる・高血圧予防・疲労回復・貧血予防・
便秘解消・眼病予防など様々な効果が期待できます。


ピスタチオで健康維持・・・
ピスタチオのパワーは心臓と血管の健康に役立つ、
という研究が続けられています。

また、ピスタチオ100グラムには、
ブルーベリー・ブラックベリー・にんにく・ザクロ果汁よりも
強い抗酸化力があるため、全身の健康に役立ちます。


ピスタチオの栄養・・・
米国で1食分と言われている1オンス(28g、約49粒)には、
体の正常な機能と健康のために必要なビタミンやミネラルなど
様ざまな栄養が豊富に含まれています。

さらに、28グラムで
160Kcalであり、1粒ずつ殻から出して食べることで、
食べるスピードが抑えられ満腹感を
感じられるため、体重管理にも適していると言えます。

・食物繊維=3グラム、調理したブロッコリー120ccより多い含有量。
・タンパク質=6グラム、大豆28グラムとほぼ同じ量。
・心臓に良いとされる良質な脂肪、一価不飽和脂肪7グラムと
  多価不飽和脂肪4グラムが含まれています。
・カリウム=大きめのバナナ1/2本分に相当する量。
・ビタミンB1、銅、チアミン、リン、マンガン。
・ルティン=緑黄色野菜に含まれる抗酸化物質が含まれています。
 他のナッツ類よりも多くのルティンを多く含んでいて、
  眼に効果があることが確認されています。
・コレステロールとトランス脂肪は含まれていません。