健康的な食べ物、健康的な食事とは?

『学者が選ぶ世界で最も健康的な食べ物ベスト50』
第7位は リンゴ です。
Healthy Food  

7位:リンゴ

a0007_002088りんご

リンゴ・りんご・林檎。

バラ科リンゴ属に属する樹木の果実。リンゴは学術的表記です。
植物学ではセイヨウリンゴ、英語ではappleは果実のことで、
りんごの木はapple treeです。

日本には、江戸時代に入ってきました。
現在栽培されているものは、明治時代以降に導入されて、
さらに品種改良されたものです。


a1180_008137リンゴの花

「リンゴの花」



りんごの種類・・・
日本で品種登録されているのは85種あります。
その中でも最もポピュラーなのは「ふじ」ですね。

相当昔から親しまれているような気がする「ふじ」ですが、
1962年(昭和37年)に青森県藤崎町で生まれました。

中国・韓国・北米・オーストラリアなどで「fuji」の名で栽培されていて、
今では世界一の生産量を誇っています。

「ふじ」の他にも、「サンふじ」「姫ふじ」「紅玉(こうぎょく)」
「王林(おうりん)」「千秋(せんしゅう)」「シナノスイート」
「シナノゴールド」「ハックナイン」「津軽(つがる)」など、
馴染みの品種が結構多いことに気づかされます。



りんごの栄養・・・
りんごには生活習慣病を予防するための成分が詰まっています。

水溶性食物繊維「ベクチン」が多く含まれていますので、
ベクチンの整腸作用が便秘改善や、
血糖値の上昇スピードを抑えるなど、
糖尿病の予防効果が期待できます。
また、動脈硬化を予防する作用があることも報告されています。

「カリウム」も多く含まれています。
青森県津軽地方の皆さんは、
血圧が低くて高血圧患者が少ないそうです。
りんごを多く食べているためということが立証されています。
カリウムは高血圧予防に期待!ですね。

強い抗酸化作用がある「ポリフェノール」。
血中コレステロールの酸化を抑制し、
動脈硬化を予防するという、
注目の成分です。

果実にはケセラチン、赤い皮にはアントシアニンと呼ばれる
ポリフェノールがあります。



りんごのカロリー
・・・
100g当たり54Kcal、M玉1個255gでは、138Acal。
バナナ100g86Kcalと比較されることも多いです。
ケーキドーナツの1/7、ポテトチップスの1/10。

ダイエット食材指数や栄養価が高いため、
ダイエットの食材としても有効とされていますね。

a1400_000221アップルパイ


りんごのレシピ ・・・
りんごが材料として使われている主な料理・食品は、
「りんごジャム」「すりおろしリンゴ寒天」「りんごケーキ」
「りんごきんとん」「りんごゼリー」「アップルタルト」「デニッシュ」
「フルーツポンチ」「フルーツパフェ」や
「焼肉のたれ」「バーベキューソース」「ジンギスカン」
などがあります。

無料動画で見るレシピ。いろいろと検索できるのでご活用ください。
MOCO'Sキッチン 動画集



奇跡のリンゴ ・・
青森のリンゴ農家の木村秋則さんが、絶対不可能といわれた無農薬・
無施肥のリンゴ栽培に成功したのが、1986年のことでした。
「奇跡のリンゴ」と称されています。

今年(2013年5月)、フィレンツェ映画祭(イタリア))で観客賞を受賞した
映画『奇跡のリンゴ』は、この実話が映画化されたものです。
 


a1180_009185りんご食卓①

りんごは人間の体に、良い効果があることが確認されています。
健康増進・維持のために、毎日食べる方もいるようですね。