健康的な食べ物・健康的な食事を見直しましょう。

『学者が選ぶ 世界で最も健康的な食べ物ベスト50』
第1位は 水 です。
healthy living

第1位:水・ウォーター

1-水⑧

50 Of The Healthiest Foods の第1位です。

食べ物なのに水?と思いがちですが、
学者も認める「体に最も大切な物」なのでしょうね。

水を飲むことの健康効果については、
ガンの危険を減らす・心臓病で死に至る確率が低くなるなど
世界各国で様々な研究が進んでいます。



・・・
人が生命を維持するために必要不可欠な物と言われています。

人の体においては、体重の約60%を占めるのが水=体液です。
 *細胞内液45%、細胞外液15%。


水と健康・・・
成人が1日に必要な水分は、
摂取量と排出量の収支バランスで捉えるとわかりやすいですね。

摂取については、飲料水1200ml・食物水分600ml・
体内で代謝する時に生じる燃焼水200mlで、
合計2000mlとなります。

排出は、尿1200ml・皮膚及び肺からの不感蒸泄700ml・
糞便100mlの
合計2000mlとなります。

これを基準にして、最小限必要な水の量は次のように考えます。

体内で不要な溶質の排泄に最小限500ml・
皮膚及び肺からの不感蒸泄700ml・糞便100mlの計1300mlから、
代謝などで生成される200mlを差し引いた1100mlが
毎日何らかの形で外部から補給する必要がある量です。

ヒトは15~20%の水分が失われると生命の維持ができなくなります。
水の補給が完全に断たれた場合には、
毎日体重の2%の水分が失われていく
状況に陥るため、7~10日で生命がなくなることになります。

水分の不足や過剰摂取ともに、体に負担をかけることになりますので、
一度に大量の水を摂取しないことが大切です。

1回に150~200ml(コップ1杯程度)を1日に6~8回飲むことで、
1日に必要量が補給できます。

また、朝起きた時・通勤などで歩いた後・スポーツする時・
入浴後・就寝前などにこまめに水分補給すれば、
水不足に陥ることを防ぎ、
さらに、過剰摂取で体に負担をかけることなく、
疲労回復や健康維持に
役立てることができると考えられています。

効率の良い水分摂取を心がけたいものですね。


1-ミネラルウォーター⑨



朝起きた時の水分補給・・・
起床時には、寝ている間に呼吸や皮膚を通して水分を排出しているので、
水分不足に陥っている状態です。

血液中のミネラル濃度も高くなっているため、
朝一番の水分補給は大切です。
季節によって冷たい水に抵抗がある人は、
白湯(さゆ)もオススメです。



スポーツをする時の水分補給・・・
運動中には大量の汗をかいて、水分やナトリウムなどのミネラルも
体内から失われます。

体重の2%の水分を失うと、軽い脱水症状に陥り、
症状としては、動作反応の低下や食欲喪失などが見られます。

熱中症や熱けいれんを引き起こさないためにも、
適切な水分補給が必要ですね。


入浴後の水分補給・・・
入浴による発汗で水分を失っていることも忘れずに。

銭湯が一般的な時代にも、入浴後の水やフルーツ牛乳などで
しっかりと水分補給していました。


就寝前の水分補給・・・
就寝前の水分補給は、
睡眠中の水分不足による血液中のミネラル濃度の
上昇を防ぐと言われています。

就寝前の水分補給も大切ですね。



 1-ミネラルウォーター


(参考)健康な生活と水・・・
現代生活では、洗面・炊事・洗濯・清掃・入浴などで
最低50リットルが必要となり、

公共用水・消化用水などの健康的な環境維持のための
間接的な産業用水も
含めると、
1日1人あたり250~500リットルの水が必要とされています。 


こちらも参考になります。amazon  FanSiteでいろいろと比較検討できます。
世界で最も健康的な食べ物 1~10位