2009年03月16日

不思議系

久しぶりに書こうと思ったら、
ブログのIDとパスワードを忘れてて大変だった!

ここ数年は、HIPHOPや海外のラウンジミュージックばっかり
聞いていたのだけど、
行きつけのCD屋の店内で流れてた曲を聴いて
久しぶりに日本のロックバンドに興味を持ちました。





相対性理論ってバンドです。
不思議系少女の感が満載の詩と歌い方。
麻薬みたいにずっと頭の中にのこる、、、

↑の地獄先生の詩みたいに言い寄られたら
大変だろうなー。






↑なぜ、メイドさんごくろうさんなのかわからない辺りが不思議系な証。
よい曲です。


fortune_plus at 22:18コメント(0) 

2006年08月26日

aperitivo tokyo

aperitivo tokyo











V.A / aperitivo tokyo


aperitivo シリーズの最新コンピ。


家帰ってじっくり聞いていたら
FreeTempoの楽曲にVocalで参加している吉田聡子さんの曲、
『CLEW』に惚れてしまいました。



夜中に聞いていたら胸の奥に熱いものがこみ上げて来て
いつの間にか涙ぐんでいる自分。
「あれ、なんでこんなに泣きそうになってるんだろ」って感じです。


FreeTempoに参加しているときにはあまりなかった
スローテンポでゆるい雰囲気のアレンジ。
この曲のためだけにお金払えますね。




他にもTrack3の原曲を殆どとどめていないRiovoltのRemix
Track6のM-SWIFT、Track7のDJ KAWASAKI 等
ハズレ曲がほどんどないのでお買い得なCDデシタ☆


1.KALEIDO with Cargo / Dignigade
2.MAKAI / Dance With You
3.RIOVOLT / E Dificil Esperar (Lumiere remix)
4.tangerine. / Sunday Morning
5.cool drive makers / New Morning (Routine Jazz Mix)
6.M-SWIFT feat. Vanessa Haynes / Morning Light
7.DJ KAWASAKI feat. Karin / Beautiful
8.吉田 聡子/ CLEW
9.i-dep / Sign Of Summer (STALKER STUDIO remix)
10.Urban Lounge Mode / Lingering Blues
11.eico / 太陽の石 (Sunaga t Experience's du bossa mix)

fortune_plus at 09:31コメント(5)トラックバック(0)music 

2006年08月24日

石を積み上げるアート

最近ハマッているアート動画を紹介。

男が手をかざすと石がひとりでに積み重なっていく不思議な作品

実はコレ、逆回しで撮影したものなのです。

人の動きが自然すぎて言われなきゃ逆回しって分からないシーンもありますよね。

逆光の中、棒を振り回して石を積み上げるシーンはかっこよすぎる。

音楽もいいので何回も繰り返し見ています(笑)



大きい画面で見たい方はこちら↓
http://video.google.com/videoplay?docid=-3649136495715157567&hl=en

fortune_plus at 22:00コメント(2)トラックバック(0)雑記雑記 

2006年08月23日

夏と和装

電車に乗っていると、浴衣や和装の女性を時々目にします。
体を覆う面積から考えると、着ていて暑いと思うのですよ。
Tシャツ1枚でいてもじっとりと汗をかく東京の熱気ならなおさら。

でも、和装の方を見かけると汗なんてかきませんよと言わんばかりに
すましていらっしゃる方が多いのです。
見ているこっちも清涼感を感じてしまいます。
別に浴衣フェチとかそういう意味でなく

体に密着していない分、風通しがいいんですかねえ。


fortune_plus at 00:45コメント(3)トラックバック(0)雑記 

2006年08月21日

時をかける少女

最近日中に出歩くことが少なくなっています。
北国育ちの身には真夏の日差しはきつ過ぎるのです。

さすがに引き篭り街道まっしぐらは人としてどうかと思ったので、
友人に連絡をとり、映画みに行こうってことで、
夕方から新宿まで繰り出しました。
(日中には外に出ないあたりがうちの限界点を物語っています…)

見に行ったのが、今月やってる映画の中では評判が一番いい
「時をかける少女」

単館上映で激混みということだったので、
気合入れて2時間前にチケット買いに行ったのに
既にその時点で整理番号が180番台!
劇場はキャパが210くらいなので前の席確定、、
すげー人気ですね。


中身の方もなぜここまで混むのかがうなずける内容。
友達としか思っていない人から告白されそうになり、
それ以来関係が変化するのを恐れて避けちゃうあたりとか、、
胸の奥に甘酸っぱい物を感じてしまいます。

高校時代の、今の時間が永遠に続いて行くような感覚を
うまく表しているストーリーでした。

見ている途中、隣席のにーちゃんの貧乏ゆすりが気になったものの
映画の出来は満足デス。


fortune_plus at 23:32コメント(0)トラックバック(0)雑記 
Profile
ふぉーちゅん
東京在住

最近イタリアにかぶれています。
うまい飯と音楽とサッカーがあれば
それで十分
Recent Comments
  • ライブドアブログ