はじめに

このすぐ下に「Ads by livedoor Blog」としてリンクが出ることがありますが、これはブログサービス会社が機械的に表示している広告であり、サイト管理者の意思を反映したものではありません。

ブログでは、表示される記事の順番が変わることがあります。新しい情報を順次追加しているためです。 以前に見た内容が見当たらない場合には、下のほうにスクロールしていくか、「カテゴリ別アーカイブ」「記事検索」を利用する、または「Ctrl+F」で語句を検索して探してください。「消えてしまう」ことはありません。 

このサイトは「翻訳者の薦める辞書・資料」サイトと連動しています。そちらもご参照ください。 

お金のかかる/かからない効率化・手間のかかる/かからない効率化

Forum2013_Chart

マルチモニタのススメ

一番即効性のあるのは、画面を広くすること。そのために2台以上のモニタを接続することをオススメします。デスクトップ機はもちろんのこと、ノートPCにも外付けモニタをつなぐのは簡単です。
Forum2013_Monitors
(デスク画像提供:医薬翻訳者 森口理恵さん)
ここまで多くなくても、モニタを2枚にするだけで、横長い広い作業スペースが確保できます。

dualmonitor

うちの通信回線、速い?遅い?

自分の通信環境がどの程度のものか、測ってみましょう。回線が遅い=待ち時間が長くなる=無駄な時間がかかるということです。

・USENの回線速度・通信速度測定
http://www.usen.com/speedtest02/index.html


なお、外部から家までの回線が速くても、家の中で無線LANを使用している場合、測定結果が遅くなることがあります。

かしこい日本語変換にATOK

★ATOK 日本語入力システム
30日間お試し 無償試用版(体験版)【リンク】 
  ※Windows用、Mac用、Android用あり
ATOK 2013 for Windows [プレミアム] 通常版ATOK 2013 for Windows [プレミアム] 通常版(「デジタル大辞泉」「ジーニアス英和/和英辞典」「会社四季報 企業名変換辞書」搭載)

ATOK 2013 for Windows [ベーシック] 通常版ATOK 2013 for Windows [ベーシック] 通常版

NHK 漢字表記辞書2013 for ATOK 通常版 DL版 [ダウンロード]NHK 漢字表記辞書2013 for ATOK 通常版 DL版 [ダウンロード]

共同通信社 記者ハンドブック辞書 第12版 for ATOK DL版 [ダウンロード]共同通信社 記者ハンドブック辞書 第12版 for ATOK DL版 [ダウンロード]

マルチボタンマウス

パソコンに付いてきたものではなく、自分の手にあったマウスを選ぶと効率が上がる。また、通常の2ボタン+スクロールではなく、複数のボタンがついたマウスを選び、よく使う機能を割り当てるのも効果的。筆者は親指の2つのボタンに「back」「forward」を、ホイールの下のボタンに「Ctrl+W(ウィンドウを閉じる)」等を割り振っている。コピー、ペースト、エンターやバックスペースを割り振っている人もいる。

2013/04発売の新製品:
LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G400sLOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G400s (8ボタン)

LOGICOOL レーザーゲーミングマウス G500sLOGICOOL レーザーゲーミングマウス G500s (10ボタン)

LOGICOOL 充電式ゲーミングマウス G700sLOGICOOL 充電式ゲーミングマウス G700s (13ボタン。ワイヤレス/有線両用。USB充電)

旧製品:
LOGICOOL パフォーマンス オプティカルマウス G400LOGICOOL パフォーマンス オプティカルマウス G400 (8ボタン)

LOGICOOL ゲーミングマウス G300LOGICOOL ゲーミングマウス G300 (9ボタン)


関連記事:「翻訳者的『マルチボタンマウス』の使い方」(Togetter) 【リンク】 [Update: 2013/05/29]

マウスの動作調整

「カッカッカッカとマウスを動かさないと、矢印がなかなか動かない」「小さいアイコンにぴたっと矢印を合わせられない」などの悩みは、マウスの設定で解決できます。

WindowsXP
「設定」>「コントロールパネル」>「マウス」

Windows 7
「スタート」>「コントロールパネル」>「ハードウェアとサウンド」>デバイスとプリンター」>「マウス」

>「ボタン」
・ダブルクリックの速度
>「ポインターオプション」
・ポインタの速度を選択する
・Ctrlキーを押すとポインタの位置を表示する
>「ホイール」
・ホイールの一目盛りでスクロールする量

などを好みに合わせて設定してみてください。

イヤホン・ヘッドホン

一日中音声を聞いている映像翻訳者にとって、イヤホン・ヘッドホン選びは実は大切。人によって密閉タイプ、オープンタイプ、カナルタイプ、骨伝導タイプと好みが別れるが、疲労が減って効率が上がることを考えると研究と投資のし甲斐があるところ。

AFTERSHOKZ 骨伝導ヘッドホン AS320AFTERSHOKZ 骨伝導ヘッドホン AS320

【国内正規品】 Etymotic Research イヤホン ER4S-BEtymotic Research イヤホン ER4S-B

出張メンテサービス アースワークス

翻訳者御用達の「オフィス・アースワークス」。【リンク】

ソフトのインストールやメモリの増設、トラブルの対応などはもちろんのこと、新しいパソコンを買ったら箱のまま置いておけば、すべての設定、接続をやってくれる。ウィンドウズにもマックにも対応。社内に翻訳者がいるため、翻訳者仕様のパソコンの設定にとても詳しい。効率化はしたいがローテクでやり方がわからない、時間がないという方は、このようなサービスを利用することを考えるのもいい。

CD-ROM辞書を一気に引く Jamming

翻訳者は驚くほど頻繁に辞書を引く。紙の辞書をゆっくり引いたり、あっちのソフト、こっちのソフトを開くヒマはない。そこで愛されているのが電子辞書ブラウザJamming。手持ちの辞書をすべてインストールし、不明な単語を入力すれば、一気に「串刺し」検索できる。JammingScreenshot

公式サイトからダウンロードして使う。税別3,500円。30日間お試し期間あり。

Jamming for Windows 【リンク】
Jamming for Macintosh 【リンク】
Jammingユーザーズガイド 【リンク】

 

Jammingで使えるオススメ辞書ソフトは、こちらのサイトを参照のこと。
「翻訳者の薦める辞書・資料」【リンク】 
「同・CD-ROM特集」【リンク】

関連サイト:
Jammingの導入手順(PC Tips&Tricks)【リンク】
Jammingのカスタマイズ(PC Tips&Tricks)【リンク】
辞書ブラウザ『Jamming』、ちゃんと使ってる?(Togetter) 【リンク】


Jammingの使用例 (搭載辞書ソフト)

筆者が自分のJammingに登録して使っている辞書は、以下の通り。

★有料のもの(現在販売されていないものも含む)
ジーニアス英和大、ランダムハウス英語、リーダーズ+プラス、研究社新和英大、研究社新英和大、新編英和活用大、ビジネス技術実用英語大、NEW斎藤和英、研究社新英和・和英中、インタープレス版ビジネス法律用語対訳、COBUILD、Oxford Advanced Learner's Dictionary、American Heritage Dictionary、広辞苑、大辞林、現代用語の基礎知識、Longman (LDOCE)、漢字源、デイリーコンサイス英和、新明解国語、E-DIC、ロワイヤル仏和中、クラウン仏和、センチュリー英和+ビジネス英語+クラウン和英、現代国語+外来語、三省堂ワープロ漢字、必携故事ことわざ+慣用句、必携類語実用、必携用字用語、必携手紙実用文、常用漢字表、平凡社百科事典マイペディア、南山堂医学英和大、Roget's II New Thesaurus、日本語大、世界大百科、

★無料のもの(現在公開されていないものも含む)
ライフサイエンス辞書(LSD)、 WORDNET、Easton's 1897 Bible、Webster's 1913、World Factbook、物故者名士録、VERA、アスキー手帳、CG用語、略語、花の咲く草木名小、不明解略語、歴史データベース、Moby Thesaurus、 通信用語の基礎知識、英辞郎、EDICT2、PDD百科辞書、口語訳聖書、文語訳聖書、ラゲ訳新約聖書、電網聖書、宮脇英和翻訳基本辞典インデックス、Holy Bible

電子辞書と辞書ブラウザのいいとこどり PASORAMA

今までの電子辞書は持ち運びには便利でも、画面やキーボードが小さく使いにくい面があった。特に、一日中パソコンに向かっている翻訳者にとって、いちいち別の端末に打ち込んで、またその結果を原稿に打ち込み直すのは大変非効率的であった。

その問題を解消したのが、SII(セイコーインスツル)の電子辞書「PASORAMA」シリーズ。普段は電子辞書として持ち歩き、家ではUSBケーブルでパソコンにつないで大きなモニタと使い慣れたキーボードで使うことができる。大英和5種類他、辞書の内容も大変充実しており、プロの使用に十分たえる。一見高額のようだが収録コンテンツを一つずつ購入することを考えると割安。今から各種辞書を集め始めるのなら、これが一番オススメかも知れない。

B00AEL5MN0 セイコーインスツル 電子辞書 DAYFILER デイファイラー DF-X8000 上級英語学習者向け 無線LAN搭載モデル
※英英辞書が充実。収録コンテンツ一覧【リンク】
B00AEL5MGM セイコーインスツル 電子辞書 DAYFILER デイファイラー DF-X9000 エンジニア/ビジネスパーソン向け 無線LAN搭載モデル
※「うんのさんの辞書」ことビジネス技術実用英語大辞典と理化学事典収録。収録コンテンツ一覧【リンク】
B00BHT07RY セイコーインスツル 電子辞書 DAYFILER デイファイラー DF-X10000 日本語・英語プロフェッショナル向け 無線LAN搭載モデル
※複数の英英、「うんのさん」、さらに世界大百科と日本語大辞典、角川類語も収録で、ほとんど「全部盛り」。収録コンテンツ一覧【リンク】
従来のSII製品(例:SR-S9003NH3/SR-G9003NH3)にもPASORAMA機能つきはあったが、DAYFILERシリーズはカラー液晶・タッチパネル・WiFi等も追加されスマホのような使い心地になった(Android4.0)。

関連記事:メーカーによるPASORAMA+の詳しい説明【リンク】
関連記事:SII電子辞書特価販売のご案内【リンク】


 

使いやすい動画ソフト(フリーウェア) 1.Media Player Classic Home Cinema

Media Player Classic Home Cinema   【ダウンロード】

WindowsMediaPlayer、Real Player、QuickTime Playerなどの代わりに使える動画再生ソフト。ずっと動作が軽く、機能も充実している。スペースバーで再生・停止を切り替えられるのはもちろんのこと、左右矢印キーで5秒ずつ、Ctrl+矢印キーで1フレームずつなど、細かい早送り・巻き戻しができる。再生速度の調整も可能。再生時のコントラスト、ブライトネス、サチュレーションなどもカスタマイズできるほか、さまざまな動作を任意のキーに割り当てられるのも魅力。

関連資料:「多形式に対応した使いやすいマルチメディアプレイヤー!Media Player Classic - Homecinema」(K本的に無料ソフト)【リンク】
 

使いやすい動画ソフト(フリーウェア) 2.GOM Player / VLC media player

★GOM Player   【ダウンロード】

こちらもWindowsMediaPlayer、Real Player、QuickTime Playerなどの代わりに使える動画再生ソフト。Media Player Classicと甲乙つけがたい操作性の良さで、実際に触ってみて好きな方を使えば良い。 翻訳作業時に特に重宝するのがスペースバーによる再生・一時停止、コマ送り、再生スピード変更、10秒・60秒・300秒の早送り・巻き戻し機能。「低域強調」「高域強調」「「中域減衰」といったイコライザー・プリセットは、音声状態の悪いビデオの聞き起こしの場面で重宝する。 ※操作メニュー一覧 【リンク】
GOM Playerのウィンドウ
関連資料:「多くのフォーマットに対応したコーデック内蔵プレイヤー!GOM PLAYER」(K本的に無料ソフト)【リンク】
 
その他、愛用者が多い動画再生ソフトに「VLC media player」【リンク】もある。 (「多形式に対応したマルチメディアプレイヤー!VLC media player」(K本的に無料ソフト)  【リンク】
 

使いやすい動画ソフト(フリーウェア) 3.おこ助(機能限定版)

★おこ助(機能限定版) 【ダウンロード】
本来、DVD作品に聴覚障害者用字幕をつけたり、音声ガイド用台本を書いたりするためのソフトだが、これを使うと文字起こしが大変やりやすい。DVDを再生しながら文章をどんどん入力していき、ひとまとまり起こしてからワンタッチでIN・OUT点を入れていくことができる。フレームまで正確に取ることは難しいが、たとえばインタビュー起こしの仕事や「写経」の練習の際にとても役立つ。[追記(2015/05/16):このバージョンの配布は終了している模様です]

無料の機能限定版はDVDのみ対応しているが、有償の「おこ助Pro版」は各種動画ファイルも扱える。

使いやすい音声再生ソフト(フリーウェア) Okoshiyasu2

★Okoshiyasu2  【ダウンロード】

マウスを使わずキーボードだけで操作ができる音声プレイヤー。
・指定した期間のリピート再生
・再生速度の変更
・音程の変更
・バックグラウンドでの再生(ワープロ等との切り替え不要)
・特定秒数自動巻き戻し
・キー設定カスタマイズ
・イコライザ機能


関連資料: 「議事録の作成に必須。テープ起こしソフト『Okoshiyasu2』」(PC Online)【リンク】
「Okoshiyasu2」(窓の杜ライブラリ)【リンク】

使いやすい動画ソフト(フリーウェア) 4.VLCメディアプレイヤー

★VLCメディアプレイヤー【ダウンロード】

 これ一つでほとんどの映像・音声が再生できるプレイヤー。大変手軽なのに、その気になれば使える機能がたくさんある、初心者にもヘビーユーザーにも向いたソフト。

聞き取り・書き取りに大事な細かい再生・巻き戻し・早送り については、「ほんの少し前に戻る/先に進む」「少し前に戻る/先に進む」「前に戻る/先に進む」「かなり前に/先に進む」がそれぞれ自分の好きなショートカットキーに設定できる他、フレーム単位でも動かせる。速く再生、ゆっくり再生も可能。

キャプチャ

シンプルに文章だけ書きたいときに 秀丸エディタ

文章を書く、原稿を書くというときにまずMicrosoft Wordを開く人は多い。しかし、使っている人にはわかるが、やたらと余計なおせっかいをしてくれたり、肝腎なときにフリーズして書いた文章がなくなってしまったりする。

昔から翻訳者の間ではワードは使わず、エディタを使う人が多い。それは動作が軽く、「書く」という本来の作業に特化しているから。そして、「マクロ」という自動化プログラムがいろいろ組み込めるからである。

中でも根強い人気なのが「秀丸エディタ」【リンク】。筆者はこれに全角英数字を半角化するマクロ、文字数を数えるマクロ、任意の文字数で改行を入れるマクロなどを組み込んで使っている【リンク】
 

作業の自動化 Simply Terms

プロの翻訳者に重宝されているのがBuckeyeさん作のソフトウェア「SimplyTerms」。用語集による一括置換を核とした翻訳支援ソフトなのだが、最近多い「ワードやエクセル、パワーポイントファイルの上書き翻訳」という注文に便利と大人気である。
「SimplyTerms」 【ダウンロード】

表記の統一や一斉置換、文字数カウントなど、「人間が手作業でやろうと思えばできるけれど、機械にやって貰った方が楽で正確」というさまざまな作業に対応している。

機能が豊富なだけに、初心者にはとっつきにくいところがあったのも事実なのだが、最近「まだら猫の翻訳日記」の作者さんが図解入りでとても親切な導入ガイドの連載を始めてくださった!ありがたいことです。
「SimplyTermsってなに?(まだら猫の翻訳日記)」【リンク】

オンライン辞書サイト

Merriam-Webster Online 
http://www.merriam-webster.com/
(音声つき。制限付きながらVisual DictionaryやEncyclopediaも引ける)

Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/oald-bin/web_getald7index1a.pl
(解説が初心者向け)
Oxford Advanced American Dictionary for Learners of English
http://oaadonline.oxfordlearnersdictionaries.com/
(新しい、アメリカ英語に特化した辞書)

Answers.com
http://www.answers.com/
(一度に引ける辞書の種類は多いが、個々の出典が明らかにされていないのが少々問題)

<2009.07追記>
主な日本語版オンライン百科事典:
Yahoo!百科事典 - 無料のオンライン百科事典 
「Yahoo!百科事典は、日本を代表する百科事典である、小学館の「日本大百科全書(ニッポニカ)」(1984-1994刊:全26巻)をベースに、毎月新項目やマルチメディアデータが追加されるデジタル版『百科事典』です。各分野の権威により編集された内容を無料で瞬時に検索できますので、調べ物をする際に初めに参照するツールとしてぜひご利用ください」 


【kotobank】時事問題、ニュースもわかるネット百科事典コトバンク

「『kotobank』は、朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書、事典44冊43万語から、用語を一度に検索できるサービスです。(中略)『kotobank』の特徴は、用語解説の信頼性を重要視している点です。掲載している辞書は実績のある出版社や、その分野においての知識が豊富な企業などから提供されたもので構成しています。用語解説のほかに、その用語に関連するニュース記事などの情報が得られます。Web検索も同時にできるので、普段の検索ツールとしても使えます」 

他に下記もある。既存辞書の電子版も含まれるが、主に各業界の「用語集」中心。
Metapedia
「550サイトの辞書・辞典・用語集を一括検索するサービスです」。検索結果にwikipediaが入っている。
Weblio辞書
「Weblioは511の辞書・辞典から一度に検索する辞書サイトです」

発音が聞ける辞書サイト

1)goo辞書 (プログレッシブ英和中辞典)
http://dictionary.goo.ne.jp/ej/
検索窓に単語を入れて、「英和」にマークを入れて「辞書検索」をクリック。
単語リストの中から聞きたい単語を選んでクリック。
単語の説明の中のスピーカーマークをクリックすると発音が出る。(発音記号も出る)

2)excite辞書 (研究社・新英和中辞典)
http://www.excite.co.jp/dictionary/
検索窓に単語を入れて、「検索」をクリック。
単語リストの中から聞きたい単語を選んでクリック。
単語の説明の中のスピーカーマークをクリックすると画面が変わって発音が出る。(発音記号も出る)
すべての単語に音声が付いているわけではない。

3)Cambridge Dictionary
http://dictionary.cambridge.org/
検索窓に単語を入れて、「Look it up」をクリック。
単語リストの中から聞きたい単語を選んでクリック。
単語の説明の中のスピーカーマークをクリックすると発音が出る。(赤のマークがイギリス英語、青のマークがアメリカ英語。発音記号もそれぞれ出る)

1)と2)は英和なので日本語表示で安心。使われている辞書の出版社が違うので、片方に載っていなくてももう片方を探すと見つかることもある。3)は全文英語だが、イギリス・アメリカの違いがすぐわかって便利。

英文読み上げ(TTS)ソフト&サイト

◎ReadPlease
ReadPlease2003 Free from CNET
(ReadPlease 2003が無料。Plusは有料)
上記サイトからソフトをダウンロード、インストールした後に立ち上げ、読み上げて欲しい文章をコピー&ペーストで真ん中の白いスペースに貼り付ける(元々あった文章は消して良い)。

プレイボタンを押すと読み上げが始まる。右側で読み上げスピード、フォントのサイズ、声の種類(男声・女声)、スピードを切り替える。有料版だとさらに早送り、巻き戻し、単語登録などができるが、無料版でもほとんど支障はない。

いいソフトだし無料なのがありがたいが、いかんせん古いので、環境によっては使えない場合もあるかも知れない。有料($29.95)となるが、もっと少し新しいのがTextAloud。初めの20日間は無料なので試してみるのもいいかもしれない。有料だけあってワードや各ブラウザと組み合わせたり、読み上げた音声をmp3やWMA形式で保存できる。

◎Free Natural Reader
http://www.naturalreaders.com/download.php
窓が小さくでき、当該文書の読み上げたい箇所を反転させてプレイボタンを押すだけという手軽さ。字数制限はなく、スピードも変えられる。有料版だとmp3やwavに保存もできるけど、とりあえずいらないでしょう。

(※これらのソフトはWindows7 Home Premiumで動作確認しています。ダウンロード途中で各種ツールバー等のインストールを薦められることがありますが、すべて拒否して結構です)

◎オンライン読み上げサイト
Text to Speech
http://text-to-speech.imtranslator.net/
英語のみならず、仏独西伊葡韓中露、そして日本語まで読み上げてくれる。右側の窓の中に読んで欲しい文章を貼り込み(最大1000ワード)、"Say it"ボタンを押す。

ワードマクロ

翻訳者であり、Microsoft Word MVPの新田順也さんが、ご自分の仕事のために開発したマクロを紹介してくださっています。
みんなのワードマクロ

さまざまなワードマクロ/アドイン【リンク】の中でも特に翻訳者に好評なのが「右クリックでGoogle!」。ワード文書で作業中に、不明語を反転させて右クリックするだけで、Googleが引け、再度の入力が要りません。さまざまなカスタマイズも可能で、オンライン版PubMed、Yahoo辞書、MerriamWebster辞書、LSD、Wikipediaなども検索対象にすることができます。


関連記事:

・「右クリックでGoogle!」オフィシャルページ【リンク】 
・新田さんのワードマクロプログラミングセミナー【リンク
 

SII電子辞書特価販売のご案内

SII(セイコーインスツル株式会社)さんのご協力で、会員向け特価販売サイトが利用できることになりました。対象となるのはデイファイラーや従来のPASORAMA機種、学習・暮らし機種、追加コンテンツカード、専用アクセサリー等です。

ご興味のある方は、下記までメールをお送りください。折り返し自動返信にてサイトURLおよび会員IDとパスワードをお送りします。サイトの利用は無料です。

●メールの宛先 recommendedreferences @ gmail.com
(「@」を半角のアットマークに替えてご使用ください)


●メールの件名 電子辞書

※今回お預かりするメールアドレスは、返信用のためのものであり、他の目的には使用しません。責任を持って管理・保管いたします。

サイト内検索
ギャラリー
  • お金のかかる/かからない効率化・手間のかかる/かからない効率化
  • マルチモニタのススメ
  • マルチモニタのススメ
  • CD-ROM辞書を一気に引く Jamming
  • 使いやすい動画ソフト(フリーウェア) 4.VLCメディアプレイヤー
アーカイブ
  • ライブドアブログ