School Life is Wonderful

Yesterday is history.
Tomorrow is a mystery.
But today is a gift.
That is why we call it present.
皆さま、今日も素敵な一日を!

(前編の振返り)

ドラマプロジェクトワーククラスでも、色々な役を演じました。
そして、Recitation スピーチの朗唱は、初学者の私にもチャレンジできそうなプログラムでした。

-----------------------------------------

(ここからが後編の始まりです)

■Recitationは私にとって最高のプログラム

オバマ、スティーブジョブス、キング牧師の歴史的に有名なスピーチを練習する過程で、次のようなメリットがありました。

1. 文法、語彙、発音をチェックできる。基本が出来ていない私にとって大変意味がありました。

2. コンテスト参加が義務付けられているため、期限があり終わった後は大きな達成感を味わうことが出来ました。特にコンテストの直前、全生徒が相互に刺激しあいながら練習している雰囲気は最高でした。

3. 初学者の私でも暗唱しているフレーズが皆に頷いて貰えると自分が上手に英語を喋れているという錯覚に陥ることができました。

このRecitationのプログラムは、英語習得レベルに関係なく、各人それぞれの英語力を高めていく画期的なプログラムだと思います。

また、最近ではビデオコースが開設されるなどプログラムの充実には目を見張るものがあります。

■Forward生は、頑張っている人にエールを送る人たちばかり

私が、悩んだりしていると周りの皆さんはやさしくサポートしてくれました。

今では、このような仲間がいることが、私がForwardに通う大きな理由のひとつになりました。
recitation club
(Recitation Club の仲間達)

そのような仲間の中で特にSteve Jobs Recitation Clubの方々は、非常に学習意欲が高く練習レベルも高いため私の良い練習目標になりました。

また、Arashiという60歳以上のForward生の集まりがあり、そこでも練習を通して互いに刺激し合いました。
 

■Recitationプログラムは、自分を追い込み、ただ実行することで確実に成果につながる

私は自分を追い込んでいくタイプ。

今回、自分を追い込むため3名限定のプレミアムコースに申し込み、ブートキャンプでの特別レッスン、ブートキャンプに向けた個別レッスンなどを受けました。

特にこの個別レッスンでは、MIYU先生に徹底的に基礎を指導してもらいました。(感謝!!)。
miyu
(3時間にも及んだMIYU先生の個別レッスンの後)

ここまで指導してもらったのだから先生方のためにもFinalistにならないと駄目だと思ったこともその後の練習のやる気の維持に役立ったと思います。

 
■暗唱のレベルを超えてからが本当の練習

初めのころは、Recitationを暗唱大会と勘違いしてしまいますが、本当の学習はこの暗唱レベルを超えたところから始まります。

石渡先生のビデオを参考にしながらも、石渡先生のコピーではなく、ScriptとMovementを自分なりに理解し、発音、スピード、音の強弱、高低を見直していくところに意味があるのではないかと思います。

それらをどんどん意識しながら練習していくうちに自分でも気持ちと英語フレーズがシンクロしていくのがわかるような気になりました。

コンテストの1週間前、たまたま仕事で外国人への日本語研修の修了式で来賓祝辞のチャンスが与えられました。

修了生の中には、イギリス人、フィリピン人も在籍しており、プレッシャーがありましたが、修了生の一人ひとりが日本語スピーチをするのを聞き、私も祝辞に代えて、このSteve Jobs のRecitationをやろうと思いつき、やっちゃいました。
forign2
(外国人の前でスピーチ披露)

驚いた事に彼らの多くがこのJobsのスピーチを知っており、私のRecitationは彼らを勇気付けることができたと実感出来ました。

この事もスピーチに対する自信に繋がったと思います。


■最後に

まだまだ英語力の未熟な私ですが、私が英語学習に対して思っていることをお伝えして終わりたいと思います。

私は、勤務先の社会人学生に“勉強と思うな 仕事と思え”というアドバイスをします。

私は、受験指導の経験から、学生の中で“合格するタイプ”がおぼろげながら分かるような気がします。

それは、勉強を仕事/目標達成として捕らえ毎日を厳しく過ごすタイプです。

英語の勉強も同じではないかと思うのです。

英語習得を目標達成と捉え、目標達成のために自分自身の具体的課題を明確にし、その解決のための有効な手段を選択し、それらを限られた時間の中でコツコツとやり遂げて成果を上げていくこと。

これに尽きるのではないでしょうか?

しかし、英語学習の厄介なところは最終目標が見えないということです。

そのため私は、適度に中間目標を定めその到達を楽しみながら進んでいこうと思います。

このRecitation Contest優勝もその一つです。

私は、英語学習という山頂の見えない登山にチャレンジしていますが、適度に中間目標を立てそれをクリアしながら自分の上達を喜びながら進んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

こんにちは、私は西原申介と申します。普段Forward生から“しんさん”と呼ばれています。私は、Forward に通い始めて約4年になります。
40890632722_ff1b8ee777_m
今回、Recitation Contest ベテランズリーグで優勝させていただきました。
27061092908_e4c8a3c75f_z
しかし、結果発表の場のスピーチでは、英語力の不足から感謝の気持ちや実際にやってきた練習方法などを伝えることが出来なかったので、このBlogを通じてお伝えできればと考えました。
40932672431_0b3b5dc843_z

■自己紹介
私は、現在61歳です。公認会計士や税理士などの資格試験のライセンススクール(専門学校)でマネージャーの仕事をしています。

そんな私が、何故、英語を学ぼうとしたか。

それは、私自身が、仕事をしながら何かを学ぶ生活をする必要を感じたからです。

また、近い将来、専門学校に通う学生に英語に親しむ機会を作りたかった。

そのためには、まず自らが学生として英語の勉強にドップリと漬かる必要があったからです。

■何故、英語スクールの中でForwardを選んだのか
Forwardが、英語スクールの中で厳しい学校との噂を聞きワンデープログラムに参加。

そこで、何も話せない自分に対して大いなる悔しさを感じたからです。

このワンデープログラムに参加してこの学校で話せるようになりたいと強く思いました。

しかし、現実には辛い日々が続きました。

学校のある表参道駅に降りると気持ちが萎えてしまい、学校の中でも早く帰りたいと思う日々が続きました。

石渡先生から“Hello!! How are you? ”と話しかけられてもどぎまぎする始末。

本当に情けないと思いました。その後も私の発言は、“Hello! Thank you! See you! ”だけの日々が続きました。

また、学校内のコミュニケーションはすべて英語なので何を言っているのか殆どわかりませんでした。

その当時、流暢に英語で喋っている生徒さんを見て“何故、英語が喋れるのに英語学校に通うのだ!
1537458_1064150013612946_5602533256101969217_o (1)
そうだ!この人たちはきっと自分が喋れるのを自慢するために来ているのだ!”と思ったりしました。

けれども強制的に、Project WorkとしてのSaturday afternoon drama Classに2年半所属することで、少しずつ友人が出来、そして友人と英語学習に対する思いを語っていく中で、ハイレベル方にも、自分なりの課題があるのだと理解できるようになりました。
11168085_10207807328403783_6034919536026633341_n
英語学習には終わりはないということです。

27811390555_623fc98376_k
ドラマプロジェクトワーククラスでも、色々な役を演じました。

そして、Recitation スピーチの朗唱は、初学者の私にもチャレンジできそうなプログラムでした。

(後編に続きます)
----------------------------------------

<優勝した今回の朗唱コンテスト動画はこちらです>


(第5話の振返り)
大学院の授業の一つでは、今回のMondayの演目だった“The Gentle Nine”を題材に、言葉の身体化について英語でプレゼンテーションを行いました。そして、先日幸運にも初めての試みであるFORWARD生によるボーナス・ウィークで発表することもできました。

入学当時、私が英語でプレゼンテーションする姿を誰が想像できたでしょうか?自分自身がとても驚いています。

今回この機会を設定してれたYoshiとAya、推薦してくれたRie、深い絆で結ばれたプレゼンターのみんな、聴講してくれた参加者の皆さん、そして、愛するMonday Drama classのみんなに深く感謝しています。

そしてふたたび、あることを思いスピーチを作ったのです。
-----------------------------------------

(ここからが第6話の始まりです)

【ふたたび-スピーチ・ファイナリストへ】
ふたたび、ふと思ったこと。それは、、、、

私、今幸せかもって(笑)

まさに「This is the best day of my life!」って思うようになっていたのです。

しかし、それもこれもこれまでの人生があってからのこそ。

過去に思いを巡らして、一番心に残っていたのが、親友の言葉でした。

「昔の飛び回っていた織代の方が好きだったな」

大人になり、何もかもが変わってしまった環境にいる24歳の私に対して、高校生の頃の生き生きとしていた私を誰よりも知っている彼女の漏らした一言が、私をずっと揺さぶり続けました。

そして、どんなことがあっても自分のやりたいことを貫き、自分らしく生きることが、自分の大切な人も幸せにするんだな、ということに10年以上経ってやっと気がついたのです。

今回はその思いをスピーチにしました。
18_2018_03_Speech_0119_2018_03_Speech_02
私たちは簡単に、時間がないから、お金がないから、才能がないから、家族が良い顔しないから、と何かと理由をつけて行動を制限しようとします。

もし、それで自分が本気でやりたいと思っていることを我慢したらどうなると思いますか?

自分じゃなくて、周りを不幸にしちゃうんです。

それって、本望じゃないですよね?本気でやりたいことがあったら、必ず周りが応援してくれます。

FORWARDはそんな空間だと思いませんか?

英語を本気で身につけたいと思ったら、先生方だけでなく、私たち受講生全員が応援します。

もし「私はまだそんなレベルじゃないし」とか「もうちょっと力がついてから」と何かを躊躇している自分がいるならば「自分が本気になれば、自分の周りの人が幸せになれる!」と考えてみませんか?

“Are you happy now?”のスピーチには、これまでの皆さんへの感謝の気持ちと、これからも前を向いて歩んでいくすべての方へエールを送りたい、という思いを込めて舞台に上がりました。

少しでも私の思いが届いたのであれば、とても嬉しいです!
 
(こちらの動画がスピーチです)
   
【最後に-You are an artist!】 
最後にFORWARDの皆さんにお伝えしたいことは、FORWARDで学んでいるのは英語ですが、身体はとてもアーティスティックなことに取り組んでいるということです。

プロジェクトワークでの作り込んでいく作業はアーティストそのもの。

00_2018_03_Monday
それだけでなく朗唱で扱われているスピーチは、音楽でいう素晴らしい作曲家が残した作品、空手の力と美しさが備わった形、伝説の料理人の秘伝のレシピなどに値するものと思っています。

それを身体を通して表現すること自体がとても高度なことで、しかもその道のりは果てしなく、ゴールはありません(笑)。

まさに守破離の世界。

追いかければ追いかけるほど、深みが増していくアートの世界そのものだと思います。

スピーチもしかり。ALLもそれを表現するための基礎訓練だと思うとHow artistic! だから、ぜひFestivalの舞台はもちろんのこと、朗唱コンテストだったり、仕事でのプレゼンテーションだったり、とにかく人前で喋ることがあったら、私はアーティストなんだ、と自信を持って立ってください!

You are an artist! 
23_2017_Monday
長くなってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

これからも一緒にFORWARDライフを楽しみましょうね!

HAPPY LERNING!

Oriyo

(第4話の振返り)
まさか、英語学校で人生最大のトラウマを克服することができるなんて、なんというサプライズなんだろう。

FORWARDとEri、そして今こうやって聞いてくれているみんなに出会えなければ、二度と人前で演奏することはなかったと思います。

そしてそのきっかけが英語でのスピーチだなんて、人生何が起こるかわからない。スピーチを書いて本当に良かったな、と思いました。

さらに、その後にとても大きな決断をすることになります。
-----------------------------------------

(ここからが第5話の始まりです)

【大学院へ−“The Gentle Nine”】
「プロジェクトワークでのドラマ作りがライフワーク」と感じるようになった3年目にふと我に返りました。

“英語を口にする”ということが死ぬほど嫌だったったのに、いつのまにか消えている。しかも英語を話し、コミュニケーションを楽しんでいる自分がいる。


しかし、実態は演劇学校に入ったのか英語学校に入ったのかわからなくなるほど、表現することを楽しんでいるだけ。

これまで辛さが伴わなければ学習ではない!と思い込んでいた自分にとって、この感覚は何と呼べば良いのか?と自問するようになりました。

どうして私たちはプロの俳優を目指している訳ではないのに、ここまでドラマにのめり込めるのか?
16_2017_11_TheGentleNine_flyer
演劇については専門家の指導を受けている訳ではないのに、なぜ魅力的な演技が出来るのか?

演劇を学んでいる訳ではないのになぜ素晴らしいアイデアが生まれるのだろうか?

演劇という芸術行為を体現するFORWARDの皆さんと一緒に学ぶ中で、もしかしたらここには社会と芸術をつなぐ、まだ発見されていない何かが埋もれているのかもしれない、と感じたのです。

私が専門に扱うContemporary Music(クラシック音楽の流れを基本とする現代の音楽)は、難解で、一般的には馴染みの薄い分野とみなされています。

しかし私は難解だったり、直ぐには理解できないものだからこそ、面白く魅力的だと考えています。

日常生活でも、答えの出ない困難な出来事や、人間関係などに直面しますよね?私はその感覚と同じだと思っています。

どうしてそうなるのだろう?どういうことなんだろう?と一歩立ち止まって考える機会を与えてくれる。

そしてその自分の力で導き出した考えや解釈は「正しい・正しくない」で判断されるものではないと思います。

それと同時に、他人の考えも「正しい・正しくない」と扱うことはできません。

芸術は、そのような、生きていくために必要な目線や考え方を教えてくれるものだと思っています。
17_2017_11_TheGentleNine
プロジェクトワークでは、自分たちの意見を出し合い尊重し合います。

時には予定通りに事が運ばなかったり、日本語だったら簡単なのに、英語で、しかも伝えにくいことを伝えなければならなかったり、様々な困難が待ち構えています。

しかし決して相手を「正しい・正しくない」で判断しない。

相手の意見を尊重し、受け入れ、新しい道を見つけていく。

私が芸術を通してやりたいと思っていることをプロジェクトワークでは出来ている。

私たちのプレゼンテーションは決して自己満足ではなく、自己開発、イノベーションなんだ!と思うようになりました。

だからこのプロジェクトワークで起こっていることを記述し、何かを発見したい。

そして社会と芸術をつなぐ媒介者になりたい。

そのために研究したい、

と私の夢が生まれ、ある決断をしました

青山学院大学大学院社会情報学部ヒューマンイノベーションコースへ入学したのです。

その夢に向かって研究が始まりました。

FORWARDの先生方と仲間の協力のもと、現在クラスのビデオ録画やインタビューを行なっています。

大学院の授業の一つでは、今回のMondayの演目だった“The Gentle Nine”を題材に、言葉の身体化について英語でプレゼンテーションを行いました。

そして、先日幸運にも初めての試みであるFORWARD生によるボーナス・ウィークで発表することができました。
22_2018_03_Presentation
入学当時、私が英語でプレゼンテーションする姿を誰が想像できたでしょうか?

自分自身がとても驚いています。

今回この機会を設定してれたYoshiとAya、推薦してくれたRie、深い絆で結ばれたプレゼンターのみんな、聴講してくれた参加者の皆さん、そして、愛するMonday Drama classのみんなに深く感謝しています。

そしてふたたび、あることを思いスピーチを作ったのです。
(第6話最終回に続きます)

(第3話の振返り)
Scriptの作成は前回以上の困難を極め、毎回クラスが終わった後にマクドナルドで会議・会議・会議!

もう怖いものがなくなったので、周りの目もまったく気にせず英語でガンガン喋っている自分が不思議でもあり、誇らしく思えた瞬間でもありました。

主役のポワロを務めたToshiがギネス記録だ!と表現していたように、映画でも2時間かかる内容を破綻なく23分でまとめ上げ、チームで作り上げたすべてを出し切ることができました。また、その喜びを全員で共有することができて、本当に嬉しかったです。

そして、もう一つ、大きなものを手にすることができたのです。それは、、、

スピーチのファイナリストとなれたことです。
10_2016_11_Speech_01

-----------------------------------------

(ここからが第4話の始まりです)

 【スピーチ・ファイナリストとして】
心を打たれたスピーチコンテストから1年半後、スピーチコンテストのファイナリストに選ばれたのです。

スピーチを作り始めたあの日から、何度かMISで披露したものもあれば、一回で諦めてしまったものも含め、いくつかのスピーチを作りました。

ちょうど“Inside Out”の練習が本格的に始まった頃、とても悲しいことがあり、お風呂の中で涙を流したことがありました。

散々泣いた後「こんなことで泣いて下を向いても何も始まらない、顔をあげるんだ、あげるんだ Oriyo---!と、「あしたのジョー」に出てきそうな台詞を心の中で唱えていました(笑)。

そして、「今まで恐怖でしかなかった舞台で、自分を応援してくれている客席からの温かい目線に気が付けたのは、顔を上げられたからだ。そうだ、だから下を向いてはいけない」と気づいたのです。
11_2016_11_Speech_02
そして出来上がったのが、高校時代のピアノの失敗から舞台恐怖症となったことを題材とした“Life is your stage”です。

人生もお芝居も一度幕が上がると後戻りは出来ない。しかも平坦なストーリーはつまらない。山あり谷ありの方が断然面白い!

日常そのものが舞台だと思ったら、舞台恐怖症って小さなことだな、って思ったのです。

もちろん今でも舞台に上がる前は緊張します。

しかし、以前のように、ネガティブな気持ちは無くなりました。

そして、舞台に上がって、観客の皆さんとつながる、という貴重な機会にとても感謝しています。
12_2016_11_Speech_03


【20年後のプレゼント−トラウマとの決別!】

「ORIYOと連弾したいんだけど!」

スピーチコンテスト直後の2016年12月、キラキラと目を輝かしたEriからまさかのお誘い!

「ええ!?いや、もう約15年間弾いてないって言ったじゃん!」

と内心思いながらも、Eriがとっても楽しそうに話すので、とりあえず楽譜だけもらうことにしました。

Eriから受け取った楽譜を年末実家に持ち帰り、久方ぶりにピアノを弾いてみると、
「Eriとだったら出来るかもしれない、いや、やりたい!もしかしたら、これは20年前のトラウマと向き合うために神様がくれたチャンスかもしれない!」と思ったのです。

「弾けるかもしれない、、、」とEriに告げた途端、

「3月のMini-Presentationで弾くからね!」

と、驚く間も与えられず(笑)、Eriに引っ張られる形で演奏することになりました。

いざ練習が始まると、一人での練習は苦痛だけど、二人で練習すると、どうせならサプライズでやりたい、演奏前に寸劇を入れたい、とアイデアもやりたい事も湧いてきて止まりませんでした(笑)

そして、本番まで周りのみんなには秘密にしていたので、ずっと緊張していたのですが、演奏が始まると、、、、

ああ、あのトラウマはこのために神様が用意してくれた試練だったのかもしれない、と思うほど、心の底からピアノの演奏が楽しい!と感じることができました。
13_2017_03_piano_01
まさか、英語学校で人生最大のトラウマを克服することができるなんて、なんというサプライズ!!!

FORWARDとEri、客席から応援してくれたみんなに出会えなければ、二度と人前で演奏することはなかったと思います。
30122392_1495393203921352_1295574898_o30176667_1495393157254690_1714704055_o
そしてそのきっかけが英語でのスピーチだなんて、人生何が起こるか本当にわかりませんね。

スピーチがくれた大きな大きなプレゼントでした。

さらに、その後にとても大きな決断をすることになります。

(第5話に続きます)

このページのトップヘ