萬年少年

ただの日記です。  

本日は三連休最終日

今日の世話人の仕事は簡単だった。障碍者1人を夕方から世話をした。施設へ帰ってくるなり風呂に入り、すぐ寝た。7時半からやる事もなくテレビを観ていた。フィリピンの女の子が世話人として採用された。日本在住18年で日本語も堪能。
夜はあかねに会いに行った。早速フィリピンの女の子の話をした。あかねは笑っていた。
ジビエ料理の話題。
「山梨は鹿が出る。路上に出てきて危ない」
「鹿って食べられる?」
「うん」
「いのししは?」
「食べられる。ジビエっていうんだって」
「ジビエってどういう意味?」
俺は知らないといい、あかねはカラスも食べるんっだて聞いたことがある。毛をむしって食べるという。
俺は今日スーパーでコオロギせんべいを見た、といった。
あかねの顔が覚えられない。明日になると忘れちゃう。芸能人にも似てるのいないしなあ。
あかねも頷く。でもほんとうは加藤綾子に似てるといいたかったが止めた。
あたしのビデオ出ても誰も買ってくれない、とあかねはいう。
俺は買うよ、と答えた。
帰り際に新しい靴を買った、というと、あかねは「うん」と頷いた。



パラリンピック終わった

ボッチャの雄たけび。車椅子テニスの2バウンドの球返すのって迫力ないよな。障碍者スポーツを否定するつもりはないけど、時間つぶしてまで観るスポーツじゃないよな。そもそもプロ野球やWカップ予選の日本代表戦のサッカーでさえ、すぐ飽きてしまう自分だからなおさらだよ。昨晩も障碍者の世話人やってきた。健常者でさえ、生きてくのがやっとの世の中で、こいつら国から補助金もらって楽して生きてるなあ、などと思ってしまう。けれども身元引受人の親とかが高齢になると、心配事も多くなるんだろうね。
そのために後見人制度があるけれど、司法書士なんかがやる制度だ。行政書士や社会福祉士が任意でやる場合もあるけど、法定後継人は弁護士か司法書士がなる。
親亡き後、法律家が財産やお金の面倒をみるってわけだ。

遊んで、稼いで、私生活充実

タンクローリーの募集は締め切り。で、先程かご車の募集に応募した。給与は27万円。手取り23万4千円か。社保完、賞与、退職金ありもいいよな。何歳まで働けるか、がいちばん問題。
タバコが切れた。吸えないので禁煙再開となった。このまま止めれたらいいな。

契約延長

現在勤めている産廃の運搬の仕事を1年延長する契約をした。今月の給料次第では辞めようかな。だいたい1年働いて給料が減るなんてふつう考えられない。昇給していくのが普通だ。静岡市で23万円以上の募集があった。介護のアルバイトもそろそろかったるい。考え時だ。

緊急事態宣言

職場でも話題になってます。マスクや消毒だけでは対応できない気もします。マスクなんてゆるゆるにしてるし、消毒も必ずやってるわけでもない。ワクチン接種の案内がきていたけど、めんどくさくて行ってない。いよいよ行こうかと、迷ってはいる。重症化して入院できないなんて悲惨だしな。
萬年少年
鶴は千年、
亀は万年、
おいらはずっと少年。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

foryou814

メッセージ
  • ライブドアブログ