2008年01月14日

美輪明宏の九条についての発言について思う事

◆めっちゃ放置してました…1年以上ですね。
最近seesaaも放置ぎみ、2ちゃんメモも放置状態。
なかなか時間が取れませんが、また頑張ってみようかと。

とりあえず。。。気がついたこと。
seesaaは日記主体なので、こういう事はこっちのがいいかな、と思ったのですが、
結局両方同じ事載せちゃうことに。。。。orz

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

一週間ほど前だったかテレビを見ていたら美輪明宏が憲法九条に関した事を話し出した。
「オーラの泉」の日ではなかったし、なぜかいつも一緒の江原啓之はいなかったので
違う番組だったらしい。
誰が一緒に出ていたかも忘れてしまった。正月特番の一つだったのかもしれない。

なんでいきなり九条の話が出てきたかも憶えていない。
日本は今後どうすればいいのか、というような話の流れの中だった気がする。

九条に言及するその前振りだか説明だかで、
「憲法九条を改正する事を指示する人達の言い分として、
戦後制定された日本国憲法が
アメリカから押しつけられたものであり
日本のものではない、という主張があります。
しかし最近の研究で、この憲法草案には日本の民間の団体の素案を
多く取り入れたものだった事がわかってきました。。。」
というようなナレーションと映像での紹介があった。

(今ぐぐってみたら「ブラボー日本」という番組だったらしい。
やっぱしTBSだわ…orz。
日本人が作った番組じゃないらしいので文句を言っても仕方がないか…
TBSは日本の放送局だとは思ってませんから。
ゲストはほかに鳥越俊太郎氏、坂東真理子さんら。司会は石原良純。 だそうです。まいど〜)


戦争はしてはいけない、九条は世界に誇れるものなのよ、と毎度よく聞く同じような事を延べた後、
美輪明宏が、戦時中の思い出話を始めた。


小学生だか中学生だかは憶えていないが、
ある子供が訓練か何かの時に、上着の下に着ていた毛糸の服かなにかを
訓練を指導したと思われる
(地元の警察隊だか町の有力者だかはわからないが。
兵隊が直接民間人の訓練を見るような事があったのだろうか???)
指導していた人に見つけられた。美輪氏は隊長とか言っていたような気がするが。

母親が古い毛糸をほどいて、いろいろな色の混じったものだったため
それが「カラフル」であった事をとがめられ、暴力をふるわれて
土下座をして母親共々あやまったけれど、殴られ蹴られてとうとう殺されてしまった、という話。

「カラフルも何も無理矢理上に着ていたものを脱がされた(やぶられたんだっけか?)のよ?
上に着ていたものをとらなきゃわからないじゃないの、そんなの…」
それにいちゃもんをつけた、その時の指導者の無体で理不尽な事を非難し
そして美和氏は

「バカに権力を持たせたら、ろくな事にならないのよ、」
という言葉で締めくくり、
軍国主義の愚かさ、醜さ、非民主的さを指摘し、

「平和は大事、戦争はいけない、だから九条は変えてはいけない」という結論に
持っていったと思う。

このあたりから毎度のこの手の番組のくだらなさに怒り出してしまったので、
その後の話などは聞かずじまいで
最後はどうやって話を終えたのか、正直言って聞いていない。
でも多分そう持っていったと思う。

「オーラの泉」は好きな番組である。
江原氏の話がいつも、いい。
元々実家が信仰をしていた事もあり、自分もいくらかは神秘体験をしているので、納得のいく話も多い。
江原氏の話に相づちを打ち同意したり補助したりする美輪氏の話から、
美輪氏自身もある程度の霊感なりなんなりがあるらしいと思わせる。

しかし…この手の九条に関する話を聞く限り、
少年期のトラウマの鮮烈さが、もしもあるのならば(彼に霊感などが)、彼のインスピレーションを曇らせているのだろうと思わざるを得ない。

美輪明宏が九条の会の講演などに顔だしてたりするのを見るといつも思う。

なぜ「バカに権力を持たせる愚」と、憲法九条改正反対がつながるのかをよく考えて欲しい。
関係ないではないか。

バカに権力をもたせる愚、などどこの世界にでも散見できる。
会社のバカ社長、バカ上司、バカ政治家、バカ官僚、バカ先生。
現況、今の中国の地方官僚などはバカが権力持ってやりたい放題しているし、
北朝鮮の政府筋もおなじであろう。

日本が今突然戦時になったらどうなるか…

非常時という事からたしかに、虎の威を借る狐のような愚者が
平時以上に権力を振りかざす事もあるかもしれない。
しかし、何も60年前と同じ状況を作り出されるのが当然と思う必要はないではないか。
事前にそうならないような仕組みを作り出しておけばいいだけの事だ。
(当時愛国心、非国民という人達への非難を作り出した張本人のマスゴミが
今度はどう情報をつたえるかが大きいとは思うが)


九条改正イコール戦争、ではない。

九条を変えるべきだ、と言っている人は、なにも「軍国主義」を復活させようとしている訳ではない。
今のままの日本国憲法では、日本を守ることができないから変えるべきだ、と言っているだけだ。
あくまで、平和を保つために九条を改正するのである。したいのである。

友国の船が目の前で危機に陥っていても、自分が攻撃されなければ助けることも出来ず、
見殺しにするしかない日本。
見殺しにした友国の国民は日本を許し、日本有事の際に動いてくれるのか、という事が
ずっと以前から議論されてきた。

そういうおかしなところを直して(その他も含めて)
いざと言う時に、
ちゃんと日本を守れるように改正しよう、と言っているだけだ。

何かがあってから国会で議論なんてしてるヒマはないのだ。

「軍国主義」と「九条の改正の必要」は、まったくの無関係なのだ、という事をまず、しっかりと
認識してほしいものだ。

サヨクの作る番組は、この辺の関係ない事をわざとリンクさせて、
関係ない事をことさら関係あるように持っていって見せてしまうので注意が必要だ。


だいたいいくら戦前とはいえ、一般人を着ている服がおかしいからと
その場で殴り殺してしまえた、という話が異常すぎる。
日本は軍事下にあっても法治国家だった訳で、その辺のつっこみもしてみたいのですが、
なんせ記憶が定かではありません。。。orz


今たしか中東だかの海で日本のタンカーかなんかが海賊におそわれてるのを
アメリカの海軍の船が追跡して、助けてくれようとしてる、というニュースを産経で見たけれど
NHKや中日新聞ではどうも流していないような気がする。暮れの話だったように思う。
(元々最近テレビニュースなど見ないのでやったかどうかは知らないが)

これらのニュースをちゃんと流す事で、世界には今でも危険が存在する、という事を日本の人達に
知らしめて欲しいと思う。

日本は、日本に300本以上のミサイルを向け、台湾を武力で脅し、
自分たちの都合にあわせていつでも「気軽に」法律をホイホイ変えてくるような理不尽の塊のような中国と、
キチガイ国家、北朝鮮と、とてもおかしな国、韓国という三バカトリオみたいな「近隣国」に囲まれている。
オーストリアにしても 鯨ひとつの事で海軍を出してくるのだし、
フィリピンにしても 自国の利益につながると思えば、それなりに自国の誇りを守るための発言もしている。
アメリカさんだって、中国からの利益供与を受けた民主党の大統領になれば
何を言い出すかはわからない。

日本は世界で一番中国からのスパイの多い国であり、
北朝鮮工作員が悠々と活動してる国であり、
スパイ法も儲けられておらず、いつ何時国体を脅かされるかわからない国なのだ、という認識が
国民になさすぎる。
平和の為です、という嘘にだまされて札幌で無防備都市宣言条例の署名が万単位で
集まってしまうおかしな国。

それを知らしめる事をマスゴミが異常なまでに阻止しているおかしな国なのだ。

いつも口を酸っぱくして、これらの事を言っているのに
姉などは「徴兵制がしかれるのがイヤ」とか言って、九条改正が怖い、とフワッと口にしたりする。
徴兵制がしかれなくても、国体が安全でなければ何もならないという事が
なぜわからないのか、と。

国連がある、世界が黙っていない、などという嘘はつかないでほしい。

今世界中で理不尽が現実に行なわれているけれど、国連は何の力も発揮してない。
北朝鮮は、核を黙ってつくり、それを脅しに使って自国への援助を大きな顔をして受けようとしているが、
だれも何もできない。
それが現実ではないか。

力がない為に、日本は自国民を拉致されても何もできないでいる。
力がない為に、竹島が韓国に奪われても何もできないでいる。
自国民が数千人規模で理不尽に拉致されても、何もできなかったではないか。
力も組織もないゆえに、何をされてもへいへいと従うしかないのが今の日本ではないか。


先日もどうも学研が中国で製作している地球儀上で、台湾を、中国の脅しで
「台湾島」と表記し、音声ガイドでは「中華人民共和国」とされているらしく、く問題になっていた。
おまけに千島列島はロシア領としたらしい。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080111/edc0801111117002-n1.htm
そう表記しないと輸出させない、と脅したらしい。

中国の事だ、逆らえばどんな無体な事をして、現地工場など接収されるかわからないから
学研の気持ちもわからないではないが、そのような脅しの際には国に助けを求めるなりなんなりして
ちゃんと筋を通すべきなのだ。
後に悪い例を作る事にしかならない。国対国の問題に対して一企業が脅しにのって
簡単に子供に間違った事を教える事を許すなど、言語道断であると思う。


めずらしくニュースステーションなどでもこの事は報道したらしく、
視聴者からの非難でどうも学研はこの地球儀を「希望者のみ」回収すると
発表したそうだ。あくまで、「希望者のみ」…

間違った地図を販売したのに、希望者のみの返品などという対応は
どう考えてもおかしいのだが。。。

というか、そんな国でものを作るな、とヽ(`Д´)ノ!!

子供相手の地図1つにしてもこうした国際的に見て非常識きまわりない事を平気でしてのける
中国や、北朝鮮相手に 「九条」がどんな意味を持つのか、よく考えてみればいい。
「九条」など中国北朝鮮にとっては、日本をしばるかっこうの道具の1つにすぎない事が
なぜ彼等(九条教信者)にはわからないのか、不思議で仕方がない。

九条改正反対を唱えるサヨク団体のバックには、
見事なまでに、韓国・北朝鮮・中国の影が見え隠れしているのを
知らないねらーはいないと思う。しかし一般の人はそんな事は殆ど知らない…

まぁTBSの番組だったという事がわかったので
あーあ、またかで終わりそうな話ではあるのだが…
正月のあんな時間のあんな番組で、あのような間違った認識に誘うような言質は
やめてもらいたいものだ。
あれを見ていて、それにどれだけの人が気がついたか…。

心配である。



Posted by foryou_m at 00:29│Comments(0)TrackBack(0) │この記事は「ニュース:その他」カテゴリーに含まれています |★ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foryou_m/51479002