2006年07月06日

続・地域リーグ

こないだ書いた地域リーグの情報ですが、2試合ほど重要な試合がこないだの日曜にあると書きましたが、その結果。

北信越リーグ
松本山雅FC 2-1 長野エルザSC

この結果別の試合で勝ったJAPANサッカーカレッジが首位浮上。
それを勝点「2」差で長野エルザが、「3」差で松本山雅が追う展開。
残り3試合だが、長野エルザとJAPANサッカーカレッジが直接対決&ツエーゲンとの試合を残しているのに対し、松本山雅は残り3試合全て下位チームとの対戦。
順位は3位だが、松本山雅が有利な展開になってきました。


中国リーグ
ファジアーノ岡山FC 2-1 FCセントラル中国

これでファジアーノが2位に勝点「8」をつけ、優勝をぐっと近づけた。
セントラルは無念の逆転負け。
優勝の望みは薄れたが、まだ昇格1年目。これからに期待したい。

kyuリーグ
V・ファーレン長崎 1-0 大隅NIFSユナイテッドFC
ヴォルカ鹿児島 3-2 沖縄かりゆしFC
ニューウェーブ北九州 2-0 海邦銀行SC
新日鐵大分 3-2 三菱重工長崎

おまけでkyuリーグ。
まぁ各チーム順当勝ち。これでかりゆしは一歩後退か。
長崎は下位相手にも僅差で勝つことが多いですね。去年のうちみたい。
新日鐵大分が重工長崎に苦戦するのはkyu恒例。
次節(7/9)も上位同士の対戦はなし。
各チーム取りこぼせずに、上位対戦へいけるかな?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/forza_kumamoto/50524194