引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1452994892/



20160117-10




1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:41:32.85 ID:K5HbNrnip.net
どういうことなんあれ

※屏風(びょうぶ)の虎(トラ)
http://hukumusume.com/douwa/amime/jap/j07_19.html



3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:42:12.59 ID:K5HbNrnip.net
捕まえろいうとるやんか



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:42:46.07 ID:huME86Whd.net
捕まえたるからはよ連れてこいや



5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:42:46.17 ID:K5HbNrnip.net
屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れるので退治して欲しい」
と義満が訴えたところ、一休は「では捕まえますから虎を屏風絵から出して下さい」と切り返し、義満を感服させた。



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:43:02.70 ID:K5HbNrnip.net
だから夜にずっと監視しとけと



7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:43:11.69 ID:INo1x3dep.net
一休の虎退治
加藤清正の虎退治

20160117-9
https://ja.wikipedia.org/wiki/加藤清正



8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:43:22.53 ID:EP2XBzd6d.net
殿様がこれあかん奴やと思って早めに切り上げてくれたんやで



9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:43:23.72 ID:2+oapRhh0.net
わいも分からんで



10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:43:37.29 ID:K5HbNrnip.net
暴れたところで呼んでくれ→わかる
だしてくれ→意味不明



12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:03.86 ID:K5HbNrnip.net
出すのも仕事のうちやろ



14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:24.34 ID:MK7d6hYZM.net
出せるんやったら出した奴が犯人やろ



15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:43.08 ID:K5HbNrnip.net
は?虎が勝手に出てきとるんやろ



16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:40.52 ID:5rY+JTZb0.net
出そうと思ってすぐ出せるなら鉄砲で即撃ち殺せるやんけ
急に出てくるから困ってるんやろ



19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:55.94 ID:K5HbNrnip.net
>>16
ほーんとコレイトン



73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:54:28.94 ID:CPITxzGKa.net
>>16
鉄砲で撃ち殺すのがありならそもそも屏風に入ってる内に焼き殺せよ



93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:57:01.79 ID:tyTT/YFs0.net
>>16
鉄砲伝来前やぞ



18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:44:56.82 ID:kQhI986Va.net
一休は暴れたの退治する事しか依頼されてないぞ



21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:45:18.96 ID:Y6c6tMlU0.net
とんちを真面目に考えるな



25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:45:50.17 ID:K5HbNrnip.net
>>21
いやとんち要素がわからんのよ
橋は駄洒落やろ
要は
でも虎は違うやん



22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:45:34.34 ID:OKpbc/Ir0.net
将軍が屏風から虎が出るなんて言うて、まあみんなそんなもん嘘やとわかってるけど偉い人に向かって直接そんなん嘘やなんか言えへんわけや
それをうまいこと処理した一休さんすごいんやで



27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:46:08.88 ID:K5HbNrnip.net
>>22
なるほど



30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:47:08.00 ID:K5HbNrnip.net
>>22
でもそれとんち要素なくね



37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:48:48.46 ID:yBqJMCJ3p.net
>>30
とんちって頓知って書くように
瞬間的に発想したもん勝ちやで



42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:49:29.20 ID:OKpbc/Ir0.net
>>30
とん‐ち【頓知/頓×智】
その場に応じて即座に出る知恵。機知。「―を働かす」


とんちってただのダジャレとちゃうで
その場でさっと問題を解決するようなアイデアを出すことや
今回やとどう考えても不可能なことをやらされそうになってしかも「できません」とは言えない状況をスマートに解決したんや



43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:49:56.86 ID:K5HbNrnip.net
>>42
なーるほど



26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:45:57.74 ID:cytpKsHTM.net
あれ殿様が畜生で本当に虎用意してたら一休はどうしてたんやろか



29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:46:27.85 ID:YG5sGXnw0.net
一休さんにいつもやりこめられてた将軍様が足利義満だったとあとで知ってびびったわ



31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:47:10.59 ID:tO/lZOFW0.net
義満は一休を試そうとしたんやで
屏風絵だから虎なんて本当は出てくるはずがないんやで



35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:48:14.14 ID:K5HbNrnip.net
>>31
それだとしたら論理的に説明するべきやろ
儒者とかやったら孔子の意見とかで説き伏せるやろ
だして下さいは意味不明すぎるわ



33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:47:29.13 ID:ofKPQ3ih0.net
天皇の孫だから迂闊に出来ない云々



114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:58:52.94 ID:Zal/aNqL0.net
>>33
公式的には後小松天皇の息子や無かったか?



136: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:02:26.62 ID:AWyaCuDv0.net
>>114
公式も糞もねえよ
仏門に入れられる前の資料が無いから後世の資料でしか判別不可能だし、身分の高い生まれなのは間違いないが判明されてない



322: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:29:36.11 ID:jP8MaKq10.net
>>136
宮内庁は「後小松天皇の皇子」として陵墓指定しているので、それが「公式」。
http://www.ikkyuji.org/keidai_annai/ikkyu_haka/ikkyu_haka.html

★一休さんは天皇の子供なのに、なぜおぼうさんになったの?
一休さんは、1394年(応永元年)正月元旦に、後小松天皇と、宮仕えしていた日野中納言の娘照子姫との間に生まれました。
本来ならば、時の天皇の子として世継ぎの地位にあったのですが、帝が照子姫をあまりにかわいがるので、それをねたむ者に落とし入れられ、照子姫は一休の生 まれる前に宮中を出されたのでした。そのため一休は、洛西嵯峨の民家で誕生しています。
一休さんが6才の頃、その将来を僧侶にと願った母の考えにより、禅宗の臨済宗安国寺(京都)の像外鑑公和尚のもとに出家したのでした。



39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:48:56.73 ID:aQEQAvkY0.net
一休さんと和尚さんは、今度は将軍様に呼ばれました。
何でも、屏風に描かれた虎が夜な夜な屏風から逃げ出し、悪さをするので捕まえて欲しいというのです。
一休「さあ、将軍様。わたしが虎を捕まえてごらんにいれます。
   早く虎を屏風から出して下さい」
将軍「よし。わかった」

 グオー  ガウァー
うぎゃーー

和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」



51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:35.88 ID:rjJEkeeQ0.net
>>39
ドリフのコントでそれやったけど一休役の長さん虎が出てくるの知らされてなかったみたいでマジで大慌てしてたわ



314: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:27:43.03 ID:iM7KbrCUd.net
>>39
一休「来たか、いくぞ!オラアアアアアアアア(ボコボコボコ」
虎「ほげっ…」
一休「けっ、二度と悪さすんじゃねーぞ糞猫が!」



189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:10:24.80 ID:aDw8HRku0.net
屏風の裏側から本物のトラ出してやったら良かったんや



229: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:15:30.49 ID:X7u9KHTl0.net



264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:20:47.64 ID:Kc2hYWEz0.net
>>229
なんか虎が小さい



44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:07.95 ID:PTY+a8Y40.net
屏風ごと焼いてしまえば解決やん



90: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:56:48.64 ID:ZFYEF6hLx.net
>>44
いくらする思ってんねん!打ち首や!



45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:08.05 ID:VHWMPf/sK.net
「捕まえるから虎を出してください。」
→「うーん賢い。参った。」

あっさりし過ぎてて
なるほどなあ!ってならん

水アメと橋の話はすき

※水アメの毒
http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/03/19.htm




46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:10.78 ID:EP2XBzd6d.net
殿様は虎退治する方法に苦心するのを期待してたんや、
それを読んでそもそもの虎を出すことに言及した一休に虚を突かれたんや
やから殿様は感服したんや



48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:20.70 ID:VqFkPQ5fK.net
将軍様もよく一休を斬り殺す気にならんよな
立派な大人や



54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:51:32.25 ID:NKpxwZbT0.net
>>48
天皇のご落胤だから斬り殺せないだけやろ



57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:51:35.00 ID:yBqJMCJ3p.net
>>48
小坊主とはいえ仏教関係者を手にかけるとか武士として恥ずかしい事やからや



49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:32.72 ID:YDWSrS+Ba.net
殿様も虎を捕らえよ位のギャグを思いついて
そっから悪のりした感じだったんやろなぁ



50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:34.04 ID:huME86Whd.net
冷静に考えたらおかしいなんてとんち全否定やで



52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:50:59.06 ID:K5HbNrnip.net
とんちははったりなんやな



55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:51:37.48 ID:Bilf2iXn0.net

20160117-6

こんなんで退治したわって言われても困るやろ



62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:52:21.32 ID:yBqJMCJ3p.net
>>55
いい仕事しますわ



162: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:06:41.22 ID:fz789Ao8a.net
>>55
打ち首不可避



61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:52:16.55 ID:DzjgyA6zd.net
よーく考えたら一休に頼んでるやつの方がおかしいんちゃうか
何がしたいねんこいつ



65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:53:20.74 ID:TP9ZxiIHd.net
>>61
嫌がらせに決まっとるやろ



77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:55:05.41 ID:DzjgyA6zd.net
>>65
夜まで待機されたらどうすんねん
虎でなかったわって言われて終わりやん



85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:55:52.90 ID:TP9ZxiIHd.net
>>77
夜まで屏風に張り付かせてるだけで十分嫌がらせできてるだろ



108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:58:27.21 ID:DzjgyA6zd.net
>>85
そんなんで一杯食わせたったで!ってなるんか……
普通にただ嘘ついとるだけやん
園児レベルやでそんなん



71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:54:21.35 ID:tLeh3L2D0.net
>>61
将軍様はあくまでも生意気なクソガキに恥かかせたい目的だけやぞ



67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:53:44.09 ID:aGIH8JWAK.net
この虎のやつとこの橋渡る~しか知らん
他に有名なやつあるか?



86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:56:02.65 ID:YG5sGXnw0.net
>>67
桔梗屋「そのお椀に入った汁を蓋を取らずに飲んでください」

一休「冷めてしまってるので蓋を取らずに温め直してください」

桔梗屋「はい(レンジでチン)」

※ふたを取らずに
http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/02/19.htm




70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:54:16.30 ID:PGtEKWeJd.net
あわてないあわてない



87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:56:11.88 ID:qER7nQGx0.net
一休さんがこれやと知ったときの衝撃な
子供心にはなかなか刺激強かったで

20160117-7



97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:57:17.36 ID:a+7b1hRn0.net
>>87
臨済宗の一休やん



111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:58:40.21 ID:huME86Whd.net
>>87
ガキの頃からこんなひねくれた生活送ってたらそら性根の腐ったような坊主になるよ



124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:00:25.87 ID:sTgkAJrQ0.net
>>87
愛嬌のあるとんち坊主一休さんとクズエピソードばっかりの破戒僧一休宗純は別人

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧、詩人。説話のモデルとしても知られる。

出生地は京都で、出自は後小松天皇の落胤とする説が有力視されている 。『一休和尚年譜』によると母は藤原氏、南朝の高官の血筋であり、後小松天皇の寵愛を受けたが、帝の命を狙っていると讒言されて宮中を追われ、民間に入って一休を生んだという 。
幼名は、後世史料によると千菊丸。長じて周建の名で呼ばれ狂雲子、瞎驢(かつろ)、夢閨(むけい)などと号した。戒名は宗純で、宗順とも書く。一休は道号である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/一休宗純



135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:02:13.23 ID:SM7bFuyqa.net
>>87
長渕にしか見えん
とんぼ歌いそう



152: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:04:31.48 ID:qER7nQGx0.net
>>135
どっちかゆうたらこっちやないか?

20160117-8



157: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:05:42.56 ID:i+EHdMaG0.net
>>152



164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:27.42 ID:WAsiMDF2a.net
>>152
すんごい似てる



89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:56:39.73 ID:aQEQAvkY0.net
一休さんが台所を覗いてみると、和尚さんが一人でこっそり何かをなめていました。
一休「和尚さんそれは何ですか?」
和尚「うっ、一休!? こ、これは毒じゃ。子どもがなめると死んでしまう毒なんじゃ」
一休(あれは水飴に違いない。和尚さんは僕たちに内緒で独り占めするつもりだったんだ・・・よーし)
一休さんは一計を案じ、夜中にこっそり水飴をなめてしまいました。
一休「ウゲー! ウガッ!!」
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」



113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:58:52.34 ID:PLoZd1ujp.net
>>89
これで思い出したけど、甕の中身は毒だから飲むなよみたいな物語なんやっけ
確か小学生か中学生の時に教科書で読んだんやが



126: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:00:56.61 ID:tyTT/YFs0.net
>>113
ぶす



134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:02:10.31 ID:PTY+a8Y40.net
>>113
ぶす
狂言やろ


『附子』(ぶす)とは、狂言の曲目の一つ。小名狂言に分類される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/附子




166: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:36.89 ID:a/8eDwc8d.net
>>113
元々は仏教の説話集の沙石集にその話あるけどタイトルてあるんかな
坊主が和尚さんの大事にしとった水飴舐めてもうて、壷割ってもうたから毒と言われたの舐めて死のうとしたけど死ねませんて話や
これ元にして、一休さんの水飴の話や、狂言の附子ができた

『沙石集』(しゃせきしゅう / させきしゅう)は、鎌倉時代中期、仮名まじり文で書かれた仏教説話集。十巻、説話の数は150話前後。無住道暁が編纂。弘安2年(1279年)に起筆、同6年(1283年)成立。その後も絶えず加筆され、それぞれの段階で伝本が流布し異本が多い。記述量の多い広本系と、少ない略本系に分類される。
『沙石集』の名義は「沙から金を、石から玉を引き出す」ことをいい、世俗的な事柄によって仏教の要諦を説く意味である。僧侶の立場から経典を多く引用しているが、作者が博識であり好奇心に富んでいるため、単なる説教を脱化して興味津々たる文学作品となっている。
日本・中国・インドの諸国に題材を求め、霊験談・高僧伝から、各地を遊歴した無住自身の見聞を元に書いた諸国の事情、庶民生活の実態、芸能の話、滑稽譚・笑話まで実に多様な内容を持つ。その通俗で軽妙な語り口は、『徒然草』をはじめ、後世の狂言・落語に多大な影響を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/沙石集



181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:09:06.79 ID:yV1S6ezWa.net
>>166
徒然草が初出じゃないんか?



267: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:21:02.95 ID:a/8eDwc8d.net
>>181
沙石集は鎌倉中期にアジアの説話集めて書かれたもんで、当時大ヒットしたベストセラーなんやや。鎌倉末期にかかれた徒然草とかほかの書にも影響与えまくりやで。

このエピソードは元々中国の話みたいで、朝鮮とかにも水飴やなくて干柿で同じような話があったりするで



101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:57:40.80 ID:VCdivVxd0.net
母上様に手紙書くエンディングだから、はるか遠いところにいるのかと思ったが
結構近所に住んでて普通に会いに行ってたよな



102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:57:45.53 ID:4b4ft1rvd.net
とんちを笑えるダジャレか何かと勘違いしてるガイジ多いよな



122: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:59:59.98 ID:ZFYEF6hLx.net
>>102
なぞかけだとごっちゃになってるんだろうなw



109: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:58:29.62 ID:YG5sGXnw0.net
アニメの一休さんに出てくる安国寺はしょっぼい山寺みたいに描かれとったな



118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 10:59:31.23 ID:szdElzOm0.net
母上様お元気ですか



128: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:01:28.81 ID:SM7bFuyqa.net
一休ってアニメ化せんかったらそこまでメジャーな人間でもないよな
宗派も立ち上げてないし沢庵生み出した沢庵和尚の方が格上やろ



151: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:04:23.01 ID:sTgkAJrQ0.net
>>128
そもそも江戸時代に書かれた本がネタ元でアニメ化する前から絵本とか紙芝居として知名度あったからだから無名なわけじゃない



139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:02:36.98 ID:aQEQAvkY0.net
ある日、一休さんと和尚さんは庄屋さんに呼ばれ、町に出かけました。
すると、橋の前に立て札がありました。
和尚「なになに、『このはし危険。渡るべからず』おお、一休。これはいけない。遠回りしていこう」
一休「ははは。和尚さん。端がだめなら、真ん中を渡ればいいんですよ」
ズボッ グシャッ アァァー
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」



140: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:02:41.79 ID:RuzFL+MW0.net
破戒僧一休宗純
創作なんやろうけど地獄太夫との話すき



155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:05:35.21 ID:dLrQeAsgK.net
今の子供ってアニメの一休さん見た事ないやろ
ああいうのは再放送してやらんと



170: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:50.80 ID:gZnQzyD4a.net
>>155
暇さえあればお経唱える仏教アニメだから確実にクレームが来る



177: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:08:49.67 ID:INo1x3dep.net
>>155
中央児童福祉審議会推薦やしな
OPにデカデカ書いてたな



159: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:06:17.19 ID:1i3Xj4Ko0.net
あの「トノサマ」って足利の何代目か?

ノッブやったら切ってるやろな



183: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:09:38.26 ID:tlI4u63/K.net
>>159
3代目義満や

普通は寺の見習い小坊主が馴れ馴れしく会える相手ではない。だから察しろ



199: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:11:44.22 ID:SM7bFuyqa.net
>>183
母上様は誰なんやアレ



212: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:13:31.00 ID:tlI4u63/K.net
>>199
後小松天皇の奥さんが母親



223: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:14:57.57 ID:SM7bFuyqa.net
>>212
和尚も扱いに困るわな…



163: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:15.12 ID:1i3Xj4Ko0.net
仏教徒なのに
誰か特定の個人をスキスキスキ言うたらアカンでしょ



167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:43.04 ID:SM7bFuyqa.net
>>163
浄土真宗なんやろ



179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:08:50.28 ID:1i3Xj4Ko0.net
>>167
時代が時代なら一向さんかよ



185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:09:50.98 ID:6XaMZvxX0.net
>>179
どんだけ



168: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:07:44.55 ID:TlEuxUir0.net
難問を1つ正解するごとに庶民に振る舞う餅を倍にしてくれみたいな話で
最後えげつない数になって流石に一休がやりすぎたと落ち込む話が怖かったわ



187: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:09:53.58 ID:tY8AKMWG0.net
>>168
曽呂利にも似たような話があるな



178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:08:50.20 ID:AWyaCuDv0.net
釈迦と言う
悪戯者が世に生でて
多くの人を迷わすかな

こんなん言うとるファンキーな坊さんやで



206: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:12:38.20 ID:WBmPebVP0.net
今考えてみると屏風から虎を出すところから一休の責任範囲に思えるわ
出すところはやってもらおうとか甘えやろ



220: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:14:26.88 ID:dAQl08YOa.net
>>206
ほんとこれ
全部やれよ、出せないなら出来ないだろ糞屁理屈坊主が



222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:14:36.52 ID:Bilf2iXn0.net
>>206
持久戦の構えや
延々屏風の前で縄持たれて待たれたらどうなるかわかるやろ



233: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:15:52.86 ID:pNfGrZwZ0.net
>>222
実際そうする話もアニメであったで



234: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:16:01.79 ID:ZFYEF6hLx.net
>>206
いや捕まえろとしか依頼されてないし
言葉選びに失敗した将軍の負け



213: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:13:38.96 ID:k8RT27IuK.net
漫画かアニメか知らんが一休さんの最終回はガイジ扱いされて石投げられながら旅立つとか聞いたけど、誰か真相知らんか?
ワイあの楽しかった一休さんがそんな終わり方するん信じられん



247: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:17:48.95 ID:INo1x3dep.net
>>213
普通にみんなに見送られながら修行の旅に出るって感じらしい
wikipediaに書いてあるよ



337: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:31:47.65 ID:a/8eDwc8d.net
>>213
石投げられるのは正月の話やないか?
みんな新年めでたいめでたい言うてとけど、年取るっちゅうのは死に近づいてることや!って
ドクロ身に付けて念仏唱えて街中歩くもんだから、みんなから正月早々縁起悪いわボケって石投げられる話やろ



214: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:13:41.54 ID:42zfxVZa0.net
一休さんの将軍様、公家や大名に下手なとこあって違和感
あったけど、今考えるとリアルやな



227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:15:17.78 ID:dKmOJ6vQ0.net
足利義満は栄華を極めてて絶大な権力を誇ってたから天皇の落胤如きどうとでもなるで
天皇本人でも義満には逆らえんかったからな



249: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:18:33.76 ID:4dvHDsr80.net
身分社会で相手が将軍ってとこもあるわな
命令した以上治めなきゃいかんしね
現代なら屁理屈だなんだでレスバトル化したら治まらない



256: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:19:44.04 ID:ZFYEF6hLx.net
>>249
その辺の身分とか立場も込みの話だからな
匿名のレスバトルと同じ感覚の奴が多すぎる



266: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:21:02.21 ID:uoI8Uu3K0.net
>>249
でも天皇のご落胤やろ
両方とも遊びや



271: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:22:33.72 ID:6GY7jMwn0.net
殿はおもろい坊主がいるからってんで呼んだんか?
それならただの馴れ合いって事で納得はいくけども



274: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:22:58.53 ID:OlRz0VKv0.net
>>271
元々知り合いでイジメてやろうと思ったんやで



276: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:23:17.47 ID:1rO2Nj7Vd.net
一休さんってノンフィクションなの?



282: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:23:47.23 ID:0WZ1nrQNa.net
>>276
せやで



290: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:24:37.45 ID:uoI8Uu3K0.net
>>276
頓智部分はだいぶ誇張入ってるやろ
実在の人物かどうかで言うと実在やけど



300: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:25:52.81 ID:xyE9FU5v0.net
なお実在の一休

印可の証明書や由来ある文書を火中に投じた。
男色はもとより、仏教の菩薩戒で禁じられていた飲酒・肉食や女犯を行い、森侍者(しんじしゃ)という盲目の側女や岐翁紹禎という実子の弟子がいた。
木製の刀身の朱鞘の大太刀を差すなど、風変わりな格好をして街を歩きまわった。
これは「鞘に納めていれば豪壮に見えるが、抜いてみれば木刀でしかない」ということで、外面を飾ることにしか興味のない当時の世相を批判したものであったとされる。
親交のあった本願寺門主蓮如の留守中に居室に上がり込み、蓮如の持念仏の阿弥陀如来像を枕に昼寝をした。
その時に帰宅した蓮如は「俺の商売道具に何をする」と言って、二人で大笑いしたという。
正月に杖の頭にドクロをしつらえ、「ご用心、ご用心」と叫びながら練り歩いた。



307: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:26:53.06 ID:zdHdjvjv0.net
>>300
(アカン)



330: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:30:34.53 ID:VqFkPQ5fK.net
>>300
仏教をまっとうに理解してた人とも言える気がするが



333: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:31:04.92 ID:6XaMZvxX0.net
>>300
蓮如もなかなかのキレ者やな



339: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:31:59.71 ID:jP8MaKq10.net
>>333
蓮如が小さい時の本願寺は延暦寺の圧力で取り潰し寸前だったから



318: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:29:11.63 ID:IWmIwgrOa.net
おおっぴらに孫と会えないおじいちゃんが孫と会いたいがために考え出した屁理屈だからしゃーない



340: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:32:02.74 ID:JucUTliX0.net
ただのひねくれ者なんだよなあ