引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1453182556/



20160120-5



1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)14:49:16 ID:gZS

???????
?www ??




2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:02:05 ID:wvH
♪スチャラカチャカポコ
 スチャラカチャカポコ




3: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:03:19 ID:1U7
センター現文の題材になったらヤバそう(小並感)




4: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:09:15 ID:0Dt
ドグラ・マグラで打線
1(捕)…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………
2(中)キ○ガイ地獄外道祭文
3(右)スカラカ、チャカポコ。チャカポコチャカポコ……
4(三)胎児よ胎児よ何故躍る
母親の心がわかっておそろしいのか
5(一)ドグラ・マグラ
6(遊)胎児の夢
7(左)お兄様、お兄様、お兄様、お兄様、お兄様ァー!
8 (二)心理遺伝論附録
9 (投)…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………




7: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:16:08 ID:Mls
>>4
ほぼそのままの流れやんけ!




20: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:44:21 ID:p6U
>>4
四番で何故か笑ったわ




21: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:45:19 ID:0Dt
>>20
えんえんチャカポコが続いてほんまに苦行なんだよなぁ
青空文庫でちらっと読んでみ




22: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:50:27 ID:p6U
>>21
チラッと見たけど四番って冒頭なんやな
チャカポコでページ内検索したら230個も引っ掛かって吹いたわ




23: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:56:27 ID:0Dt
>>22
チャカポコは序盤から中盤にかけて読書欲を削いでくる
初読のときは中盤のチャカポコにつかまって、一週間チャカポコやった




24: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:57:08 ID:0Dt
>>22
4番は巻頭にもあるし、中にもでてくるな




36: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:40:14 ID:GQS
>>23
意味がわからん…




5: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:11:35 ID:pIk
なんやこれ




6: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:12:17 ID:tDA
ハエ飛びすぎやろ




9: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:27:51 ID:0Dt
>>6
時計の音やで




8: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:24:36 ID:0Dt
ドグラ・マグラ知らんおんJ民が意外に多いな




10: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:29:22 ID:VhN
あれの雰囲気ぐう好き
なお意味は分からんもよう




12: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:30:11 ID:0Dt
>>10
夢野久作も「そこそこ売れてるけど何人最後まで読んだんやろか」っていってるからセーフ




11: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:29:22 ID:pIk
MURの縦割れア○ル

20160120-3




13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:31:07 ID:0Dt
>>11
買いにくかったンゴねぇ
ハヤカワミステリ版は読みにくいし




14: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:32:32 ID:tDA
>>11
なんやこの表紙……




15: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:33:10 ID:0Dt
>>14
そこそこの規模の本屋ならまずおいてるで




35: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:38:31 ID:Tuh
>>11
もう一冊はM字開脚やったかな

20160120-4




16: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:34:39 ID:Mls
ワイは青空文庫で読んだンゴねぇ…




17: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:34:44 ID:FjU
息子が「ドグラ・マグラ」という本を持ってます
表紙のイラストが怪しげです
裏表紙に[これを読む者は一度は精神に異常をきたすと伝えられる、一大奇書。]
とあり、あらすじ的なことは書いてありません
どんな内容なのでしょう?
息子は大丈夫でしょうか?

閲覧数:2,628,563 回答数:6 お礼:100枚

ベストアンサーに選ばれた回答
プロフィール画像
mixiomoshiroさん 2009/6/2710:30:52
夢野久作のドグラ・マグラですね。私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
大丈夫です。私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
それは単なるキャッチフレーズです。私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
「日本三大奇書」と呼ばれるもののうちの一つです。私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
記憶を失った男が、自分が精神病院に収容されていることに気づくところからはじまり、それから何だかんだある小説です。
推理小説です。私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。
私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。




25: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:57:51 ID:kUV
>>17
痛くて恥ずかしくなってくる




43: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)09:18:42 ID:VG6
>>25
いやこれはこういうネタやほ




18: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:35:53 ID:Xxd
昔図書館でこの本裏から出してって頼んだら司書が
「それどういう本なん?」
「可笑しな人が読む本なんやで」
って言ってんの聞こえたわ




19: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)15:38:03 ID:0Dt
>>18
ミステリファン必読なんだよなぁ…
ミステリファン=おかしな人やからしゃーないけど




26: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:01:13 ID:C3N
今だと痛いガキも普通に読んどるからな
2ちゃんでもよく見かけるし




27: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:11:10 ID:Frx
結局これはどういう話で何がそんなおかしいんや




28: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:12:25 ID:0Dt
>>27
どういう話か説明することが困難なところがおかしい




29: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:13:52 ID:tDA
胎児何故踊るの一文は聞いたことある




30: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:14:39 ID:XOS
瓶詰地獄?は読んだことある。妹と一緒に無人島生活
妹にムッラムッラする主人公が葛藤するというスケベなストーリーだった




31: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:29:13 ID:fTv
小説で読んで意味わからなさすぎて
漫画版を読んでますます意味がわからなくなった




32: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:30:48 ID:0Dt
この意味不明な小説が文春オールタイムミステリーベスト100で4位にランクインしている事実




33: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:32:09 ID:LP9
>>32
別におかしく無いと思うけど




34: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)16:36:49 ID:tqe
チャカポコチャカポコ…




37: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)06:05:01 ID:rOt
キ○ガイ地獄外道祭文やったっけ
あれは面白かったわ
あれって精神病院の実態を言ってるんやろか




38: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)06:19:18 ID:p9j
読みたくなってきたンゴ




39: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)07:19:11 ID:tEQ
厨二病御用達の小説だからな
もしくはガチな文学マニア向け

映画でいう時計じかけのオレンジみたいな感じ




40: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)09:04:10 ID:vcV
いうてそんなおかしいか?
普通に面白かったんやけど




41: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)09:05:21 ID:3Op
途中のチャカポコ苦痛スギィ!




42: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)09:10:17 ID:2L2
チャカポコ終わったで→またなんかあるやんけ...




44: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)10:03:05 ID:2L2
パプリカのop聞きながら読んどるわ




45: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)10:49:03 ID:Zs8
これ漫画版よんでやっと話の粗筋が理解できたわ
漫画やと普通に面白ミステリー風に簡略化されてるから読みやすいで、サンキューガッツ




46: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)10:53:11 ID:ePB
>>45
あのチャカポコ地獄もないし読みやすいなあれ




47: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)11:59:17 ID:lMk
これも虚無への供物も読んだけどアンチミステリは分からんわ




48: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)12:04:43 ID:rOt
チャカポコよりもその先の若林先生の調書?みたいなのあったやん
あれのが苦痛やわ退屈すぎやで




50: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)12:10:32 ID:iMZ
論文パートほんと苦痛




51: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)16:41:56 ID:Zs8
胎児の夢は屁理屈ながら読んでて感動したンゴねぇ




49: 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)12:06:53 ID:lic
ミステリーだったのか(驚愕)
ストーリーもなにもないLSDのようなものだと思ってたゾ


『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられている。
「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテレンの呪術を指す長崎地方の方言とされたり、「戸惑う、面食らう」や「堂廻り、目くらみ」がなまったものとも説明されているが、詳しくは明らかになってはいない。

<内容>
大正15年頃、九州帝国大学医 学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語(と思われる)であり、「私」という一人称で語られていく。彼は過去に発生した複 数の事件と何らかの関わりを有しており、物語が進むにつれて、謎に包まれた一連の事件の真犯人・動機・犯行手口などが次第に明かされていく。そうした意味 では既存の探偵小説・推理小説の定石に沿っている。が、その筋立てが非常に突飛である。
物語の骨格自体は非常にシンプルなものだが、冒頭に記された巻頭歌のほか、胎内で胎児が育つ10か月のうちに閲する数十億年の万有進化の大悪夢の内にあるという壮大な論文「胎児の夢」(エルンスト・ヘッケルの反復説を下敷きにしている)や、「脳髄は物を考える処に非ず」と主張する「脳髄論」、入れられたら死ぬまで出られない精神病院の恐ろしさを歌った「キチガイ地獄外道祭文」などの肉付けがされている。まともに要約することは到底不可能な奇書とも言われる所以である。
主人公とも言うべき青年が「ドグラ・マグラ」の作中で「ドグラ・マグラ」なる書物を見つけ、「これはある精神病者が書いたものだ」と説明を受ける場面では、登場人物の台詞を借りて、本作の今後の大まかな流れが予告されており、結末部分までも暗示している。このことから、一種のメタフィクションとも評し得る。また、その結末は一つの結論を導き出しているものの、あくまでも「主人公がそう解釈した」というだけで、それ以外にあり得る様々な解釈を否定するものではない。
以上のことから、便宜上「探偵小説」に分類されているものの、そのような画一的なカテゴリには収まらない。一度の読了で作品の真相、内容を理解する ことは困難である(上記の「ドグラ・マグラの作中のドグラ・マグラ解説シーン」でも「内容が複雑なため読者は最低二度以上の再読を余儀なくされる」と語ら れている)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドグラ・マグラ