引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1453334531/



20160121-7



1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:02:11.84 0.net
当時3歳だった大八はその後仙台藩主になったという
戦った敵同士なのに何で?




2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:04:46.61 0.net
別に匿ってないぞ
有名な片倉小十郎が引き取った
まだあの時代それを許す度量があったんだよ
家光の時代に同じことしたら即改易


20160121-6

片倉 景綱(かたくら かげつな)
は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将である。伊達氏家臣で、伊達政宗の近習となり、のち軍師的役割を務めたとされる。仙台藩片倉氏の初代で、景綱の通称「小十郎」は代々の当主が踏襲して名乗るようになった。兜は、神符八日月前立筋兜。

<逸話>
政宗が人取橋合戦の際、敵兵を深追いし逆に敵兵に囲まれてしまったことがあった。そのとき景綱は「やあやあ殊勝なり、政宗ここに後見致す」などと騙り敵兵を一手に引き付け、政宗の窮地を救ったという。
 
政宗は幼少期に疱瘡(天然痘) が原因で右眼の視力を失った。しかも病後その患った眼球が眼窩から突出し、その醜い顔貌から政宗は大きな劣等感を抱き無口で暗い性格になってしまった。景 綱はそんな政宗の性格を直すために政宗を侍医のいる部屋に引っ張っていき、自ら政宗の頭を抱え込み短刀で一気に眼球を抉り出したという。これ以降、政宗は 暗い性格から快活で文武両道に精進する少年に変貌したという。

別の逸話によると、剣術指南の折りに「戦場でその右眼をつかまれたらどうする」と問うたところ、政宗は脇差を抜き右眼に刺し、景綱に抉り取るよう命じたという。

政宗は書状の中で固有名詞を略す際(田村を「田」、相馬を「相」等)、景綱宛の書状も私的なものは宛名が「かた小」となっている。景綱が家督を息子に譲り、息子が「小十郎」を名乗るようになると政宗からの宛名は「かた備」(片倉備中守の略と思われる)になっている。
 
慶長5年(1600年)政宗は相馬領に宿をとって通過するが、その前日、政宗のお迎えとして景綱が現在の南相馬市鹿島区へ、7、8百人ほどの兵を引き連れて乗り入れ、宿を取っている。このとき景綱は盛胤付家老・加藤左近と会談し、殿をよく諌めて徳川方に付くように話している。加藤左近は承諾した。『奥相茶話記』
 
慶長5年(1600年)、越後上杉氏が最上氏領内へ侵攻した際の救援作戦にて「すぐに救援には赴かず、両軍入り乱れ、疲労が極みに達した段階で攻め入り、上杉勢を完膚なきまで叩くべし」と進言した。作戦としては合理的であるが、このとき山形城に母・保春院を置いていた政宗は流石にこの作戦を却下したという。
 
片倉家は明治まで11代にわたって白石の地を治める。現在の白石市の市章である黒釣鐘は、景綱の姉、喜多が考案した旗指物の家紋が元になっているとされる。仙台藩での片倉氏の家格は御一家で、慶安4年(1651年)12月1日、息子の重長の世代のとき列せられた。
 
 嫡男・重長は大坂夏の陣における道明寺の戦いで後藤基次らを討ち取るなど奮戦し、「鬼の小十郎」の異名を取った。さらに重長の子・景長もまた小十郎を名乗り、伊達騒動の渦中にあって幼き主君・綱村を支えた。代々伊達氏に仕えた「片倉小十郎」の名跡は、以後伊達家忠臣の鑑と称された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/片倉景綱




4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:07:33.27 0.net
敵同士なのになんでと言う問いに対してはそれだけ真田が頑張ったって事だろ
あれだけの武将の血を絶やしてはいかんという当時の人の美学




5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:09:16.29 0.net
しかも伊達政宗は幸村に蹴散らされて「関東の武将にツワモノはいないわ!プゲラ」されたのにな




9: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:14:04.60 0.net
>>5
それ違う
退却の時に東軍が追撃してこなかったからそう言ったんだよ
政宗は味方の邪魔をして真田隊の退却をわざと見逃した




95: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:56:06.84 0.net
>>5
もしかして戦局を見極めて大阪方が負けるの前提での
正宗と幸村のデキレースだったのかな
敢えて汚名を被った正宗ってことか?




6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:11:52.12 0.net
そんだけ幸村スゲーになって尊敬の念が出たんだよ
伊達政宗もまた漢よ




7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:13:39.67 0.net
半可通がやたら幸村sageするけどこの事実だけ見ても凄かったんだろうなと思うわ




8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:14:02.59 0.net
あれ?
正宗経由小十郎だったの?
小十郎直送だと思ってたわ




10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:15:41.70 0.net
片倉家って家康に認められてたから
大名じゃなくて城持ちだったんだろ?
まあ知ってても見て見ぬふりだったんだろうな




56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:01:13.77 0.net
>>10
政宗に仕えた先代の小十郎が秀吉に気に入られ家臣の話があったが断った
一国一城にも関わらず特例で白石城主が許された




13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:20:25.90 0.net
小十郎直送だとしてもさすがに伊達家には仁義切るだろう
伊達家も容認したと考えるのが妥当かと




16: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:21:51.51 0.net
>>13
そりゃね
実は生きてんじゃね?疑惑が出た時って
真田家の記録にウソを書かせて藩をあげて隠ぺいしたんだっけ?




26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:32:51.50 0.net
>>16
徳川から引き渡せって言われて
転んで頭打って死んだと嘘ついて守った




14: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:21:12.29 0.net
家康は幸村に本陣まで切り込まれて2回切腹しかけてるからなw




15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:21:44.28 0.net
もう一人の娘も普通に引き取られてるんだよな
蒲生だっけ?




17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:23:03.98 0.net
あくり (蒲生郷喜室)
阿昌蒲 (片倉定広室)
おかね (石川貞清室)

wiki丸パクリw




18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:23:51.07 0.net
幸村は敵将が残した書物にも絶賛されまくってるからめちゃくちゃ強烈なインパクトがあったんだろうな




19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:25:30.43 0.net
首実検の後に武運にあやかるために武将が遺髪を持ち帰る話が好き
事実か知らんけど




20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:26:36.20 0.net
赤揃えの甲冑が怖ええ




23: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:30:09.83 0.net
ここのエピソードはさすがにドラマに入らないかな
堺雅人は死んじゃってるんだっけ?




27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:32:53.70 0.net
>>23
入るよ
夏の陣の最後の戦いに出る前に息子と娘を預けてる
死を覚悟して最後の決戦に出る前にな




29: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:35:07.81 0.net
>>27
そっか
正宗=渡辺謙、小十郎=高島兄
でそのシーンを見てみたい
胸熱だろうなぁ




30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:35:24.32 0.net
娘は片倉の嫁さんになったんだっけ?




33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:40:58.52 0.net
>>30
梅ちゃんの墓石は真田の武勇に預かろうと削られまくった




34: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:41:30.67 O.net
佐竹義宣の弟の宣隆の嫁も幸村の娘なんだよな
しかもなり染めが大阪陣後江戸城内で下働きしてた時に見初めたという




35: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:43:57.49 0.net
>>34
お梅だけ贔屓されててんだな




36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:44:25.02 0.net
なんで幸村の娘が江戸城で下働きなんかしてたんだ
将軍暗殺を狙っていたとしか思えんぞ




42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:49:48.07 0.net
江戸城で下働きって良家の子女じゃないと無理だぞ
そーいや信繁信之の妹も滝川一益の子供?の嫁になったから幕臣の嫁なんだよな




40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:48:39.43 0.net
梅ちゃんは幸村に溺愛されて幽閉先でも父の身の回りの世話をしてたみたいだからもしかしたら近◯相◯があったかも




39: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:48:19.47 0.net
娘はともかく男系を匿うてのは相当の覚悟が必要だっただろ
これは伊達家だったから出来たわけで、下手に政宗を刺激して怒らせたら何するかわからんし




41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:49:16.54 0.net
まあ石田三成でも娘だけじゃなく息子も許されてるんだけどね
そこは家康の好意と見るべきだろう




43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:51:01.21 0.net
>>41
そもそも幸村の兄貴をずっと家臣として使ったんだからあの狸親父もそれなりにスゲーわな




46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:53:23.35 0.net
>>43
一応義理の息子なんだよな
そんで秀忠の代で潰されそうになるんだけどあの辺も面白いよな




58: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:04:45.75 0.net
豊臣滅亡後はそれだけ徳川家が旧豊臣側を舐めてたと言うこと
石田三成の子孫は津軽家に仕えたし
宇喜多秀家も殺されず八丈島に島流し
どちらも子孫が現代まで残ってる




38: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:47:54.98 0.net
なんかそこら辺の人間模様のほうが本編より面白そうなんだがw




44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:52:01.40 0.net
仙台真田の末裔が幕末に幕府側で奮戦して戦死してんだよな
面白い一族だわ




45: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:53:05.90 0.net
今は真田家14代目のおっさんが普通に生きてる




47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:53:58.61 0.net
>>45
当然日々馬とか乗ってんだよな
弓矢とか




48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:55:57.53 0.net
幸村の兄貴ってあの時代で93歳まで生きた名君
晩年は徳川家のご意見番になるぐらいの逸材
幸村の兄貴も凄いのに主役のドラマがないのが可哀想(>_<)




52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:58:28.33 0.net
>>48
真田太平記の主人公は兄貴だよ




50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:57:33.75 0.net
信之は大坂夏の陣の後に家康から父と幸村を殺せと命を受けるが必死に土下座して許しを請うた




51: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:58:23.61 0.net
>>50
これ間違いな幸村は死んでたわな
父を殺せの間違いだスマン




53: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:59:15.14 0.net
昌幸生きてたのか




49: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:57:22.84 0.net
ちなみに政宗と幸村は同い年




54: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 09:59:29.66 0.net
信之も余計なストレスが無ければ明治辺りまで生きてたかもしれないのに




55: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:01:12.42 0.net
幸村の親父は関ヶ原の前に真田家に代々伝わる書物やお宝は全部信之に預けてるんだよな
表向きは信之と敵対してるように見せかけて実は信之よ永遠に真田家を守ってくれと託してる




57: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:01:41.80 0.net
真田太平記も大坂の陣の後にもう1巻あるんだけど抜群に面白い




59: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:09:47.85 0.net
夏の陣で幸村の武神ぶりを目の当たりにした島津忠恒は故郷への手紙に『真田、日本一の兵。真田の奇策は幾千百。そもそも信州以来、徳川に敵すること数回、一度も不覚をとっていない。真田を英雄と言わずに誰をそう呼ぶのか。
女も童もその名を聞いてその美を知る。彼はそこに現れここに隠れ、火を転じて戦った。前にいるかと思えば後ろにいる。真田は茶臼山に赤き旗を立て、鎧も赤一色にてつつじの咲きたるが如し。合戦場にて討死。古今これなき大手柄』と絶賛している。

夏の陣後、幸村の首実検の際「幸村の武勇にあやかれよ」と家康が言うと、武将達がこぞって遺髪を取り合ったといいます。
また、家康は「幸村の戦いぶりは敵ながら天晴れであり、江戸城内にて幸村を誉め讃えることを許す」とした。 家康は、幸村によって窮地に追い込まれたが、同じ戦国の男として騎上の幸村に感嘆していたのでしょう。




60: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:10:39.30 O.net
伏見で伊達と真田が近所づきあいしてた説もある

また二代目小十郎は美男で有名だったから信繁は知ってたかもね
二代目が小早川秀秋にちょ待てよと追い回されてたというのは関ヶ原以前=伏見でのことだろう

さらに伊達騒動の柴田外記も長宗我部の甥
女子供を伊達に預けたら助かるんじゃないか的な風潮が浪人諸将のあいだにあったのかも




61: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:15:46.39 0.net
徳川幕府が成立してもなお天下取りを夢見て戦支度を怠らなかった政宗




73: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:54:16.12 0.net
>>61
スペインといろいろやってたからな
おかげで当時のスペインのえげつなさがよくわかる




62: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:16:40.87 0.net
真田幸村の次男は夏の陣の折、伊達家に匿われて家臣になり、その娘は、おにこじゅの奥さんって、個人的にめっちゃ萌えるんですけど




66: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:21:16.02 0.net
おにこじゅの嫁では無い




84: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:14:08.18 0.net
鬼の小十郎も婦女子にかかるとおにこじゅになるのかw




68: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:27:15.97 O.net
なんかの歴女向けゲームのCMで景品のフィギュアが3等政宗2等幸村1等小十郎だった

主君にも舅にも勝った小十郎




65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:20:11.75 0.net
伊達家はすごいよな
伊予宇和島だっけ?
分家があるし




70: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:32:25.76 0.net
家康も自分の長男を信長の難癖で殺されてるしな
預け先が安心安全なら大目にみたんじゃね?




77: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:04:19.88 0.net
>>70
アホか自分で殺したんだろ
あれは松平伝統のおとなの勢力争いお家騒動




71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:33:53.03 0.net
赤の真田と青の伊達
青の伊達文化を現代に引き継いでるのが だーいし




76: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:00:40.70 0.net
蔵王の町中に真田幸村のゆかりの物を置いてる店があったけどそういうつながりがあったとは




78: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:05:01.46 0.net
幸村の村は政宗の曽孫の綱村の村から採ったと言う説がある




79: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:06:31.02 0.net
竹中半兵衛も似たような話あったな
織田信長に殺されそうになった黒田長政をかくまったとかいうやつ




81: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:10:39.30 0.net
>>79
それは信長が100%正しい
黒田は自分から説得に行くといって行方をくらませた(荒木に監禁されていたわけだが)
人質は殺されて当然(黒田も覚悟はしていたはず)
黒田はこの時期に地元の豪族の説得に失敗したりかなり評判落としてる




82: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:11:43.59 0.net
やっぱあの頃の話が一番おもしれーな
フィクションとしてもノンフィクションとしても




86: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 11:18:35.82 0.net
日の本一の兵と言われて遺髪の一束まで取り合いになったと言われた
幸村の孤児をかくまうというのもそれなりに名誉だったのでは?
名誉っていっても知られるわけにはいかないから自己満足かもしれんが




93: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:48:20.59 0.net
政宗の器がデカイってことだな




90: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:15:34.29 0.net
前田慶次が石田三成の子を匿っていたとかNHK時代劇やってたな




91: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:19:50.30 0.net
前田慶次が絡むと全部ウソ臭くてw




92: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:23:45.97 0.net
慶次に出てくる幸村が昔の長渕だった件




94: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 12:52:40.15 0.net
>>92
初登場の時は完全に長渕だったけどなんかクレーム入ったのか知らんけど
初登場以降はヒゲ剃って別人になった




103: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 13:50:49.44 0.net
あの辺の暗部も含めて日本の原点だな