引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1453322648/



20160122-4



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:44:08.721 ID:dctqSAaH0.net
学力でなく教養をみにつけたい
そこは間違えないで欲しい




2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:45:08.749 ID:VVUPZpXZ0.net
寺で修行しろ




14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:50:02.111 ID:dctqSAaH0.net
>>2
寺の坊主にはさほど教養は感じない
仏の言行には詳しいだろうけど




18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:50:55.446 ID:VVUPZpXZ0.net
>>14
寺にもピンキリあるから




3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:45:33.656 ID:m+3arHwM0.net
パリ行け




17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:50:51.458 ID:dctqSAaH0.net
>>3
確かにパリが必要かもしれないな
ロンドンと
NYも

香港はでも違うな
北京はどうだろうな




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:46:00.059 ID:6be0Hnct0.net
>>1
有職故実で検索
無料です

有職故実(ゆうそくこじつ)とは、古来の先例に基づいた、朝廷や公家、武家の行事や法令・制度・風俗・習慣・官職・儀式・装束などのこと。また、それらを研究すること。

「有識」とは過去の先例に関する知識を指し、「故実」とは公私の行動の是非に関する説得力のある根拠・規範の類を指す。そうした知識に通じた者を有識者(ゆうそくしゃ)と呼んだ。後に転じて「有職」と呼ぶようになった。藤 原五摂家に好まれた用語であるが、更なる太古、古事記に対しては厳しい見方をするといった二重構造を孕んでいた。そのような問題を孕みながら古雅を美とす る芸術性は確立したものの、政体においては武士階級はこういった風習に対峙するため二度も実質的遷都を行ってきた経緯も日本の歴史の全体像から噛み締めな ければならない。さらには考古学的手法も含めた摂関家君臨以前の古事記の解釈などにサボタージュも見られ神道や歴史を不安定にさせていることがその理念と の乖離があり問題視されつつある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/有職故実




19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:51:44.574 ID:dctqSAaH0.net
>>4
これは教養だな
あとでよく読んでおく




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:46:05.010 ID:pIxg72Jd0.net
手あたり次第本を読む




21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:54:06.598 ID:dctqSAaH0.net
>>5
本=教養
って一番陥りやすい間違いだと思う

それだと図書館の奴が一番教養ある奴になる
それはただの本マニアだ




10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:48:08.215 ID:prJvgkOV0.net
聖書でも読んでみれば




22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:54:50.621 ID:dctqSAaH0.net
>>10
聖書は必須だと思う
旧約も新薬も多少は知ってるほうだと思う




12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:48:38.485 ID:E6nMrO2o0.net
茶道やれ




29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:58:12.948 ID:dctqSAaH0.net
>>12
茶道は教養なのかね
少々疑問はある

伝統としての茶道にも疑問がある
もちろん利休や織部はリスペしているが




43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:06:04.927 ID:ySHKfUu50.net
>>29
流派云々まで追求すると疑問が出てくる
基本と所作さえ身に着けば良いかと




13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:48:47.197 ID:xtV8LJW5a.net
疑問を持つこと考えること調べること覚えること




33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:00:15.003 ID:dctqSAaH0.net
>>13
本を読め論にも繋がるんだけど
こういうクイズ王になる事が教養とは思わないんだよ

東大医学部の頭脳王日本一が
日本の教養王かというと違うだろ?

この差がナンなのかも明確にしておきたいんだが俺自身




46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:07:51.287 ID:xtV8LJW5a.net
>>33
博識なことは考え方を増やすことに繋がるし、自分の考えを持てるようになることは単なるクイズ王となることではない
まあ本を読んで教養広げるのは大人になってからでもいいと思うよ子供なら人と関わって色んな体験しておくのがいいんでない




16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:50:17.135 ID:kmU+vmsv0.net
日経新聞でも毎日読め
あとは比較的古典の読書




37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:02:06.847 ID:dctqSAaH0.net
>>16
古典は本を読め論なんでともかく
現代の時事を知る事も教養なのかも知れないが
どうなんだろうなあ
現代の時事をまるで知らずとも教養がある雰囲気は出せるかもしれない




44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:06:58.659 ID:kmU+vmsv0.net
>>37
やみくもに本は読まなくていい古典だ
現代のヒット作みたいに一時売れて忘れさられるものじゃなくて
数十年や百年以上語り継がれるものにはそれ相応の理由がある
そこから学べってことだよ
ってか教養がある雰囲気ってなんだよ?
ちゃんと中身を身につけろ




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:56:40.709 ID:uidjJaS40.net
まずお前がどんな教養を持っていて何に興味があるのか言えよ

歴史 工芸 芸能 郷土料理 風俗 宗教 自然 建築

教養がなければどこに行ったってテーマパーク()くらいしか楽しめないぞwww




45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:07:45.961 ID:dctqSAaH0.net
>>25
煽りの様でこれはそう思う
無教養な人間でも楽しめる場所がそういう施設なんだよな
だからヤンキーはディズニーランドが凄く好きで
まあディズニーとかは深く楽しむならディズニーマニアにならないと
楽しみきれない部分あるとは思うが

教養が無いとヤンキー向けの文化にすぐハマってしまうんだと思う
エグザイルとか昔の浜崎あゆみとか




26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:56:47.047 ID:ySHKfUu50.net
和服を自分で選び着られるようになったら書道
茶道
花道
剣道
を始めてみてはどうか




52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:11:37.549 ID:dctqSAaH0.net
>>26
さっきも茶道ディスったけどこの辺てほんと教養なんかな?
なんとなくババアが望んでる「教養っぽいこと」に過ぎないと思うんだが…
かなりガラパゴスな文化だし

聖書の内容を把握するほどの教養は感じないけどなあ
オレだけだろうか




62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:15:13.433 ID:6be0Hnct0.net
>>52
和訳された聖書は大抵アホみたいなことしか書いてないから、ちゃんとラテン語で原典が読めないとあんまり意味が無い




102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:33:59.108 ID:dctqSAaH0.net
>>62
ラテン語は西洋人の教養を測る尺度になるとは聞いたな
日本人にあてはめると何になるか

いわゆる古文でないことは確かだな




31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:59:16.219 ID:MnBcuyIm0.net
教養があるやつって成分で言うと
知識もあって視野が広くて余裕のあるやつって感じだろ




60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:14:41.461 ID:dctqSAaH0.net
>>31
そんな感じあるな確かに
心の余裕を含めてる感じはある

イメージに過ぎないのかもだが
いらついてて不愉快な教養人も世の中にいるだろうし




32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 05:59:53.938 ID:6be0Hnct0.net
要するに衒学の逆だよね

げん‐がく【×衒学】
《pedantry》学問や知識をひけらかすこと。ペダントリー。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/69302/meaning/m0u/




36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:01:04.741 ID:MnBcuyIm0.net
物事を異化する視点が絶対いると思う




69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:18:24.461 ID:dctqSAaH0.net
>>36
異化な
これを理解して会話で操れれば教養高そうだ確かに




47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:08:45.237 ID:MnBcuyIm0.net
人より物事を広く深く知り、広く物事をたしなみ
それによって分別がある人のことを教養人というのだと思うよ




82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:25:48.534 ID:dctqSAaH0.net
>>47
分別な
これは当然持ち得ないといけない要素の一つではあるだろうな
ただ分別自体は教養で身につくものでもないとは思う
分別のあるドキュンもいるわけだし




48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:09:54.158 ID:PxygWOxp0.net
教養っていうほどすごいもんかねえ
ヤンキーのほうがよっぽど幸せにみえるときもあるよ




86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:28:02.727 ID:dctqSAaH0.net
>>48
幸福の多寡ではないな
持っている教養の度合いは

ただ教養ある人間はドキュンより人生がより楽しいとは思う
タモさんとかただ町を歩いてるだけでも人よりも楽しんでる
これは教養のなせる業だと思う




51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:11:33.180 ID:Q/OdR1Zvp.net
自分で考える癖をつけるだけでかわる
教養とは、ただ知識を持つことではなく、自分の頭で知識を語れることだからだ。




93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:30:16.682 ID:dctqSAaH0.net
>>51
これもあるな
知ってるだけの段階と語れるようになるには数段の違いがある

ただ電車マニアが電車を深く語る事は教養では決して無い
この点も間違えてはいけないな




117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:41:42.929 ID:xtV8LJW5a.net
>>93
だからそれには自分で考えることが大切なんだよ分からないことや知らないことを考えて知って考える
結局知ることをしないと教養なんてないままだろ




53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:12:30.981 ID:BukWiuut0.net
あとねえ教養って膨大な情報の中から自分が欲しいものを見つけ出すセンスが必要不可欠なんだけど
それってオススメ本をいちいち人に聞かずに味噌も糞も濫読しないと身につかないんですよ
効率のいい生き方と教養は相性がよくない




54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:12:38.052 ID:SYlfSkb30.net
何かを学ぶにあたっての第一歩は学ぶ対象の定義を理解することだと思う
したがって、教養とは何かをまず理解しなくてはいけないんだけどこれが難しい
例えば、野矢茂樹は『教養のためのブックガイド』で「教養学士というのを二個、持っているのだが、実のところ「教養」の意味すらよく知らない」と言っている




98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:32:05.386 ID:dctqSAaH0.net
>>54
まじか
やはり教養ってものの本質は相当難解なものなんだな…




56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:13:18.878 ID:6be0Hnct0.net
幸せなのとおめでたいのは違うぞw
教養ってのは実践用の道具としてつかう知識や情報だ
時の運すら関係なく陽の目をみない知識などというものはただのトリビア




71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:19:42.581 ID:mccEhDNH0.net
ロウアー階級の無教養がアッパー階級のマナーや身だしなみを身につけても
知識をひけらかすことになって却って成り上がり意識を露呈するだけなので
教養よりも知識を身につけることをオススメします




132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:49:09.509 ID:dctqSAaH0.net
>>71
知識と教養を分けるものが何かという問題もあるな

元素記号を暗記する事は知識でもあるが
基本的な教養の側面もあると思う

そして上層階級が画廊でシャガールを語る事と
貧乏画学生が画室でシャガールを語る事について
貧乏画学生に対して上層階級者が
「シャガールは低い身分で覚える教養ではない」といえるのか




138: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:52:09.330 ID:6be0Hnct0.net
>>132
>知識と教養を分けるものが何かという問題もあるな

>元素記号を暗記する事は知識でもあるが
>基本的な教養の側面もあると思う
そんなもん単なる母集合(知識)と小集合(教養)の関係だろwwwwwwwwwww




72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:19:47.432 ID:xtV8LJW5a.net
>>1が本を読め論を馬鹿にしたがるのはまだ自分の考えの素になる知識や経験みたいな土台がないからじゃないか
土台が作られてないと自分は何が知りたいのか自分に何が足りないのかということすら掴めないから本を読む気にはならないんだろうよ





137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:51:51.844 ID:dctqSAaH0.net
>>72
土台な
確かにそれを持つ事は大きいと思う

まずは何かしらソレが無いと教養があるないという舞台にすら上がれないんだろうな




81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:25:05.818 ID:1V1Gh8rI0.net
ここまでみても各人が勝手に自分なりの教養という言葉のイメージで語ってるでしょ
そういう不毛なのを避けるために少なくともどういう意味で教養という言葉が使われてきたかを知らんといかん
だからとっとと読めよ




147: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:56:03.389 ID:dctqSAaH0.net
>>81
教養という言葉の形が各人で千差万別なんだよな
教養と言う言葉はそういう妖怪の様な言葉でもある




90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:28:34.323 ID:bntgKA6U0.net
教養というのが何を指すかだよな
知識が豊富なことなのか
社会スキルのことなのか




160: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:00:46.599 ID:dctqSAaH0.net
>>90
とはいえ
マスターキートンやタモさんや東浩紀氏や荒俣宏は
誰の目にも教養人に映るであると思うわけだ

教養はそれぞれ違うイメージだが教養人は確固たる教養人なんだよ




164: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:03:27.306 ID:6be0Hnct0.net
>>160
そうか?
知識人ではあるけどソースまで辿らせるとけっこう胡散臭いことばっかいってる奴って思ってる奴は多いぞw
なんていうか、検証と実用において弱いタイプ




97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:31:58.262 ID:PxygWOxp0.net
おれが本を読んできて考えるようになって思うのは世の中結構わからんことだらけなんだなあってこと
結局それっておれの性格もあるけど優柔不断につながって昔ほど頼りがいのある考えを持つのも出来なくなったのもあるな
三島由紀夫も同じようなこと言ってたけどおれもそれに当てはまったわ




165: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:03:41.761 ID:dctqSAaH0.net
>>97
二本で教養について考えると
100%三島由紀夫という名前が出てくるな…

これも教養にまとわり付く幽霊の様な存在だと思う三島は




171: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:08:18.820 ID:PxygWOxp0.net
>>165
一応言っとくけどただの一意見としてあげただけだぞ
別におれはそんな持ち上げてるわけじゃない
変にここで三島由紀夫なんていったおれも悪かったけど




134: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:49:58.156 ID:BukWiuut0.net
教養なんて言葉は使う人によって解釈や温度差が生まれることもコミコミだからそれでいいの
とくに東浩紀は一般的な言葉に俺様ルールで特別な意味を込めるのが好きな人だから、1は大いに参考にしてゴーイングマイウェイするべき




140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:53:22.965 ID:Bs/4cUE60.net
育ち次第だからな
育ち悪いやつは東大首席で卒業しても教養無く見える




193: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:23:27.928 ID:dctqSAaH0.net
>>140
教養と上流のものとして捉えるかどうかで変わるな
かつてはそういう時代もあったが今は違うと思う

ただ金が無い者には閉ざされてる世界
にしかない教養もまだ点在してるんだろうとは思う

マスターキートンの最後に闇のフィクサーが
弦楽四重奏を優越感たっぷりに聴いていた様にな




146: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:55:24.741 ID:mccEhDNH0.net
まあ教養は意味が複雑だから話がややこしくなるし、
それならシンプルに「知識を得ろ」と言ったほうがアドバイスとしては有意義だな
頭の回転は先天的なもんだけど、知識は覚えれば必ず身につくからな




155: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 06:59:18.842 ID:aIp2C4Fm0.net
教養ってのがどういうのを指すのか明確にできないところが難しいな。




162: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:02:02.298 ID:Q/OdR1Zvp.net
教養あるかないかのリトマス紙的な基準あんのけ?




202: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:28:41.584 ID:dctqSAaH0.net
>>162
確実な教養人は誰の目にも明らかになるけど
教養人なのか オタクなのか クイズ王なのか それこそ衒学的な人間なのか
その辺の境目の難しい人間は相当数いると思う

そしてそういう人間は自分は間違いなく教養人だと思っているだろう…




213: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:35:03.719 ID:Q/OdR1Zvp.net
>>202
じゃあ俺は自分が好きなとこだけ摘み食いするただのオタだな




175: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:12:13.906 ID:Q/OdR1Zvp.net
歴史は必要だな
世界史をやらないとネトウヨになる

俺?日本史全くわからん




176: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:13:13.046 ID:3R2nRvYu0.net
歴史と語学は必要不可欠な気がする




203: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:28:48.230 ID:XLlzArLv0.net
タモリは西洋哲学学科で何を学び、何を思ったのだろうねぇ




218: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:38:15.200 ID:dctqSAaH0.net
>>203
タモさんの言行録をみるに
一貫した哲学があるのは感じる

彼から感じる教養は知識量ではなく
生き様にあると思ってる




216: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:35:59.587 ID:kuCF1ylxM.net
歴史や哲学などの文系科目はもちろん、理系科目もやらんとな
無線LANの11nとか11aとか




227: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:44:24.221 ID:dctqSAaH0.net
>>216
文型に偏るのは教養人といえないな
俺の理想とするマスターキートンやホームズや明智小五郎の様な真の教養人も
どちらかといえば理系の人間だと思ってる

まあキートンは文型の出ではあるが
軍隊やオプの仕事では理系的思考を要求されていて彼はそれに応えている




236: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:50:13.235 ID:6be0Hnct0.net
>>227
だからなんで理想が架空の人物ばっかで、たまに挙げる実在の人物がうさんくせえ奴ばっかなんだよwwwww




239: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:53:10.844 ID:dctqSAaH0.net
>>236
もう一人理想の教養人を思いだした
ヤンウェンリーだ
天才戦術家である彼の願いは年金生活で歴史の研究をして生涯を終えることであった

彼の根底にあるのも遊民への憧れだ




228: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:44:46.241 ID:XLlzArLv0.net
教養人とは、ほんとに素晴らしくきちんとしている人でなくてはならないのかという話。




205: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/21(木) 07:30:45.090 ID:3I/Kmxmi0.net
教養難しい