引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1455311418/



2016213-2




1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:10:18 ID:hXy
百年後も千年後も




3: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:11:10 ID:hXy
二千年前から決まっていたこと




5: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:12:26 ID:hXy
まあ、正確には今のままだと作れないだが。




6: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:13:05 ID:Cqb
技術の進歩は考えないのか?




7: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:13:46 ID:hXy
>>6
そもそも技術の方向性が間違っている。




8: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:14:15 ID:gZt
そうか




10: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:15:14 ID:hXy
ヒューマノイドとは限りなく人間に近いものを作るわけだが、人間は機械に多くを求めすぎている




11: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:18:09 ID:hXy
例えばコンピュータの大元は0と1の組み合わせになる。
だが人間自身を解析するとして、01では思考が表せないし、そもそもが人間自体不確定なもの




112: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:23:07 ID:Zvh
>>11
典型的な昔の人の考え方だね。

たとえば人が識別できる色は800万色程度と言われる。
デジタルでしか処理できないパソコンは
0と1を、24narabete,16777216色を表現する。
無能な人間は、時としてこれは16ミリオン、1600万と丸めて表現する。

そのくらいに人の能力は、時としてデジタル技術に及ばない。

デジタルを0と1だから、2つに分けて考えることしかできないのが
昔の自称アナログ人間という名の、低ビットデジタル人間だ。


というか、ニューロコンピューティングが来てるじゃん。




115: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:24:40 ID:eho
>>112
人間を凌駕したら人間もどきじゃなくなっちゃう><




12: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:18:27 ID:O03
人間の脳波を読み取って行動を取るくらいのはできそうじゃね
不便すぎてドラえもんみたいなのはできなさそうだけど




13: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:20:09 ID:hXy
>>12
それはあくまで情報のトレースであり、感情ではない。
もっとも、人間自身を劣化したトレース機械と考えるならいいかもだが




24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:30:02 ID:hXy
>>12
形を真似てもダメ。
感情こそが人間進化の鍵




14: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:20:26 ID:UYk
そもそもヒューマノイドってなんだ!?\(^q^)/




16: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:22:16 ID:hXy
>>14
人間に限りなく近いものを作る技術。




17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:24:37 ID:hXy
もし本気でヒューマノイドを作るのなら、機械にも人間と同じ不完全さを許容すべきであり、不完全を補修するのではなく自己処理させなければならない




18: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:26:22 ID:gZt
>>17
その程度ならWindowsでもやっとるよ




20: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:27:58 ID:J7w
>>18
速攻ブルー・スクリーンなるからな




21: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:29:00 ID:hXy
>>18
あれはプログラムに従って動くだけ。
所謂ゼロベースを与えるべき。
何もないところからエラーが生まれ、そのエラーを人格と考えなければ




19: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:27:14 ID:hXy
現状のように人がフレームを作り、トーキングプログラムをいれ、異常が起きたらメンテナンス。
このようなやり方では変化が生まれずに停滞したまま




25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:31:23 ID:UYk
ふと思ったんだが

パソコンのデータ上に人間と同様の思考をするプログラムが生まれた

その場合それをヒューマノイドって言うの?




30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:33:29 ID:hXy
>>25
少し違う。
あくまで例であり、そういうエラーの集まりが必然のように組合わさったとき、初めてヒューマノイドになる




27: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:32:09 ID:hXy
分かりやすく言うなら2進16進のようなものをDNAろ定義し、そのエラーをむしろ伸ばさないといけない




29: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:33:00 ID:J7w
>>27
こいつらエラー飛ばせないもんな

そこら辺も進化すんじゃね?




33: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:35:03 ID:hXy
>>29
結局最後は人間介在だからね。
もしヒューマノイドを求めるのならそれこそ億を越える回数の失敗と時間が必要になる




35: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:35:47 ID:J7w
>>33
億くらいCPUなら秒で試行できるだろ




41: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:38:42 ID:hXy
>>35
コンピュータが動いていればね。
エラーの許容は裏をかえせば故障と同義であり、いわゆる動く不良品を作るようなもの




31: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:33:55 ID:vGm
ヒューマノイドの定義って人間型ロボットでないの




32: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:34:53 ID:J7w
>>31
一般には人間ぽいどがヒューマノイドだからそれでおk




34: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:35:30 ID:gZt
全方向の突然変異と淘汰が進化やしな
プログラムでもできなくはないと思う




37: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:37:05 ID:hXy
>>34
それを人間は故障やエラーという。
間違ってはいないが、人間自体がエラーから生まれたのにヒューマノイドを作る段階でエラーを許容できないのはおかしいと思うんだ




38: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:37:35 ID:OC5
問題はヒューマノイドの定義が定まっていないから人によりけりと言う部分だな




39: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:38:20 ID:UYk
ここでWikipediaからコピペ

ヒューマノイド(humanoid)とは、英語のhuman(人)と接尾辞-oid(-のようなもの、-もどき)の組み合わせで、形容詞としては「人間そっくりの」や「人間によく似た」という意味で、名詞としては、人間に似た生物や人型ロボットなどを指し、SFやファンタジーの作品に頻繁に登場する。




42: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:40:17 ID:J7w
大体AIが自己進化、つーか人の手を離れて独自にプログラム組んでるから
このイチが言うような問題もどんどん自己進化的にクリアしてくんだよなあ

>>39
オレが言ったとおりの意味だな




45: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:41:33 ID:hXy
>>42
だから方向性を決めちゃいけない。
ゼロベースが必要




49: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:43:38 ID:vGm
>>39
なるほど、じゃアシモなんかで充分じゃん
ヒューマノイドと呼べるだけの要件満たしてね




43: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:40:46 ID:hXy
極論、形丈にせるのなら石膏でいいし、動きを似せるなら猿でいい。
それをあえてヒューマノイドを作るのであれば、
それこそきの長い時間が必要




46: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:41:41 ID:J7w
>>43
それが結論ならお前より遥かに頭脳明晰な科学者は誰一人造ろうとしないんだなあ




55: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:48:09 ID:hXy
>>46
よーするに人間を生むときにわざわざあーしろこーしろと細胞に命令するかって話。
そんでもってエラーのために完成品作るんだから、金かける奴が出てくるわけがない




62: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:53:10 ID:J7w
>>55
人間を生むときとか知らん

エラーをエラーとせず実行するプログラムにすればいい




65: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:54:59 ID:hXy
>>62
だからプログラムがあっては意味がない
いわゆる0101が偶然0111になるようなのを期待するのがヒューマノイドを作るのには必要




67: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:55:54 ID:J7w
>>65
それ乱数とかでイケるとちゃうの?




70: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:56:47 ID:hXy
>>67
その乱数のためにずっと完成品にエラーが出るのを監視するんだぞ?
誰が金を出す




72: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:57:43 ID:gZt
>>70
勝手に淘汰されるようにしたらいい




74: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:58:35 ID:hXy
>>72
だが悲しくも今の技術は完成品を作るのに固執している




73: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:58:06 ID:J7w
>>70
エラー出させるんじゃなくて乱数調整で擬似的に乱数にする奴ならもうあるだろが




48: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:42:47 ID:gZt
プログラム自体がたくさんコードを書いて実行して淘汰されるのは昔からできるしな
設計者は種を書くだけ
どうなるかは設計者にはわからない




50: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:44:29 ID:gZt
まあスレタイの絶対っていうのは間違いやな




52: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)06:45:23 ID:J7w
百年後も作れないとか言うイチはシンギュラリティググってこい




69: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:56:14 ID:EUm
なんか間違ってないか?
アンドロイド>ヒューマノイドやぞ




71: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:57:36 ID:hXy
私は感情に重きを置いています。
見かけだけ、行動だけ似せているのでは意味がない




76: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)06:59:13 ID:Grr
まぁ世の中色んな奴がいるから開発に出資する奴がいてもおかしくない




80: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:01:57 ID:eho
あーこいつが言ってるのわかったぞ
あらゆる面で人間を凌駕をしちゃいけない縛りで
なおかつ人間より劣ってるように見える部分があっちゃいけないって定義だ




82: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:04:12 ID:hXy
>>80
凌駕というか、人間のようなミスを故意ではなく自然発生させるべきだと思っている




86: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:06:22 ID:eho
>>82
んで同じ間違いは二度繰り返さない自己学習AIもだめなわけだろ?




90: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:10:23 ID:EUm
>>82
ハングアップじゃいかんの?
処理が追っつかなくなるかどうかは環境に依存するし
係数が多くなればなるほど同じ状況を再現する事が難しくなり再現性が下がるし偶発性もある




83: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:04:56 ID:gZt
定義しだすと難しいけど要するに売れるものだな
売れなかったら何の意味も無いし




84: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:05:47 ID:J7w
囲碁のAIもあと10年はプロ棋士に勝てない言われてたのが
誰も思いつかなかった方法であっさりクリアしたりするんだ
絶対出来ないと言うのは、正しくは方法が思いつかないのことだ




87: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:07:12 ID:gZt
>>84
将棋や囲碁のプログラムには「勘」があるみたいだな




85: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:06:21 ID:vGm
自然発生な・・・普通に外乱があるとわりと意図しない動作するけどな




89: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:09:21 ID:eho
一度記憶したら二度と忘れずいつでもどこでも情報を取り出せるってのも定義外
人間はド忘れする存在なんだから

こういうことだろ?




91: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:11:14 ID:gZt
今のAIも得意不得意があるようで
友達の家の使った事のないキッチンでコーヒーが煎れれるようになってやっと一人前らしい




92: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:11:52 ID:J7w
>>91
十分だろ




95: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:13:29 ID:gZt
>>92
確かに十分やな
コミュ症の人間にはきっとできないからなw




96: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:13:42 ID:eho
>>91
一度コーヒーを作れたら必ずずっと作り続けられるってのも俺様定義外だと思うぞ
人間ならコップを取りそこねて落として割ったりすることもあるから




100: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:16:04 ID:gZt
>>96
コップ割ったら友達に謝って掃除してお詫びにランチくらい奢らんとな
(そんなAI恐え~)




101: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:17:36 ID:J7w
>>100
俺たち「そんな人工無能なら要らん」
イチ「それはヒューマノイドじゃない」




103: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:18:57 ID:gZt
>>101
確かにw
そんなアニメあったな…




102: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:18:40 ID:eho
>>100
毎回謝ってもダメなんだぜ
人間は気分次第で逆切れヤツアタリする生き物だから




105: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:20:30 ID:gZt
>>102
そん時は喧嘩になってラインブロックしてくるんだろうなw




111: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:23:02 ID:eho
>>105
殴り合いの喧嘩になったらお互い疲れてぶっ倒れたあと固い友情が芽生えたりする場合もなきゃいけないんだぜ




107: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:20:50 ID:J7w
>>100
マジレスすると機械も失敗するし
失敗した時、人間がどういう行動するかサンプルデータを数百万とか持ってれば
そん中からランダムで実行すればいいだけだよな




109: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:21:59 ID:gZt
>>107
そうだな自分が好かれる(生き残る)ための学習だもんな




113: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:23:45 ID:J7w
>>109
だよな
イチが何言ってるのかよく分からんわ

何かする時にも人間の成功確率を計算して、それを基準にして試行回数ごとに失敗すれば
自然発生的に失敗したように演出もできるだろ




93: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:11:57 ID:hXy
いや、失敗に制限はないわ
とにかく自然発生させることが大切で、発生してもエラーを抱いたままいれることが大切




98: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:15:10 ID:eho
>>93
エラーを修復しちゃいけない理由は?




106: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)07:20:42 ID:EUm
つーか現実自体が同じ状況が二度と起こらない以上
処理でできる情報が増えてその兼ね合いから特定状況で起こるバクがあったとしても
すごく限定的な状況に発生するものであれば
それが自然発生なのかどうか区別する術はないだろ
その限定状況が再現できないんだから
そして、人間の場合のミスもそういうものなのかもしれないぞ
俺らが気づいてないだけで




121: ゴン拓と茶の池沼な仲間たち◆XXB4FFFCh6 2016/02/13(土)07:32:34 ID:J7w
じゃあイチの言うようなヒューマノイドも造れるでいいの?




122: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)08:12:51 ID:EUm
ふと人間の自我ってヒューマンのイドだなとどうでもいい事を思い付く