引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1455380180/



2016214-1




1: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:16:20.972 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
|A-) 怖い話は探しながら人がいる限りゆっくりと
    怖い話書ける人、貼れる人はどうぞー
    レスがなくなったらさるさんくらったか寝たか人いなくなったと思ってね
    インスト好きは音楽をどうぞ
    聴くには音楽プレイヤーの ファイル→URLを開く→http~8000/までをコピペ

http://dokuobd.orz.hm:8000/




2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:18:58.509 ID:bnPAm/lx0.net
( ´ ▽ ` )ノやぁ




3: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:19:11.244 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
|A-)ノ おすー




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:21:50.188 ID:GIISZoGkK.net
こんばんあったー(・ω・。)




6: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:28:34.213 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>4
|A-) こんばんはねw
    ちょっと久しぶりー




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:32:58.944 ID:GIISZoGkK.net
>>6
はい(。・ω・)毒男さん2週間ぶりですね!
雨風凄いでつが大丈夫でしたか?




13: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:35:10.818 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>11
|A-) そだねw
    なにしてたっけなあ…
    確か疲れて寝てた気がする…w

    こっちはあんまり降らなかったよw
    そっちのほうが心配だなあ




7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:30:21.490 ID:0P1cCheu0.net
毒男ちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん




13: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:35:10.818 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>7
|A-) いらっしゃいなw
    おひさねw




8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:31:18.712 ID:TZ/vOx+90.net
|ω・`)




13: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:35:10.818 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>8
|A-) 今日も見つかったw




10: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:32:38.134 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
俺の嫁が学生の頃の話。

オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れてきた。
東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があり、
それを一人でまたぐと帰ってこられなくなるという。
検証するべくメンバーである男子学生P太が一人でその場所に向かったところ、はたして彼とは連絡が取れなくなった。
心配したサークルのメンバー一同は、皆で様子を見に行くことにした。
そしてそこで嫁とK子が体験したのが次のようなもの。

嫁はそこそこ霊感があるもののお払いとかはさっぱりなので、出発に際して霊感が強い先輩に同行してくれるよう頼んだ。
K子の情報通りの場所には確かに注連縄で囲まれた神社らしきものがあり、
P太がここに着たであろうことも間違いないように思われた。

先輩はその神社を見るや苦い顔をして、
「ここにはいるのは怖い。」
と入るのを拒否した。
しかし仲間の様子が心配なメンバーとしては、ここで引き下がるわけにもいかない。
注連縄を超えて進もうとする彼らに、先輩が言い聞かせたことには、
「この注連縄の中には、強力な力が満ち溢れている。これに一度とらわれたら、自力で抜け出すのは難しいだろう。
この力に付け入る隙を与えないために、彼を連れ帰りこの注連縄を超えるまで、決して会話を途切れさせてはいけない。
大人数で入って会話には入れない者がいるのは危険だから、二人で入るのが一番だと思う。」

その場にいたメンバー中嫁とK子が最年長の女性であり、
「おしゃべり」なら男性より女性の方が得意だろうということで、二人がペアになって中に入ることにした。
話す内容は何でもよく、二人は趣味やスイーツ(笑)やファッションなど、
ありとあらゆる事を話しながら進んで行ったが、途切れさせてはいけない、という義務感や、
心霊スポットのただ中にいるという緊張感から、精神的にかなり苦しかったそうだ。

鳥居をくぐり、拝殿のような所に辿り着いた嫁が戸を開くと、
ぼんやりした暗闇の中、探していたP太がこちらに背を向けて座り込んでいた。
嫁が目を凝らすと、彼をコの字に囲む古びた日本人形が多数見え、
そして嫁とK子の声に交じって、彼がぶつぶつと何か呟いているのが聞こえる。
二人に促されると、彼はぼんやりしながらも立ち上がり、のろのろと外へと歩き出した。
そろそろ話すネタも尽きてきた二人は焦り始め、K子はP太の腕を掴んで走り出し、嫁も後に続いた。




12: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:33:25.606 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
息を切らしながらも会話をつづけ、ようやく注連縄と応援する仲間たちの姿が見えてきた。
一足先に縄を跨いだK子は、話し続けなければならないという緊張から解放されたためか、ひとつ大きなため息をついた。
そして会話が途切れたその瞬間、嫁はまだ縄を潜っていなかった。
投げかけた言葉に返事がなかったその時、耳のすぐそばで
何人もの人間が大声で怒鳴るような大騒音が、嫁の耳に飛び込んできた。
驚いて耳をふさいだが声は全く小さくならず、激しい頭痛と恐怖で頭がおかしくなりそうになって、
思わずその場にしゃがみそうになったとき、先輩が目いっぱい手を伸ばして嫁の腕を掴み、
強引に縄の外に引っ張り出してくれた。

縄を超えた瞬間、その声は嘘のように消え去ったという。

嫁は呆然としてあたりを見回したが、自分たち以外の人間の姿は見えず、
そしてその場にいた誰も、嫁が耳にした声は聞いていないという。

P太はしばらく呆然としていたが、帰りの車の中で徐々に自分を取り戻し、何があったのかを話してくれた。
といっても、あの縄を超えたとたんひどい耳鳴りと頭痛がして、その後気がついたら
仲間に囲まれて神社の外にいた、ということしか覚えていなかったが。
嫁は持前の霊感のせいか分からないが、P太には分からなかった声の内容が聞き取れたようで、なんでも
「帰さん」
「新参だ」
「ここにいろ」
というような事を言っていたらしい。

彼はその後先輩の勧めで、お払い兼お勤めみたいな感じで、夏休みいっぱいどっかの寺で過ごしたという。




19: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 01:42:37.767 ID:TZ/vOx+90.net
>>12
|ω・`) うわぁ、仲間に引きずり込まれそうになってるじゃないですか
そんなに普段から話さないのでこんな状況になったら歌うしかない




23: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:51:37.569 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>19
|A-) だよね
    しかしそんな高圧的に来られたら仲間になりたくないだろうにね…w
    なんか話すとか歌うで大丈夫なら爆音でメタルでもかけながら行けば大丈夫そうwww




26: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:53:24.550 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
俺が今までで唯一体験した話を。
3月の春休み中のことなんだが、友達が怪しいバイトの依頼を受けてきた。
バイトの内容というのがかなり妙な内容で、関西にある某政令指定都市で
空き家になっている家の片付けをやって欲しいというもので、2泊3日で交通費以外に1人3万円も出すという。
目的の家は電気も水道もガスも通っており、2人分の布団もあるから宿泊にも何の問題も無いとか。

これだけでもかなり怪しいのだが、友人がバイトを受けた状況というのが
「パチンコにいったら常連のおっさんから頼まれた」
という更に怪しい内容だった。
友達は美味しいバイトだとノリノリで俺を誘ってきたのだが、どう考えても怪しすぎる。
当初断ろうと思っていたのだが、実質2日で1人3万円はおいし過ぎるうえに、
丁度PCのグラボとHDを新調したかったので受ける事にした。

当日、新幹線のチケットや片付けの手順や現地までの道のりのメモをおっさんから貰い、
俺達は某政令指定都市に出発した。

現地に着くと家はかなり広かった、敷地は300坪近くあっただろうか。
しかし庭は枯れ草で埋め尽くされ、池は濁っていて生き物の気配すらない。
明らかに10年以上は人が住んでいない、外見は立派だが廃墟のような雰囲気の家だった。

その日はまず2階から片付ける事にして夜の8時頃までゴミの分別や家具を1階に下ろす作業をし、
力仕事が多く大変ではあったが、特に何事もなく終った。

近場のファミレスで飯を食い、家に戻ってくると何かがおかしい。
上手く説明できないのだが、玄関を入った瞬間に全身の毛が
総毛立つとでも言えば良いのか、なんともいえない悪寒に襲われた。
原因は全く解らない。
友人も同じだったらしく、隣を見ると気持ち青い顔をしているよに見える。
しかし特に何かがあるわけでは無く、お互いその不安を全く口に出せず、そのまま風呂に入って寝る事にした。

寝てから2時間ほど経った頃だろうか、俺は友人に体をゆすられて起された。
「…なんだよ」
と文句を言おうとしたが、その時起した理由が何なのかすぐに解った。

俺達は1階の玄関に近い場所にある居間で寝ていたのだが、
丁度対角線上にあたる一番奥の部屋辺りから、人の話し声が聞こえてくる。
俺達はここに誰か来るなんて話は一切聞いていない。




28: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:54:36.198 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
かなり怖かったし、何かトラブルに巻き込まれるんじゃないかという不安はあったが、
そのままにしておくような事も出来ないので、話し声のするほうを確認しに行く事にした。
(その時本当は廊下の電気をつけるべきだったのだが、俺も友人も気が動転していて全くその事を思いつかなかった)

暗がりの中を部屋の近くまで行き、俺が
「誰かいるんですか~?」
と何度か声をかけたのだが、相変わらず部屋からはボソボソと何を言っているのか
聞き取れない複数の話し声が聞こえてくるだけで、俺の声には全く反応しない。

そこで少し大きな声で呼びかけようとしたところ、友人が俺の口をふさぐと玄関の方へ引っ張って行こうとした。
俺は
「なんだよ」
と言おうとしたが、あまりにも友人が必死な形相なため、素直に玄関の方まで歩いていった。

そこであらためて友人に
「何だよ」
と聞くと、友人は震えた声で
「あの部屋…ドアに外側から板で目張りされてたぞ…どうやって中に人が入るんだよ…」
俺は近眼なうえに暗かったため気付かなかったが、友人が言うには
どう考えても人が出入りできるような状況ではない形で板がドアに打ち付けられていたらしい。
友人はかなり怯えていて、それは俺も同じだったのだが、不安を隠すように友人にこう言った
「きっと外側に入り口が別にあるんだよ、とりあえず確認しに行こうぜ」
と。

玄関を出て家の裏側に行く事にし、草をかき分けてその部屋のあるであろう場所まで行ったとき、
俺の「別の入り口がある」という希望的観測は無意味だった事に気がついた。
部屋には窓があったのだが、その窓にも外から板が打ち付けられており、
他に出入り口らしきものもなく、どう考えても人が出入りできる状況にはなかった。
しかし外からでもボソボソとその部屋から話し声がするのは解る。




29: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:55:57.193 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
俺は何がなんだか解らず、頭の中で合理的な解釈をいくつも考えたのだが、どれも当てはまらない、
どうしたらいいか解らず、暫らく2人で顔を見合わせていたのだが、このままでは埒があかないため、
止せば良いのに板の隙間から懐中電灯を照らして中がどうなっているのか見てみる事にした。

2人で懐中電灯を照らしつつ中を覗いてみると、そこは普通の和室で、隙間から見ているだけなので
はっきりとは解らないが、どうやら真ん中にテーブルが置いてあるようだ。
中に人がいるような気配は全く無い。

何がなんだか解らない。
声はいつの間にか聞こえなくなっていたが、さっきまで明らかに複数の人の話し声が中から聞こえていた。
もう一度2人で懐中電灯を照らしながら中を覗き込むとある事に気がついた。
テーブルの上に20cmくらいの箱が置いてある。

箱を照らして見て俺達はゾッとした。
その箱は自転車につかうチェーンロックらしきものや鎖のようなもので何重にも巻かれていて、
更に何個か南京錠まで付いていた。

俺と友人は
「なんだよあれ、気持ちわりーな…」
と窓から少しはなれて話していると、突然

バン!

と内側から窓に何かがぶつかる音がした。
びっくりして2人で窓の方を見たとき、俺達は叫び声をあげてその場から逃げ出した。
何が起きたかというと、板が打ち付けられた窓の隙間から、4~5人の「眼」が俺達を板の隙間から見つめていた。
性別や年齢は解らない、とにかく隙間から「眼」がいくつもこちらを見ていた。
それだけしか解らない。




30: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:56:47.732 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
家から200mか300mくらい離れた街灯のところまで走り、俺達が息を切らしてへたり込んでいると、
叫び声を聞いたのか近所の人らしいお爺さんが
「こんな夜中になにをやってる!」
と俺達に話しかけてきた。

俺達は恐怖と息切れと動揺で
「窓に眼が…」
とか
「話し声が」
とか
「バイトで掃除に来て」
とか支離滅裂な事を言っていたように思えるが、お爺さんはそれで何かを察したのか、急に口調が柔らかくなり
「とにかく家に来なさい、そこでゆっくり話を聞くから」
と素性も知らない俺達を家にあげてくれた。

おじいさんの家に着くとおじいさんの奥さんらしいお婆さんもおきてきて、俺達にお茶を出してくれた。
それで俺も友人もある程度落ち着き、バイトの依頼を受けて泊り込みであの家の片付けに来た事、
夜中に変な声を聞いて調べに行った事、厳重に板張りされた部屋を覗き込んだら
沢山の眼に見つめられた事などを話すと、お爺さんは
「あの家は何十年も前に土地の権利関係で色々あったからな…
お金は諦めてお前達はバイトを断りなさい、今日は泊めてあげるから明日家に帰りなさい」
と言って来た。

お爺さんはあの家の事について何か知っているようだったが、それ以上は話してくれなかった。
俺達は申し訳ないと思いながらも、その日はそのおじいさんの家に泊めてもらった。

翌朝、朝飯までごちそうして貰った俺達は、お爺さんとお婆さんにひとしきりお礼を言って帰宅する事にした。




31: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 01:57:35.204 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
最寄駅までの道中、俺がバイトを依頼してきたおっさんに電話して、金は要らないし
交通費も返すからバイトは無かった事にしてくれと言うと、おっさんはしきりに事情を聞いてきた。
隠す理由もないため昨夜あった話をすると、おっさんは独り言のように
「まだ出るのか…」
というと、
「交通費はいい、でもバイト代は1日分も出せないからな」
「家の鍵は玄関マットの下に入れておいてくれ」
というと早々に電話を切ってしまった。
口には出していなかったが、おっさんはかなり怯えていたのがわかった。

帰り際、俺と友人は
「あの家で何があったのか」
それだけは気になった。
そこで携帯で図書館の場所を調べ、当時の新聞記事などを探してみたのだが、
それらしき事件などはみつからなかった。
そこでふと思いつきで、今度は少し離れたところにある法務局へ行ってみた。

法務局であの家の土地の登記簿を調べてみると、そこには
「1966年時効収得」
と書かれていた。
それで俺はあの場所で何があったのか、ある程度解った気がした。




36: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 02:10:08.510 ID:TZ/vOx+90.net
>>31
|ω・`) ええーなにこれ不気味…
原因がわからないのが一番怖いかも…
何で 時効 なんだ…




40: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:19:46.554 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>36
|A-) 何があったかわかれば箱のこととかもわかりそうなんだけどね…
    時効取得になったってことは誰かが勝手に占有したってことだろうか…




32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:59:31.801 ID:kutw6ESK0.net
久しぶりに発見




33: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:02:19.595 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>32
|A-) おひさねw
    久々のスレ立て…w




34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 02:04:52.040 ID:0P1cCheu0.net
>>33
ちゅっちゅっちゅ///

だよねーw
幽霊にはなんでもお見通しだよねぇ




40: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:19:46.554 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>34
|A-*) それはうれしいw

     ねw
     そうすると絶対に声を出してはいけません、とかっていう
     お坊さんとかなんとかは急にうさんくさく…w

     たぶん時効収得じゃなく時効取得じゃないかな
     所有権の時効取得とは他人に所有権がある物(土地も含む)を10年以上、
     もしくは20年以上所有の意志をもって平穏かつ公然に占有した場合に
     所有権を取得することができるもの
     10年で時効取得できる場合は他人が所有権を取得していると知らなかった場合




42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 02:24:09.590 ID:0P1cCheu0.net
>>40
グヘヘw

意味はわかってるのw
このお話のオチに1966年時効収得ってのがわかんないなーって
この時効うんたらと鎖にまかれた箱はなにか関係あるのかな?ないわけないよね?w




45: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:31:12.718 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>42
|A-) ムフフw
    なんだか癒しになってたりする…w

    わかってるのかww
    所有者が殺されてなにかがあって箱が作られた、とかかなあ
    部屋の中にいたのが複数だったから家族も殺されたとか
    コトリバコ的な感じで作られたのかな?
    それか箱を持ち込んで住めないようにして…
    後から箱が持ち込まれたとしたら時効取得の意味がわからんしねえ




41: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:21:52.162 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
ウチの父が昔不思議な体験をしたそうです。
父の通っていた高校は男子校で全寮制。

先輩からの後輩虐めが酷くて、ある日閉所恐怖症の男子を部室のロッカーに閉じ込めて遊んでいたんだそうです。
その男子は本気で抵抗して内側からドンドンと叩いて
「怖いよ出してください出してください出してください出してお願いしますお願いしますお願い…」
突然声が止んだから気絶でもしたかと思ってロッカーを開けたんだそうです。
そしたら中は空っぽ。
みんなかなり焦って訳がわからなくなって探したら、その男子は寮の自分の部屋のベッドで気絶していたそうです。
その時のこと覚えてないって。

噂になってロッカーを撤去する事になったんだけど、引き取りに来た業者の人がロッカーを開けて
中の忘れ物を確認しようとしていたらいきなりロッカーが倒れて下敷きになったそうです。
大きなロッカーだから大ケガしてるかと思って慌てて仲間がロッカーを起こしたら…誰もいない…
その人は屋上で発見されて何も覚えてなかったって。
四次元ロッカー。




46: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 02:33:13.609 ID:TZ/vOx+90.net
>>41
|ω・`) 4次元ロッカー!
飛ばされるのは別空間かと思いきやその人の安心できる場所だったのかね




50: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:42:15.117 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>46
|A-) 怖い話だと飛ばされたら行方不明になるとかって感じな気がするけど
    良心的なロッカーだよねww




44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 02:28:37.842 ID:0P1cCheu0.net
ワープするロッカーとか斬新w
いじめられっ子も業者のひとも四次元ロッカーで助かったねぇw




45: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:31:12.718 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>44
|A-) こんなロッカーほしいねw
    緊急時にもそうでないときにも便利ww




49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 02:38:34.408 ID:0P1cCheu0.net
>>45
ウヒヒw

なんかよくわかんない話でモヤモヤする
箱についてもあんまり描写がないしで
箱と時効と霊ががどうつながってるのかとか全然わかんない

このロッカー行先指定できるともっと便利だろうねw




50: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:42:15.117 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>49
|A-) おじいさんから聞き出すしかないね…
    それかバイトを依頼してきた人
    俺なら話すまで帰さないなあ…w

    だよねw
    遅刻しそうなときとか切実に…w




54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 02:48:30.603 ID:0P1cCheu0.net
>>50
そうだよねぇなんでこの話の主人公はおじさんか依頼主にちゃんと聞きださないのかww
1966年時効収得でググったら黒山事件ってのが一番上にでてきたんだけど関係あるのかな?

毒男ちゃん具合悪いん?
無理したらあかんで




58: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:57:33.002 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
まあ俺の実家はそういう感じのど田舎なわけだ。
夏休みともなると、子供が遊ぶ場所なんて限られてくる。
昆虫採集、友達んちで漫画読む、山や川に遊びに行く……まあそんくらいしかない。
で、俺らがよく泳ぎに行ってた川があった。
流れは遅かったけどやっぱり危ないってことで一応泳ぐのは禁止されてたんだけど、皆気にせず泳いでた。

ある日のこと。
暇を持てあましてた俺らは川へ遊びに行った。
俺と友達のAはその日は釣りに、BとCは少し上流で泳いでた。

BとCが泳いでるポイントのすぐ近くにはコンクリートの堰堤(ダムみたいなやつ)があった。
そこの下は深い大きな穴になっていて、飛びこみスポットとしてよく使われていた。

しばらく俺はAと釣りをしていたが、ふとBとCを見ると堰堤の上に登ろうとしていた。
「あー飛びこみするんだな」
と思ってAにそのことを伝え、二人でそれを眺めていた。
それに気付いたBとCがこっちに手を振ってきたので、俺達も振り返して答えた。

堰堤の上に登ったBとCは、二人同時に飛びこんだ。
大きな水しぶきが二つ上がり、俺とAは歓声をあげた。

と、水面に上がった二人の様子がおかしい。
慌てた様子で岸にあがり、何かをわめいている。
二人は顔をぐちゃぐちゃにして泣いていた。




60: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 02:58:05.697 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
俺とAが
「どうした?」
と聞いても
「穴!穴の中に!」
とかわめいていて要領を得ない。
仕方ないので俺とAは川に入って、ゴーグルを付けて穴を除いてみた。

暗くてよく見えなかったが、ちらっと藻の塊のようなものが見えた。
更に目をこらしてみると、それが何であるのか分かり、俺は気絶しそうになった。

人だった。
後を向いた人が、穴の中でまるで川底から生えてるみたいにゆらゆら揺れていた。
藻の塊に見えたのは髪の毛だった。
俺達は急いで川から上がり、走って大人を呼びに行った。

後で聞いた話によると、どうも堰堤から飛び込んだ時に川底の岩に足をはさみ、そのまま溺れたらしいとのことだった。
溺れた人は俺達は知らない人だった。
それからというもの、堰堤からの飛びこみは全面禁止され、
その川で泳ぐことは今まで以上に厳しく咎められるようになった。
俺達四人はそれ以来一度もその川で泳いでいない。




63: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 03:07:21.954 ID:TZ/vOx+90.net
>>60
|ω・`) ぎゃああああ!これは怖いー!
トラウマになって海全般行けなくなりそう…




69: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:22:34.070 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
>>63
|A-) 海かあ…
    これくらいならまだまだ…w

    ある海で男が水中スクーターを使って海中散歩を楽しもうとやってきた
    遊泳禁止の場所だったが、人が入っていないために海中は自然のままにきれいだった
    男が海中散歩を楽しんでいると人が海中を歩いているのを見つけた
    その人は真っ白な肌で髪をわかめのように揺らしながらゆっくりと歩いていた
    白い人が男を見つけたとたんすごいスピードで迫ってきた
    驚いた男は水中スクーターのアクセルを全開にして逃げるが白い人はなおも迫ってくる
    男がなんとか陸に上がり海の方を見たが白い人はいなくなっていた
    民宿のおばさんに今あったことを話すとお坊さんのところに連れて行かれた
    お坊さんが言うには男は白い人に狙われていてそれが途絶えることは無いという
    男は海に二度と近づかないように忠告された




70: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 03:25:26.519 ID:TZ/vOx+90.net
>>69
|ω・`) あああああああ(((;´•ω•`)))
うみにはしょうがいちかづかないよ!




72: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:30:03.797 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>70
|A-) こんなんがいると思うとねえ…
    しかしこの話を何かで読んだんだけどネット上には無さそうなんだよなあ…
    記憶を頼りに書いてみたけど…
    ムーとかの雑誌で読んだのかなあ…
    すごくまた読みたい話だよ




73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 03:32:25.747 ID:ETbXDcnZ0.net
一生付きまとう系の幽霊ってよっぽど暇なんかね
特に変なことしたわけでもないのに一目で一生付きまとうって宣告されるよね




74: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:33:25.065 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
>>73
|A-) 確かにwwww
    一目惚れしやすい糞ストーカーとかマジ公害なんだけどwwwww




75: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:33:32.250 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
その日いつものように仕事が終わって夕方(6時過ぎくらい)家に帰ってきた。

いつものように居間に入ると、そこでお袋が部屋の電気も付けずに耳塞いで暗い部屋の中でうずくまってたんだ。
かなり面食らった私。
だってこんな様子のお袋見るのは初めてだったんで、何かあったと焦ってお袋の側に駆けよって声をかけたんだ。
「ちょっと、お袋!なにかあったの?どうしたの部屋も明かりもつけないで?」
お袋は、いきなり声をかけたんでかなりビックリした様子だったけど、私の顔を見て安心したのか
「なんだ○○かぁ、ビックリさせないでよぉ」
とか宣った。いやビックリしたのはこっちだし。
暗い部屋の中で電気も付けずに耳塞いでうずくまってた人間の言うことか?
なんてちょっと呆れかけてたんだけども、この後、お袋が妙な事を聞いてきた。
「ていうか○○、おまえ、どこから家に上がってきたの?」
どこから家に?
なんとも妙な問いかけに半ば呆れながら
「あのさ、お袋。どこから家にってそりゃ玄関からにきまってんだろ。つかさ、どこから帰ってきたとおもって…」
そう言い終わらないうちに、その玄関からコンコンとガラスをノックする音が聞こえてきた。
「あれ、誰か来たかな?」
私は誰が来たのか確認しようと玄関のほうを覗きみようとしたんだけど、お袋が焦った様子で止めてきた。
「また来た…さっきのあれだ絶対…」

さっきのあれ?私はなんのことだかさっぱりだったんだけども、帰ってきたときのお袋の様子と
「さっきのあれだ」
ってのは関連してると思った。
「ねぇ、帰って来たとき凄く様子がおかしかったけど、そのさっきのあれって奴が原因なの?」
この問いかけにお袋は黙って頷き
「あれがね、ずっと玄関をノックしてるの、あんたが帰ってくる少し前から。
お母さん、それが怖くて怖くてたまらなかったの、だからずっと耳塞いで、
それが居なくなるの待ってたんだけど、そうしてるうちにあんたが帰って来たのよ、玄関から」
お袋の顔が青ざめている、ちょっと尋常じゃないなと思った。
「あれって、なに?見たんでしょ」
お袋は顔を下に背けてる。
思い出したくもないって様子だった。
この間も、まだ玄関からコンコンというノックの音は続いてる。
このままじゃ埒があかないと思い
「ちょっと見てくるよ、さっきのあれとは違うかもしれないし、宅配とか近所の人が来てたら困るでしょ」
そう私が言うと、お袋が
「駄目だって!行かない方がいい、絶対後悔するから」
といって掴んだ腕を離してくれない
「大丈夫だって、なにかヤバイもんとかだったら、玄関開けたりしないし、ただ見てくるだけだから」
お袋が掴んでる腕を強引に振り払って私は玄関に向かった。




77: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:34:58.095 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
うちの玄関は曇り硝子が張ってある引き戸なんで、玄関を開けなくても外にどんな奴がいるのかはある程度わかる。
私は玄関まで行き、そのノックしてる奴がどういった奴なのか、その曇り硝子越しに見た。
たぶんお袋も来客だと思って玄関まで行き、これを見たんだろうね、玄関に立つ赤い人影を。

最初見たときは、そんなに違和感とか変なモノって感じはしなかった。
だってただの人影だったんだもん、背丈はたぶん小学生とかそれくらいだったかなぁ、赤いってことを除けばね。
だからただの来客だと思って玄関を開けようと、ほんと硝子一枚のとこまで近づいたんだわ。
そのときノックする手が硝子越しに良くみえたんだよね。
真っ赤な人の手がさぁ。
ほんとに真っ赤だった、赤い手袋とかでなくて、真っ赤な素手。
このとき
「あ、これは人じゃないな」
ってやっと気づいたのよ。
ただ、もう気づいた時は遅かったんだよねぇ、だって玄関開けようと近づいてるわけじゃない、
だから向こうにも見えちゃったんだよね…私が。

近づいてる私の存在に気づいたそれは、この後、もの凄い勢いで玄関をノックしだしたんだわ。

コンコン、コンコンコン、コンコンコンコンコンコン、コンコンゴンゴンゴンゴンゴン、
ガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャン。

ほんと凄かった、もうね玄関の硝子が割れるんじゃないかってくらいの勢いで叩き続けてる。
ほんとはすぐに逃げ出したかったんだけどねぇ…
動けなかった、怖くてさぁ、だって真っ赤な人影が凄い勢いで玄関叩いてるんだよ
ガシャンガシャンガシャンガシャンって、あれにはマジでビビって足が竦んじゃったよ、いい大人なのにね。
だけどずっとその場には居られない、だって怖いもん。
だからなんとか気を張ってその場から離れようとした、ただこいうときって不思議と駆け出せないんだねぇ、
たぶん相手に気づかれないように(すでに気づかれてますがw)って考えが働くからなんだろうけど、
ゆっくりゆっくりと後ろに下がっていったんだわ。
すると人影にちょっとした変化があった。
最初見たときとは違ってなんか背が高くなっているような気がする、
けどもノックをする腕はさっきの位置とは変わってない。

背が高くなってるんではなくて伸びてるんだよね、頭がさ。




79: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:36:21.108 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
首が伸びてるんではんくて、ほんとに頭だけが上に向かって伸びていってる、そんな感じがした。
そしてその伸びた頭は徐々に玄関の上にある小窓に近づいていってるんだけども、
この小窓って奴が運が悪いことに明かりを入れる為の窓なもんだから、曇り硝子ではないんだよね…
だから、その小窓に近づいてるのがわかった段階で人影から目を反らすべきだったんだよね、本当はさ…
だけども…目が反らせなかった怖くて逆に目を反らせなかったんだよね。
そして見ちゃったんだよね…、真っ赤な人影の顔を…、
たぶん…小学校低学年くらいの子供だと思う、真っ赤な顔でさ…髪と眉はなかった。
印象的だったのはだらりと開けられた真っ黒な口と、カッと見開かれた目。
その目でさ、ギョロギョロと家の中を見てるんだよ。

もうそれ見たら限界だった…、いい大人が
「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」
って叫んで駆けだしてたよw
んで居間に逃げ込んで、お袋と一緒に耳塞いでガタガタ震えてた。
どんだけの時間、耳塞いでうずくまってたかわからないんだけど、いきなり
「おい!どうした!!」
って肩を掴まれて起こされた。

仕事から帰ってきた親父だった。
「親父かよ!!ビビらせんなよ!!」
「なにがビビらせんなだ!ビックリしたのはこっちだ、どうした二人して電気も付けずに部屋の中で!!」

いきなり声をかけられてビックリはしたが正直、帰ってきた親父の顔を見てほっとした。
そして思わず聞いてしまった。
「親父、いったいどこから家に上がってきたんだ?」
と。

こういった体験だったんだけど、これが数年前の話、で最近になって「新耳袋」とかでも
似たような話が載ってたんだけどもこれって全国的に出没してるんかねぇ。




85: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 03:41:07.459 ID:TZ/vOx+90.net
>>79
|ω・`) 今日はいつもより怖いのがおおおおいな…
ガラス戸って今はあんまりないイメージだなと思ったら九州の田舎の家がそうだった!
夢見ちゃいそう((((;゚Д゚))))




81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 03:38:19.002 ID:kutw6ESK0.net
うわあああああああああああああああ




82: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:39:18.883 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
>>81
|A-) こいつぁやばいぜ…




83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 03:40:00.341 ID:0P1cCheu0.net
気になったから落ちる前に読んじゃったよwwこわいwwwwwwwww
その後どうなったんだろう?

今度こそ寝るー
毒男ちゃんおやすみーみんなもおやすみー




86: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 03:46:48.830 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>83
|A-) 間に合って良かったw
    その後は…自然にいなくなったのかな?
    よそでも出てるなら次のターゲットの家に…
    しかし脈絡も無く現れてそうなところも怖い

    またね、おやすみねw




95: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:02:24.735 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
571 本当にあった怖い名無氏 2005/06/02(木) 14:21:42 ID:LSkTZHuR0
G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。
寝たきりで99歳にもなる祖父、その孫で5歳のA、そしてその両親。
昼間、両親は働きに出ている。
Aはとても好奇心旺盛で家の中を遊びまわっていた。
ある日、Aが何気なくふすまを開けると天井裏に通じる板が外れていた。
家の中にも飽きてきたAはしまってある布団をよじのぼり、そこに入った。
周りは想像以上に暗く、恐怖心が湧き上がった。
しかし、好奇心が勝り更に進んでいった。
しばらく歩き回っていると足元に箱があることに気がついた。
「こんなところにあるくらいだから、きっとすごいものに違いない」とAは考え、入り口のほうに運ぼうとした。
しかし以上に重い。子供の頭ほどなのに10キロはありそうだ。
仕方なく引きずっていくことにした。
だんだん入り口に近づくにつれ、箱の側面が見えてきた。
真っ黒で、ところどころ白い。ふたは黒い紙で固定してあった。
さらに近づく。さらに明るくなってくる。
真っ黒だと思っていた側面は、白い箱に黒い文字がびっしりと
書かれているようだ。ふたの紙も同様。白い紙に文字がびっしり書いてあった。
振り向いて入り口の位置を確認する。あと1m位だ。もう一度箱を見た。
そこで、あることに気がついた。
箱の側面にびっしりと書いてある文字。
それはお経だった。
蓋についている紙はお札だった。




96: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:02:40.503 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
572 本当にあった怖い名無氏 2005/06/02(木) 14:22:53 ID:LSkTZHuR0
~続き~

そのとたん、Aの体に恐怖が電気のように走った。
そのとき、前方の暗闇から「ペタ・・ペタ・・」という足音がしてきた。
Aはとっさに「それ」を絶対に見てはいけないと思った。
振り向いて逃げようとしたが、恐怖で足が動かない。
どんどんこっちに近づいてくる。あと少しで「それ」に入り口の光が当たる。
そうしたら見えてしまう。あと少し・・・・・もうだめだ。
と思った瞬間、Aの体は入り口の穴に落ちていき、布団の上に落ちた。
Aが顔をあげると、そこには寝たきりのはずの祖父がいた。
わけもわからず唖然としていると、祖父はいきなり「去れ!!」と叫んだ。
Aは混乱してきた。祖父は再び「もう十分であろう!!」と叫んだ。
祖父の顔を見上げる。しかし祖父はAをみていない。
入り口を凝視している。正確には、入り口にいる「それ」を。
しばらくその状態が続いた。とても長い時間に思えた。
五分ほどして、祖父はAにゆっくり
「後ろを決して振り向かずに、わしの部屋へ行け。いいな。絶対に振り向くな」
といった。
Aはわけもわからずままさっとふすまから飛び降り、隣の部屋を目指した。
そこで呆然と立ち尽くした。
さらに五分後、祖父がよろよろと部屋に戻ってきた。
今にも倒れそうだ。Aは祖父を支え、布団に連れて行った。
祖父は横になると、ため息をつきゆっくりと話し出した。
「A、今のはな・・・わしの・・・」
とまで言ったとき、向こうの部屋でふすまが開く音がした。
そしてまた「ぺタ・・ぺタ・・」という足音が聞こえてきた。




97: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:02:54.447 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
573 本当にあった怖い名無氏 2005/06/02(木) 14:23:33 ID:LSkTZHuR0
祖父はいきなりAの手をつかみ、布団の中に引きずり込んだ。
99歳とは思えないほどの力だった。
今度は祖父の部屋の扉が開いた。祖父の体はガタガタと震えていた。
そして何かつぶやいていた。よく聞こえなかったが、
「すまない」「許してくれ」「この子だけはやめろ」
と言う風にきこえた。Aはそのうち気が遠のいて目の前がゆれてきた。
そのとき布団の隙間から「それ」の足がみえた。
腐っているかのような紫色でところどころ皮膚がずり落ちていた。
そのままAは気絶してしまった。
気がついたとき、Aは祖父の布団に一人で寝ていた。
時間はあのときから五時間も過ぎている。
祖父は・・・? Aが家中を探してもどこにもいない。
両親が帰ってきて、警察がでてきても見つからなかった。
一週間後どうしても気になり、Aが恐る恐るふすまを開けると、
以前あった入り口は完全にふさがっていた。
Aは安心してふすまを閉めようとした。
そのとき、Aは見てしまった。
厳重にしめられた入り口の戸に挟まっている、祖父がしていたお守りを。




100: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 04:09:00.754 ID:TZ/vOx+90.net
>>97
|ω・`) おじいちゃんあああああああ!
孫を守って代わりに逝ったんだね…
なんかおじいちゃんが原因にも見えるし関係はしてたんだろうけど孫の代わりに…切ないなぁ
上手く言えないけど…




98: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:07:08.570 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
|A-) 怖い話と音楽終わりー




103: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 04:11:15.928 ID:TZ/vOx+90.net
>>98
|ω・`) 乙ですー!いやぁ、こわい話っていいですね!
存分に楽しみましたー
体調不良?なのにありがとうございましたm(_ _)m




99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 04:08:40.363 ID:s4+ZL+9u0.net
乙!乙!




104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 04:12:43.922 ID:kutw6ESK0.net
乙カレー




105: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:19:40.472 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
sssp://img.2ch.sc/ico/sung.gif
>>99
|A-) 音楽おつかれさまねw

>>100
|A-) おじいちゃんの子供かなんかなのかなあ…
    過去の過ちとかがずっと影響するのは辛いだろうねえ…
    しかし話を見てるとやつは子供のようだけど
    子供なのにそこまで危ない存在になれてしまうのが怖い…

>>104
|A-) おつかれさまねw




107: cat ◆TUKUMO3rAI 2016/02/14(日) 04:23:58.439 ID:TZ/vOx+90.net
|ω・`) 毒男さんみなさんおやすみなさいー




109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 04:28:55.795 ID:GIISZoGkK.net
>>107
catさん(´・ω・`)またねですおやすみなさいですお!




110: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2016/02/14(日) 04:33:22.378 ID:JBe8HoVs0.net BE:708155702-PLT(12004)
>>107
|A-) おやすみねw