引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1456886363/



201632-6




1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:39:23.42 ID:Z5r/SNVFr.net
ナポレオンの最も重要な偉業はヨーロッパ制覇じゃなくてナポレオン法典と国民国家の確立なんだよなぁ


201632-5

フランス民法典
は、フランスの私法の一般法を定めた法典。ナポレオン・ボナパルトが制定に深く関わっている経緯から、ナポレオン法典(Code Napoléon)ともいう。

ローマ法とフランス全土の慣習法、封建法を統一した初の本格的な民法典で、「万人の法の前の平等」「国家の世俗性」「信教の自由」「経済活動の自由」等の近代的な価値観を取り入れており、近代市民社会の法の規範となった。後に日本の旧民法編纂の際にも参考とされた。エジプトを始め、イスラム世界でも影響を受けている国がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/フランス民法典




2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:40:31.48 ID:t8p6UVnXd.net
それは皆知ってるだろ




3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:40:48.07 ID:55VSvnm+0.net
アレクサンドロスの最も重要な偉業は帝国再征服じゃなくて東方文化融合なんだよなあ




5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:41:42.07 ID:Z5r/SNVFr.net
>>3
ヘレニズムとコイネーギリシャ語やね
モンゴルカスのと決定的な差や




18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:46:50.23 ID:lM9NnguB0.net
>>3
アレクサンドロスなんて思った程度でもあるペルシアしかじゃん


201632-3

アレクサンドロス3世
(紀元前356年7月20日- 紀元前323年6月10日、在位紀元前336年 - 紀元前323年)、通称アレクサンドロス大王は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウスである。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。

融合政策
アレクサンドロスは征服地にその名に因んでアレクサンドリアと名付けた都市を建設、軍の拠点として現地支配の基礎に置いた。帝国の公用語に古代ギリシア語を 採用した。さらにペルシャ文化への融合に心を配り、自らダレイオス3世の娘を娶りペルシア人と部下の集団結婚を奨励し(この集団結婚式においてマケドニア 人の女とペルシア人の男が結婚する事例はなかった)、ペルシア風礼式や行政制度を取り入れ代官に現地有力者を任命した。

ヘレニズム文化
ギリシア文化とオリエント文化が融合したヘレニズム文化はアレクサンドロスの帝国とその後継王朝へ根付き、ラオコオン、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ、瀕死のガリア人などの彫刻が各地で制作された。エウクレイデス、アポロニオス、アルキメデス、エラトステネス、アリスタルコスらの学者も輩出、その後古代ローマに強い影響を及ぼし、サーサーン朝などにも影響を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンドロス3世




6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:41:51.83 ID:0wGndYpHa.net
それが軍事の天才であることの否定にはならんやろ
馬鹿かこいつ




8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:42:19.18 ID:Z5r/SNVFr.net
>>6
軍事ははっきり言っておまけなんだよなぁ




9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:42:22.39 ID:Dm7B8Ku30.net
>>1
けど軍事の天才でもあるよね

何が重要とかいう話してないんですけど笑




11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:44:07.64 ID:Z5r/SNVFr.net
ナポレオンが「ただの強い武将」にとどまらない世界史でも最重要な人物なのは
啓蒙主義の申し子であり近代国家の父であり近代法の父でありついでに陸軍の父でもあるからや




10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:43:21.22 ID:ivhRtc4w0.net
国民国家の確立(帝政)




14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:45:47.16 ID:Z5r/SNVFr.net
>>10
国民国家と帝政は矛盾せぇへんやろ
「ここはブルボン家の国ではなくフランス人の国なんや」
という意識の確立こそ革新的なんや




12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:45:20.92 ID:tNajvSWZ0.net
軍事も天才って言わなあかんのかな




13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:45:33.07 ID:yMT526qC0.net
軍事に関する発言は孫子のパクリやで




16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:46:27.26 ID:3CeqgtaVd.net
袖にボタン付けニキ




19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:47:07.60 ID:Z5r/SNVFr.net
>>16
缶詰ニキでもある




21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:47:32.97 ID:ivhRtc4w0.net
>>19
瓶詰めニキやぞ

遠征における食料補給の問題に悩まされていたナポレオン・ボナパルトによる懸賞に応え、1804年にフランスのニコラ・アペールにより長期保存可能な瓶詰めが発明されたが、 ガラス瓶は重くて破損しやすいという欠点があった事から、1810年にイギリスのピーター・デュランドが、金属製容器に食品を入れる缶詰を発明した。これにより、食品を長期間保存・携行することが容易になった。ただし、初期のものは殺菌の方法に問題があり、たびたび中身が発酵して缶が破裂するという事故を起こした。これはのちに改良された。 また、密封用のはんだに鉛が多量に含まれており、食べた人が鉛中毒で死亡する事故もあった。
1813年にはイギリスに世界初の缶詰工場が建設されたが、手作業によって封をはんだ付けしていたため1時間で6個しか生産できなかった。 1833年にはフランスのアンシルベールによって、缶の蓋の周りをはんだ付けし、熱で溶かして缶を開ける方式が考案された。その後、1860年代にブリキが発明されてからは、缶切りが登場するようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/缶詰




17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:46:47.89 ID:UxbMYndmd.net
軍事の天才であることになんの問題もないんだよなあ




24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:48:16.11 ID:Z5r/SNVFr.net
>>17
語るべきとこはそこじゃないって言いたいんや
そもそも軍事は後半割りとグダグダやんけロシアにもイギリスにも勝ててないし




27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:49:17.21 ID:ivhRtc4w0.net
>>24
ナポレオン戦術を学んだ国にナポレオンが倒されるという歴史でよくある例




20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:47:26.08 ID:ZT4DUpYHa.net
世界精神の体現者やぞ




33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:50:44.09 ID:KDTc1WKX0.net
>>20
ヘーゲルやっけ?




37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:51:55.83 ID:Z5r/SNVFr.net
>>33
勝手に英雄とか作曲して勝手に失望したん誰やったっけ




42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:53:02.60 ID:KDTc1WKX0.net
>>37
知らんのや、スマンな




58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:58:03.38 ID:4bOpXgjA0.net
>>37
ベートーベンやぞ




22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:47:53.90 ID:PNM75Zj70.net
ベルナドット「くっさ」




26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:49:04.12 ID:SuPQyWfD0.net
啓蒙主義の一番の立役者ってナポレオンなの?




29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:49:47.88 ID:ivhRtc4w0.net
>>26
フリードリヒ2世やぞ




38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:51:57.98 ID:SuPQyWfD0.net
>>29
ほーん、じゃあナポカスなんていらんかったやんけ




41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:52:42.41 ID:ivhRtc4w0.net
>>38
というかそもそも啓蒙主義が重視される啓蒙専制君主はナッポより少し前の時代や




28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:49:40.97 ID:Z5r/SNVFr.net
>>26
ノートルダム大聖堂でキリストではなく理性を礼拝させた人物やぞ




31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:50:21.04 ID:ivhRtc4w0.net
>>28
はい最高存在




34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:51:05.77 ID:glnvNG120.net
啓蒙主義ってなんや?




36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:51:43.79 ID:KDTc1WKX0.net
自分で王冠とって被ったのがナポレオンやった?

201632-4




43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:53:30.88 ID:EoEjc1cyr.net
項羽とかハンニバルとかナポレオンみたいに名将が最後には敗者として滅ぶパターンって人気の要因なんかな?




40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:52:26.88 ID:35ZWrXpz0.net
血統主義って今の価値観やと忌避されそう




44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:53:35.55 ID:glnvNG120.net
啓蒙主義ってなにか答えられる人間おらんのか?




48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:55:29.54 ID:Z5r/SNVFr.net
>>44
人間に先天的に内在する理性による合理の考え方(イギリス経験論とは差がある)により暗き世界を目覚めさせるべきという考え方




59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:58:04.19 ID:KDTc1WKX0.net
>>44
人間はバカだから教育せんとイカンいう考え方や

啓蒙思想とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。

時代的に先行するルネサンスを引き継ぐ側面もあり、科学革命や近代哲学の勃興とも連動し、一部重複もするが、一般的には専ら(経験論的)認識論、政治思想・社会思想や道徳哲学(倫理学)、文芸活動などを指すことが多い。17世紀後半にイギリスで興り、18世紀のヨーロッパにおいて主流となった。フランスで最も大きな政治的影響力を持ち、フランス革命に影響を与えたとされる。ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のことを啓蒙時代と言う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/啓蒙思想




46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:54:19.29 ID:yO98R9xSd.net
戦術的な優位持ち続けられない程度に秀でてただけや
砲兵運用とかは革新的だったのは間違えないやろ




47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:55:22.80 ID:labBzIY1a.net
トラファルガーの戦いでネルソンに負けたのに軍事の天才?


201632-2

トラファルガーの海戦
(英: Battle of Trafalgar、仏: Bataille de Trafalgar)は、1805年10月21日に、スペインのトラファルガー岬の沖で行なわれた海戦。ナポレオン戦争における最大の海戦で、イギリスはこの海戦の勝利により、ナポレオン1世の英本土上陸の野望を粉砕した。
しかし、陸上においてはアウステルリッツの戦いでフランスが他のヨーロッパ諸国軍を破るなど依然として優勢で、自国本土は守り切ったが、大陸での戦争自体にすぐさま大勢を及ぼすことはなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/トラファルガーの海戦




53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:57:03.91 ID:V/pIdJsbM.net
>>47
現場おらんしネルソン死んだから実質勝ちで




55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:57:39.75 ID:Z5r/SNVFr.net
>>53
えぇ...




49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:55:36.81 ID:ivhRtc4w0.net
ベルティエの功績をパクるナポレオンを許すな


201632-1

ルイ・アレクサンドル・ベルティエ
(Louis Alexandre Berthier, 1753年2月20日 - 1815年6月1日)は、フランス帝国の元帥。副宮内長官。ナポレオン・ボナパルトの参謀長。

1796年、イタリア方面軍に派遣され、ナポレオン・ボナパルトの参謀長となった。彼は正確かつ迅速に軍務をこなした。また、指揮官の命令を深く理解し、それをより良い形で各部隊に伝達し、指導する能力に長けていた。ナポレオンは彼を理想的な参謀長として高く評価した。
ナポレオンが皇帝に即位すると直ちに帝国元帥に列せられた。

ボロジノの戦いにおける作戦会議で、両者の意見は食い違い衝突した。これ以降、ナポレオンは彼を遠ざけるようになった。それでもナポレオンに従い続け、帝国が崩壊していく中でも参謀総長としての義務を果たし続けた。
ナポレオンが退位すると、ベルティエは彼の元を辞した。その後、ルイ18世の 下へ向かい、王制を支持して、パリ入城にも従った。ナポレオンがエルバ島に囚われの身となっている間、ベルティエの下に脱出計画を知らせる手紙が届き、旧 主に対する忠誠と現在の立場の板ばさみとなって大いに悩んだ。エルバ島からナポレオンが脱出すると、ベルティエは窓から身を投げて自殺した。ただし、事故死という説や暗殺されたという説もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ルイ=アレクサンドル・ベルティエ




50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:55:45.67 ID:hV645vCc0.net
戦術はピカイチでも戦略はダメだったという印象




51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:55:58.23 ID:SRcRqIMsd.net
もっと優れた偉業があるからその偉業に言及するなとか意味わからんわ




52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:56:44.72 ID:w5G3vy/F0.net
ナポレオンのフランス>>>>>>>>>>ヒトラーのドイツ




56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:57:45.45 ID:jxrRHfP5a.net
モンゴル軍の功績はハンバーグの普及やろなあ




60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 11:58:11.92 ID:eosgw7jr0.net
曹操とナポレオンとかいう有能ちっさいおっさんの代表格