引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1451057932/



201636-7




1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:38:52 ID:WV8
石器使ってた時代が200万年前説だけど、200万年という気の遠く
なる時間でやっと今の文明なのがにわかに信じられないんだけど。




3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:41:07 ID:WV8
文明進みすぎて、一回ぐらい滅んでるか宇宙への飽くなき探求心
で宇宙に飛び立ったとかないんか?




6: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:43:56 ID:i3q
>>3
そういうのロマンあって結構好き




8: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:44:03 ID:XfL
>>3アポロが月で古代の宇宙船をみつけてしまった説とかあるぞ




4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:41:24 ID:8dh
滅んでないから生きてるんだけど




9: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:44:32 ID:WV8
>>4
そーなんだけど、第一次人間時代とかそんなかんじで
今は弟三次人間時代みたいな。




10: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:45:09 ID:qB2
地球誕生やカンブリア期とかの超原始生命時代まで遡って研究してるのに
人類みたいな高度な生き物の痕跡を見落とす筈ないよね




11: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:47:22 ID:rH5
現在鉱脈と呼ばれているものの一部は地層に埋もれてしまった超古代建築物の残骸




12: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:48:13 ID:WV8
鉄とか何千年、何万年と存在しうるの?




14: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:49:44 ID:XfL
>>12宇宙空間で空気に触れなければ残るんじゃね?




16: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:52:19 ID:WV8
>>14
空気に晒されれば消滅するよね。


200万年の間に一万年ぐらい野ざらしの時期があれば1文明消滅するかね?




17: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:54:48 ID:XfL
>>16数万年あれば微生物とか植物に破壊されて分解されて地球に混ざるんじゃね?




19: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:59:36 ID:WV8
>>17
可能性でてきな




37: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)01:42:27 ID:dYF
>>12
鉄なんか一番安定的な物質だから基本的には永遠に残るよ




39: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:46:22 ID:WV8
>>37
砂鉄みたいにさらっさらで残る?
もしくは構造物の原型そのままで残るってこと?




42: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)01:49:36 ID:dYF
>>39
化学的には酸化したり形が崩れたりすることはある
鉱物が実際にはナマの鉄とか銅じゃなくて酸化鉄、酸化銅、硫酸銅みたいな化合物で存在してるのもその例

ただ物理的には鉄が核融合したり核分裂したりすることはない




49: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:58:32 ID:cUi
>>42
鉄Feが一番安定してるからな。
炭素Cとかは核融合で元素番号が増えていき、
ウランUとかは核分裂or放射性崩壊によって原子番号が減っていき、一番安定な物質(鉄Fe)を目指す。

まぁ実際は鉄Feまで行かないらしいけどね。
ちなみにここはセンターの範囲内。




44: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)01:52:29 ID:dYF
>>39
構造がそのまま残ったり砂鉄のまま残ることはないということ
何万年も経つと最後は鉱物と同じ形態に落ち着く




47: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:55:36 ID:WV8
>>44
それを調べると人工物かどうかはわかっちゃうのかね?

高放射能はどう思う?




53: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)02:04:56 ID:dYF
>>47
鉱脈が構造物だって主張自体突飛すぎてよくわからないけど、
仮に今地球から人類が消えたら、今ある建物は風雨にさらされて徐々に流され、最終的には海底に溜まるんじゃないだろうか。
逆に鉱脈みたいなのは地中の金属が地表に出てくるときに冷やされて固まったものだから、構造物ではないだろう
調べるっていっても何を調べるのかよくわからないけど、結晶の形や組成だけしらべても、情報量は少ないから構造物かどうかはわからないだろう。




38: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)01:45:04 ID:dYF
核戦争が起きないとできないレベルの高放射能な地層がいくつかあるらしい




40: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:47:38 ID:WV8
>>38
インドだかのある遺跡のとこ調べるとそんな場所あるとか




43: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:50:25 ID:WV8
>>40
パキスタンのモヘンジョダロだ

https://ja.wikipedia.org/wiki/古代核戦争説

インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲約5平方キロの広大な遺跡であるが、現在発掘が進んでいるのは全体の約4分の1ほどの地域である。 遺跡で見つかった白骨死体46体は、突然死がやって来たような状態であった。その内の9体には高温にさらされた跡が残されていた。 また『ラーマーヤナ』の記述に基づき、戦争の年代と場所とを特定した研究者によると、炭素14の分析によって、戦争の発生期間を紀元前2030年から紀元 前1930年の間と特定したものの、モヘンジョダロにおいては約400年程度の食い違いが見られるという。このズレの可能性としては放射能の影響が強く考 えられるが、未だはっきりしない。

古代核戦争の研究者ダヴェンポートは、発掘対象からはずれていて、現地民が「ガラスになった町」と呼んで近付か ない場を訪れたと報告している。 そこは、黒いガラス質の石が、周囲約800メートル四方を覆い尽くしているという場所で、これらの石片は、高熱で溶けた砂が再固化したものと判明してお り、その正体はテクタイトであるとされる。この付近では、他にも溶けてくっついたレンガや、ねじ曲がったり気泡が混じるなどしてガラス化した壺の破片等の 遺物も見つかっている。これらの遺物やガラス化現象については、大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きた稀な現象であるというのが、一般的 な考古学者の見解であるが、モヘンジョダロ遺跡のあるインダス川流域において、それほどの大規模の火山活動の痕跡は一切確認されていない。

このように広範囲の砂が溶けてガラス化すると云う現象は、これまで自然界では全く見つかっておらず、同様の風景は今のところ地表で核実験の行われた場所(砂漠)でしか確認されていない




54: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)02:06:11 ID:dYF
>>47
高放射能の原因が天然原子炉だった事例がwikiに書いてある
パキスタンのやつは局所的すぎて原爆だった可能性は少ない

オクロの天然原子炉(オクロのてんねんげんしろ)とは、ガボン共和国オートオゴウェ州オクロにある天然原子炉である。
天然原子炉とは、過去に自律的な核分裂反応が起こっていたことが同位体比からわかるウラン鉱床のことである。このような現象の実例は、フランスの物理学者Francis Perrinが1972年に発見した。天然原子炉が形成される可能性は、1956年にアーカンソー大学の助教授だった黒田和夫が予想している。オクロで発見された条件は予想された条件に極めて近かった。
天然原子炉の知られている唯一の場所は、オクロにある3つの鉱床で、自律的な核分裂反応のあった場所が16箇所見つかっている。20億年ほど前、数十万年にわたって、平均で100 kW相当の出力の反応が起きていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/オクロの天然原子炉




56: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:14:28 ID:WV8
>>53
>>54
なるほど。
分析技術が進めば妄想の域を超える可能性が1%くらいはあるということか(勝手にwktk)
そして天然原子炉なんて初めて知ったw




59: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)02:15:51 ID:dYF
>>56
まあ、究極的にはどんな情報も失われることはないから、絶対不可能とはいえないな。




13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:49:02 ID:MCq
インド人は一時期数百人位まで減ったらしい
遺伝的多様性が著しく低いそうだ




15: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:51:59 ID:95D
人類の進化説の新しい人類がそれまでの人類を滅ぼして~っていうのを繰り返してたって話を高校の先生がしてた

本当かは分からないけど




18: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)00:57:27 ID:WV8
>>15
なにそれ怖い連鎖だな。




31: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:15:39 ID:eyJ
>>15
ネアンデルタール人とクロマニヨン人の話だっけ?




20: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:00:07 ID:WV8
土偶宇宙服説とか結構好きなんだわw




26: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:10:02 ID:wtO
人類が滅んだ後もナメクジが支配するからヘーキヘーキ




70: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:33:23 ID:irE
>>26
クラゲやぞ




101: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)17:36:37 ID:yLS
>>26
つ火の鳥 未来編




102: 名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日)01:06:29 ID:Kig
>>101
火の鳥 鳳凰編

201636-6




27: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:12:23 ID:WV8
https://ja.wikipedia.org/wiki/パンスペルミア説

ひょっとして新しいのが飛来してくる度に
既存の人類は滅ばされてるのか?

パンスペルミア説(パンスペルミアせつ、panspermia)は、生命の起源に関する仮説のひとつで、生命は宇宙に広く多く存在しており、地球の生命の起源は地球ではなく、他の天体で発生した微生物の芽胞が地球に到達したものであるという説。




28: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:12:52 ID:rKI
一度は魔法が発達したパラレルワールドみたいな妄想するよねー




29: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:14:52 ID:e2Z
こういうのワクワクする




30: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:15:36 ID:5JL
こういう妄想何回もした




41: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:48:26 ID:lT5
文明が発達すると資源採掘し尽くしちゃうから次の文明が育たないってばっちゃが言ってた




46: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:55:10 ID:nJV
マハーバーラタに「インドラの矢」っていう核兵器使ったみたいな記述があるってな
真相は藪の中だけど




50: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)01:59:57 ID:WV8
>>46
やっぱ核って外せないよねw

宇宙だって核融合あっちでもこっちでもだもんなw




51: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:00:01 ID:ffG
地球の年いくつだとおもってんだ、200万年とか地球からしたら1日以下だろ




52: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:01:34 ID:WV8
>>51
そのレス絶対あると思ったよ。
地球規模じゃなくて、人類規模の話しですおし




61: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:22:06 ID:WV8
てゆーか200万年掛けてやっと宇宙いけるようになったり、携帯やらPC
持てるようになったのって、飛躍的なの?遅くね? 
まぁ何を基準に早い遅いなんだって話しなんだが。




62: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:24:17 ID:WV8
この人類にとっては気の遠くなるような長い年月の中、一回は超絶文明
があって、そして滅んだみたいなナウシカ的な妄想をするんだよなw




64: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:39:16 ID:0hZ
>>62
ってことは超絶文明に作られたってことか
体の構造がよくできているのは、
最近よく思うようになった。
もしかしたら、俺らは人造人間かもな




66: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)02:50:28 ID:WV8
>>64
脳みそをわけ分かって作ったとしたら、そりゃあ、あんた、もうどえりゃ科学力だぎゃあ




67: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)03:00:31 ID:jR4
マジレスすると農耕・牧畜が始まった1万年まえからやっと食料
生産の安定が生まれて、他の事(建築とか学問とか)に人をま
わせるようになった。
それまでは生きていくことに必死




93: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:36:02 ID:8yt
>>67
なんでそれまで牧畜始まらなかったんだろうね。
500年ぐらい人類やってたら気づきそうなものなのに。




99: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)15:00:47 ID:gDz
>>93
むしろなんで気づいちゃったんだろうね。
慢性の飢餓状態だったのに、今まで思わなかった
んだろうか。




68: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)03:29:52 ID:gDz
今日人類が文明と共に滅んだとして、そして、人類以外の生きとし生けるものは
残ったとしよう、200万年後には文明は構築されるのか?ならばその時の知的生命体は何だ?
それとも文明は構築されないのか?




69: 左僕射@尚書省 2015/12/26(土)03:45:30 ID:dYF
猿かなんかが進化してまた文明作りそう




71: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:44:04 ID:tcW
ネアンデルタール人は共生して混血化らしいね




72: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:45:19 ID:Q0u
200万年?
人類誕生は3億年は遡れるぞ




73: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:47:43 ID:Q0u
桁間違っちゃったw
3000万年だわ
しかもそれすら間違っとるしw
今は700万年らしい




75: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:53:39 ID:Q0u
人類誕生 → 滅ぶ → 空白 → 別の人類誕生

未来人が空白の時代に移民




76: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:54:07 ID:hFI
文字は愚か言葉すらあやふやだった時代からたった二千年でここまで来れたんだから相当だろうよ




77: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)06:56:00 ID:tcW
>>76
それはそれで不思議だよね
だったらそれ以前の数万年は何だったの?って事になるし




78: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)07:05:35 ID:Q0u
>>77
人類が進化して石器を持つようになってから
人類は進歩はしても進化はしていない
なんて言われてるがな




80: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)07:14:23 ID:pit
前の人類が住めなくなったのが火星
そこから地球に移住してきた




81: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)07:35:10 ID:Pou
>>80
割と興味深い

月の裏側も見てみたいものだな




82: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:01:28 ID:gDz
宇宙飛行士の若田さんだったかな、人間は何故宇宙
に飛び立つのですか?という質問に「人間は今い
る星がいつか住めなくなるのを知っているので、そ
れまでに別の代わりになる惑星を見つけるためです。」なんて
わりと凄いことをさらっと言ってたよ。
人類は賢くなればなるほど物事の先が分かるから、安住の地を求める生き物かもしれん。
先人達は既に旅立って宇宙の何処かに次なる
安住の地を見つけて平和に暮らしているかもしれない。なんちゃって。




83: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:02:56 ID:Z7X
あと10年くらいで地球氷河期に入って住めなくなるらしいよ




84: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:03:14 ID:35w
で代わりの星をまた汚すのか




85: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:04:49 ID:3C4
実は今既に氷河期とかいう事実




87: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:18:06 ID:Z7X
10年後には火星移民が始まるらしいよ




89: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:22:12 ID:Oj9
酸素のない惑星に遠隔で化学反応起こして酸素作るとかなんとかっていう話あったな。




90: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:24:02 ID:vks
今、一番多い説として、人類は滅亡に向かってる
最終戦争とかそういう話じゃなく、人類の誕生がいつだったかは厳密ではないが、
500万年前~700万年前とされてるが、これが現世人類に直結してるかはわからない。
現世人類は15万~13万年前に誕生したとされるが、この時、原人も含めて、ホモ類は
5,6種類が確実に存在してた。ところが、今は現世人類しか残ってない。
よほど壊滅的な何かが起きて、生き残れたのが現世人類だけだったんじゃないかと言われてる




92: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:35:30 ID:gDz
>>90
壊滅的な何かが起きて他は絶滅そして、一種だけ生き残るってなんでだろうね。




94: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:40:28 ID:vks
>>92
ヤンガードリアスって言われる最終氷期を乗り越えられなかったって話だね
実際、人類が農耕を初めて行ったのもヤンガードリアス期だしね
(ただ、これが全世界に拡散したとは考えられてない)
その直前まで植物は拾えば良かったのに、ヤンガードリアス期に肥沃な三日月地帯に
定住した人たちが食い物に困って、そこからイネの栽培を始めたんじゃないかとされてる
当初の農耕は相当に悪戦苦闘したみたいで、骨までひん曲がってるらしい




96: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:53:34 ID:gDz
つまり自給自足出来るようになるか否かで、存続か滅亡かの分かれ道だったのかね。
だとしたら、他の種は出来なかったのかね?
今まで拾ったり狩りしてたりしたのを、絶滅手前でそうだ、育てて食おう!っていう発想が今のこちら側の人間から見れば
生産することを知ってるので、一見自然な流れに見えるけど、そんなこと出来なかった、思いもしなかった種がその発想出て行動するのって凄いよね。




98: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)14:58:32 ID:vks
または、発想はあったが間に合わなかった
土壌や気候が合わなかった

この説でも問題はあるんだけどねw
ヤンガードリアス期以前に既に人類は地球に拡散してるのに、
なんで、欧州とか更に極寒な地域では生き残れたの?的なw
あと、大型哺乳類は、ヤンガードリアス期を抜けた後も延々と
絶滅し続けてるらしいしね




100: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)17:14:20 ID:gbn
氷河期に未熟な知識で作物が育ちはしない

マジレスすると気付いたのは農耕じゃなくて助け合いの心な。これはすでに人類全部に遺伝子レベルで組み込まれている
奪い合うではなく分け合う
奪い合えばどちらかの腹は一時満たされるが種の個体数は減る

ホモサピエンスは頭は良かったが他の原人より遥かに弱かった。だからこそ共存を選べた