2016319-1




1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:50:37.70 ID:RLGB636lr.net
なんで「の」が付くんや?




2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:05.06 ID:ri74x3oPa.net
高田馬場




3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:20.35 ID:vm+oD9EI0.net
小野妹子




5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:24.93 ID:4amilbsx0.net
苗字のでき方がどこどこ出身のなになにさん




85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:09:56.91 ID:s71q3mlt0.net
>>5
平が苗字とか草生える




7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:40.47 ID:4FjpMx42d.net
みなもと「の」もいらんやろ
そういう時代やったんや




8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:53.28 ID:3GXZ8/KPa.net
おののか




10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:51:56.90 ID:0htqf9Mkd.net
おのののか




11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:52:18.20 ID:B1Fy5OnPa.net
おののののか




12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:52:20.56 ID:8lUUMJkyp.net
本当はとよとみのひでよしやで




13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:52:29.72 ID:KVb4W7JS0.net
貴族と武家棟梁にはつくんちゃう




14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:52:44.91 ID:IVkKlfTv0.net
日本語の「の」が割と万能だからしゃーない




15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:52:51.22 ID:/Qmk93HDa.net
所属や出身を表すもんやし




17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:53:19.12 ID:wRkKHyrba.net
巨人の高木




18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:53:35.39 ID:e2s8pQcY0.net
記憶は定かじゃないが、確か皇室から賜った姓には「の」が入るのではないかと




21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:54:09.15 ID:8lUUMJkyp.net
本姓でググれや




25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:54:42.39 ID:XCj77pTt0.net
明らかにこっちのがリズム感ええやん




28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:55:22.43 ID:uuDW2kxva.net
血族集団を表す氏やからや
どこどこ所属の何某さんやから「の」
中世以降の家名とは違う




34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:57:13.78 ID:1IRnZCWLr.net
例えば同じ時代の北条時政は「ほうじょうのときまさ」じゃないやろ
どこで差が付いたのか




38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:57:44.80 ID:AGc7irKf0.net
名字やないんやから当然やろ




42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:58:54.96 ID:8lUUMJkyp.net
>>34
そいつは本来平時政だからや




48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:00:13.13 ID:1IRnZCWLr.net
>>42
もうこれわかんねえな




46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:00:06.84 ID:RIMEEuc20.net
>>34
北条は名字
平は名字ではなくて氏
ていうか北条も氏は平家だから本名は平時政(たいらのときまさ)になる(はず)




36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:57:30.76 ID:MS8I0uGTM.net
日本人の○○さん やぞ




39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:58:08.88 ID:TTGcR8b20.net
高師直(こうのもろなお)これはなんでや
語呂がええからか

高 師直(こう の もろなお)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。足利尊氏時代に執事をつとめた。本姓は高階氏だが、一般的には名字である「高」と、諱である「師直」の間に「の」を入れて呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/高師直




40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:58:20.47 ID:94WjJIMR0.net
平家所属の清盛みたいなもんやろ




43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 12:59:14.11 ID:Iy8FYa9Y0.net
「の」除くと、タイラー・キヨモリみたく日系三世ぽくなっちゃう




49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:00:19.82 ID:2WmZvAG10.net
欧州の貴族ででも名前と姓の間に「ド」がつくやろ?「ド・アキテーヌ」とか「ド・アンジュー」とか
それと同じや
昔の姓ってのは単なる名前じゃなくて本貫を表すものだから「平の○○」ってつくんやで




53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:01:44.52 ID:53mE0tFZ0.net
本当は「とよとみの」秀吉なんだよな




60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:03:03.39 ID:66hiSw250.net
>>53
豊臣は氏でもあり苗字でもあるからどっちでもええんやない




64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:04:56.23 ID:8lUUMJkyp.net
>>60
苗字は羽柴やないの




73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:06:55.07 ID:66hiSw250.net
>>64
ワイの勘違いやったわ




54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:01:54.45 ID:AGc7irKf0.net
鎌倉までは氏と名字がごっちゃになってるんやで
ワイも後期になって平頼綱が出てきて混乱したわ




56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:02:25.68 ID:66hiSw250.net
本姓=氏 源
苗字 徳川
姓 朝臣
諱 家康




59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:02:51.78 ID:3blJf4Rnd.net
よう意味分からん
やっぱ貴族ってクソだわ




71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:06:18.09 ID:AGc7irKf0.net
>>59
フォルダで考えればええんや
名字フォルダをまとめる氏フォルダがあるんや




81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:56.20 ID:3blJf4Rnd.net
>>71
はえ~
もういちど勉強せなあかんなこれは




61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:03:32.27 ID:RIMEEuc20.net
ついでにいうと名字と本名をくっつけた言い方(織田信長とか徳川家康とか)は
当時の人間がそう名乗ることはなかったとか




68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:05:42.52 ID:D9cSxNS80.net
>>61
実際はおだののぶながって名乗っとったってことっか?




72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:06:37.60 ID:8lUUMJkyp.net
>>68
たいらののぶながやで




74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:06:56.86 ID:89/LoF7ua.net
>>68
上総介




84: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:09:48.32 ID:PP5kfzHv0.net
>>74
せや!上総守と名乗ったろ!




88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:10:44.42 ID:66hiSw250.net
>>84
真田丸の出浦も名乗っててたわ
意外と多かったんやね




76: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:11.55 ID:CeRZeii10.net
>>68
織田上総守とか織田三郎とか通称を用いてた
尾田は名字なのでおだののぶながとはならない
信長なら平の信長やな




62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:04:36.90 ID:fBUK1V8ka.net
徳川家は自称源氏だから
みなもとのいえやす




63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:04:39.78 ID:t71vSLLZ0.net
氏と姓と苗字って違うんやっけ?もう訳わからんわ




67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:05:40.40 ID:CeRZeii10.net
源の頼朝は稗田阿礼みたいなもんで
源族の頼朝やでって感じや

源族が多すぎるようになったから所領地名追加するのが一般的になり
源族の武田村の信玄やで!!って感じになった

稗田 阿礼 (ひえだ の あれ、生没年不詳(7世紀後半から8世紀初頭))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての人物。『古事記』の編纂者の1人として知られる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/稗田 阿礼




70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:06:13.68 ID:CdiQwEBWa.net
詳しい人いそうだから聞いてみるけど安房守とか筑前守とか全然関係なさそうな地名が名前に入るのはなんでなん?




78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:37.08 ID:66hiSw250.net
>>70
官位や




79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:49.42 ID:8lUUMJkyp.net
>>70
かっこいいと思える官職名を自称してる
東百官で検索

東百官(あずま ひゃっかん)は、関東地方において武士が称した官職風の人名。朝廷の官職を模倣してつくられたもので朝廷における官職には存在しない。百官名と同じように、名字の後、諱の前に入れて名乗った。
https://ja.wikipedia.org/wiki/東百官




82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:08:31.51 ID:CeRZeii10.net
>>70
かっこいいから勝手に名乗ってた
なんとか左衛門ももとは宮廷警備の役職




90: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:11:06.01 ID:CdiQwEBWa.net
>>78>>79>>82
サンガツ




99: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:13:34.31 ID:y0C3jR1+0.net
>>70 あれは自称の場合と主人から名乗っていいぞっていわれる場合の2通りがある
もちろん公式の官位を出す朝廷は関与してない
ただその主人が朝廷から公式の官位を貰うことはある




77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:33.62 ID:WIOUgboB0.net
ガイウス 信長
ユリウス 平
カエサル 織田

こういうことか




80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:07:49.56 ID:uuDW2kxva.net
血族集団の氏が基本だったんだけど、同じ氏から色んな家に分かれていく内に家ごとに血族意識が育まれたわけや
そこでそれぞれ家ごとに苗字を名乗るようになった
貴族なら自分の邸宅のある京都の地名から取ったり(武者小路家など)、地方に土着した受領階級の連中は開墾した荘園の名前(新田、足利など)から取ったりしてる
元々の氏は失われたわけじゃなく、公式文書のサインには家名じゃなくて氏を書く(足利尊氏じゃなくて源朝臣尊氏と書く)




83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:08:56.97 ID:66hiSw250.net
上総介にせよ佐渡守にれさせよ、なんでわざわざ遠くの地の官位名乗るんや?
統一したあとなら信長なら尾張守なのれたやろ
家康やって献金して三河守手に入れてたし




103: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:13:58.14 ID:8lUUMJkyp.net
>>83
かっこええやん
DQNの湘南ナンバーとかヤクザの品川ナンバーみたいなもんやろ




92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:11:39.33 ID:Jk0yicBg0.net
中大兄皇子とか発狂もんやん




96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:12:56.86 ID:ERiH8hsid.net
磯野藻屑源素太皆




104: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:14:21.50 ID:U7XLdNK60.net
>>96
サザエさんの先祖の名前やん
よく知ってるな




98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:13:32.13 ID:wZZdLKCca.net
有職読みやで




105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:14:31.76 ID:CeRZeii10.net
諱は基本なのらないとか
名前知られたら魂抜かれるんや!!
みたいな感じで土人の風習っぽくていいよな




106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:14:41.55 ID:AGc7irKf0.net
一応現代人でも氏をもってる人はもってるんやで
ほとんど名字にくっついてくる程度のもんやけどな
調べるとすぐわかるからルーツを辿ると面白いで



本姓(ほんせい)は、明治以前の日本において、「氏(うじ)」のこと[要出典]。名字(苗字)や家名とは異なる「本来の姓」という意味である。単純に姓(せい)とも言うが、「姓(かばね)」のことではない。


本姓は文字通り「本来の姓」を意味する。鎌倉時代前後より公卿や武士の間において家名や名字(苗字)が普及し、それまでの氏を中心とした人名呼称に大きな変化が見られた。

例えば、平安時代までであれば藤原道長、菅原道真など、氏と諱を中心とした人名が多く見受けられ、氏と諱の間には「ふじわら-の-みちなが」「すがわら-の-みちざね」など「の」を入れた人名が主流であった。

しかし、例えば藤原氏は藤原南家や藤原北家などに分かれ、「家」が意識されるようになる。また、清和源氏では源満仲の長男源頼光からは摂津源氏、次男源頼親からは大和源氏、三男源頼信からは河内源氏が、さらに河内源氏から石川源氏が分かれるといったように、共通の先祖を持つ同族のうちでも系統分化した支族それぞれに血族意識が生じ、平安時代末期に至ると知行や荘園など所領する土地の地名を名字として新たな血族単位が生まれた。

清和源氏では源義国を祖とする新田氏、足利氏、源義光を祖とする佐竹氏、武田氏が著名である。桓武平氏などでも北条氏をはじめ、大庭氏、三浦氏、土肥氏、長崎氏などさまざまな名字が派生し、名字も子孫に引き継がれることにより、氏に代わる血族呼称として広まった。

名字は嫡男にのみ受け継がれ、庶子は別の名字を称して庶家として派生することも多く、例えば源氏一門の足利氏からは、斯波氏や吉良氏などの庶家が派生し、平氏の流れを汲む豊島氏から葛西氏が 派生した。それによって名字は無数に広まっていったのである。この名字の出現は、氏族人口の拡大で、必ずしも氏だけでは個人の判別が難しい中、同氏族間の 一族構成を区別する新たな単位として機能するとともに、名字をもって所領の支配権の正当性を称する大きな意味を持った。

とはいえ名字の出現は、古代から引き継がれた氏という氏族名称に取って代わったわけではない。公的な文書においては官位とともに氏と諱が記載され、何より出身氏族を重んずる当時の名誉意識からして、氏は家柄の由緒を示す誇りであり続けた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/本姓