2016322-24




1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:15:48 ID:nw4
考えたり喜んだりって電気信号みたいなもんじゃないの?



10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:20:11 ID:eyE
>>1
一個おもろい話してやろうか?
みんな大好き哲学ゾンビだ
哲学ゾンビの存在は知ってても、何を考えるために哲学ゾンビが生み出されたかってのは以外と知らない人多い



12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:21:39 ID:nw4
>>10
知らないです!



20: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:31:45 ID:vwp
死ぬと体重が何グラムか軽くなるらしいな
それが魂の重さらしい



21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:32:18 ID:eyE
>>20
都市伝説ンゴ



80: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:33:52 ID:fy5
>>20
21gでしょ。眉唾だけどね



81: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:39:21 ID:gjo
>>80
あれはどうやら嘘くさいようだな



82: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:45:25 ID:fy5
>>81
人が死んだら生前より21g軽くなった=それが魂の重さ としたが、
犬にも同じ実験をしたが生前と死後の重さは変わらなかった=犬のは魂がない

という結末は犬がかわいそうだけど、人間が持っていた21gが魂であるとする浪漫は好き



83: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:48:37 ID:gjo
>>82
計り間違えなんじゃなかったっけ??



84: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:51:37 ID:M8Z
>>82
魂に重さがあるって変な話ですね。
それはそれでロマンがあるけど



28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:53:17 ID:eyE
哲学ゾンビが面白いから話したいなー(チラッチラッ)
>>1が話して!って言ったら話すんだけどなー(チラッチラッ)



30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)22:57:51 ID:nw4
>>28
テツガクテキゾンビッテナンダロー
ハナシテ!ハナシテ!



32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:25:21 ID:eyE
>>30
聞きたい!?しょうがないなー!!ほんと>>1はさー(歓喜)



33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:26:50 ID:eyE
では、>>1の許可もとったので、少し面白い「魂」に関わる、「意識」の話をしてみるな!



34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:32:14 ID:eyE
哲学ゾンビと言う存在がいると仮定する
こいつらは、アイスクリームを食べても甘いと「思わない」し、カンカンのヤカンに触れても熱い!と「思わない」
つまり、なんら主観的な体験を持たない
でも、それらを他人から見て全くわからない程完璧に、人間として振る舞う
アイスを食べれば甘い!と言うし、ヤカンを触れば熱い!と叫ぶわけだな
つまり、振る舞いだけで哲学ゾンビを見破る事は出来ないって事だ



35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:35:49 ID:nw4
>>34
なるほと。
俺以外が全員それだと考えたらすごく怖くなってきた。見破る方法とかないのかな?



45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:51:34 ID:eyE
>>35
無いよ、絶対無理
「我思う、故に我あり」に通じる事だけど、この世で絶対的に担保できる存在は自分しかいない
俺は>>1が哲学ゾンビで無いと確証を得る事はできない



36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:36:30 ID:Okq
辛いアイス食わせたらどうなるのよさ



38: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:40:22 ID:eyE
>>36
辛い!って言うよ
森羅万象すべての物事を完璧に網羅したロボットだと考えてくれて構わない



37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:39:38 ID:eyE
少し目先を変えてみる

科学主義の立場をとるなら、エスパーなんて存在しないよな?
念じれば宙に浮く、なんて事はあり得ない
当たり前だよな
念じる事、つまり「意識」は物理に影響を与えないよな
てことは当然、意識ってものは>>1の言う「電気信号」に、なんの影響も与えないんだ



39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:44:33 ID:nw4
>>37
なるほど。
じゃあどこに意識はあるんですかね?



41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:47:40 ID:eyE
>>39
そうだよな!
実はめっちゃ面白い実験があるんだよ、名前失念しちゃったもんで、少しぐぐってくる、待ってて



40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:46:47 ID:eyE
話戻すな

哲学ゾンビ、意識の存在、この二つを考えると、えらい問題が浮かび上がってくる

意識が物理に影響を与えないのであれば、何故存在しているのか?って問題だ

意識って機能が「現象」になんら影響を与えない不必要な機能ならば、何故我々は意識を持っているのか?
哲学ゾンビは、意識を持たなくても人間として完璧に生活を送る事ができるよな
でも、現に俺らは意識を持ってる

逆説的な言い方をすれば、不必要な機能でない、つまり必要な機能ならば、「意識は物理に影響する」って事になってしまう

おかしいよな??

魂って、本当に脳みその中にしかないのか??



49: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:55:22 ID:nw4
>>40
怖くなってきた。
ちょっと信憑性がありますよね。



42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:49:09 ID:eyE
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~metapsi/psi/3-7.htm

割とすぐ出てきたw
おもろいぞー、もしかしたら魂や意識って、化学反応の副産物じゃないのかもよ??



52: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:56:50 ID:eyE
>>49
だろだろ!w
>>42もめっちゃ面白いぞ!



43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:49:22 ID:Okq
つまり意識など粘膜の作り出した幻想でしかないということか



44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:50:17 ID:eyE
>>43
でもあるからには意味ありげじゃん??



54: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)23:57:24 ID:7pk
でも最近意識をただの電気信号でかたずけられなくなってきたとかなんとか



57: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:00:12 ID:pkU
>>54
それが哲学ゾンビが問いかけた事で、>>42の実験な!
もしかしたら意識を生じる時の微弱な電気信号が、物理にとって欠かせないファクターなのかもしらんな!



58: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:01:06 ID:XJH
あると思えばある
そういう観念概念だから
物質的に存在するものではない



68: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:21:28 ID:pkU
>>58
意識を生じさせてるのは脳だろ?
で、あれば、なんらかの物理的反応が存在するはずだよな
その副産物であったとしても、脳って科学から出てくるもんだ



63: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:08:27 ID:AX1
魂とは経験の蓄積だ。
そう理解しているからこそ、人間は経験値を貯めて最適行動が出来るよう成長する機械を、生きているように感じることがある。



65: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:12:04 ID:M8Z
>>63
経験つませまくって人間と同じように考えられるロボットができたら、そいつは魂を持ってると言えるんでしょうか?



66: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)00:14:16 ID:XJH
そもそも魂の存在証明なんて不可能なわけで
機械に魂があるか?の前に人間に魂があるか?が解決していない



88: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:55:09 ID:UDD
電気信号がでて
→脳内物質の量が変わり
→意識が動き
→意識をもって何かしようとする
→電気信号がでる

始まりはどれなのか
電気信号だとすれば、その電気信号はどこから始まったのか
脳内物質の変動だとすれば、変動した要因はなにか
意識だとすれば、その意識はどこからきたのか

あと、意識って観測できてるん?



91: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:57:49 ID:gjo
>>88
できない、故に哲学ゾンビは見抜けない
だけど、もしかしたら観測できて「いるかもしれない」
それが>>42の実験
ロマンがあるよな



92: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:57:53 ID:UtI
>>88
脳機能は電気信号で説明できるけど極端な話、意識って機能上いらないんだよね。
なくても人間の振る舞いは説明できるし、外から観測できない主観的な存在が意識。
ぶっちゃけ意識って唯一我々が感覚として知っている形而上学的存在だよね。



95: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:00:07 ID:gjo
>>92
うむ
「人間」を構成する上で必ず必要な要素とも言える意識が「何故存在するか」面白いよなあ
科学的に融ける日は来るんだろうか



93: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:58:54 ID:ZzQ
あるよ

脳は単に体を動かす為の電気信号を送るための機能に過ぎない
思考し、感動し、傷つき、悲しむのは魂だ



94: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)01:59:53 ID:ZzQ
記憶は機械的なものに過ぎない
認識は魂による一極的て偏見に満ちた記憶



96: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:02:40 ID:UDD
わからなくなってきた

人間の行動全ては
脳内物質の変動
→電気信号の発信
→脳内物質の変動
のループで説明できるってこと?



98: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:04:46 ID:gjo
>>96
そう
本来それでいいはずなんだよ
「ああしたい」や「こうだった」と感じる事は必要ない、行動を発令し、実行できれば

このああしたいやこうだったって言う主観は、なぜ存在するのか?
存在するならば必要、つまり物理に影響を与えるのか?と言う問い



103: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:13:27 ID:UDD
>>96>>98
ってあれか、現実では食虫植物みたいな感じなのか?
ハエトリグサだっけ、ハエが葉っぱの突起に触れたら即座に閉じるみたいな
あんな感じでも問題ないってことなのか?



105: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:17:10 ID:gjo
>>103
哲学ゾンビの存在はある面で単細胞生物に似てる
人間社会で人間として生活するのに必要な事だけを行う
その性質のみに焦点を当てるなら確かにそうだね

でも、実際我々はそうではない
意識が存在している
なんでだろう?



111: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:25:12 ID:fy5
>>105
単細胞生物でない人間にも『脊髄反射』がある。
これは脳を解さない生物のプログラムだと言える(「こういう状況」→「こう解決します」のプログラム)

一定の知能を持つ生物は同種族間でコミュニケーションを取る必要がある(それは効率的に種を存続させるための進化)。

もし、コミュニケーション(言葉や言語)を魂と呼ぶなら人間以外にも存在する

話がズレたな。
・何をもって『魂』と呼ぶのか



113: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:27:39 ID:gjo
>>111
俺が話した一連の事では、魂をクオリアと置き換えて構わないよ



99: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:07:29 ID:fy5
生物が本能を遂行するための障害となる物を解決するために、脳ができた。
状況に応じて肉体に命令をする司令塔の役割を担う。
人間はとくに進化の過程で様々な障害を解決してきた。それが脳の発達。他の動物よりも司令塔を進化させることで生き延びてきた。
あまりに多様な障害と、それを解決する中で言語が生まれた。
言語は自分と他人の理解を深めた

…わからなくなっちゃったぜ



101: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:11:43 ID:gjo
>>99
想像するに、単細胞生物には意識は無いだろう
あったとして、人間が持つような複雑な構造はしていないはずだ
つまり、人間の意識は生物の進化の集大成であり、たの生物のどれより高度であるはずだ
言い換えれば、意識の複雑化は生物的進化そのものであり、淘汰を乗り越えてより高度になった「機能」であるはずだ
にもかかわらず、「不要」
では何故存在するのだろう?



106: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:17:28 ID:fy5
>>101
人が人の定義で不要と決めただけかもしれない
俺には『不要』である理由や証拠がまだピンと来てない

・人間に魂がない世界(不要な魂を取り除いた場合)
・魂が不要とされる理由

が知りたい



109: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:24:19 ID:gjo
>>106
例えば痛覚神経を持たない単細胞生物が、「痛い」と言う主観的体験を得る事はできるだろうか?
論理的、科学的に考えるならNOだよな?
つまり人間は単細胞生物より複雑な主観的体験を持っている事になる
進化の程度に応じてより沢山の主観的体験を獲得するはず
でも、その主観的体験(クオリア)は、物理に影響を与えない
ではなぜ、クオリアは存在するの?
あるって事はもしかしてなんらかの影響を与えるの?
と言うこと



100: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:10:42 ID:UDD
頭痛くなりそう



104: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:16:25 ID:UDD
生物の進化に置いて最初に意識が生まれたのはどこなのか
どんな状況でどう必要とされて生まれたのか

意識が観測できるんなら↑みたいな感じで意識の起源とか解明できそうなんだけどなぁ



107: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:23:07 ID:UtI
つまり、本来脳が熱いという情報を受け取ったときには、「熱い!」と叫んだり、飛び上がって見せたり、脳神経が興奮したりすればそれで観測上自然な反応となる。
実際に意識が熱さを感じていなくても、外から見たらそれはわからない。
わかるのは少なくとも自分だけは熱さを実感することができるということだけだ。
デカルト風に言うなら考える我だけは存在することがわかるんだけれども、考える他人は証明できないし存在する必要がないんだね。



110: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:25:12 ID:gjo
>>107
そう
それが哲学ゾンビ
我々からクオリアを取り除いた存在



108: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:24:19 ID:UDD
うーん
観測できないのが厄介だよな

実際、哲学ゾンビだけの世界は今の世界と同じように機能するのか
あらゆる面で今の人間と同じ行動をするのか



112: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:26:16 ID:gjo
>>108
すると仮定したのが哲学ゾンビ
哲学ゾンビのみで社会運営は可能だし、発展もして行く
しかし、クオリアはない



116: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:31:55 ID:UDD
>>112
仮定にマジレス?するのも変な話やけど
哲学ゾンビは本当に人間と同じ行動をするのか
脳内物質の変動と電気信号だけで人間の全ての行動を説明できるのか



118: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:35:06 ID:UtI
>>116
少なくとも「意識」は哲学的ゾンビと人間の違いの原因にはならないというのがミソ。
意識には物理的な機能がないかもしれないというのが肝心。
もちろん脳内物質や電気信号以外にも人間の行動を左右するものはありうるが、意識はそこに関わりがないだろうということ。



117: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:33:43 ID:UDD
>脳内物質の変動と電気信号だけで人間の全ての行動を説明できる

なんか未だに納得できない



122: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:39:03 ID:gjo
>>116-117
しかし現実的に、我々の行動の全ては物理的現象だよな??



114: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:30:34 ID:fy5
哲学的ゾンビって要は『すべて脊髄反射的な行動』をする人
ってこと?

クオリアに関しては、恐らく不確定要素が多いから、先に魂を解明した後に取り掛からないといけないんだと思う。
というのも、『物理に影響するかどうかの実験』は魂を解明した後にしか出来ないから



119: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:36:16 ID:gjo
>>114
多少語弊はあるが、それでいいよ

魂に関しては>>1の文脈から忖度して誘導しただけで、個人的にはクオリアの事だと思ったのでクオリアで話してるよ



121: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:37:57 ID:fy5
>>117
多分、哲学的ゾンビそのものに矛盾があるかも

脊髄反射では不可能な行動をする=意識
哲学的ゾンビは脊髄反射のみで『脊髄反射では不可能な行動をする』と定義される。

これが矛盾点かな



123: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:40:19 ID:gjo
>>121
語弊と言ったのはその部分ね
哲学ゾンビは我々からクオリアを取り除いた存在
>>107の認識がばっちり



125: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:43:48 ID:fy5
>>123
うぅむ
認識を変えると哲学的ゾンビは『人間に、人間ではないことがばれないように行動をする』ってならない?
となると空想の産物感が強すぎる気がする…



128: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:46:19 ID:gjo
>>125
ばれない様にってのは主観的だろ?
クオリアの産物だな、それは
側から見て人間と一切違いのない何か、だ
俺のクオリアが人間と判断する(クオリアを持っていると判断する)人間ではないモノだ

空想の産物だぞw



115: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:30:59 ID:UtI
しかし、そう考えるとクオリアってデカルトの亡霊みたいな存在だよな。
心身二元論は魂と身体が相互にやり取りする物質的機能を前提としたせいで魂が物理的な色彩を帯びたところに矛盾があるが、クオリアはもはや機能すら必要としない。
いまだに我々は考える我以外の実在を疑わざるをえない。。



120: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:37:17 ID:gjo
>>115
物理と葦のやりとりが形而上学的に導けると言う話ね



124: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:42:28 ID:UDD
あ、哲学ゾンビと「脳内物質や電気信号といった物理的なもののみで動く人間のようなもの」は=ではないのか?
んん?



126: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:43:55 ID:gjo
>>124
あってるよ
物理的に人間とは全く何一つ寸分の違いもない
が、クオリアだけが存在しない



127: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:46:07 ID:fy5
>>126
クオリア(主観的体験)は、脊髄反射では解決できない障害への解決行動と同じじゃないか?



129: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:46:40 ID:gjo
>>127

具体的に頼む



135: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:54:02 ID:fy5
空想の産物となる哲学的ゾンビを用いて、魂の証明を行うのは論理的ではない。という意見

>>129
これは上手く説明できるか自信ないや…

①脊髄反射では解決できない障害に対して→意識の芽生え→主観
②クオリア→主観的体験

①と②は同じ(というか細分化は可能だけど、細分化する必要がないのでは)? という意見



136: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:56:47 ID:gjo
>>135
うん、それはわかるぞ
ただ、>>1の文脈から魂をクオリアと判断したので(ちょっとズルしたけど)ここではそう扱ってると言う事な

反射では解決できない問題←ここがいまいちピンとこないな
主観と主観的体験を分けてるのはなんでだ?



142: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:06:05 ID:fy5
>>136
クオリアは1の流れ(ズルについてはわからんけど)なのね。

主観と主観的体験を分けたのは、そうしないと哲学的ゾンビはただ魂のあり方の解明を邪魔する存在でしかないから
順序立てて哲学的ゾンビを引きずり降ろそうかと思って。
(先の流れとしては、主観も主観的体験も同じだね→じゃあ哲学的ゾンビを一度抜きにして考えようぜ! の運びにしたかった)



144: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:09:28 ID:gjo
>>142
まぁクオリア的な性質の事を>>1が魂と呼んでいると感じたので、俺がクオリアに誘導したと言うこと

下段がよくわからん、すまん



149: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:14:25 ID:fy5
>>144
下段について簡単に言うと
哲学的ゾンビが俺の思考の障害(論に齟齬を生む原因)になるからどかそうとしただけだよ

俺もズルしようとしたんだってことw



151: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:18:14 ID:gjo
>>149
つまり上段をひっくり返す為に(魂=クオリアって前提を潰す為に)その根拠の一つである哲学ゾンビをどうにか殺せないか?って試行錯誤してたわけだな、ようやくわかったわw


同時並行でロマンティックなクオリアとは別の魂の話してもいいじゃない!



130: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:48:46 ID:UDD
うぅん
「人間の行動は意識無しでも全て説明できる」
どうしても納得いかないなー
我々が「意識があるゆえに行うと思っている行動」も全て物理的に説明できるってことでしょ?



132: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:49:56 ID:gjo
>>130
意識して何かを行うわけだけど、それは全て物理現象だろ?
であれば物理現象のみで行動できるはずだ、意識は必要ない



133: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:50:31 ID:UtI
空想の産物だけど論理的にはいてもおかしくないし、実際科学で実証できんっつーのが問題よな。
つまり我々が当然のごとく意識はあると思い込んでいたものが、実は本質的には空想の中でしか扱えないものだったっていうのがこの問題の重要なところではないかね。



134: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:51:42 ID:gjo
>>133
全くもってその通り
そして、でも実際にある意識(少なくとも世界中で一つは必ず存在する意識)は、何故あるんだろう?と言う問い



137: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:58:32 ID:UtI
>>134
意識の原因を突き詰めるとデカルトみたく、考える我として現に実在しながら、しかし、それ自体は不完全で有限の力しか持たないその存在を担保する神を求めることになるのだろうか……。
神っつーか絶対の何かを。



148: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:13:44 ID:gjo
>>137
面白いね
クオリアが物理に影響する科学的な何かなら、君の言う「神」も見つかるかもね



138: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)02:59:39 ID:UtI
哲学的ゾンビに欠けてるクオリアの概念としては、
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/touch/20070204/1170557201
この辺を見るとわかりやすいかも。



139: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:03:04 ID:gjo
>>138
ありがとう、俺のたりない頭だとわかりやすく伝えるのが大変だったw



146: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:11:53 ID:UDD
>>138
わかりやすかった



143: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:09:23 ID:fy5
というか俺はロマン派としての答え以外に、論理的に答えを探そうとすると
哲学的は行き過ぎた『かもしれない運転』だから 答えの邪魔! って思うみたいだわ

スレの流れを無視して割り込んでごめん



147: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:13:20 ID:UtI
>>143
まあ大事なのは論理的に考えても、科学は魂的な存在を否定しきれないってことだね。
魂ってどこから来てどこへ行くんだろうね。



150: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:14:47 ID:gjo
>>147
来るのか生ずるのか
普遍なのか有限なのか
気になるよねえ



152: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:18:46 ID:fy5
これまたロマン派は意見に戻るけど

人間の存在が『地球の自殺のためにある』としたら、どう?

魂を持つ人間が環境を破壊したり他の動物を絶滅に追い込むための自壊プログラムとして地球が生み出したとしたらワクワクする



154: 名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水)03:21:33 ID:UtI
>>152
宇宙それ自体いつかは滅ぶものであることを考えると、すべてのものは本質的に滅ぶために存在しているという考え方はできる。
終末論的ではあるがな。