20170110-29




1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)11:59:41 ID:bPI
インド人が理屈好きだから?




2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:00:09 ID:bPI
インド人って哲学に強いイメージ




3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:00:32 ID:YAF
アショーカ王以降、違う宗教が尊ばれたから




5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:01:52 ID:bPI
>>3
・・・なんで尊ばれちゃったのかなぁ




35: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:25:41 ID:YAF
>>5
まず、インドっていうと一つのようなきがするけど欧州って言ってるようなもので
歴史的にも幾つもの国があって統一/連合/戦争/分裂を繰り返してるんだよ
仏教もその中の一つの王国で尊ばれ、王国が消えるとともに消えていっただけ




41: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:29:51 ID:bPI
>>35
結構荒れてるんだな




6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:02:33 ID:bPI
今はヒンドゥー教がほとんどなんだったっけ




7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:03:18 ID:bPI
ヒンドゥー教徒って微生物殺さないようにマスク付けてるけどやりすぎだと思う




9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:03:57 ID:Vj0
>>7
あれはジャイナ教




12: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:05:14 ID:bPI
>>9
すまんこ間違えた




8: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:03:34 ID:Vj0
日本でキリスト教が根付かなかったのと理由は同じ
強力な多神教と生活に入り込んだ強固な哲学システムが先行して存在してたから




10: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:04:46 ID:bPI
>>8
最初にやった者勝ちは商売の世界じゃなくて宗教の世界にも存在してたのか・・・




19: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:09:51 ID:ajO
強固な哲学システム?
生活習慣にすぎないだろ
だから余計崩せないんだが




23: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:12:18 ID:Vj0
>>19
インドのカーストも日本の生活習慣もそうだけど、根底には明らかに宗教的な概念があるのに
それを実践している人間からは当たり前すぎて宗教的な事柄だとみなされない




29: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:15:16 ID:ajO
>>23
逆だと思うよ
まず生活があってそれに宗教概念が乗せられる




11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:05:13 ID:LW5
元々バラモン教からのヒンドゥー教じゃないのか?
ユダヤ教から出てきた小枝みたいな関係じゃないのか?




14: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:07:05 ID:bPI
データ見たらヨーロッパに研究されてキリスト教が3番目に多くてワロタ覚えある




15: 名無し 2017/01/09(月)12:07:21 ID:CUB
ヒンドゥーが強すぎた




17: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:08:26 ID:bPI
ヒンドゥー一強なのは分かるけどイスラム教が2番目に多いのが解せない




28: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:15:08 ID:EWu
>>17
いや、だってイスラム帝国がインドに存在してたわけだし、
それがムスリム優遇したり、被差別ヒンドゥー教徒が改宗したり
するんだから意外じゃないと思うけど




31: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:18:48 ID:bPI
>>28
なるほど、しかしどうしてイスラム教は政治や武力の匂いしかしないのかね
力こそ全てのジャイアニズムを感じる




33: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:22:49 ID:Vj0
>>31
三大宗教の開祖で唯一征服戦争を自らやったのがムハンマドだよね
その辺も関係してるのかもしれんね




36: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:26:30 ID:bPI
>>33
戦争の為に生まれたような宗教だけど
考えてみれば死後美少女とウハウハなんて
兵士を隣り合わせにしたら性欲が沸き立つし戦争と物凄く相性が良いな




37: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:27:16 ID:YAF
>>36
イスラームは女性と奴隷の開放を訴えた宗教でその結果の戦争だよ




42: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:31:02 ID:bPI
>>37
なるほど、戦争の為に作られたようなものか
なら強いのも得心がいった
ありがとう




45: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:33:58 ID:YAF
>>42
いやいや、違う違う
ムハンマドは女性と奴隷の解放を訴えた
だから初期のイスラームには女性と奴隷とガキしかいなかった
ところが当時のアラブは奴隷も女性も財産の一部だから、金持ちや権力者がイスラームを邪教だと迫害した
この結果、ムハンマドが暗殺されそうになってマディーナに逃げる(これがヒジュラ)
マディーナが受け入れることにはなっていたとはいえ、食料とかの問題が起きた
そこでムハンマドはマッカで迫害してきた人らのキャラバンを襲ったのが始まり




48: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:39:30 ID:bPI
>>45
英雄ムハンマドから全てが始まったのか
胸熱すげて歴史調べたくなってきた
後でじっくりWikiで読むわ




40: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:29:17 ID:EWu
>>31
>>33
イスラム教って成功体験が凄いんだよね。教祖の時代にアラビア半島を
抑えて次代には大帝国ペルシャを下し、ローマ帝国の半分を奪う。
そのまま500年間くらい天下一の文明圏を自覚してるから、
そのあとの失墜がどうにも納得できない
「本来俺たちが主人だろ」って意識を捨てられない




22: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:10:42 ID:EyG
クシャトリヤ層のインテリ人がバラモン層から頂点を奪うために
インドの国家は仏教を信奉した
ところがカースト制度の変容が進んで、
クシャトリヤとバラモンの混血は進んでバラモンを自称する事で
相対的にバラモンの比率が上がっていって無実化していった
多くの人物がバラモンを自称するような事が可能な環境ができた時に
クシャトリヤが統治する事を正当化する目的での仏教は無実化して
潜在的に強いヒンドゥー教が現れた




24: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:12:43 ID:bPI
>>22
インドの国々で簡単に仏教が受け入れられてたから臭いとは思ってたがそんな政治的背景があったのか




25: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:13:42 ID:ajO
ヒンドゥー教が現れたが現れてた

って言い方もおかしくないか?
バラモン教って呼ばれてるもんがそのままヒンドゥに時代変換していっただけだから




30: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:17:46 ID:cXM
地域制だよな。植生というかさ。




34: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:23:33 ID:bPI
やっぱり武力がある宗教は強いな
仏教は武力に辟易した人なんかに寄生しているようなイメージがある
インドではあまり取り零し出来てないのは死後ウハウハを謳ってるのイスラム教なんかがあるからかな




40: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:29:17 ID:EWu
>>34
インド、最近じゃ不可触センミンを中心に仏教徒増えてるそうだよ
1億人くらい




44: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:33:16 ID:bPI
>>40
やっぱり腐っても大国か
1億とか規模が違いすぎる




46: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:34:30 ID:Vj0
>>40
国勢調査とかじゃ仏教はヒンドゥー教の一派ってことにされちゃってるから
数字としてはあまり出てこないんだっけか




51: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:43:10 ID:EWu
>>46
その辺は知らんけど、日本人僧侶の佐々井秀嶺という人が
不可触センミン相手に布教して大勢力になってる

この人訪日(今はインド国籍)したときにニコニコ動画にも出てた
基本は法華経みたいなんだけど、寝る前は阿弥陀様に祈るとか
禅宗もやってたとか、日本仏教らしいごった煮感がある




53: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:46:02 ID:bPI
>>51
よりにもよって日本仏教かwww
何にせよこのままじゃ滅びる運命だったから仏教的には良かった・・のか?




43: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:31:18 ID:EyG
というよりも、なまじっか国内で生まれてメジャーにのぼりつめた事があったために
すでに哲学者の間では、仏教に関しては議論が尽くされていて余地がなく、
敗北して終わっている話で間違いを含んだ物だ
という認識が揺るがない物になりがちになってしまっている

ヒンドゥー教の中に仏教の地位が矮小化されて存在してるいう感じで
ブッダはヒンドゥー教の中でヴィシュヌの化身にされてる

まあそれだけじゃ仏教が廃れる積極的な理由にはならないかもしれんが




39: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:27:52 ID:3nF
インドで王政が廃止された時に王が13人いたから
実質インドは13個の国じゃね




47: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:36:24 ID:bPI
アメリカ・カナダ・ロシア・中国・インド
この辺りは大国だけあって規模が違う




49: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:39:36 ID:Vj0
>>47
カナダ 人口3000万人
中国広東省 人口9600万人
インド・ウッタル・プラデーシュ州 人口1億9000万人

大国の中でも中国とインドは格が違う




52: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:43:50 ID:bPI
>>49
あの辺りは人類が始まったところだからなぁ




55: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:49:18 ID:bPI
歴史見ると大国だった国は多いよな
維持困難で潰れた国が多いけど




60: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:53:47 ID:tjq
釈迦が自身の死後2000年後に仏教の力は無力化すると言ってたから廃れたんだろうな
日本でそれを知らせると寺の存続意義に疑問を持たれるから広言されない




62: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)12:56:06 ID:bPI
>>60
初耳、具体的に年月まで言ってたかな
パーリ語原典読んでないから分からない




68: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)13:00:56 ID:yVe
ターバンはシク教ゾ




74: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)13:04:29 ID:bPI
>>68
陰に隠れてるけど割りと多くて気になってた




80: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)13:14:26 ID:bPI
シク教調べたけど現代人にやりやすきようにかなり教えが優遇されててワロタ




85: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)13:18:51 ID:bPI
優遇してないのに簡単なシステムだからかキリスト教強い
教えは簡単なほど広まりやすく影響力が強い




91: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)13:24:28 ID:7LM
>>85
聖霊が神様で神様がイエス様を作ってイエスが神様で神様は聖霊でってクソ意味がわからんわ




インドにおける仏教の衰退は、仏教誕生の地インドを越えて繁栄する時も様々な理由で発生した。

仏教は、始まった紀元前5世紀前後から着実に成長し、紀元前3世紀のアショーカ王治下のマウリヤ朝で国家宗教として承認される時まで、安定した成長を見せてきた。仏教は、紀元前の数世紀にわたり繁栄し続け、さらには中央アジア、インド亜大陸を越て中国にまで広まった。しかし、後のグプタ朝とパーラ朝の時代のインドにおいては着実に衰退していった。法顕や玄奘、義浄、慧生、宋雲といった、5世紀から8世紀の間にこの地を旅した中国の僧侶たちは、特に白フン族の侵攻をきっかけとする仏教徒の僧伽の衰退について言及するようになった。

衰退は12世紀のパーラ朝の崩壊とイスラーム勢力のインド亜大陸への段階的な征服後も続いた。その頃までに仏教は、特に敵対的支配者に対して脆弱になっていた。なぜならば、支持者達の大部分は禁欲的共同体にいたので、社会に強い根を張っていなかったからである。

東ベンガル(現在のバングラデシュ)とネパールでは、古代以来小さなコミュニティが生き残り、インドでは19世紀の末までに事実上絶滅した。最近では、インドにおいてアナガリカ・ダンマパーラやクリパサラン大長老、アンベードカル、ダライ・ラマ14世らの影響で復興を見せている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/インドにおける仏教の衰退