20170221-82




1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:06:54.84 ID:/yRfXAY80
そんなわけないやろ




6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:09:18.98 ID:BHmgqcR80
言うほど女の武器ってイメージか?




7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:09:31.69 ID:/yRfXAY80
>>6
アホはそう思いこんどる




9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:09:50.38 ID:Ds2d2M8zd
言うほど勘違いするか?




12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:10:30.53 ID:WF4+UIQvp
強すぎて剣道の立場なくなるから女子供の護身術扱いされたんやて




15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:10:57.62 ID:/yRfXAY80
>>12みたいなアホがいる




21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:56.09 ID:Fs2EjBvyd
>>12
そもそもリーチが違うしな
戦国時代から槍が主力で刀なんてサブウェポンだし

20170221-83
宮本武蔵が槍で鵺と戦う画




16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:07.44 ID:zD1UTcVxd
男で薙刀使う玉無し野郎はおらんやろ




23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:12:24.43 ID:/yRfXAY80
>>16
おるやろ、なんでおらんとおもうんや?




49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:17:50.46 ID:O/l40QL3a
>>16
関羽「」




18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:36.62 ID:WszHEdiR0
坂本龍馬「すまんな」




17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:28.58 ID:SghuzDM+0
男でも女でも薙刀は有効やろ




19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:47.22 ID:30F6V+TE0
なぎなたが何で女が多い競技になったんか俺にはわからん




28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:14.12 ID:/yRfXAY80
>>19
薙刀がそうやなくて薙刀を使う女用の武術が現在の武道薙刀の元になっとるからやで




22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:11:57.77 ID:1qNS2Wzg0
女の武器ではなく
女でも扱いやすい武器




26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:12.54 ID:1qNS2Wzg0
なぜ戦場の近接武器の主役は薙刀から槍に変わってしまったんや?




33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:55.74 ID:/yRfXAY80
>>26
集団戦やで、あと鎧を貫くには槍の方が効果あるからや




36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:14:36.80 ID:1qNS2Wzg0
>>33
鎧の隙間を突くようになるのは東西変わらんということか




38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:15:04.52 ID:/yRfXAY80
>>36
隙間やなくて真正面から刺せば貫通するで




27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:12.74 ID:GVFkLSwj0
方天画戟みたいのは薙刀とは違うんか?
呂布のやつ


20170221-77

方天画戟
(ほうてんがげき)は、中国の武器。戟の一つ。
方天戟の一種で、本来なら両側に取り付けられている三日月状の「月牙」と呼ばれる横刃が、片方だけに付いている。普通、月牙が片方のみに設けられた方天戟を「青龍戟(せいりゅうげき)」「単戟(たんげき)」もしくは「戟刀(げきとう)」と呼ぶが、その中でも特に後述の呂布が愛用した戟は「方天画戟(ほうてんがげき)」または「双戟(そうげき)」と呼ばれた。
小説『三国志演義』では、特に呂布が愛用する武器として描かれているが、正史には登場しない(そもそも原型の方天戟共々、宋朝以降に実在する武器であり、3世紀には実在しない)。また、小説『水滸伝』では呂布に傾倒した呂方をはじめ多数の人物の武器として登場する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/方天画戟




31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:35.64 ID:lQcTt2COa
薙刀と言えば関羽やないの




32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:13:48.49 ID:GRrumG11a
弁慶のイメージや
薙刀が女の武器というより女は薙刀くらいしか振り回せんという感じ

20170221-78
武蔵坊弁慶




34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:14:14.60 ID:uPFFjUuIp
普通男は剣道女は薙刀だよね




35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:14:19.12 ID:zFx6IkhY0
斧は?
20170221-84
戦 斧




37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:14:45.53 ID:/yRfXAY80
>>35
日本やとマイナーな武器やな




39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:15:26.11 ID:zD1UTcVxd
>>35
非力な東洋人には無理や




56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:19:52.13 ID:zFx6IkhY0
>>39
中国人が異民族と戦うときにアホでもダメージ出せるから
斧持たせたってどっかで見たぞ




61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:41.24 ID:uC99MDN20
>>56
あんなもん当たらんぞ
特に相手が剣もってたら




65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:21:29.22 ID:/yRfXAY80
>>56
宋の斧兵やったっけ?
あれってハルバートみたいな長いやつやないの?




40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:15:28.25 ID:1qNS2Wzg0
斧と言えばヴァイキングやからな
斧は剣より消費する鉄が少なくてすむんやで




42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:15:45.90 ID:ztBY4dYl0
実際の薙刀クソでかい

20170221-85
薙 刀



44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:16:09.89 ID:/yRfXAY80
>>42
それは男用の薙刀やないの?




47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:17:42.56 ID:ztBY4dYl0
>>44
男とか女とか知らんけど見たことあるのかクソデカ薙刀やっただけや




52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:18:32.34 ID:/yRfXAY80
>>47
それが男用の薙刀やで




48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:17:42.92 ID:sIcZ3Tiza
男の武器は長巻やから


20170221-81

長巻
(ながまき)は刀剣の一種で、大太刀から発展した武具である。
研究者や資料によっては「薙刀(長刀)」と同一、もしくは同様のものとされていることもあるが、薙刀は長い柄の先に「斬る」ことに主眼を置いた刀身を持つ「長柄武器」であるのに比べ、長巻は大太刀を振るい易くすることを目的に発展した「刀」であり、刀剣のカテゴリーに分類される武器である。

鎌倉時代になり武士が社会の主導権を握るようになると、武人として剛漢であることを誇るために、三尺(約90cm)を超える長大な刀身をもった太刀が造られるようになり、これらは「大太刀」「野太刀」と称されるようになった。こうした長大な太刀は腕力のある者にこぞって使われたが、たとえ腕力と体力に溢れた者であっても、長大な分非常に重く扱い辛いため、それまでの太刀の拵えと同じ形状の柄では扱いにくいものであった。そのため、「野太刀」として使われるに従って柄は次第に長くなり、より振り回し易いように刀身の鍔元から中程の部分に太糸や革紐を巻き締めたものが作られるようになった。このように改装した野太刀は「中巻野太刀(なかまきのだち)」と呼ばれ、単に「中巻(なかまき)」とも呼ばれた。これら「中巻」は、小柄であったり非力であったりと大太刀を存分に振ることの難しい者でも用いることが出来、通常の刀よりも威力が大きく、振る、薙ぐ、突くと幅広く使える為に広く普及した。
やがて野太刀をわざわざ改装するのではなく、最初からある程度の長さを持った刀身に長さの同じもしくは多少長い柄を付けたものが造られるようになり、長い柄に刀と同じように柄巻を施したことから「長巻拵えの野太刀」、「長巻野太刀」となり、単に「長巻」の名で呼ばれるようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/長巻




51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:18:07.11 ID:JjaJoPTFp
確かに突き刺すのは槍の方が使いやすそうだし斬りつけるのには刀の方が使いやすそう
素人だけど




53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:19:06.38 ID:1qNS2Wzg0
>>51
刀を薙刀並のリーチにしたら重すぎて使えんやろ




59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:13.12 ID:09evA1BSM
>>53
根元の方で切ることないから軽くするために棒にしたろ!




58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:03.33 ID:/yRfXAY80
>>51
槍を長くして切れるようにしつつ全長を6mにした侍もおるで




54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:19:24.28 ID:RCrdRXCl0
長くて邪魔やから城に住まう女房たちの得物として重宝されただけやで




55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:19:49.42 ID:BHmgqcR80
刀身が反ってる日本刀や薙刀より槍の方が作る手間も少なそうだしな




62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:51.58 ID:/yRfXAY80
>>55
日本の槍の原型といわれとる菊池槍がそれやからな
貧乏一族やったから短刀を棒の先につけたら思いのほか効果があってはやったらしいぞ


20170221-79

菊池千本槍
(きくちせんぼんやり)は、太刀洗と共に、九州の豪族、菊池氏の勇猛さ、及び武士の精神を表す言葉である。
また、菊池氏が考案したとされる槍の様式を指す言葉としても用いられ、こちらを指す場合には「菊池槍(きくちやり)」とも呼称される。

長い柄の先に主に突くことを目的とした刃を装着した武具、現在では「槍」に分類される武器そのものは古来より日本に存在していた(「矛」(「鉾」とも)と呼ばれた)が、平安時代以降、日本の戦争における戦法は馬上からの弓矢や、薙刀、野太刀によるものが主流であり、戦闘自体も騎馬に乗った武士とその徒となる者が組となった少人数同士で行われるもので、多人数の集団による戦闘は一般的ではなかった。
そのため、武具も個人が単独で用いるものが主流であり、槍のような集団で用いるものはそれほど普及はしていなかった。

南北朝時代、箱根・竹ノ下の戦いにおいて劣勢となった南朝方の菊池氏が竹竿の先に短刀を縛り付けた即席の槍を用いて逆撃に転じ、相手方の足利勢を敗走させた。
この戦いから「菊池千本槍」の逸話が生まれ、菊池氏の名を大いに高めたと共に、“劣勢の側が創意工夫を以って多勢を征する”事の例として、武家の精神的支柱の一つとされた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/菊池千本槍




57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:19:56.22 ID:PQB73BKt0
振り回したら危ないやん
なら槍でええな




60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:16.89 ID:8Cyrqlslr
持ち歩くのはしんどいな
刀の方がそこは有利




63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:55.02 ID:4GSvngMka
薙刀強すぎやろ
槍より扱いやすいし




66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:21:36.84 ID:RCrdRXCl0
>>63
本身はクソ重くて難しそうやで




64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:20:55.59 ID:iqDDGqCl0
長い棒の先っちょにデカい刃なんてつけたら重くて振り回しにくそうやん
それなら槍のがええやんか




67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:21:46.36 ID:GVFkLSwj0
鎌の悪口はそこまでだ




70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:22:31.76 ID:/yRfXAY80
>>67
鎖鎌はいろんな流派あるやろ




69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:22:18.83 ID:ooh8VBT+0
そもそも女が戦いに出る幕なんてないやろ あってもごく少数 そのために専用の武器作るとか頭悪いわ アニメの見すぎやろ




71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:22:54.34 ID:/yRfXAY80
>>69
やから専用の武術を作ったんやで




74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:23:32.90 ID:RCrdRXCl0
>>69
作ったんやなくて残っただけや




72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:22:59.34 ID:RCrdRXCl0
槍と違ってバランスが悪いからなあ
それを活かす使い方なんやろが

持ち歩くには不便きわまりない




75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:23:37.77 ID:/yRfXAY80
>>72
バランス悪くても慣れれば威力でるからええんやろ
刀も明らかにバランス悪い武器やのに日本だと大流行やろ




77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:24:33.31 ID:RCrdRXCl0
>>75
せやな




76: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:24:05.78 ID:adFi7yZi0
偃月刀


20170221-80

青龍偃月刀
(せいりゅうえんげつとう)は、中国における、大刀の一種。 名に「青龍」を冠するのは、刃の部分に青龍の装飾が施されている為である。

小説『三国志演義』において、武将の関羽が冷艶鋸(れいえんきょ)と呼ばれる青龍偃月刀を愛用していることから、関羽を象徴する武器であり、中国語では関刀(グアンダオ)という呼称もある。
形状は日本の薙刀に似ており、長い柄の先に湾曲した刃を取り付けたものであるが、刃は日本の薙刀よりも幅広で大きくなっている。 また薙刀に比べて、柄の長さは刃の大きさに対してやや短めになっているが、これは(主に馬上で)片手での取り回しの良さを考慮した為であり、長巻に近い外観とも言える。
刃の大きさから分かる通りかなりの重量がある為、主に演舞や訓練用とされ、実戦で用いられることは少なかった。
なお日本では刃の形状が類似の柄の短い中国刀のことを青龍刀と言う場合があるが、これの中国での名称は柳葉刀であり誤用である。「青龍刀」という名称は本来「青龍偃月刀」の略称なので、青龍偃月刀とは別に青龍刀という武器が存在するわけではない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/青龍偃月刀




79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:25:17.39 ID:/yRfXAY80
>>76
あれって長巻に近いんやないの?




80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:25:22.89 ID:RCrdRXCl0
長巻ちゅうのもあるやろ
正直薙刀とどこで分かれるのかさっぱりやが




85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:26:37.87 ID:/yRfXAY80
>>80
流派によっては同じ扱いしとるけど
だいたいの流れは刀を長くした野太刀から進化したのが長巻で
柄の長さを生かした扱いをしとらんのがそうや




97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:28:57.20 ID:RCrdRXCl0
>>85
柄が長くて力こめやすいちゅうことか




101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:29:57.93 ID:/yRfXAY80
>>97
そうやな、戦国時代の扱いもそのまま鎧ごと叩くみたいな強引な扱いしとったらしいし




106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:30:47.82 ID:RCrdRXCl0
>>101
なるほど
拝一刀が使うわけや


最近子連れ狼にハマっててな




81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:25:40.22 ID:CgMkjIXm0
スマンが槍と薙刀の違いって何ンゴ?




89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:27:18.82 ID:RCrdRXCl0
>>81
十字槍とか月形槍とかの変わった槍もあるからなあ

基本的に突くのが槍
基本的に払うのが薙刀でええんちゃうか?




93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:28:07.66 ID:CgMkjIXm0
>>89
サンガツ




95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:28:48.50 ID:/yRfXAY80
>>89
せやな、斬ることもできる大身槍なんかもあるけど
結局は突きができるような構造にしとるからな、薙刀もつけんことないけど
コツがいりそうや




98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:29:11.98 ID:4GSvngMka
>>89
槍は突くんじゃなくて
しごいて引くときに刺すらしい
突いたらそれっきりで隙だらけやからな




84: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:26:13.83 ID:zD1UTcVxd
考えてみたら長めの槍持って横一列に並んで前進したら最強やん
刀も薙刀もいらんわ




91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:27:35.57 ID:/yRfXAY80
>>84
やから槍が流行ったんやろ




88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:27:15.01 ID:4GSvngMka
>>84
槍を持ち変えることができないから
横からの攻撃で壊滅する

これが横槍の語源やで




100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:29:23.25 ID:CgMkjIXm0
>>88
はえ~またひとつ賢くなったンゴねえ・・・




102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:30:12.77 ID:zD1UTcVxd
>>88
勉強になるンゴねえ




96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:28:49.38 ID:5QDJ0o+D0
家康「長い槍持って後ろから鉄砲撃てば最強やん」
信玄「石投げたろ」




108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 16:31:13.74 ID:J0//rKuY0
とりあえず素人に持たせて振り回させるだけでも強いのが薙刀やと思ってるわ
突いてよし振ってよしでとりあえず攻撃にはなるしリーチも長い