20170808-14




1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:06:55.27 ID:/DJ45iQd0
・馬はポニーサイズ
・槍は叩く武器
・刀は三人斬ったら斬れなくなる



2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:07:23.59 ID:T/X3B/7Ca
3番目はアホやな



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:07:45.00 ID:kf9ZhN8j0
上2つ違うんですか🙋



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:08:14.17 ID:/DJ45iQd0
>>4
ポニーが馬のサイズやからポニーサイズという謎の表現



9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:08:56.76 ID:kf9ZhN8j0
>>6
はえ~二つ目は?🤔



11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:09:23.80 ID:/DJ45iQd0
>>9
長槍で叩いたという話は有名やが
他の槍についても叩いとると思っとる



18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:11:35.82 ID:T/X3B/7Ca
>>11
鉾、な

鉾はいろいろと便利なんだよ
剣よりも使われたのはそれが原因

切る、薙ぐ、刺す、払う、殴りつける、敵の身を押さえる



20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:12:01.84 ID:/DJ45iQd0
>>18
日本の戦国時代のころに鉾なんてないわ



26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:13:34.24 ID:T/X3B/7Ca
>>20
日本は山の中移動してたからさらに小回りきくものが使われてたんだよ



30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:14:49.67 ID:/DJ45iQd0
>>26
鉾なんてのは青銅器時代の中国での武器の種類であって
それから千年以上たっとる日本に鉾なんてないわ
槍とか鉾とかその場のノリで言葉を使っとるだけで鉾なんて武器は無いわ



34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:15:52.40 ID:vJ1UetY+0
>>30
ワイガイジ、鉾と槍の区別がわからない



41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:16:58.20 ID:/DJ45iQd0
>>34
金属部分をソケットタイプにして木の棒にかぶせるのが鉾
金属部分を木の棒の中に差し込むのが槍
日本はどっちだろうと鉾といったり槍といったりするから定義なんてない



44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:17:30.49 ID:vJ1UetY+0
>>41
はえ~サンガツ



158: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:35:04.26 ID:IuXXYjdB0
>>41
これ区別するほど重要な点なんか?



180: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:38:26.28 ID:/DJ45iQd0
>>158
そりゃそうやろ、鋳造なんて工場生産みたいなもんやし分類するやろ



8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:08:30.29 ID:lQPdYOEe0
馬をポニーサイズ言うバカはおらんで
サラブレッドサイズやなかった言うだけで



22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:12:31.53 ID:vJ1UetY+0
>>8
割とおるぞ



13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:09:59.61 ID:T/X3B/7Ca
自転車で移動してた軍隊もいたぐらいやからな
馬のは別に構わん



16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:10:49.36 ID:/DJ45iQd0
>>13
ポニーといっても結構でかいんやぞ
得意げに「ポニーサイズ」という奴が想像しとるのはシェトランドポニーというポニーでも小型のタイプなんやぞ



23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:12:39.54 ID:T/X3B/7Ca
>>16
競馬のような馬を勝手に想像しとるだけやろ
競馬の馬なんて立派に栄養満点で育てられてるっていうのに



25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:13:19.29 ID:/DJ45iQd0
>>23
せやろな、それにモンゴル軍もポニーなんやけどね



31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:15:12.20 ID:9FxYLoW00
下馬して戦ってたのは事実
宣教師の記録かなんかにあったはず



35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:15:54.31 ID:Oh1wzBnKp
>>31
騎馬で戦っていいことあんの?なけりゃおりて戦うやろ



36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:16:03.58 ID:/DJ45iQd0
>>31
鎌倉時代と比べて明らかに馬術が衰退しとったらしいな
馬の生産数も減っとったらしいしいろいろあったんやろ



46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:17:37.68 ID:EE9wjvSsa
>>36
続日本記見たら蝦夷から馬1000頭献上とかあるやな



48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:17:47.19 ID:Oh1wzBnKp
>>36
人口増えてるからやないの?



51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:18:50.31 ID:EE9wjvSsa
>>48
律令時代は全国に官営牧場あったりして馬生産してたんやけどな



60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:44.13 ID:/DJ45iQd0
>>48
日本は馬を斜面で育てるからあんまり関係ないと思うわ



32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:15:40.50 ID:T/X3B/7Ca
いまの日本人はそこまで登山せんけど、戦の際に山越えして急襲すればワンチャンあるからな
日本は山がちな土地だからこそ戦法も変わるよ



43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:17:29.01 ID:8srvlk+10
ポニーって肩の高さが150㎝以下だかって定義やっけ?
成人男子平均の顎くらいの高さまでやから結構デカいよな



47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:17:41.70 ID:yRdPrh6y0

20170808-7



54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:15.72 ID:yRdPrh6y0

20170808-8



53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:06.89 ID:AcuCaCowp
日本だと馬で走り回れる戦場にならないこと多そうだしな



68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:21:01.01 ID:T/X3B/7Ca
>>53
あくまで移動用やな



59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:42.82 ID:yRdPrh6y0

20170808-9



62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:20:09.57 ID:vJ1UetY+0
>>59
かわいい



68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:21:01.01 ID:T/X3B/7Ca
>>62
こいつが突進してきたら脅威なんやで



119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:29:50.50 ID:5qbli31I0
武田騎馬軍団最強説から日本の馬はポニーだから人が乗ったら走れない説まで一気に振れたよなぁ
人はなぜ極端な新説に騙されるのか



135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:32:42.01 ID:hqYgAvCp0
>>119
聖徳太子すげええええ→いない説と同じやな
極端な話のほうが受けがええから



129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:31:32.94 ID:sWQvbMim0
モンゴルの騎兵って相手に向かって突撃しとったんか?
槍衾とかで対策されたら突撃できなさそうなもんやが



137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:32:47.14 ID:IpvLEFPc0
>>129
馬上から弓を射つ
つか日本の武士も同じ



161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:35:12.12 ID:/DJ45iQd0
>>137
日本の武士の馬上弓とモンゴルの馬上弓はちょっと違う感じするわ
日本の弓や鎧やと射る方向がどうしても制限されるからどうしてもすれ違いざまに放つしかないんやけど
モンゴル軍は逃げながら後ろ向きに射れるというのが大きいわ



168: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:36:32.05 ID:IpvLEFPc0
>>161
ああうん
別にパルティアンショットまで使いこなすと言うつもりはない



139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:32:55.50 ID:qubgJuZ50
>>129
モンゴルというか遊牧民系の軽騎兵は馬上弓によるヒットアンドウェイが基本っしょ



140: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:33:04.57 ID:/DJ45iQd0
>>129
槍かまえたらその直前で下がって後ろ向きに弓を撃つ
相手が追いかけてきたら別動隊が包囲、こんな感じの戦い方ばっかりしとったみたいや



143: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:33:34.44 ID:AcuCaCowp
>>129
モンゴルは突撃だけじゃなくて騎射もうまいから当時だとチートやで



146: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:33:52.51 ID:kMI1Ng5t0
>>129
モンゴルの突っ込む相手が同じ馬軍団か最弱中華兵か槍衾できるほど装備ないところやったんちゃう



160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:35:10.91 ID:t910Cuen0
>>129
あいつら騎乗から弓打つやろ



187: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:39:09.87 ID:T+bP3vOxd
>>129
いきなり突撃はせんでしょ
戦術として、散兵か弓、若しくは投石で敵隊列を崩す→隊列による集団戦法→集団を解いて白兵戦→騎兵が突撃・追撃・掃討が常道やで
多少は変型しても、ローマ軍団だろうが中国だろうが日本だろうがこの点は不変や



250: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:49:35.07 ID:QjDZPAINd
>>187
突撃専門職みたいなカタクラフトやらフサリアとかも有るから一概に言えんが
結局、重騎兵は軽騎兵に取って代わられる命運やな



50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:18:46.34 ID:T2NANDRk0
槍は殴りつける武器って花の慶次に書いてあったぞ
違うのか?



61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:58.69 ID:T/X3B/7Ca
>>50
それならポールハンマーみたいにするやん
棍棒状にしないのは刺したりするため



66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:20:52.42 ID:/DJ45iQd0
>>50
長槍は殴りつけると雑兵記に描いとる、長槍はだいたい6mくらいや
普通の素槍は3mくらいや、でも個人の所有物やし土地によって長さはまちまち



52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:18:56.44 ID:T/X3B/7Ca
1メートルあるだけでも脅威やぞ
猪に襲われかけたことあるから分かる



55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:19:17.11 ID:9ma81mCFa
刀に自信ニキは戦国関係なくよく見るな
漫画とかでもこんな切れるわけないとか言い出してちょっとうざい



71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:21:52.33 ID:/DJ45iQd0
>>55
刀は三人しか斬れないってのがアホなのは
鎧着とる戦国時代でそれ関係あるんか?って事や



72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:22:00.46 ID:5xi8eD/D0
>>55
刀に自信ニキほど日本刀を斬れないモノだと思ってる不思議
ガキの頃から剣道の先生に正しい振り方じゃないと人は斬れないと言われ続けてるからやろな



74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:22:30.97 ID:shAuIsPP0
三人斬れば切れなくなるは吉川英治大先生のせいじゃないの
国民的作家の言う事だから正しいだろ



78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:23:42.36 ID:pMHuYwyUr
>>74
単に腕の力がなくなるだけちゃうのかと



80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:23:56.39 ID:/DJ45iQd0
>>74
司馬遼太郎もよくかいとったぞ、この人は剣術に興味ないから
人から聞いてあんまり考えずに本に書いたんやろうけど



79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:23:51.20 ID:hqYgAvCp0
包丁で何匹も魚を切れるのと同じで
刀も切り方ちゃんとしてれば何人も切れるてどっかで見たな
鎧兜来て動いてる奴相手にはキツイけど



85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:24:40.51 ID:vMm+/eezd
刀切れなくなる言うても棒で叩くよりかは威力あるやろ



86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:24:48.43 ID:kMI1Ng5t0
足利義輝は切れなくなった刀は交換してたらしいやん



90: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:25:24.09 ID:/DJ45iQd0
>>86
でもあれは相手は鎧着とるから鎧ごと強引に斬ったからやろ



110: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:27:44.16 ID:IdOXzoVt0
>>86
あれは浪漫あるけど創作だろうからなぁ



107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:27:26.31 ID:hqYgAvCp0
足利義輝の最期も後世の作り話で
当時の記録には 三好に包囲されて死んだ しゃあないな
ぐらいしか書かれてへんらしいからな



92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:25:28.02 ID:yXbN7Vand
刀って首落とす時くらいしか使わんやろ



96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:26:10.19 ID:/DJ45iQd0
>>92
むしろいろんな時に役に立つから持つんやろ



323: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 23:00:05.76 ID:+3rK6ta50
>>96
サブ武装か



100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:26:28.56 ID:5xi8eD/D0
>>92
時代による



99: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:26:23.91 ID:shAuIsPP0
薙刀はどうや
遠心力でカブト首も斬れたんか?



111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:27:57.12 ID:/DJ45iQd0
>>99
鎧ごとガシガシ殴るんやないの?
斬れる部分にあたれば切れるやろうし鎧にあたっても衝撃いくからええやん



121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:30:00.40 ID:H5hNVBVI0
>>111
そもそも薙刀は実戦で使われた記録は3回位しかない
大体は武芸の一環としてたしなまれてただけで槍には実用性でかなわなかった



144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:33:41.12 ID:5qbli31I0
>>121
使いまくりやんけ

20170808-10



125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:30:47.77 ID:/DJ45iQd0
>>121
鎌倉武士は薙刀使うやろ



136: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:32:43.63 ID:T/X3B/7Ca
>>125
鎌倉武士は弓矢と馬やろ

元寇の連中を馬で走りながら弓矢で射て反撃もさせずに倒していったらしいやん



148: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:33:59.75 ID:/DJ45iQd0
>>136
やから鎌倉武士は薙刀使うわ
当時槍なんてなかったあたり薙刀が有効やったのは明白やろ



167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:36:10.56 ID:T/X3B/7Ca
>>148
いちばんスピード出してた時代やからな、当然薙刀と弓矢よな

横に動き回る鎌倉時代ならそうよ

歩兵同士で争う戦国なら槍だが

海外ならさらに鈍重なので戦斧なんかの打撃武器メイン



171: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:37:02.47 ID:/DJ45iQd0
>>167
それと雑兵と武士の差が大きかった時代やから
薙刀振り回す武士を雑兵は何人おってもどうしようもなかったやろうしな



155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:34:55.70 ID:5xi8eD/D0
>>136
弓で決着付くならどの時代だって近接武器なんかいらんやろ
集団戦術が発達してなかった鎌倉時代以前において歩兵は大した価値がなかったのは事実だろうけど



175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:37:57.59 ID:T/X3B/7Ca
>>155
船の上を飛び移って~なんて時には近接武器も役に立つよな



205: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:43:43.16 ID:dQuWGDu10
>>155
俘囚が全国に配置される前は中国式の歩兵&集団戦術やで
俘囚が地方で貴族のボディーガード&土地の警備員やるようになって、
兵装が蝦夷由来の革鎧&騎馬戦術になった



210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:44:28.88 ID:tvyoXiTlM
>>205
革鎧が大鎧になったわけねえだろ



216: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:45:29.08 ID:dQuWGDu10
>>210
なったんだなこれが
それまでは金属の鎧やで
鎌倉期の大鎧は革製



225: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:46:13.81 ID:/DJ45iQd0
>>210
なっとるわ、日本の皮鎧は革の札を組み合わせて鎧にしとるけど
大鎧はこれを金属でやっとるだけやし、革か鉄かの違いしかないわ



130: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:31:34.24 ID:kMI1Ng5t0
なんで日本の戦場では弩と斧がほぼ使われとらんのや?



149: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:34:04.41 ID:8srvlk+10
>>130
弩は多分起伏が激しい地形多いからやろ
斧は知らんけど



164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:35:48.51 ID:kMI1Ng5t0
>>149
そういえば戦車隊もないから起伏の問題っぽいな



177: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:38:14.15 ID:5qbli31I0
鑓の大規模な使用は戦国からやで
それまでは薙刀使いまくりよ

20170808-11

20170808-12



198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:41:39.87 ID:hqYgAvCp0
松永久秀関連もデマばっかやっと分かってきたしな
爆死とかソースが戦後の小説という



200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:42:30.39 ID:/DJ45iQd0
>>198
というか鉄の茶器やったとしても黒色火薬いれて爆発するとは思えんわ



204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:43:28.37 ID:kMI1Ng5t0
>>198
さすがに本気で信じる奴はおらんやろ


クリスマス休戦はともかく大仏はほんまなんやろ?
じゃあええやん



222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:45:51.57 ID:hqYgAvCp0
>>204
大仏も松永のせいかわからんらしいで
宣教師が「三好三人衆の配下にいるクリスチャンがやったったで」
とどや顔でかいとるし



242: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:47:56.22 ID:kMI1Ng5t0
>>222
将軍殺しも息子ならもう信長二回裏切ったことしかないんちゃうか



265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:51:53.68 ID:hqYgAvCp0
>>242
その裏切りも1回目は信長に対する裏切りやなくてどっちかというと足利義昭へのもんやし
せやからノッブとは速攻で和睦しとる
それも義昭が松永を捨てて筒井を優遇したのが原因やから
久秀というより義昭の裏切りやね



274: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:53:07.86 ID:kMI1Ng5t0
>>265
もう何もないやん
安宅冬康の謀反も関係ないんやろ



288: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:55:31.49 ID:hqYgAvCp0
>>274
安宅暗殺の時久秀は大和におったらしいからな
ホンマになんもしとらんやろな



299: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:57:17.79 ID:glyWtXQM0
>>274
あれは長慶が積極的に抹殺した可能性すらある。
家督継承をスムーズにするために障害を予め排除するという戦国あるあるの悲しい話の一つやないかな、みたいな説。



315: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:59:04.50 ID:kMI1Ng5t0
>>299
まあ確かに養子関係不自然やからなあ
頓死する息子と次弟が悪いわ



219: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:45:33.81 ID:SLdgIp680
>>198
実は忠臣やったとかいわれてて
もうわけわからんわ



224: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:46:12.75 ID:81D3y/vk0
>>219
少なくとも三好長慶には忠誠を誓ってたらしいね



261: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:51:16.10 ID:glyWtXQM0
>>224
長慶以後も権力闘争に巻き込まれたと言う方が自然やしね



228: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:46:56.46 ID:DOEXFvWU0
戦国時代って織田家も武田家も今川家も一応は足利の部下みたいなもんやったんやろ?
それが勝手に争ってたって考えでええんか?
例えるなら信長の権力が小さくなって柴田勝家と秀吉が喧嘩するような感じか?



240: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:47:50.58 ID:/DJ45iQd0
>>228
織田家なんて足利の部下の部下の部下やぞ



252: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:49:43.05 ID:DOEXFvWU0
>>240
クッソ下っ端やったんやな、サンガツ



263: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:51:24.56 ID:AcuCaCowp
>>228
征夷大将軍()状態だったからしゃーない
途中から政争の具になって最後家康が持って行くけど



264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:51:38.45 ID:pnzSJRUH0
>>228
武田と今川は足利直属の部下と言って差し支えないけど織田はそれよりだいぶ下の立場やな
そういうバラバラの立場の奴らが将軍の意志抜きで各々の目論見の為に争ってたのが戦国時代やな



232: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:47:15.15 ID:5qbli31I0

20170808-13

武田信玄も実際はこんな感じの武装だったらしいけど当分は諏訪法性兜に大鎧の浄瑠璃スタイルなんだろうな



243: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:48:03.16 ID:feTEnrl50
武田はそんなつよくない



247: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:48:40.81 ID:T/X3B/7Ca
>>243
武田薬品工業はかなり強いぞ



307: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:58:06.96 ID:dQuWGDu10
俘囚(蝦夷)の全国配置により日本のそれまでの兵装、兵種、戦術、武装階級は180度ガラりと変わったのなんて歴史の常識なんやけど
教科書にも書いてあるやろ
それが武士の起りやぞ



318: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 22:59:29.24 ID:5xi8eD/D0
>>307
馬と弓については習ったけど兵装までは知らんわ



325: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 23:00:24.80 ID:dQuWGDu10
>>318
それまで兵装は中国式やで