20161109-11




1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:05:46 ID:5FG
生贄しすぎィ!



2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:07:13 ID:L2p
人身御供の文化なんて古今東西どこにでもあるで



3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:08:34 ID:5FG
>>2
せやけどマヤ・アステカ系は他よりも大々的に行なっててどうも気持ち悪い



5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:12:45 ID:L2p
>>3
あれやろ、人間を生きたまま黒曜石のナイフで心臓えぐる奴やろ?
ただ単に白人による発見が近世に片足突っ込んでるからイメージ悪くなったと違うか?

でも古代ブリタニアやガリアのドルイド教もなかなかえぐい事してるで



11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:16:28 ID:5FG
>>5
ドルイド教は相当気持ち悪い…熱湯沸かした大釜にリンゴを沈めて、それを捕虜が咥えて取り出せたら生かしてやるみたいなゲームとか



4: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:09:52 ID:5FG

4

石像



6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:14:26 ID:5FG

6

生贄をしないと大変なことになりますよ!とか言って洗脳してたんかな



7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:14:55 ID:2ek
生贄しちゃいけねえ



12: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:17:40 ID:5FG

12

生贄儀式用のナイフ
雰囲気ある



13: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:18:41 ID:EyZ
>>12
この丸いので無理やりゴリゴリやるんか・・・



14: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:19:18 ID:L2p
心臓えぐるやつは捕虜とかが多かったらしいで、詳しい事しらんけど

インカ帝国の人身御供は生贄を酒に酔わせて山に放置するするとかだったらしいけど
また、中央アメリカの遺跡には雨乞いの儀式として装飾品を身に着けた生贄を池に飛び込ませることもあったそうな



18: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:21:48 ID:5FG
>>14
捕虜同士を球技で試合させて「勝った方が」生贄になる権利があったとかそんな話も…
水に人を沈める儀式はエジプトや日本でもあるな



15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:20:18 ID:Rfd
古代はどこでもやってるけど生け贄ってどういう発想なんや?
神様にお供え物しなきゃ(使命感)
はわかるけどなんで人間供えるんや



19: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:22:21 ID:L2p
たぶん、部族間の抗争で「ワイらこんなやばい事してるから攻撃するなや~」
っていうのがそのうちに太陽信仰なんかと結びついて文化として昇華したと思うで

>>15
人間がもつ潜在的な多種への優越感が
人間=特別な存在=一番いい物
って発想になり、供物としての重要度が高まったんやない?



21: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:22:51 ID:JqX
人ひとりの労働力が今よりずっと重要やったんやから
資源としてみた時、お供え物としては最上級なんやない?



23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:25:01 ID:Rfd
>>21
>>19
ほえ~



22: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:24:33 ID:5FG
>>15
神は若くて美しい処女を好むらしい(適当)



17: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:21:43 ID:NJn
いまいち古代アメリカ文明のこと知らんわ…
古代文明と言ったらエジプトやらローマやらが思い浮かぶし



20: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:22:37 ID:5FG
>>17
学校であんまり習わないイメージ
コロンブスが発見する前とか明らかに高度な文明あるのに



25: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:26:03 ID:fbE
マチュピチュとか闇深そう(小並感)



28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:27:53 ID:5FG
>>25
マチュピチュ 生贄でググったら色々出てきたのでそっ閉じ



49: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:43:15 ID:fbE
>>28

1999年、アンデス山脈にある標高6,739mのユーヤイヤコ山で3体の子どものミイラが発見された。
学者たちが「完璧だ!」と興奮するほど保存状態の良いミイラは
約500年前のインカ帝国時代に神へ生贄として捧げられた子どもたちであった。

49-1
結構美人かもしれない?

そのうち15歳の少女の口内からは噛みかけのコカの葉が見つかっており、
死の恐怖心を少しでも和らげようと多量に摂取したのか、
埋葬前に意識を失いそのまま眠るように凍死したのだ。

49-2
しかしよく見ると凍傷と打撲の跡か、顔フルボッコである

標高約6,730mの埋葬する場所へ到着すると祭司たちは痛みと抵抗を抑えるため
チチャ酒とコカの葉を与え、もうろうとした意識の子どもたちを殴打・絞首したのだ。

http://tocana.jp/2015/03/post_5944_entry.html

やはりヤバイ(再確認)



53: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:46:38 ID:5FG
>>49
あーもう滅茶苦茶だよ



26: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:27:34 ID:Rfd
なんで北米じゃ文明発達しなかったん?
環境わりとイージーやろ



30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:29:13 ID:9dR
>>26
スー族とかイロコイ族とかは?



31: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:30:58 ID:JqX
>>26
環境イージーやから発展しなかったんやない?



32: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:32:49 ID:L2p
北米で文明化しなかった理由は銃・病原菌・鉄に書いてあった気がする



34: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:34:25 ID:Rfd
>>32
思い出して簡単に教えてクレメンス



42: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:38:43 ID:L2p
>>34
農耕をしなかったのと大型の陸生哺乳類の家畜化させなかったせいだとかなんとか



29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:29:08 ID:5FG
インドのヒンズー教とかも相当気持ち悪い神様ばっかや



33: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:33:26 ID:5FG

33-1

33-2

33-3

モンゴルのチョイジンラマ寺院
昔確実にやってたなこれは



38: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:37:00 ID:1i2
>>33
モンゴルはその前に遊牧民さんサイドの残虐行為がね…



37: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:36:10 ID:5FG

37

古代アメリカの黄金の仮面



40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:37:45 ID:Rfd
なんか昔はどこも心臓が心であるって考えてるよな
エジプトとか脳は鼻水作る器官と思ってたらしいし
物覚えつく前から頭で考えてるのを知ってると不思議や



44: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:39:41 ID:W4Z
>>40
多少脳えぐれても生きてる奴はいるけど心臓やられたら一発でお陀仏やしな
なんとなく命や魂の象徴になるのも分かる



51: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:44:56 ID:1i2
>>40
心臓が臓器で一番腐りにくくて脳が一番腐りやすいからな
ミイラ制作では脳を真っ先に取り出すし



41: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:38:11 ID:4lI
足利氏が幅利かせてた時代にはまだアステカ文明あったんやから
割と最近やな



45: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:39:46 ID:Rfd
>>41
マ?
確かにスペインに侵略されたんやからそんなもんか



43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:39:08 ID:5FG

43-1

43-2

陰毛も通さない鉄壁の石組み



50: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:43:28 ID:Rfd
>>43
これまじでどうやって積んだのかわからん



73: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:59:39 ID:YuN
>>43
時間かけて石を石で叩いて平らにしたんやで



52: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:45:53 ID:NJn
こういう古代文明って好きなんだけど時系列がごっちゃでいまいち理解できない
エジプトがピラミッド作ってるときは他の国はなにしてたんや



56: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:50:52 ID:Rfd
>>52
ウホってたんやろ(適当)
シュメール人とか古代にあんな進んだ文明持ってたのに野蛮人に侵略されて滅んだらしいからな



54: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:49:02 ID:L2p
マチュピチュの闇が深いところはインカ帝国滅亡前に放棄された可能性があること
人が住むには辺境ですぎ、都市と隣接する畑だけでは人口をまかなえきれない事
発見時、大量の女性だけの人骨が発見されたこと
この遺跡を発見したハイラム・ビンガムを案内したインディオの少年はその後行方がわからない事
建設石材が運んでて来たところが遠すぎる

んにゃぴ、やっぱりよくわからんです



58: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:52:24 ID:5FG
>>54
大量の女性の人骨とかやっば



55: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:50:27 ID:5FG
生贄儀式は残虐性が重要?なのが不思議だわ



59: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:52:33 ID:HEt
宇宙人説すこ



60: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:52:54 ID:5FG
でも結局宇宙人はいないよね



61: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:54:03 ID:rYH
マチュピチュも生け贄の祭壇だったみたいな話あるよな



67: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:57:00 ID:5FG
>>61
女性の人骨ばっかりっていう話があるから日常的に生贄は行ってたんだろうな



63: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:54:39 ID:L2p
ただナスカの地上絵は雨乞いの儀式らしいけどまだ論争してるけどな
人工衛星打ち上げて初めて分かった地上絵とかあってすごE



64: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:55:09 ID:dWc
アステカ文明が中世の文明だという事実

古代だと思ってる人多そう



65: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:55:47 ID:NJn
>>64
そマ?



69: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:58:02 ID:4lI
マヤ文明は高度な歯科技術を持ってて
今でいうインプラントなんかもやってたんや



72: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:59:18 ID:5FG
>>69
はえーすっごい



70: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:58:29 ID:5FG
これらの儀式が全部人間の考えだとは思いたくないな正直



71: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)23:58:44 ID:Eyv
全部かは知らんけど、中南米の古代文明は文字ないんやろ?
だからわけわからんのやろな
古代じゃないけど、マチュピチュだってそんな昔の出来事じゃないもんな



74: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:00:15 ID:F8k
文字ってそんな気づけんもんかなぁ?
絵書いてればそのうち思い付きそうやけど



79: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:02:37 ID:7H1
インカもここ1000年以内で成立したからな
>>71
>>74
文字はないけど縄の結び方で情報伝達してたとかなんとか



78: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:02:27 ID:tJ3
記録は文字の代わりに縄で数パターンの結び目を作ってそれを記しにして生活していたみたいなのは聞いた事ある
ソースは忘れた



81: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:03:21 ID:coZ
>>78
>>79
確かキープというのやな、ロープの結び目は



82: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:03:33 ID:QBQ
縄の結び目って情報量少なそう



102: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:08:58 ID:Y2U
>>79
結び目で十進法の位を表してて、色分けして人口の増減とか穀物の生産量とかみてたって勉強した気がする



88: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:06:11 ID:jGp
文字なのかただの意匠なのかよくわからんってのが実情なのよね...。
ロゼッタストーンみたいなのないしスペカスが悉く破壊しやがったから。
ファッキュースペイン



77: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:01:45 ID:jJs

77

マヤ・インカ式ピラミッド



85: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:04:42 ID:jJs

85

龍神様()のために若い娘を湖に沈めて殺してたクソ神社
鳥居はなんかの目印かね



90: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:06:38 ID:iIS
マヤ文明の頭蓋変形文化
まあこれは世界の至る所でやってたっぽいけど

90



104: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:09:22 ID:F8k
>>90
これが宇宙人を真似て頭蓋骨変形させたって考え好き



194: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:37:37 ID:N4x
>>90
えぇ…これ後天的なやつかい?
どうやってこの頭にするんや?



201: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:39:12 ID:iIS
>>194
生まれたばかりの骨がまだ柔らかい時期に圧加えまくる



202: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:39:31 ID:8IZ
>>201
ヒェッ…



203: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:39:36 ID:vxA
>>201
ガイジになりそう(こなみ)



105: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:10:10 ID:jJs
仏教でも即身仏とかいう日本人向けの生贄あるやね



108: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:11:04 ID:vxA
>>105
即身仏は神に捧げたりするんやなくて自分を高めるもんやから違くないか?



116: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:12:51 ID:jJs
>>108
違うけど
宗教的に命を絶つという意味では…



106: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:10:14 ID:tSM
実際のとこ、本音はエンターテイメントだと思うぞ。
人間は他人が死ぬところを見るのが好きな生き物だ。



110: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:11:23 ID:jJs
>>106
ごめん血はマヂ無理



114: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:12:32 ID:tSM
>>110
そりゃ現代人だからだ。
ちょい昔は、ギロチン諸兄に黒山の人だかり。
屋台でお菓子を売ってたりしたんだからな。



120: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:13:44 ID:coZ
>>114
江戸でも処刑場には人集まってるしな



137: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:19:09 ID:tJ3
>>120
日本橋の前にあったらしいな
歌川広重も題材にするときは流石に縁起悪いので手前の木門で右部分隠したという

137



115: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:12:42 ID:jGp
>>106
公開処刑とかあるとみんなキッキャウフフしてたらしいね。
まあ死が身近な時代やからしゃーない



109: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:11:10 ID:7H1
面白いの思い出したわ
南米だったと思うけど人の頭を石で殴って病気治す治療法があったらしいで



112: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:12:08 ID:Oeq
>>109
頭蓋骨に穴開けるんやなかった?



118: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:13:05 ID:7H1
>>112
せやな、実際直った奴もいたらしくけどよくわからんわ



125: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:14:37 ID:F8k
>>118
こん棒とかで殴られて脳内出血した血を頭蓋骨に穴あけて抜いてたんとちゃうかった?



124: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:14:14 ID:iIS
>>112
なんか関暁夫の本だったかで見た記憶ある



113: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:12:23 ID:vxA
>>109
ええ…



129: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:16:03 ID:jJs

129-1

女?


129-2

宇賀神

どうでもいいけどキリスト教では蛇を明確に悪魔のことだと言ってるよね



131: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:17:19 ID:vxA
>>129
蛇は東洋だと神扱いのほうが多い気がするなあ
特別扱いって意味では同じようなもんやろか



140: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:21:18 ID:g2C
>>131
ふと思ったがキリストやない神を祭る異教徒がいる
せや、その神様は悪魔やからみんなだまされているんや
蛇イズ悪魔説



144: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:22:34 ID:vxA
>>140
余所の神を悪魔扱いは神話あるあるやね



147: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:24:38 ID:g2C
>>144
わかる範囲やとイシュタルとバールがゆうめいやな
ゾロアスターのミトラも



173: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:33:46 ID:tJ3
>>131
白蛇は神様の使いだから踏んではいけないとか言うンゴねぇ…
なお隣の家が林道にドライブしに行った時車で踏んだらしく数日後家が火事になった模様
それからは絶対踏まない様にしている、最近じゃ見ないが



195: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:37:37 ID:jGp
>>173
これ日本全国どこでも聞くよな。
20年くらい前に白蛇殺した友達が溺れて死んだんやけどその溺れた場所の名前が蛇淵(じゃぶち)で流石に震えたわ



136: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:18:48 ID:g2C
>>129
東洋やと豊穣の神なんやけどな
シュメールなら竜でギリシャ神話のガイアの役割
蛇イコール悪はアブラハムの一神教ぐらいか?



138: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:19:14 ID:coZ
>>129
竜もヨーロッパでは邪悪な生き物だしな



142: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:22:20 ID:bRJ
蛇の善悪はメインの宗教の死後観も関わるんやない?
死後は天国に行って平和に暮らすんやでって宗派は再生のシンボルの蛇を善とは言えんやろし
輪廻で生まれ変わるんやでって宗派は蛇を善と見るやろうし



148: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:24:57 ID:jJs
>>142
あーなるほど!蛇の死と再生の象徴って輪廻転生のこと言ってたのか
釈迦も悟りを開いた時ナーガっていう蛇神に守護されてたってwikiに書いてあったし



149: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:25:52 ID:nmI
ウロボロス信仰はキリスト教圏でも見る気はするわね



150: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:27:06 ID:7H1
ヨルムンガンドとか北欧神話におるしな
ヒンドゥーの世界観でも自分の尻尾を加えた蛇が世界の外枠にいるし、ウロボロスなんかもいる

南米でもケツァルコアトルという蛇だが鳥だがよくわからん神様おるしな
ちなみにこいつが白い顔してるという神話が巡り巡ってアステカ滅亡につながったらしいで



153: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:27:55 ID:vxA
蛇モチーフって多いよな
古代人蛇大好き説



164: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:31:00 ID:jJs
>>153
神社のしめ縄は蛇が絡み合ってる姿をモチーフにしたもの
鏡餅はとぐろを巻いた蛇でみかんの部分が目
そもそも鏡の「かが」は昔の言葉で蛇の意味だそう



165: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:31:57 ID:vxA
>>164
はえ~
やっぱ好きなんすね~



155: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:28:45 ID:Oeq
アダムとイヴでも
イヴをそそのかしたの蛇やったな



157: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:29:07 ID:7H1
ある程度世界各国の神話は類似してるからな



159: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:30:12 ID:SXG
生贄文化はどこにでもあって(神権政治をいち早く抜けた中国でも)
古代アメリカが目立つのは
・長らく神権政治をやっとった
・生贄文化が注目されやすい遺跡が残ってる
からやと思うね



166: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:31:57 ID:Ybt
中南米の気狂い感がすごい

何がって現在進行形やし
麻薬カルテル連中の残虐さは首切るだけのイスラムが可愛らしく見えるレベルやし



174: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:33:50 ID:SXG
>>166
鎌倉~戦国の日本人も似たようなもんやで
宣教師に日本人すぐキレて人殺すって書かれてるし



176: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:34:06 ID:WoQ
イースター島とかの失われた文明すこ
いやおかしいですやん…みたいな儀式あると不思議と惹かれるわ



185: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:36:04 ID:jJs
>>176
イースター島もなんか人肉食の文化があった気がする



207: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:40:42 ID:WoQ
>>185
1800年代に敵対する部族を皆殺しにしてほとんど食べたとかいう記述が残っとるからなぁ
だからクールー病になるんやで



235: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:46:09 ID:Oeq
嘘言われとるけどロマンあって好き

235



242: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:47:27 ID:lMY
>>235
これつくりもんってネタばらししてなかった?



244: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:48:10 ID:tJ3
日本でも地方の民話本なんか見ると
村で子供行方不明→天狗、妖怪、大蛇の仕業→荒唐無稽ながら妙に生々しい描写→お供えエンドその後現在の地域の風習に至る
困難が児童書とかレベル高過ぎやろ



259: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:51:29 ID:jJs
祗園祭で昔は稚児を生贄として薙刀で殺してたとかネットで見かけたなぁ
祗園祭の祭神はスサノオや



266: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:55:21 ID:jJs

266-1

266-2

266-3

266-4

266-5

突然だけどエジプトのオーパーツ貼っとく
266-6

266-7



268: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:56:30 ID:iIS
>>266
ヘリコプターすき



269: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:57:05 ID:vxA
>>266
一枚目なんや電マか?



281: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:52 ID:bRJ
>>269
発想に草
もう電マにしか見えなくなったわ



284: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:59:57 ID:jJs
>>269
笑うわ



275: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:57:59 ID:Oeq
>>266
不気味やね~



276: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:13 ID:SXG
>>266
全部解明されとるやつばかりやないけ



279: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:46 ID:Elk
>>276
エジプトはロゼッタストーンのおかげで解読できたしな



289: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:01:34 ID:jJs
金色の柱がどうにも電気的な設備に見える



277: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:31 ID:8IZ
エジプトと言えばなぜこんなデザインにしたのか謎すぎる神様

277



278: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:43 ID:br2
>>277
かわいい



280: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:58:49 ID:vxA
>>277
こんなん雑コラやろ



283: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)00:59:54 ID:Elk
>>277
まあメジェド様もこれに負けず劣らずかなりアレな造形ではあるし…



299: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:06:00 ID:iIS
昔のエジプトはやっぱ強いっすね



317: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:16:51 ID:jJs
釈迦とイエスキリスト
輪廻転生は嘘か本当か



322: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:22:37 ID:jJs

322

蛇属性の釈迦さん
イエスとは相性悪そう



323: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:24:48 ID:8IZ
>>322
ムチリンダ君だっけ?

そういやアダムとイブをそそのかして蛇が食べさせたのって林檎やなくていちじく説が濃厚ってマ?



324: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:26:51 ID:jJs
>>323
聖書には木の実としか書いてなかったような
正直比喩表現で性行為したようにも読めるし



326: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:38:59 ID:y2S
>>323
いちじくは股間隠した葉っぱでブドウ説やろ



325: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)01:34:17 ID:Oeq
眠くなってきたンゴ
楽しかったでイッチ


メソアメリカ(Mesoamerica)は、メキシコ及び中央アメリカ北西部とほぼ重複する地域において、共通的な特徴をもった農耕民文化ないし様々な高度文明(マヤ、テオティワカン、アステカなど)が繁栄した文化領域を指し、パウル・キルヒホフの文化要素の分布研究により定義された。地理的には、北はメキシコのパヌコ川からシナロア川あたりまで、南はホンジュラスのモタグァ河口あたりからコスタリカのニコヤ湾あたりまでであるが、この境界線は歴史的に一定していたわけではない。
下記のように壮麗な神殿ピラミッドなどを現在も残すメソアメリカ文明が繁栄した地域であるメソアメリカでは、
    •    定住農村村落の成立(紀元前2000年以後)
    •    オルメカ文明(メキシコ湾岸;紀元前1250頃-紀元前後)
    •    テオティワカン文明(メキシコ中央高原;紀元前後-7世紀頃)
    •    マヤ文明(メキシコ南東部、ユカタン半島、グアテマラなど;紀元前3世紀-16世紀)
    •    トルテカ文明(メキシコ中央高原;7世紀頃-12世紀頃)
    •    サポテカ文明(メキシコ・オアハカ地方;紀元前10世紀-16世紀)
    •    ミシュテカ文明(メキシコ・オアハカ地方;)
    •    タラスカ王国(メキシコ西部地域、ミチョアカン州など;)
    •    アステカ帝国(メキシコ中央高原;15世紀前半-1521年)
などが興亡した。
これらの文化はアジア、ヨーロッパ、アフリカの 三大陸の文明との交流を経験せず、地理的に孤立した環境で発展した。そのため、製鉄技術を知らず、宗教においても独自な体系を成立させるなど、他大陸の文 明とは際立った特徴を有していた。 神殿文化は紀元前二千年紀の末に起こり、それから約2500年の間、外部世界の影響や干渉を受けることなく自力で発展し続けた。ところが15世紀の末、コロンブスに率いられたスペイン人が突然侵入してきた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/メソアメリカ





★本日は少し体調が悪く、昨年の記事を再編集したものを掲載しています。
どうぞご了承ください。