1-4a




1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:15:36 ID:ibV

1. (遊)ヒガンバナ

1-1


2. (捕)ジャガイモ

1-2


3. (中)ヨウシュヤマゴボウ

1-3


4. (左)キョウチクトウ

1-4


5. (右)スズラン

1-5


6. (一)スイセン

1-6


7. (三)ワラビ

1-7


8. (二)タバコ

1-8


9. (投)トリカブト

1-9




2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:16:23 ID:ZAP
トリカブトが入ってて安心した




3: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:16:35 ID:45S
ヒガンバナかっこええな




4: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:16:55 ID:4bS
え?ジャガイモって毒あるんか
ワイ食ったことあるで




6: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:17:28 ID:ibV
>>4
根に毒
ソラニン含んでるから除去しないと食べられない




8: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:18:31 ID:4bS
>>6
はえースーパーでしか買ったことないから知らんかったわ




5: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:17:22 ID:sJ7
これは90勝




7: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:17:31 ID:tOe
にんにくタマネギも毒っちゃ毒あるで




9: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:18:33 ID:nZd
安定の4番




10: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:18:33 ID:rcJ
監督枠にワルナスビどうや?




14: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:22:42 ID:nZd
解説無しか




15: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:26:10 ID:8xz
アジサイの葉も有毒やね




16: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:26:41 ID:ibV
一応簡単に解説

ヒガンバナ
日本で広く見られる花。写真のような花が特徴的。
水田などに害虫駆除のため人為的に植えられていることがある。
球根にアルカロイドであるリコリンを含み、経口摂取すると吐き気や下痢、酷い時には中枢神経にも影響が出る。
その球根、生薬としても用いられるが、有毒なので民間療法で使ったらアカン。




18: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:28:43 ID:EV4
ベラドンナがない訴訟




19: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:29:24 ID:ZoW
タバコが入るなら
ナツメグも入れてくれよ




20: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:30:00 ID:ibV
ジャガイモ
北海道など栽培されているところを除けば安全に食べられて有毒じゃないと思うかもしれない。
だが>>6にあるように根はソラニンが存在し、頻脈、頭痛、嘔吐、胃炎、下痢、食欲減退などを起こすため、
根が付いているものは除去しなければならず、酷い時は除去しきれず捨てられる。
あまり小さいジャガイモを食用としないのもそれが理由。




23: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:32:29 ID:EV4
>>20
根やなくて「芽」やないんか?




25: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:34:26 ID:ibV
ヨウシュヤマゴボウ
写真にあるように、小さいブルーベリーのような果実をつけるが、ブルーベリーとは種類が違う。
果実を含め植物全体が有毒で、ブルーベリーと間違えて摂ってしまうケースもある。
毒の成分も多種多様、嘔吐や麻痺は勿論、中枢神経や心臓にまで影響を及ぼす場合がある。

>>23
ジャガイモのような植物の場合、根も芽もほとんど変わらない
土の中で育っていくし




29: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:37:33 ID:EV4
>>25
はぇぇ




26: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:35:00 ID:rcJ
山葡萄と間違えそうやな画像見る限り




28: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:37:30 ID:32G

28




30: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:38:23 ID:rcJ
>>28
こらあかんわ




37: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:44:22 ID:Y5w
彡(゚)(゚)「ヨウシュヤマゴボウ・・・洋酒?」

彡(^)(^)「これで果実酒作って飲んだろ!」




46: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:49:24 ID:s5v
ヨウシュヤマゴボウ庭先に生えてたから
かじった事あるわ
尚不味い模様




50: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:51:55 ID:CgB
ヨウシュヤマゴボウは保育園の水遊びで使ってた思い出
今思うと危険なことやったんやな




51: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:52:14 ID:YeH
>>50
ホンマに洋種やった?




58: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:58:05 ID:CgB
>>51
せやで




21: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:31:24 ID:ynb
トウゴマの種はヤバイ
ソースは喧嘩商売




31: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:38:37 ID:32G
彡(゚)(゚)「ティッシュ無いわ…葉っぱで拭いたろ!」

31




32: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:40:31 ID:ynb
>>31
グッバイやきう




33: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:40:35 ID:YeH
>>31
毒とは違うやん?




38: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:44:26 ID:rcJ
>>33
熱い酸に触れたような痛みに最長2年は苦閉められることになるんやで




39: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:45:11 ID:rcJ
>>33
説明文見つけた
オーストラリアのギンピ-ギンピは、トゲのある樹木の中で最も苦痛を与える木だ。ギンピ-ギンピが与える激しい痛みは"酸をスプレーされたようだ"といわれていて、その苦痛から自殺に追いやられた患者もいる。
最も痛ましい事例は、低木の茂みの中で誤ってこの植物の葉をトイレットペーパー代わりに使った後、銃で自殺した男性の話だ。
この非常に恐ろしい木は、あらゆる毒の中でも最も持続性のある毒を持っていて、刺された後2年間以上も焼けつくような痛みが続く恐れがある。これは接触した部分に送り込まれた毒針に毒が残るためだといわれている。ある研究者はその毒が20年以上も留まり続けること発見した。




49: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:49:48 ID:YeH
>>39
おお、トゲだけじゃなく毒もあるんか
適当こいてすまんかったで




27: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:36:06 ID:Fvy
夾竹桃が四番やろうなと思ったら
やっぱりそうだった




34: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:41:12 ID:ibV
キョウチクトウ
写真のような美しい赤や白の花を咲かせ、学校にもよく咲いている、身近な植物界最強と言っても良い有毒植物。
植物全体にオレアンドリンという青酸カリを上回る致死量を誇る毒を持ち、実際の症例も箸代わりにしたら死ぬ、串代わりにしたら死ぬといったように伝説級。
福岡市は伐採しようとしたがすぐ撤回。1970年ごろには喘息も報告されている。
広島市などの市花でもあり、広島がそれに指定したのは、原爆を落とされた後真っ先に再生した花で生命力の高さを表すためだとされている。
園芸用にも使われるが、害虫駆除にも使われる。




40: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:45:18 ID:jkp
>>34
ヒェッ




41: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:45:43 ID:ibV
スズラン
写真のように鈴のような花を咲かせることで有名。
と同時に草に、コンバラトキシンという有毒物質を含むことでも有名だったりする。
これも摂取すれば嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などを起こす。
北海道で良く栽培される山菜ギョウジャニンニクと間違えて食べてしまったケースもある。




42: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:46:47 ID:32G
これもうわかんねぇな

42




43: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:47:00 ID:q0V
ウルシもかぶれるから嫌や




44: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:48:59 ID:cWB
ワイも若い頃はそのへんの草食っては毒でよく死んでたンゴねぇ…




48: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:49:45 ID:ibV
スイセン
ヒガンバナの仲間だったりする植物。
全草、特に球根にリコリンやシュウ酸カルシウムといった有毒物質を含む。
食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こす。死亡例は少ないが、アサツキと間違えて食べて死んだ例はある。
アサツキのように、ニラ系の植物と間違えることがあるので注意。

>>44
はよ成仏せぇや




45: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:49:15 ID:rcJ
まお幽




47: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:49:35 ID:jKj
これはオジギソウ


47

オジギソウ
(お辞儀草、含羞草、学名:Mimosa pudica)とはマメ科ネムノキ亜科の植物の一種。別名ネムリグサ(眠り草)、ミモザ。
なお、ミモザは本来オジギソウの学名に由来する植物名であるが、現在の日本語ではほぼアカシア類の花を呼ぶ名としてのみ使われていて、これは本来は誤用である。種小名のpudicaはラテン語で「内気な」の意味。

毒性アルカロイドのミモシンを含む。ミモシンは抗増殖効果やアポトーシス誘導作用を示すことが明らかにされている。抽出物は糞線虫 (Strongyloides stercoralis) のフィラリア型幼虫を1時間以内に動かなくする。根の水抽出物は、タイコブラ (Naja Kaouthia) の毒の致死性に対して顕著な中和効果を示した。コブラの毒の筋毒性と酵素活性を阻害していると考えられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/オジギソウ




52: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:52:52 ID:AXW
ワラビとジャガイモout
ワルナスビとアジサイ追加で


52-1

52-2

ワルナスビ(悪茄子、学名:Solanum carolinense)はナス科の多年草。日本も含め世界的に帰化している外来種である。

花は白または淡青色で同科のナスやジャガイモに似ており、春から秋まで咲き続ける。果実は球形で黄色く熟し、プチトマトに似ているが、全草がソラニンを含み有毒であるため食用にはできず、家畜が食べると場合によっては中毒死することがある。
和名はこれらのたちが悪い生態により付けられた[3]。英語でも「Apple of Sodom(ソドムのリンゴ)」、「Devil's tomato (悪魔のトマト)」などという悪名で呼ばれている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ワルナスビ


アジサイ属(広義アジサイ)の一部の種では、ウシ、ヤギ、人などが摂食したことによる中毒事例が報告されている。症状は過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もある。1920年にアメリカでアジサイの1種アメリカノリノキ によるウシとウマでの中毒について、下痢・体温上昇・呼吸数と心拍数の増加・骨格筋の強い収縮・足を突っ張って飛び上がるなどの症状が見られたが、対症療法により回復したと報告されている。日本では2008年6月に、料理の飾りに使われたアジサイの葉を摂食した客が中毒する事故が発生し、嘔吐・めまい・顔面紅潮の症状を示した。

アジサイ属の毒性物質は明らかにされていない。1920年のアメリカでの報告から、根から抽出されたヒドランギンという青酸配糖体(グリコシド)が中毒の原因であると考えられていたが、1963年にこれは誤りであると報告されている。すなわち、ヒドランギンとされた化合物は実際には窒素(青酸)を含まないウンベリフェロン (7-ヒドロキシクマリン)であった。また2008年の日本の中毒例でも、つくばでは青酸配糖体は検出されておらず、大阪では葉1グラムあたり29マイクログラムと微量であった。これを受けて厚生労働省は2008年8月18日付けで「アジサイの喫食による青酸食中毒について(2008年7月1日)」の文書を廃止した。

2009年に京都薬科大学の吉川らは中国産のアジサイから青酸配糖体としてヒドラシアノシド類を単離したと報告したが、京都産のものには含まれないなど青酸配糖体の量や種類には品種による差があると述べている。一方アジサイ科ジョウザン属のジョウザンに含まれるアルカロイドの一種、フェブリフギンがアジサイにも見られることが報告されているが、この化合物が中毒の原因であるかは明らかではない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アジサイ属




53: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:53:34 ID:Epa
そういや江戸時代にはトマトは毒があると思われてたんやっけ




55: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:54:08 ID:qCi
>>53
ヨーロッパ人もや




54: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:53:50 ID:nYp
ヘビイチゴを甘いと思い込んで大量に集めて食って吐いた思い出




57: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:55:25 ID:ibV
ワラビ
これは山菜で食べられることでお馴染み。ただし食べるにはアク抜きをする必要がある。
ワラビにはビタミンB1を破壊する要素が含まれており、またプタキロサイドという発がん性物質も存在する。
生のワラビは1940年に日本で牛の慢性血尿症が確認されており、60年代には牛や馬の死亡例が多数報告されている。
人間も生で食べると脚気を引き起こす可能性がある。




60: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:58:56 ID:YeH
>>57
イヌワラビやなくてワラビもそんな成分あるんやな




59: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)21:58:06 ID:bQQ
はえ~




61: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:00:12 ID:sv9
彡(゚)(゚)「おっヨモギやんけ!食ったろ!」パク-

彡(^)(^)「何?ヨモギじゃなくてムラサキケマン?」

ワイの実体験




62: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:00:15 ID:ibV
タバコ
タバコといえばニコチン中毒で有名だが、植物全体でニコチンを含み有毒で、また根にはソラニンも含まれる。
根についてはジャガイモもそうだがナス科の植物の多くがソラニンを含み、
トマトが江戸時代有毒とされていたのもその影響と考えられる。
タバコを吸うのもあまり良いことでは無いが、その植物そのものも口に含むと嘔吐や下痢、酷いときには筋肉の痙攣や麻痺を引き起こす。




64: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:03:51 ID:ibV
トリカブト
日本三大有毒植物とされている植物中、「ドク」の名前が付かないのはこれだけ。
有毒物質アコニチンを含むことで有名で、特に根に多く含むが実は植物全体に含まれている。
ギリシャ神話でケルベロスの唾液から生まれた植物とされ、
日本でも二つの保険金殺人事件で使われた植物でもある。




65: 【99】 2017/12/06(水)22:05:11 ID:o8p
ワイはボーイスカウトの時の山菜取りで混入させた事があるわ、トリカブト




66: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:05:29 ID:ibV
>>65
おい




70: 【76】 2017/12/06(水)22:08:15 ID:o8p
>>66
幸い天ぷらにする前にトリカブトって判明してセーブやったで




68: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:06:57 ID:rcJ
昔の毒矢は大体トリカブトかう○この毒やったんやっけ




69: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:07:50 ID:BHD
1.(遊)ヒガンバナ 白:思うはあなた一人 赤:情熱・独立・悲しい思い出・また逢う日を楽しみに 黄:追想・深い思いやりの心

2.(捕)ジャガイモ 慈悲・慈愛・情け深い

3 (中)ヨウシュヤマゴボウ 野生・元気・内縁の妻

4 (左)キョウチクトウ 危険な愛・用心・油断大敵・友情

5 (右)スズラン 再び幸せが訪れる・純粋・純潔・謙遜 

6 (一)スイセン 清純な心・信仰・信頼

7 (三)ワラビ 不変の愛・真面目

8 (二)タバコ あなたがいれば寂しくない・私は孤独が好き・孤独な愛

9 (投)トリカブト 騎士道・栄光・人嫌い・厭世家・復讐




71: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:08:49 ID:ibV
>>69
やめろぉ!
花言葉入れんなぁ!




72: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:08:52 ID:rcJ
>>69
四番かっこe




73: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:09:09 ID:G1i
>>69
タバコかっこe




74: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:09:35 ID:G1i
あなたがいれば寂しくない 私は孤独が好き 孤独な愛 触れ合い 信頼 秘密の恋 援助 保護

マジで草生える




75: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:10:58 ID:ibV
やっぱりトリカブトは昔から有毒だって知られてた訳ね
花言葉でもそれが想像ついてしまう




76: 名無しさん@おーぷん 2017/12/06(水)22:14:21 ID:vEp
ヒガンバナやスズランも毒あったんやね