20180108-18




122: 本当にあった怖い名無し 2017/10/23(月) 22:21:56.67 ID:kI0hozEQ0
オカルトとはちょっと違うけど
大学生のとき近所のおばさんに付きまとわれた話

外で一度挨拶したらえらく感激されて(近頃は挨拶してくる学生がいなくて云々)、それ以降会えば会釈、たまに捕まって小話に付き合わされてた。

あるときおばさんが部屋に訪ねてきて、ドアを開けた瞬間玄関内に入られた。結構恰幅あるのにちょっとだけ開いた隙間からスルッと全身を滑らせるように入ってきて、気付いたら近距離におばさんの顔があった。
お菓子をもってきてくれたらしいけど、さすがにヤバイと思って(正直犯されるかと思った)がとにかく穏便に帰そうと思い、世間話をしてその日は帰した。

その後何度か訪ねてきたが、上記の件以降居留守を使うことにしてた。
クリスマス、バレンタインの日にも訪ねてきて、10分おきに3時間くらいノックの音が続いた。二階の角部屋だったので外の階段の音がよく聞こえるんだけど、ノックの間隔に歩く音はしなかったから、ドアの前に3時間ずっと居たんだと思う。

そのアパートは破格の家賃で、当時貧乏学生だったから結局4年間その調子で住み続けた。通報しても注意だけだろうし、逆恨みされて住むとこ無くなったら行くとこないので耐えたよ。皆さんもご近所さんには気を付けて




142: 本当にあった怖い名無し 2017/10/25(水) 07:28:17.32 ID:tXakLZ2+0
>>122
無事で何より
3時間ずっといたって事は居留守がバレてたのか…
怖い




128: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 00:15:12.44 ID:J8WFtJTh0
知り合いの30代後半彼氏もアパート隣室の独居老婦人にある日気に入られてからは
惣菜を押し付けてこられたりお茶のパックを切らしてるからくれと言われたり
食べ物を入れた袋がドアノブにかけてあったり
彼氏が自室に出入りする瞬間に見計らったように声をかけたりしてきてたらしい
「かまってほしいんだろうけど拒否していつか孤独死されてたらと思うと困惑する」
って聞いたが
「録画できるインターホンつけて来訪チェックして大家や家族に相談したら」
って話をしてあとはなんやかんやあり
知り合いとはつきあいがないので顛末はわからん
なにかしら相手側が思い詰めて事を起こしたら ってのがほんのり話かな




131: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 01:05:29.09 ID:J7BeI22I0
>>128
122です。こういう人、良い人なんだけど、常識みたいなのが欠如してるんだよね。
一度写真撮らせてくれと頼まれて、死守したことがある。あなたが越していっても寂しく無いようにと。本当に寂しいだけだろうけど、例え生きてても生き霊飛ばされそうでこえーよ




123: 本当にあった怖い名無し 2017/10/23(月) 23:18:35.49 ID:RGSPT2ZY0
当時はあんまり怖いと感じなかったけど今改めて思い返すとヤバイんじゃと思う話

中1の夏休み、7月の終わりぐらいだったかな
その日は部活が休みだったから一人で川釣りに出かけたんだ
いつもは歩いていくんだけど、その日は兄貴の自転車を借りていつもより川の上流の方に向かった
途中で自転車を止めて山道を進んで結構よさそうな場所を見つけた
今日はここで釣ろうと決めて仕掛けの準備をしていると、少し離れた所に女の人が立っているのに気づいた
白いシャツと黒いロングスカートで肩ぐらいまで髪を伸ばした高校生ぐらいの女の人
家の方は結構な田舎で、割と広い範囲が1つの中学の学区内になっていて
その地域内の子供は全員顔見知りぐらいの感じだったんだけど、その女の人には見覚えがなかった
ただ何となくその女の人に懐かしい感覚を覚えたんで、誰かの親戚かな程度に思ってそのまま釣りを始めた
だけど釣りを始めて直ぐにその女の人が俺の横まで来て、そのまま隣に腰かけてきた
山道なのに足音1つたてずに




124: 本当にあった怖い名無し 2017/10/23(月) 23:18:51.91 ID:RGSPT2ZY0
それでニコニコ笑いながらずっと俺の方を見てる
用があるんですか的な事を聞いたと思う
それでも女の人は全く答えず、ひたすら嬉しそうに笑いながら見つめてくる
それでなんか居心地が悪くなって釣る場所を変えようと立ち上がると、
女の人も一緒に立ち上がって、何故かシャツを脱いで上半身裸になった
混乱してなんかよくわからない事を口走りながら固まってると、
女の人は俺に抱きつくように体を重ねると、そのまま俺の体をすり抜けて背後に回った
ここに来てようやく「え、幽霊!?」って思って反射的に振り返ると、
その女幽霊は何か黒い塊のようなものを大切そうに両手で胸に抱きながら、
そのまま黒いドロドロになって地面に溶けるように消えてしまった
その後は幽霊を見たって事よりも女の人の裸を生で見たって事の方が先にたってしまってあんまり怖いとは感じなかった
ていうかその女幽霊の裸を思い出して何回かオカズにした
ただ、それから1年後の夏休みに、またあの女幽霊を見た時には流石に背筋が凍った
部活が終わってから友達と遊んだ帰り道、日が沈み始めるぐらいの時間だったはず
バス停の椅子に腰かけて、やっぱりニコニコしながらこっちを見てた、赤ん坊を抱きながら
俺が気付くと前と同じように黒いドロドロになって消えてしまったけど
当時は本当に訳が分からなくて怖さよりも困惑の方が勝ってた
だけど、今思うと最初にあった時になんか抜かれたんじゃ無いかと不安になる




126: 本当にあった怖い名無し 2017/10/23(月) 23:44:20.15 ID:BfS40IpK0
>>124
おいおい、ほんのりじゃねぇよw
すり抜けるまでは普通の人間と変わりなく見えてたの?
よく聞く透けてたとか、動きに違和感があったとかはなかった?
すり抜けてる瞬間って自分の体にめり込んでるような感じでハッキリ見えてたの?
想像したらめっちゃ怖いな…
あの時の貴方の赤ちゃんよって見せに来たのも怖いな




127: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 00:04:29.95 ID:J7BeI22I0
>>124
将来の奥さんかね




129: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 00:21:10.58 ID:J8WFtJTh0
>>124
横にきた時点で「お姉さん佇まいがスケベですねへへへ」
とか言っときゃ展開別ルートかな 

何釣るんだったの?なんか釣れた?
海で神様にあってから大漁とかあるよね

不思議体験乙です




138: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 09:32:46.35 ID:YfsYYHLs0
>>124
悪い物を取ってくれる人なのかもよ?
君が優しすぎるとか優柔不断すぎる人とかであれば、
そういった物を溜めやすいので、心当たりが有るなら「取ってくれてる方」の可能性が少し高まる




132: 124 2017/10/24(火) 01:13:01.87 ID:7T7AgEq00
透けてたりはしてなかったと思う、ホントにすり抜けるまでは普通の女の人だと思ってた記憶があるから
すり抜けられた瞬間の事は一瞬だった上に昔の事だからよく覚えてない
普通にフナとか釣りに行ったんだけどその出来事の後は釣りなんかせずに直ぐに帰った

懐かしさに関しては、実は心当たりがあるというか
少し年の離れた姉がいるんだけど、その姉の娘(自分からだと姪か)が今年の春に中学生になって
その時に伸ばしてた髪を肩ぐらいまでバッサリ切ったんだけど
なんか似てる、あの女幽霊と
ていうか髪切った姪を見て朧気にしか覚えてなかった幽霊の顔をハッキリと思い出した
個々のパーツは似てないんだけど、全体的に雰囲気が似てると言うか
姉はずっと髪を短くする事が無かったから気付かなかったけど、改めて見てみると姉とあの幽霊も雰囲気が似てるような気がする




156: 本当にあった怖い名無し 2017/10/26(木) 11:52:58.22 ID:SMAt+VgO0
家を守ってくれる先祖霊が成仏する時大きな音を立てるという話を聞いたことがる。
身寄りの無い伯母が亡くなって三回忌の翌日、父が亡くなって丁度一年経過して数日後など、
天井が崩れるんじゃないかと思うぐらいの大きな音が響いて、その後なんていうか家に僅かに
漂っていた人がいるような気配が消える経験をしている。
なお、二回とも一緒にいた妻は音が聞こえなかったそうだが、父の時は別の部屋にいた母も
びっくりして部屋から飛び出してきたから空耳では無いと思う。

で、一週間ぐらい前の話なんだが、前の二回より更に大きな「バリバリバリ」という家が崩れる
ような音が聞こえてきた。台風がそろそろ来るのに大変だと思って屋根に上がってみるも何も
ない。
例の音だとしても思い当たる人はいない。(中古住宅で、購入後に死んだのは伯母と父の二人のみ)

ところが、その音が有ってから、母の足の痛みが治る(歩けるようになった)わ、
妻の偏頭痛は治るわ、俺の閃輝暗点(偏頭痛持ちが時々見える謎の画像)が無くなるわと、
一気に家族全員が元気になった。
購入前の家に誰かが憑いていたのかも知れないが、ここ数日家の中が妙に明るくて
居心地が良いわ。
なんだったんだろうなぁ。




209: 本当にあった怖い名無し 2017/10/31(火) 17:24:04.43 ID:UPGITLdt0
急に寒気を感じ、直ぐに自転車の所へ戻ろうと振り返ると、
墓地の前、田圃道に誰かが立っていた。
雨が降っていないのに傘を差した、傘含め全身真っ黒で長身の人。
墓地に入る前に田圃道の前後を確認したし、
墓地に入ってから3分も経っていない。
どこからともなく湧いたそれを見て硬直したが、
背後から猫の鳴き声がしたのを機に、
とにかく墓地を出て、黒い人を見ないようにして、
自転車に乗って猛スピードで帰宅した。
なんやかんや寝た。
   
そして、金縛り。
部屋を反響するような女性の甲高い笑い声と、
猫の鳴き声、異様な物音に頭の中が掻き回された。
  
あの日以来、なるべく深夜にあの田圃道を通らないようにしている。
金縛りはあの晩以来一度もないが、
猫の鳴き声だけは、深夜になると毎日聞こえる。
窓の近くで、同じ方向から同じ音程で長時間鳴いている。
その度に金縛りの時のことを思い出すし、ほんのり怖い。




210: 本当にあった怖い名無し 2017/10/31(火) 17:27:32.22 ID:8soIz8fv0
>>209
ほんのりじゃない((( ;゚Д゚)))




211: 本当にあった怖い名無し 2017/11/01(水) 00:38:34.85 ID:pZpdRq1T0
>>209
おっかねえよ




233: 本当にあった怖い名無し 2017/11/01(水) 23:15:22.14 ID:PZ6P/gIL0
小中のクラスメイトに月に2、3回ぐらいの割合で凄い体調悪そうにしてくるのがいた
そいつは中性的な外見でひょろくて色白だったから、皆体が弱いんじゃないかと心配していたが、
そいつ自身は体調が悪い訳じゃなくて夢見が悪いだけだと言っていた
なんでも酷くグロくて嫌な夢を見るらしく、その夢を見た日は気分が悪いんだとか
俺はそいつとは比較的仲がよく、高校は別になったときどき遊んでいた
ある時そいつに「そういえばまだあの夢はまだ見るの?」と聞いたら、そいつは真剣な顔になって語りだした

あの夢はただの夢じゃなく、先祖の誰かが体験したことらしい
母方の家系の人間がずっと見続けてきた夢で、そいつの母親も祖父も同じ夢に悩まされた時期があるんだとか
そしてそいつがその話を母親から聞いたとき、もう1つ母方の家に伝わるモノ、
ある「呪い」のやり方を教わったとも言っていた

呪いの詳細については教えてはくれなかったが
「なにが呪いだよ、嫌な夢を見させ続けられる方がよっぽど呪われてるわ」
と自嘲気味に笑いながら言っていた

ぶっちゃけ半信半疑だったが(本人も信じても信じなくてもいいと言っていたし)、
最近になって「遺伝子にも記憶がある」という説があるのを知って
あいつが見てる夢ってこの遺伝子の記憶なんじゃないかなと思った




234: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 01:50:47.07 ID:T3V2lEJA0
>>233
家系で同じ夢を見てるのは面白いね。
本当に呪いの力があるのかもしれないし、遺伝的にそうなのかもしれない。でも遺伝的だったら分家筋も同じ夢を見るよね?母方だけの形質だけじゃないみたいだし。
呪いの詳細も気になるw




237: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 12:34:31.05 ID:oEAQOCfN0
俺、両親がいなくて養父母に育てられた
でも小さい頃からよく、寝る前におっさんとおばちゃんの顔が天井に浮かぶようになってて
あー、コレ本当の両親なんだろうなぁ…
死んでも俺のこと見守ってくれてるんだ!と思って
辛いこともそれで乗り越えられたし、
なんかひとりじゃないと思えて心の支えになってた

今月のはじめ、初めて養父母から実の両親の写真見せられた
「えっ誰?」ってなった
あのおじさんおばさんじゃないのよ
よく考えたらもっと若くして死んでる(2人とも20代なかば)し、当たり前だと思う

じゃああの人らは誰?妄想?
俺が作り出した両親イメージ?って慌てた
その次の日からもおじさんおばさんは見える
でも顔がなんとなく怒ってるようにこっちを睨んでる
あの人たち誰なんだろう…
今の所体調が悪いとか、そういうのはない

俺の妄想かもしれないのでほんのりにあげさせてもらいました




238: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 13:50:14.79 ID:erFtZCZd0
>>237
うちの子も寝るときに全然知らない、おじさんと、おばさんが見えて怖いと、最近ずっと言ってる。
なんなんでしょうね?




239: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 15:59:29.45 ID:VqxU5kD00
御先祖様かもしれないけど、親の方の縁の可能性もある(生霊)

怒ってるという点で、自身に心当たりがあるのなら前者が有力だけど、無いなら後者を疑う
後者の場合だと今後の人生でも地味に確実に影響があるので、普段でやましい事等は必ずなさらない様に
色々と失望や絶望といった苦難が自他に降りかかってくるだろうけど後ろ向きな心にはならないようにね、食われるから
前者であると思えるなら、その心当たりをシッカリ片づけておく事




240: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 16:30:29.94 ID:VqxU5kD00
あ、怖がらせる様な事書いてしまったから連投するけど、多分前者だろうと思いますよ
あと、両親の縁と言いましたが、先祖の縁の可能性もありますと一部訂正もしておきます

後者だったらかなり気を付けておかないといけない事だから「食われる」って所まで言及してる
だけど後者の場合、男女という形で出るのってあまり無いので
単体か複数とかでの場合が多く、男女ワンセットという形での後者は稀ですから




244: 本当にあった怖い名無し 2017/11/03(金) 13:57:15.17 ID:/jr+yl1Z0
小学校の時、姉と同じクラスの結構可愛い女子がコックリさんのやりすぎで頭がおかしくなったと話題になった。
授業中に窓の外から見える山を見て、「山に帰りたい」と泣き叫んだとか。
姉が声をかけたら目がギランギランだったらしい。
話題になってしばらくしてその女子は転校という名目でいなくなった。
そんなわけで学校ではコックリさんは禁止になったりした。

何年もたって精神科の研修にいった時保護室にその子が入ってた。
一応破瓜型の統合失調症の陽性症状だったのたが、妄想の内容が「自身が狐である」という内容で、投薬が思うような効果を得られず、ほとんど入院しっぱなしだった。
狐なので肉か魚しか食べないし、ご飯はまきちらしてしまうし、窓があると叩いて出ようとするので窓の小さい保護室に入っているとのこと。
たまたま発症したのか、狐憑きなのかはわからないが。




251: 本当にあった怖い名無し 2017/11/04(土) 00:38:13.85 ID:L2jnHY8QO
>>244
破瓜型の統失…?




253: 本当にあった怖い名無し 2017/11/04(土) 08:44:35.67 ID:AITkUY5R0
破瓜型の進行した状態っぽいね。




365: 本当にあった怖い名無し 2017/11/11(土) 23:19:28.07 ID:Dd8gGnXr0
去年の正月から少し経ったくらいに誘われて神社に行ったんだ。

きっかけはギャンブル好きなの友人が仮想通貨で儲けたいってことで、御利益があるという神社を探してきていて行くことにになった。車で一時間、他府県の神社だった。

仕事の都合で、神社についた時間は夜7時。友人は「神様に時間は関係ない」と言っていたが、、、着いてみると
屋台がポツポツ4つくらいあってイカ焼きやポテトが売られている。焚き火があり、石燈籠にも明かりが灯っていて、人もまばらではあるが、それなりにいる。

正月から10日くらい経っているのに人がいるんだなと思っていると、一人の初老の男性が目についた。皿に猫の餌を入れているところだった。

初老の男性は、地域に一人はいる猫おじさんで、毎日神社の猫に餌をあげているらしい。




366: 本当にあった怖い名無し 2017/11/11(土) 23:22:17.27 ID:Dd8gGnXr0
友人が「こんばんは、正月から10日くらいたつのに人が結構いるんですね」と話しかけていた。

男性は「今の時期はまだまだ人が来るけど、普段は毎月の月祭り以外は寂しいものだよ」と言った。

男性は僕らを気に入ってくれて色々な話を聞かせてくれた。

親の大病を神社の神様が治してくれた話
稲荷社の狐が夢に出てきた話
神の使いが狐で、猫とは仲が良く、お互いに犬のこと嫌っており、犬の臭いがする人間には御利益がないという話
そして、神様に大きな借りがあるため、毎日神社の掃除と猫の世話をかかさず20年以上しているという話

どの話もおっさんワールド全開だったけど、猫に毎日餌をやっていることは間違いなさそうだった

最後にお気に入りの写真を見せてくれた
稲荷社の狛狐の足の間から顔を出す猫の写真で、男性はとてもいとおしそうに見つめていた

神社から帰って何ヵ月か経った頃、急に神社のことが気になって友人に聞いてみると、場所をGoogleマップで送ってきてくれたので、行ってみることにした

休みの日に行ったので昼間に到着した。前回は夜だったが、明るさとは関係なく、景色が全く違って見えた。




367: 本当にあった怖い名無し 2017/11/11(土) 23:27:16.92 ID:Dd8gGnXr0
石燈籠も稲荷社も何もなく、焚き火をしていた広場もない
小さな社がぽつんとあるだけだった
間違ったかと思ったが、車を止めた場所は同じだし、駐車場所から間違うような道ではない

不思議に思いながらお参りをして、車に戻る途中の自販機でジュースを買っていると、一台の軽トラが来た。挨拶がてら神社のことをたずねてみた

正月には集落の人はお詣りにくるが、それ以外の人は滅多にこないということ
月祭りのことを聞いても、年に一度秋にお祭りをやっていたが、今はやっていないということ
まさかと思い初老の男性のことを聞いてみたが、

野良猫はたくさんいるけど、そんな人は知らない
猫の世話をするような人がいたら俺たちが知らないはずがないとのこと

今回も他府県ナンバーの見知らぬ車が停まっているので様子を見に来たらしい

前回来たときと余りにも様子が違うので、
軽トラの男性に話を聞いてもらっていると、男性は笑いながら「狐に化かされたな、そんなときはタバコを吸え、狐が嫌がって離れていくから」と言う
また、「神社の屋台で何も食べなくて良かったな」と言っていた

彼のお爺さんくらいの時代には狐に化かされることはあまり珍しいことではなかったという
最近でもたまに化かされて石や毒キノコを食べさせられたりするらしい

全然怖くなかったけど、不思議だったな




372: 本当にあった怖い名無し 2017/11/12(日) 18:01:50.51 ID:igvjX1/z0
>>367
おもしろい
犬の臭いさせてたら屋台の食べ物すすめられたりしたんかな




411: 本当にあった怖い名無し 2017/11/18(土) 12:54:10.01 ID:Y/mvaj8f0
>>367
今更ながら読ませてもらった
たしかにあまり怖くはないが好きだなこういうの
おもしろい




369: 本当にあった怖い名無し 2017/11/12(日) 10:14:47.31 ID:xxJwM5ob0
じいちゃんから聞いた話。

ある日、泊まりでカブトムシ探索ができるようにって、じいちゃんが山に小屋を建ててくれたんだ。
当時小学校4年生の俺としては、秘密基地みたいで子供の頃はワクワクしまくりで仕方なかった。
その日も、小屋で寝て早起きしてカブトムシを取りに行った。
じいちゃんは漁師で漁で山を降りてたから、一人で取りに行った。

俺は足を滑らせてしまって山から滑り落ちて足が痛くて泣きながら小屋を目指した。
痛みがひどくなってきて、頭がふわふわしてきて座り込んでからその後の記憶が無い。

ここからじいちゃんから聞いた話。

じいちゃんが小屋に戻った時、俺が居なかった。
慌てて探しに出ようとしたら、小屋の前で当時の俺と同じ年頃の女の子2人に連れられて
俺が歩いて帰ってきたらしい。

話しかけても返事はしないけど、歩いたり寝転んだりはしてたらしくて不思議に思ったそうだ。
足がとんでもなく腫れてるのでじいちゃんが俺を抱えて病院に連れてってくれたみたいで
俺は足を骨折しててますます不思議。

その日の夜明け前、漁をしているとじいちゃんが海でとてつもなく大きい光る物体が
海を移動しているのを見たらしくて、全く魚が取れなかったと嘆いてた。
UFOだったんじゃないか?とじいちゃんは言ってた。
お前を小屋まで運んだ女の子も宇宙人なんじゃないか?とも言ってた。

じいちゃんが鳥取砂丘の下に邪馬台国があるって言うくらい突拍子もない事を言う人だから
あんまり信用は無いんだけど、この話だけは確証も何もないけど真実味があった。
体験したのが俺自身だからなのかな。

おつきあいありがとうございました。




370: 本当にあった怖い名無し 2017/11/12(日) 14:49:39.99 ID:vcD/ZcG80
面白い。童女とか光り物とか御伽草子っぽい




371: 本当にあった怖い名無し 2017/11/12(日) 17:44:31.96 ID:vh9QyOeH0
ほんのりと夢があるよね




388: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 12:57:40.87 ID:HoCgrNsA0
偶然かもしれないが、10年来の友人が嫌な思いをした相手が、軒並み不幸になっているのが少し怖い。

友人の不快度に比例して、不幸の度合いも大きくなってるように見える。
中には突然死んだ人もいる。

最近友人は転職したんだが、そこの先輩と折り合いが悪いらしい。
友人の話で聞く先輩のエピソードが、段々悲惨になってきている。

今は仲良くやっているが、今後関係が崩れたら自分にも何か降りかかってくるんだろうか。




392: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 14:14:44.78 ID:H1/DEKvp0
>>388
偶然じゃないかもしれんぞ。

中学の時、Aという男子生徒がイジメにあって不登校になった。
その後、Aは進学したんだが、その進学先がAをいじめていたBも同じで
登校初日から目をつけられて、3日ほど通学してまた不登校になった。
結局Aはその後一度も登校せずに退学した。
それからのAの詳細は知らんが、8年ほど前にAが死んだ、と夏休みに実家に帰った時親から聞いた。
Aは他に仲が良い奴がいなかったせいか、俺たち同級生には直接誰にも知らされず
親同士が知り合いの母親を通じてそれをしった。
ただ、死因は不明で、Aが死んだのは数ヶ月前、とのこと(多分5月くらい?)。
そして、9月にBが海の事故で死んだ、と友人を通じて連絡があった。
まだ暑い日で、台風が来る直前の波の高い海で泳いで波にさらわれたらしい。
短期間で中3の時の同じクラスのヤツが二人も死ぬなんて嫌な感じだよな、なんて言いあっていたら
その2ヵ月後にさらにCというAをいじめていた奴がバイク事故を起こした。
片方のふくらはぎから下がぐちゃぐちゃになって何度も手術を繰返したが、結局片足を引き摺ることになり
さらに、ヘルメットをしていなかったので頭をうち、脳の一部が機能しなくなって
言語障害・身体障害等が残った。
さすがに連続しすぎて、俺たちも「Aの呪いじゃないのか?」と思っていた。
一番いじめていたBが事故で死に、次に中心にいたCは事故で障害者。
あとはDになにかあったらAの呪い確定だよな、なんて言うヤツもいた。
結局、Dはその後姿を消した。
もともとそいつも(BもCもだけど)チンピラみたいになっていたので、何か悪いことに手を出したんだろうって気もするけど
もしかしたら、どこかで死体になって転がっているかもしれん。
Dの弟が知り合いだけど、それから5年経つ今でもDは行方知れず。
偶然かもしれんが、偶然にしては出来すぎてるわ。




389: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 13:56:35.81 ID:b4GdWeK00
まとめにそんな話があったような。
自分が嫌いな人や嫌な人に不幸が訪れるって話。
友達も大変だな。




390: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 14:10:43.18 ID:977KTtZc0
稀にそういう人いるみたいだよね
なんか念だかなんだかが強いのかな




391: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 14:12:26.25 ID:C2ojQAvcO
憑きモノ筋だっけ?
本人の意思とは無関係に報復




393: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 14:15:46.18 ID:H1/DEKvp0
>それから5年経つ今でもDは行方知れず。

5年じゃねぇ、8年だ
1個ズレたわ、スマン




394: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 15:02:14.94 ID:eKZGsswE0
≫388だが、世の中そういう人がチラホラいるもんなのかね。
≫392なんて、もしかしてって思いたくなる部分もある。
友人の場合、あの手この手で不幸になるか、死ぬかだ。

友人自身はちょっとぼうっとしてるが普通。
ただ、なぜかトラブルに巻き込まれても最終的には思ってもみない援護が舞い込んでくる。
結果オーライで落ち着くのが不思議だ。

友人と仲違いした場合を考えると何となく不安だよ。
ただ、一緒にいることで友人の恩恵を受けてるような気がしないでもなくて、疎遠になるのは少しためらう。




395: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 15:31:10.05 ID:ynElLhC20
普段イジメするような奴だから早死にするんだよ、オカルト関係ねえ




397: 本当にあった怖い名無し 2017/11/14(火) 15:57:36.42 ID:977KTtZc0
人をいじめるのが大好きな無駄に長生きのご老人なんていくらでもいるのに、
いじめる=短命という決めつけは一体どこから来たのか
十分オカルトだよ