20180207-18




1: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:46:26.43 0
時間かかるだろw




5: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:49:04.38 0
時間かかったんだよ




6: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:49:19.63 0
海なんて一年中雨降ってるんだからそりゃそのうち貯まるだろ




7: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:49:21.48 0
雲さえ出来たら早いが
そこまで行くまでが大変




8: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:50:36.26 0
あるのは太陽だけだぞ
どうやって雲が出来たんだ




27: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:11:45.01 0
>>8
CO2って知らない?




28: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:12:48.05 0
>>27
H2Oだろアホ




10: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:52:14.04 0
川から流れてきたんだよ




14: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:57:08.51 0
川が先か海が先か




15: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:57:25.52 0
凹んでるところに雨が降ればそりゃ貯まるだろ




16: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 11:59:31.90 0
蒸発しないの?




17: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:02:52.57 0
宇宙空間にあるチリ的なモノが互いの引力で集まって更にそれ同士が集まってだんだん大きくなっていく
ぶつかったエネルギーで熱くなって溶岩的な物になるそんでその表面は冷やされて地面となる
ここまではイメージ出来るけど水はどこから?水蒸気としてでも存在すれば雲になり雨になり流れて低い所に集まって海になるのはイメージ出来る




32: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:16:31.89 0
>>17
宇宙ができたときは水素しかなかった
水素が集まって星ができた
星の重力で水素が核融合してヘリウムができた
星の水素はそのうち使われすくなくなって重力バランスが崩れて爆発した
あちこちで爆発して散らばった水素とヘリウムが集まって新しい星ができた
新しい星ではヘリウムより重いリチウムとかができた
そうこうしてるうちに酸素もできた
そうこうしてるうちに金属なんかもできた
そうこうしているうちに今の地球を含んだ太陽系ができた
地球では水素と酸素が反応して水ができた
宇宙のあらゆるところでできた彗星(ほとんど水)なんかも飛んできた
そうこうしているうちに海ができた




51: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:23:14.87 0
>>32
水素から核融合してそれぞれできたの?
水素原子と酸素原子が別々にあって摩擦から落雷的な電気刺激で水の電気分解の逆が起こって水が出来たのかと




18: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:03:13.31 0
海に水がたまったんじゃなくて陸が飛び出してきたんだよ




19: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:05:00.46 0
氷の隕石が合体したんやないの




24: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:09:20.47 0
宇宙を彷徨ってた隕石のようなモノの中に水の原子のようなもんがあって
マグマで温められたんだろ




21: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:05:35.35 0
神様が水素と酸素混ぜて作ったんだろ




20: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:05:25.43 0
地球の歴史上では一度出来た海が高熱のせいで全部蒸発して無くなった時もあるとBBCか何かで見た




22: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:06:27.53 0
火星は海あったのに干上がったんだろ?




25: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:09:47.51 0
水が蒸発しても雲が出来て雨になって戻って来るんじゃないの?




26: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:11:38.34 0
最初に集まった塵の中に水素と酸素かそれらの化合物が大量にあったんだろ




29: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:12:53.59 0
じゃあ、月や水星火星でもできるだろ




31: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:14:25.10 0
水星って海の固まりなんかな




30: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:13:13.71 0
シムアースでは氷隕石を落とすとそこから海になった




33: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:17:26.94 0
以前読んだ本だと

宇宙には水素原子くらいしか無かったらしい

それが重力で集まり恒星になる

恒星内部では重力で核融合が起こり、水素よりも重い元素ができるが
鉄が一番安定してるので恒星のコアの部分は鉄になり、鉄よりも重い物質は作られない

恒星の大きさによっては最後に爆発する(超新星爆発)
その時に元素がぶつかり合って鉄よりも重い物質ができて宇宙にばらまかれる




34: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:17:30.26 0
昔読んだトンデモ説の本によると
月はその昔氷と水で覆われててそれが地球の引力でひっぱられた
みたいな事書いてあって信じそうになった事がある




35: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:17:39.58 0
海→雲→雨→海

鶏が先か卵が先か




57: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:30:28.62 0
>>35
水素と酸素が高温で発熱反応したんだから最初は水蒸気つまり雲




39: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:19:03.04 0
太陽からの距離とか天体の大きさ重力なんかが
うまい具合に水素を液体で天体表面に置けるから
生命体が繁殖した
他では天体外に水素が逃げたり常に氷の状態だったりする




40: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:19:38.33 0
原始惑星の集合合体溶融を繰り返すうちに比重の軽い元素は惑星の外郭に集まり冷えて大気と海を形成した
さらに大量の彗星が降り注いで海を大きくした
地球の水は小惑星帯からではなく太陽系外縁部のオールトの雲からやって来たことは解明されてる




41: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:20:00.52 0
サザンとミスチル奇跡の地球




43: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:20:26.23 0
惑星の成り立ちが分かれば判るんだろうな




48: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:22:29.58 0
マジレスしていいのか知らんが>>1で合ってる




52: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:24:30.65 0
まあ時間かかったんだろうけど
待ってる奴も居なかったんだろうしなあ




53: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:25:29.82 0
水は現在の地球上だと安定してるけど
気温が高いと水蒸気になるし、低いと氷になる

これだけ地球上に多いということは水素と酸素の化合物としては安定してるのかな




56: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:30:27.06 0
氷になったから残ったんじゃね




58: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:30:37.49 0
宇宙ができて140億年
太陽系(地球)ができて40億年
太陽の寿命は60億年
時間がかかったといえばかかってはいるが
時間とは何か物質とは何か力(エネルギー)とは何かって
アインシュタインみたいに考えてくと
時間と空間の相互作用が宇宙そのものなんだから
宇宙の中に時間が流れてるんじゃなく
時間は宇宙そのものなんだって結論になっちゃうんだよ




67: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:47:51.17 0
ぶっちゃけ宇宙の科学の信頼度は高くないだろうな
不明な点が多すぎるのを矛盾なく説明するために理論をこね回してるからな




23: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:07:00.33 0
そんな事より何であんなにしょっぱいの




64: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:39:18.66 0
あんなにしょっぱい必要あるか?




68: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:51:55.01 0
海底で臼が塩を出してるからしょっぱい




70: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:58:23.16 0
調べてみたら海水の中の塩分のうち食塩は8割弱くらいなんだな




71: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 12:59:53.14 0
魚は目が痛くならないのかな




72: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 13:05:11.91 0
宇宙戦艦ヤマトの最後の映画で解説してた。水の惑星アクエリアスの急接近によって地球に大量の水がもたらされた。




73: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 13:08:28.22 0
>>72
じゃあその水の惑星アクエリアスの水はどうやって溜まったの?




77: 名無し 2018/02/07(水) 13:13:13.80 O
彗星の尾は太陽熱で溶けた氷
宇宙は水だらけ




78: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 13:15:26.27 0
めちゃめちゃ雨降った時期があった




79: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 13:15:44.51 0
宇宙で最も多いのは最も軽い水素
地球ができた時のガスに多かったのは酸素
合わせてできるのが水
太陽との距離が程良いので大量の水が液体の状態で安定した




82: 名無し募集中。。。 2018/02/07(水) 15:11:41.10 0
今ある海の水は基本的に地球内部の岩石に含まれていたもの
ミネラル分などは岩石から徐々に溶け出してきて今に至る




20180207-16

地球の水の起源、誕生当時から存在?

2014.10.31

アポロ宇宙飛行士から「ブルーマーブル」と称えられた、青く美しい地球。10月30日に発表された古代隕石の最新研究によると、その壮麗な姿の源である 「水」は地球の誕生当時から存在していたという。 地球の海は、いつどこから来たのだろうか? アメリカ、マサチューセッツ州ウッズホールにあるウッズホール海洋研究所(WHOI)のアダム・サラフィアン(Adam Sarafian)氏率いる研究チームは、従来の説よりもかなり早い時期に地球に到来していた可能性を発見した。

 それは約46億年前、内太陽系のすべての天体がまだ形成中の時代だ。地球の水の起源を何億年も巻き戻すことになる。

 従来の仮説は次のような内容だ。形成当時の地球は乾燥しており、その後、高エネルギーの衝突によって表面は溶けた状態になった。水がもたらされたのは、水分を多量に含む彗星や小惑星の衝突が頻繁に起こったかなり後の時代…。

 共同研究者でWHOIの地質学者ホルスト・マーシャル(Horst Marschall)氏は、「地球の形成時に存在した水分子は、蒸発または宇宙に吹き飛ばされたという仮説がある。現在、海として表面を覆う水は、何億年も後にやって来たと考えられていた」と語る。
以下リンク先でご確認下さい。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9901/


20180207-17

海の水の起源、彗星ではなく小惑星?

海水はどこから来たのか
2014.12.11

彗星探査機ロゼッタの観測チームは10日、古代の地球に宇宙から海をもたらしたのは彗星ではなく小惑星である可能性が高いと結論づけた。
 地球の海水はどこからやって来たのだろう? 今回の研究では、約38億年前に大量の彗星が飛来したとき、地表に水がもたらされたかどうかという長年の疑問に迫った。そして、その可能性は低いという結論を導き出した。
 チームを率いるスイス、ベルン大学のキャスリン・アルウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、「地表の水はおそらく小惑星によってもたらされた」と述べている。
「Science」誌に発表された論文によれば、ロゼッタは現在、直径4.1キロのごつごつしたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)を周回している。
 67Pは太陽から4億1800万キロ超の位置にある。

宇宙からの爆撃

 彗星は氷とちりの塊で、はるかかなたの宇宙空間を飛びながら、時折、太陽の近くを通過する。約46億年前に太陽系が誕生してから、彗星と小惑星は8億年 にわたって衝突を繰り返していた。そして、地球や月、ほかの惑星に突入し、最期を飾った。この出来事が起きた期間は後期重爆撃期と呼ばれる。
 間違いなく、初期の地球にも彗星が突入している。そのため、惑星科学者たちは長年、宇宙の氷山とでも呼ぶべき彗星が海の水をもたらしたのではないかと考えてきた。
 アルウェッグ氏によれば、地球は球体になったとき、地表の水はすべて蒸発してしまうマグマの塊だった可能性が高いという。科学者たちが海の起源を宇宙に求めるのはそのためだ。
 そして3年前、彗星が地球に水をもたらしたという説を後押しする発見があった。欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡が、ハートレー第2彗星に 化学的な構造が地球のものとよく似た氷を見つけたのだ。ハートレー第2彗星は67Pと同様、海王星の軌道のすぐ外側にあるエッジワース・カイパーベルトが 起源と考えられている。

 今回の研究結果はその仮説を否定するものだ。「われわれは違う発見をしてしまった」とアルウェッグ氏は話す。「これまでよりわくわくする発見だ」。アルウェッグ氏は、67Pの約23キロ上空を周回するロゼッタに搭載された分光計の運用を指揮している。
 アルウェッグ氏らは分光計を使い、67Pの表面の氷に含まれる重水素の量を測定した。通常の水には水素原子が含まれるが、“重い”水には重水素が含まれる。
 論文によれば、67Pの氷に含まれる重い水の比率は地球の海より3倍ほど大きいという。
 これでカイパーベルトが起源の彗星が初期の地球に水をもたらした可能性は消えたと、アルウェッグ氏は主張する。67Pのように重元素の量が多い彗星はたとえ少数でも、初期の地球にできたくぼみの重い水の比率を急上昇させるためだ。

答えは小惑星

 カイパーベルトの彗星と地球では重い水の比率が異なる可能性が出てきたことから、アルウェッグ氏は、地球の海の水は小惑星の衝突によってもたらされたという新たな説を唱えている。小惑星は小さな岩石の天体で、多くが火星と木星の間で観測される。
 アルウェッグ氏によれば、最初期の太陽は現在ほど高温ではなく、小惑星にも水が凍ったまま存在できたという。初期の太陽系では、太陽から最も遠く、最も 冷たい場所、つまり彗星が集まる場所で重水素が凝集したと考えられているため、小惑星の氷は重水素の比率がはるかに小さい可能性が高い。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141219/429365/