20180510-21




1: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:14:34.03 0
磔とか火刑とか頭おかしい




2: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:16:19.27 0
見せしめ




3: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:18:08.76 0
フランスも40年くらい前まで公開ギロチンやってた




18: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:58:31.27 0
>>3
ギロチンは受刑者の苦痛をなくすため




5: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:20:26.42 0
磔は重罪に適用されたという

磔刑の方法
処刑は公開で行われ、牢内で罪を認めた後に獄死した者に対しても死体を塩漬けにして保存しておき、判決が出された後に磔が執行された。
まず、刑場において地面に置いた磔柱に縄で手首・上腕・足首・胸・腰部を固縛し衣類を剥ぎ取り(槍で突き上げるために両の乳房から脇腹を露出するよ う衣類の一部を剥ぎ、剥いだ布を体の中央で束ねて縛る)、数人掛りで磔柱を立て、柱の下部を地面に掘った穴に入れ、垂直に立てた。磔柱の形状は、男性用が 「キ」の字、女性用が「十」の字で、男性用は股間部に、女性用は足の下に体重を支える台があった。このため男性は大の字の形になり、女性は十の形となって 柱に身動きできないように固縛された。

検使の与力は弾左衛門の手代から執行の準備が整った旨の報告を受け、同心に命じて最期の人改めを行い、受刑者が本人であることを確認させる。

槍を構えた執行役の非人身 分の者が手代の合図で2人磔柱の左右に並び、最初は受刑者の目前で槍を交叉させた。これを「見せ槍」と称した。次に「アリャアリャ」という掛け声ともに、 槍でねじり込むようにまず右脇腹から左肩先にかけて受刑者を串刺しに貫き(穂先が肩先から一尺出るのが正式とされる)、次に左脇腹から右肩先へ貫通させ、 その後は同様の手順で左右交互に槍を貫通させる。受刑者は主に出血多量か外傷性ショックに より2・3回目の貫通で絶命したが、死後もこれを30回ほど繰り返した。槍の柄に血が伝わらないよう、突き通すたびに槍をひねり、藁で槍に付いた血を拭 う。脇腹の傷口からは鮮血が吹き出し、内臓を抉られるので腸などの内臓や残留消化物などが掻き出され、凄惨な有様であったという。西洋の磔刑とは死に至る 過程・方式が全く異なり、事実上は槍による刺殺刑といえる。消化器から肺まで広範な臓器に損傷を与え、またしばしば槍が骨に痞(つか)えたりする場合もあ る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/磔#日本における磔刑




6: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:21:46.62 0
タイムスクープハンターで見たけど事件が起こったら
近所の怪しい奴を拷問して吐かせて解決ってしてたらしい




8: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:22:13.53 0
近所のやつが適当に「あいつが怪しいです」と言えばしょっぴかれて
爪を一枚一枚剥がされる拷問でつい「やりました」と言ってしまう
そして打ち首




10: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:28:40.35 0
石へんの漢字の読み方は
そしてどんな罰




12: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:30:12.77 0
>>10
磔(はりつけ)




14: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:31:01.14 0
ありがとう




11: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:29:48.79 0
福祉なんて無い時代なんだから、単に投獄するだけじゃ、
衣食住を与えてる分だけ一般人よりも厚遇になってしまう




23: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:10:59.58 0
>>11
つか、現代日本が そうなりつつある
衣食住確保の最終手段として刑務所に入ろうとしたんだろう
という動機を感じさせる犯罪事件が目に付くようになった




17: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 09:44:18.47 0
そもそも取り調べが厳しいからな
厳しすぎて死んじゃったりカタワになったり無実なのに自白してしまうほど厳しい
人口100万の都市をわずか百数十人の警察官で取り締まることが可能だったのは疑われたら死ぬという恐怖政治の効果




19: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:01:49.79 0
最近江戸幕府賞賛してるやつが増えてるけどバカだろ




22: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:09:30.88 0
面白いのは、他のどの時代もここまでエグい刑罰ってなかなか無いんだよな
戦国時代の終わり~江戸時代だけ突出してる




30: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 12:58:35.31 0
>>22
中華帝国も大概でしょ




24: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:13:47.92 0
江戸時代はまだ人権てものがないんだぜ?武士に生まれなかった時点で負け




37: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:05:36.93 0
>>24
中途半端な武士なら庶民の方がずっとマシな時代だぞ
だいたい税金は安いし(都会なら無税)責任はないしだからな
基本的に庶民の金持ちの方が上級武士より比較にならんくらい金持ち
税金はないか安いかだし、身分に伴う出費もないからな
武士になりたいなら金出しゃなれるし




25: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:14:48.94 0
下級武士より豪農豪商のが上




27: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 10:16:12.88 0
武士こそ常に身の危険に晒される悲惨な地位だろ




31: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:00:00.48 0
真鍮の牛の中に入れて火でゆっくり炙るやつが一番怖い




32: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:00:23.80 0
これはヨーロッパ中世だけど




33: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:01:40.37 0
間違えた
古代ギリシアやった
ファラリスの雄牛

20180510-25
ファラリスの雄牛




35: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:04:19.80 0
ジャンヌダルクとか見ると、あっちも大概だと思うけどな

あと、ヘンリー八世だかを暗殺しようとした奴への刑




38: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:07:14.20 0
磔にしてもぶっ刺してすぐ殺す和式とぶら下げといて衰弱死させるローマ式じゃどちらが残酷だか




44: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:29:00.08 0
アイアンメイデン(ニュルンベルクの鉄の処女)
拷問器具とは言うけど死んじゃうよね

20180510-22

20180510-23

20180510-24




48: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 17:35:06.91 0
>>44
一回やったら針ぐにゃぐにゃになるだろうから
殺す用途で使われはしなかったと思うが




50: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 18:44:06.01 0
あれは延髄に針ぶっこむんじゃなかったか
まぁ、何バージョンかあるんだろうけど




39: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:12:55.18 0
江戸時代は無駄に苦しめて殺さないようにしてたからな
ノコギリ引きは形だけだし、火あぶりも先に殺しちゃうよう変化したし、切腹も実際に腹切るまえに首飛ばしちゃうからな




40: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:17:32.00 0
金さんとかも平気で市中引き回しのうえ磔獄門してたもんな




41: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:18:38.81 0
越前はどうなの?




45: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 13:44:20.94 0
あまり知られていないだろうけど軽犯罪は今でいう所の町内会みたいなところで処理されていた
小伝馬町に送られるのは重罪人 今で言えば小菅とか
もっとも当時は今でいう所の懲役禁固といった自由刑はメジャーではなかった




47: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 17:31:05.26 0
バカが権力を握るとそうなる
自分以外はゴミにしか見てないから拷問も一種の遊び




49: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 18:21:15.42 0
機械系ならスペインの鉄輪絞首刑がなかなかエグい


Fomfr_garrote

鉄環絞首刑
(てっかんこうしゅけい、スペイン語:Garrote、ガローテ)とは椅子に座らせた死刑囚の首を鉄の輪で絞めて後ろを捻ることで首を絞める絞首刑の一種である。また、拷問道具としても使用される。 スペインの公式な死刑執行法として1978年に憲法改正により死刑制度が廃止されるまで使用されていた。また、スペインの植民地でも行われていた。フィリピンではスペインの植民地からアメリカの植民地に変わった後も1926年に電気椅子が導入されるまで使用されていた。
スペインで最後の使用は、1974年3月2日にアントニオ・ロペス・シエラがサルバドール・プッチ・アンティックに執行したのと、ホセ・モレノがハインツ・チェス(w:es:Heinz Ches)に執行したものである。
かなり残酷な方法であり、映画『サルバドールの朝』の中でサルバドール・プッチ・アンティックへ執行される様子が詳細に再現されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄環絞首刑




51: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 18:46:57.93 0
そういう時代だったからだろ
当時の文明国の中では標準的か生温い方に分類するんじゃね




53: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 18:53:31.37 0
ヨーロッパなんかだと容疑者を地下牢に入れてそのまま忘れて餓死ってのが結構あったみたい




54: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 18:53:38.18 0
火刑は放火犯用
放火なんて今で言えば無差別超大量殺人だし応分だと考えられていたんだろう
気分的には「じゃあてめえが焼け死ね」というところか




55: 名無し募集中。。。 2018/05/09(水) 21:27:27.74 0
斬首や腹切りの時代は今より遥かにライバルサバイバル