20180709-21




1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:09:27 ID:Hlx
彡(^)(^)「1人キャンプは楽しいなぁ……のどかでのんびりしてて」

彡(゚)(゚)「夜景もきれいや……よっしゃ写真撮って原ちゃんに見せたろ」

パシャッ

彡(゚)(゚)「……うーん、やっぱりきれいや!LINEで送るで~」ソウシン-

(´・ω・`)LINE『わあ!すごくきれいだね!ぼくも行きたかったなぁ』

彡(゚)(゚)LINE『原ちゃんはバイトなんやっけ?大変やなぁ』

(´・ω・`)LINE『うん……ちょっとシフト入れすぎちゃった、次は一緒に行こうよ!』

彡(゚)(゚)LINE『もちろんやで』

彡(゚)(゚)「よし、そろそろ寝よ」

テントへ入る彡(゚)(゚)

彡(゚)(゚)「えー……今日は○○山キャンプ場にソロキャンプに来た、空気がよく穏やかで景色もすごく綺麗だった……」

彡(゚)(゚)「よっしゃ、絵日記はこんなもんでええな」

彡(゚)(゚)「ふぅ~……」寝袋in

彡(゚)(゚)「……?」

ワン!ワンワン!

彡(゚)(゚)「……?犬?」

彡(゚)(゚)(あっ、そういやもう1組キャンプしに来とるやつおったな。確か犬連れとったわ)

彡(゚)(゚)(でもけっこう大人しそうやったのに、何をそんなに吠えてるんや?)




5: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:13:05 ID:2Lo
彡(●)(●)




7: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:13:46 ID:dzS
クマー?




9: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:15:53 ID:OK6
もしかして幽霊?




10: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:19:32 ID:Hlx
ワンワン!ワンワン!グルルルル……

彡(゚)(゚)(……こらなんか起こったんか?事故かな?)

彡(゚)(゚)「ちょっと見てみるか……」

外に出る彡(゚)(゚)

彡(゚)(゚)「……おっ、このテントは……もう1組のやな」

彡(゚)(゚)「おーい、おるかー?」

……

彡(゚)(゚)「……?」

ワンワン!ワンワン!

彡(゚)(゚)「!向こうの広場からか」

彡(゚)(゚)(キャンプファイヤーとかするのに使うでっかめの広場があるんやったな)

……広場

彡(゚)(゚)「……?誰もおらん」

イトッ……シャ……ノウ……

彡(゚)(゚)「!?だ、誰や!!」

彡(゚)(゚)が振り向いた先には奇妙な生物がいた

()(●)()「……チッ……チッ……」

毛むくじゃらの体、頭と思しき所に穴が空き目玉の付いた触手が伸びている

彡(゚)(゚)「……でかいな」

()(●)()「イト……シャ……ノウ……」

そして何よりその大きさ、熊の3倍以上はあるだろう

彡(゚)(゚)「……いとっしゃのう?何言っとるかわからんが……」

彡(●)(●)「ワイと戦うつもりか?」

()(●)()「……チッ……チッ」ずるるるずるるる

彡(゚)(゚)「……行ったか、どうやら敵対意思はないようやな」




12: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:29:02 ID:Hlx
パァン!

彡(゚)(゚)「!?……随分軽いが……銃声か?……ま、マズイなこれは!」ダッ

彡(゚)(゚)「どこや!どこに行った!」

彡(゚)(゚)が走った先にあったのはキャンプ場の管理小屋だった

そこには大量の先ほどの怪物がいた

彡(゚)(゚)「……怒らせてもうたんか……マズイな、攻撃されるぞ」

彡(゚)(゚)「てめぇら!こっちを向け!」

ダァン!

彡(゚)(゚)「……!また銃か……しかも今度は猟銃……小屋の中から撃ったんか」

彡(゚)(゚)「チッ、こうなったらしゃあない!」

彡(○)(●)「開眼」

当たりに眩い光が差した

それも、彡(゚)(゚)の目から!!

()((○))() ()((○))() ()((〇))() 『ギュゥウゥウアァァァォァ!!!!』

怪物たちはずるずると身を引きずりながらその光から逃れるように去っていった

彡()(●)「……はァー……はァー」

……モウイナイミタイデス!! ……ヤハリココニイタンダナ…コレハハリゲカ……

彡()(●)「……この姿を見られたらアカン……」

……




13: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:36:15 ID:Hlx
彡(^)(^)「いやー、世話んなりました!ええとこでしたわほんまに」

管理人「ん、あ、あぁ……ところで、昨日はいかがでしたか?なにか物音がしたりとか……」

彡(^)(^)「……いえ!すっかり眠ってしもうて……やっぱり空気がええですからね、快眠ですわ!」

管理人「……そ、それならよかった!ぜひともまた……いらしてください」

彡(゚)(゚)「……さぁ、どうやろな」

管理人「え?」

彡(^)(^)「……それじゃ!楽しかったで」

管理人「あ、はい!それでは!」

帰りのバス内

彡(゚)(゚)「……多分アレは山の土着の神の類やな……」

彡(゚)(゚)「あいつらはアレを怒らせてしもうた……その怒りは多分そうそう鎮められへんで……」

彡(゚)(゚)「ワイがまた行こうと思えるまでに、怒りが解けてたらええんやけどな」

(´・ω・`)LINE『ねえ!今度僕休みなんだ!一緒にキャンプとか行こうよ!』

彡(゚)(゚)「……」

彡(゚)(゚)LINE『あぁ、でもワイ的には今度は海とかがええなぁ』

(´・ω・`)LINE『そう?それじゃ海行こう!』

おわり




14: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:38:22 ID:x3G
微妙




15: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:38:53 ID:HmW
珍妙




16: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:39:11 ID:uaA
巧妙




17: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:41:51 ID:fTX
奇妙




18: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:41:54 ID:5BV
やきうはTさんか




19: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)16:42:57 ID:fTX
寺生まれの彡(゚)(゚)さん