20180712-32




1: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:35:29.81 ID:lJTQNTGJa
なんのために暗記したんや



2: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:35:48.16 ID:7RcIvv0b0
竹富の翁やろ



3: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:35:58.76 ID:UG6y0yjb0
紀貫之だろ?



84: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:42:52.36 ID:PcWUbW4c0
>>3
これ



4: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:36:08.30 ID:NLhjaC8bd
すまん、ワイも分からんわ
誰や?



5: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:36:09.67 ID:kOKFUWRY0
作者不詳さんや



17: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:37:17.34 ID:M1ZSnVnWH
こういうのロマンあってすきだわ



24: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:37:52.65 ID:DGcScV4J0
1割は何者なんや?



27: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:38:00.23 ID:9+AOfcixd
1割はなんやねん



28: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:38:01.99 ID:xO3WrYm/0
知ってる1割が凄い



32: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:38:43.38 ID:98sh4IvRd
知ってるやつは不死の薬飲んだ奴やろ



35: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:38:47.04 ID:JLBzyTY4a
竹に詳しいあの人だぞ



42: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:39:27.72 ID:awJDG0Ez0
確か詠み人知らずさんじゃなかったけ?



46: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:39:42.43 ID:TSpAZOMxd
タイムスリップしたなろう小説家やぞ



49: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:40:09.18 ID:degYqvHTd
平安時代のなろう小説家



62: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:41:03.93 ID:496+oCBs0
1割は平安時代から生きてるやつかなにか?



67: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:41:39.18 ID:QjvwamV/M
1割は平安貴族の末裔なんやろ



75: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:42:10.66 ID:XlFzQuDRp
不詳って色々な有名作品書いたのに本人についての情報が全然残ってないんだよな



79: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:42:23.88 ID:iF7cxZJ7d
未詳と不詳ってどう違うんや



97: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:44:03.21 ID:C3o5pFrsa
>>79
未と不の違いを考えろ
まだ調べてないか調べたけどわかんないか



110: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:45:46.24 ID:KlYn/9DN0
>>79
詳しいことが未解明
詳しいことが不確定

不詳はいくつか説があるけど確証がないってことで
未詳は説にいたるほどの材料もなく研究も進んでないってことや



83: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:42:50.72 ID:LD1Btw9za
登場人物にモデルがいる
朝廷批判の内容がある
和歌を作る知識がある
権力構造を知っている
当時の有力者で登場してない人物がいる
つまりそいつが作者です



92: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:43:26.11 ID:wQY3Ax/Aa
不詳とかいう覆面作家



93: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:43:36.49 ID:TSpAZOMxd
日本史四大正体不明人物

竹取物語の作者

写楽
龍馬暗殺の実行犯

あと1つは?



104: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:44:53.16 ID:qtB/D8lFa
>>93
桃太郎の作者



116: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:46:46.11 ID:KlYn/9DN0
>>93
写楽はほぼ確定しとる



171: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:53:38.92 ID:y8DH8TPG0
>>116
だれ?



198: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:56:08.43 ID:Fg9XyHohH
>>171
当時の新進気鋭の画家の連名プロジェクト説



208: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:57:11.47 ID:nY9ASPkfa
>>198
北斎やと思ってたわ
しゃらくさいにかけてあほくさい



215: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:58:26.43 ID:Fg9XyHohH
>>208
顔の上と顔の下で書き方が違うらしいから複数人は確定臭いんだよなあ



217: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:59:10.36 ID:nY9ASPkfa
>>215
なんでそんな訳のわからんことしとったんや
売れない奴らの売名か?



238: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:02:15.00 ID:ODSMaI0d0
>>217
単なるお遊びやろ
合作なんて古今東西やってるで



243: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:03:36.99 ID:Fg9XyHohH
>>217
芸術家的好奇心なんじゃねーの?
顔アップとか当時は全くない技法、構図使ってるのが写楽だし若手の新時代作りたい感がでたんとちゃう?


20180714-21

東洲斎 写楽
(とうしゅうさい しゃらく、とうじゅうさい しゃらく、生没年不詳)とは、江戸時代中期の浮世絵師。約10か月の短い期間に役者絵その他の作品を版行したのち、忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師として知られる。その出自や経歴については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年〈1763年〉 - 文政3年〈1820年〉)とする説が有力となっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/東洲斎写楽



98: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:44:03.78 ID:bnT7Wwbc0
みなもとのしたごう
源順な



101: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:44:20.69 ID:y3bmHHJCp

20180714-20



281: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:11:34.37 ID:8oetht3iM
>>101
学園ハンサム感



128: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:47:51.17 ID:YUHhJweca
仮に知ってるやつがいても客観的に証明できないともどかしいやろな



129: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:47:59.76 ID:mZ+uvVghd
紀貫之やったらおもしろい



140: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:49:44.05 ID:8wmKOth30
高畑勲やろ
って思ったけど古文のほうか



147: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:50:37.53 ID:rhQeW9gPx
>>140
そもそも題名かぐや姫の物語やろ



144: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:50:13.75 ID:RI6CKD510
実際どんな人なんやろな
貴族の話やし宮中に縁のある人間なんやろうけど



150: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:51:01.27 ID:dX+wRTSd0
誰かはわからんけど男やろなあとは思う



155: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:51:53.62 ID:nfHzAFjZ0
>>150
どっちやねん



172: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:53:52.37 ID:yQn/TvEF0
>>155
文体やネタ元が漢籍仏典のオンパレードなことから男でまず間違いないで



162: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:52:37.20 ID:72j71q6+a
>>150
言い寄ってきた男に難題吹っ掛けて遠回しに断るあたりは女やろ



152: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:51:33.17 ID:CZxsV8Hfd
数千年前に月に移住した人たちの末裔



157: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:52:06.10 ID:GeJLVyyBa
光る竹=墜落した月のロケット
ってムーに書いてあった



173: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:53:54.17 ID:kCioCuHjM
かぐや姫の容姿が気になる



178: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:54:25.21 ID:hWcyGOW40
これワイが作者やと証明できれば今までの印税入るんか?



186: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:55:08.20 ID:ZxSQpVa66
>>178
青空文庫送りだゾ



191: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:55:49.60 ID:RsatSwGAa
>>178
著作権切れてるから



233: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:01:32.71 ID:6XN5HmxhM
>>191
作者の死後50年やからまだやろ



179: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:54:26.21 ID:YUHhJweca
火つけても燃えない毛皮とか中二ぽくてすき



197: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:56:08.29 ID:7VvLJJmEM
>>179
それは別作品のオマージュなんだよなぁ



185: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:55:03.58 ID:GwYA/8sJa
結局誰なんやろな



187: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:55:13.98 ID:RMH8C8hM0
正直オリジナル性ゼロだよな
完全に仏教の世界観やでこれ



216: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:59:08.44 ID:DzNQ5BEra
>>187
いくらでもあるやんそんなの



221: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:59:50.77 ID:cUih19P7M
>>187
その宗教も神話も世界中で被りまくってるぞ



194: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:55:56.45 ID:aHYDc0GOr
せっかく頑張って書いたのに😢



204: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:56:31.78 ID:mhXgyXuO0
作者が男は確定
藤原不比等が嫌いな紀氏の中の誰かやな



207: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 13:57:06.04 ID:y8DH8TPG0
作者は上級貴族馬鹿にして遊んでた
中流貴族だろうなあ



223: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:00:17.44 ID:VJQiUunva
浦島太郎とか風土記に載っとるんよな



231: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:01:29.02 ID:hQ6B+eVM0
藤原不比等やぞ



235: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:01:42.93 ID:12UwvsSvH
当時の推定識字率から庶民は考えづらく、上流階級に属しており、
貴族の情報が入手できる平安京近隣に居住し、
物語に反体制的要素が認められることから、当時権力を握っていた藤原氏の係累ではなく、
漢学(漢語・漢文訓読体の使用)・仏教・民間伝承に精通し、
仮名文字を操ることができ、和歌の才能もあり、
貴重であった紙の入手も可能な人物やぞ



241: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:03:02.74 ID:vJ/SpTtOd
>>235
当時の情報収集の環境を考えるとあまりにも有能すぎない?



255: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:05:27.99 ID:yQn/TvEF0
>>241
だから多分貴族かデカイ寺院の僧侶あたりやと考えられてるで



240: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:02:59.07 ID:/8gfRQGE0
>>235
反体制的な要素は自戒であって作者は藤原側という説もあるぞ



247: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:04:17.67 ID:i/BZXyqeH
あの話の結末
かぐや姫は月の向こうの世界の人間で感情を失って帰ってしまった
帝は特別な人間だったので最後に選別で不老不死の薬とかいう有り得んもんをくれた
でも帝はそれをわざわざ富士山の頂上まで行って燃やしたので不老不死を選ばなかった
だから富士山は今でも燃えている



258: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:05:53.68 ID:vJ/SpTtOd
月の民は穢やしがらみを捨ててるはずなのに
迎えに来た場面で月の民の方が翁よりも感情表現の描写されてる話すき



262: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:07:12.96 ID:i/BZXyqeH
>>258
もの思いがないんだぞ天の羽衣の効果や
喜びや怒りみたいのはあるけど苦悩や悲しみがないっていう感じ
表現難しいけど



280: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:11:05.32 ID:i/BZXyqeH
月の向こうに帰る=死と捉えたのがあの映画やろ
まあ仏教思想的に言うほど間違ってはおらんのかもしれんが



291: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:13:08.91 ID:N7xXSqO8d
写本写本アンド写本で
ほんまに現代に伝承しとるんが当時と変わらんのかもなんかも怪しすぎる
というか日本は近代まで図書館いう概念なかったやろ



302: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:14:18.77 ID:vJ/SpTtOd
>>291
昔から文書管理能力ないからね



306: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:15:03.75 ID:i/BZXyqeH
>>302
写本自体が持ってた意味も分からん
写経みたいな意味合いもあったかもな
富士山噴火で死んだ奴もたくさんおりそうやし



319: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:19:08.81 ID:JuFrUo19d
>>302
文書は書くくせにな
猫可可愛いとかしょうもない日記に限ってのこってたりする



299: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:14:00.54 ID:ul76t+m00
紀貫之あたりは一枚噛んでる可能性あるよな



307: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:16:04.94 ID:bNF0f4i+0
求婚してひどい目にあう貴族たちはモデルがいる
そのため作者は上流貴族コンプレックスがあると推定される



308: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:16:18.59 ID:4v43ttssd
藤原の権力憎んだ陰キャのなろうやぞ



314: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:17:39.50 ID:ul76t+m00
>10世紀の『大和物語』、『うつほ物語』や11世紀の『栄花物語』、『狭衣物語』、また、『源氏物語』に
>「絵は巨勢相覧、手は紀貫之書けり」と言及されていることから、
>遅くとも10世紀半ばまでに成立したと考えられている。



317: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:18:25.57 ID:i/BZXyqeH
>>314
昔は日本に現存する最古の物語って習ったけどな



316: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:18:21.35 ID:800jwoaK0
かぐや姫の物語はよく出来てたわ
あれが正史でいいよ



320: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:19:22.23 ID:i/BZXyqeH
>>316
良くできてるけど
帝との恋愛がしょぼくなることで不老不死を選ばないっていう結末と
それによる富士山の噴煙って締めがなくなるのはあんまり綺麗じゃない



318: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:18:37.35 ID:ul76t+m00
>以上をふまえ、源順、源融、遍昭、紀貫之、紀長谷雄、菅原道真[注釈 2]など数多くの説が提唱されている



323: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:19:51.78 ID:8aY1KTP6d
かぐやって当時の名前としてはおかしないかとずっと思ってるんやが
色々異端よな



328: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:20:19.65 ID:i/BZXyqeH
>>323
煙をかいで亡くなった人ってことだろうまあ



348: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:25:47.11 ID:i2XvpHal0
かぐやという名前は輝くという言葉から来とるということでええんかな



350: 風吹けば名無し 2018/07/12(木) 14:27:31.40 ID:ul76t+m00
>>348
わかんね
今この場で考えるに「かぐわし」の変形?