20180818-17




1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:45:36 ID:MJa
ゴジラ
七人の侍
山椒大夫
近松物語
山の音

やばすぎ




2: 【1675円】 2018/08/17(金)20:45:54 ID:pSz
七人は面白くないぞ




6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:47:55 ID:MJa
>>2
面白いかは別にしてゴージャス感あるやろ




5: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:47:19 ID:HiN
七人の侍おもろいやん
用心棒とかにくらべるとエンタメ性に欠けるが




55: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:15:51 ID:QMH
>>5
なんでや!
大軍VS曲者少数精鋭
仲間集め
籠城戦
敵の方が強武器持ってる

おもしろい要素しかないんだよなぁ




7: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:48:07 ID:qPp
君の名はも同じ年やなかったか?




8: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:48:45 ID:MJa
>>7
おもんないからそれは除いたで




11: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:50:15 ID:qPp
>>8
話題として確実に入れなアカンやろ
ゴジラと君の名はが同じ年→シンゴジラと君の名は。が同じ年ネタは鉄板やろ




9: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:48:50 ID:rBP
>>7
これ
バッバが見に行ったって言ってたわ




10: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:49:44 ID:MJa
東京物語が1953年なのが惜しいンゴ




12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:50:20 ID:HiN
した3つみたことないんやけど
いい作品なんか?




13: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:51:12 ID:MJa
>>12
むしろ上ふたつよりおもろいぞ




14: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:51:41 ID:HiN
>>13
どうせ小難しい文芸映画なんやろ?
ワイはだまされへんで




17: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:54:08 ID:MJa
>>14
別に難しないぞ
溝口と成瀬を信じろ




18: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:54:59 ID:HiN
>>17
黒澤と喜八なら信じられるんやが




19: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:55:49 ID:qPp
成瀬巳喜男作品は体力使うから苦手や




21: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:57:47 ID:MJa
>>19
山の音は最高傑作やぞ




24: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)20:58:52 ID:qPp
>>21
はえー見たことないわそれサンガツ




30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:02:34 ID:brc
勅使河原宏の北斎は55年か
惜しい




35: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:04:52 ID:HiN
他に当たり年ないんやろか




41: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:06:43 ID:71A
>>35
和製ならやっぱりホラーの2000年初期やないやろか




40: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:06:40 ID:brc
邦画洋画合わせたら1964年公開が最強やぞ




44: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:07:39 ID:MJa
>>40
たとえばなんや?




48: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:11:47 ID:brc
>>44
洋画ならマイ・フェア・レディ ドクターストレンジラブ 007 サウンドオブミュージック 荒野の用心棒
邦画なら潮騒 砂の女 モスラ ドゴラ 三大怪獣




56: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:17:04 ID:MJa
>>48
微妙ちゃう?




50: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:12:45 ID:HiN
64年は博士の異常な愛情か




54: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:15:15 ID:MJa
博士の異常な愛情とか今みとれんやろ
あんなのがブラックコメディとされてたんやなあって思うだけの映画




60: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:19:51 ID:qPp
64年ならシェルブールの雨傘とか赤い砂漠とか砂の女とかあるやんけ




64: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:21:13 ID:brc
シェルブールの雨傘のカトリーヌ・ドヌーヴくっそ可愛いかったンゴねえ… それ以外覚えとらんが




42: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:07:10 ID:HiN
ワイの見た映画リストざっと見ると1960年が当たり年っぽいな

勝手にしやがれ
荒野の七人
スパルタカス
アパートの鍵貸します
アラスカ魂
地下鉄のザジ
独立愚連隊西へ
悪い奴ほどよく眠る




45: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:08:22 ID:MJa
>>42
パッとしなさすぎやろ
>>1みろや




46: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:09:28 ID:71A
1960年代ならサンウドオブミュージックがあるなぁ




49: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:12:17 ID:71A
モスラVSゴジラあったの忘れてた




51: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:12:48 ID:qPp
ワイの中では63年が最強やな
8 1/2、山猫、アラビアのロレンス、シャレード、枢機卿、トムジョーンズ、鬼火、太平洋の翼、鳥、アメリカアメリカ
フェリーニとヴィスコンティが共に最高傑作投げ合っとるのがエグい




59: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:19:01 ID:MJa
>>51
シェルブールと野獣の青春inでシャレード鬼火はoutやろ




66: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:21:51 ID:qPp
>>59
何でや!鬼火はルイマル最高傑作やと思うたんやが
シャレードはエンタメ性考えたら外せんと思うんやが
野獣の青春ワイは微妙やったし




72: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:25:42 ID:MJa
>>66
ルイマルおもんないから全然みてへんわ
ただ野獣の青春の方が間違いなくおもろいやろ




52: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:14:56 ID:HiN
73年もなかなか
ダーティハリー2
アメリカの夜
ジャッカルの日
仁義なき戦い




62: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:20:22 ID:MJa
>>52
ミツバチ、ランググッドバイ、北国の帝王、アメリカの夜、パンダコパンダやろ




63: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:21:05 ID:HiN
>>62
北国の帝王はええな
ロング・グッドバイはワイチャンドリアンなんで許せんのや




69: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:24:18 ID:MJa
>>63
ワイもさしてアルトマン好きちゃうけど格的にな




61: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:20:14 ID:HiN
54年の洋画は
麗しのサブリナ
ベラクルス

悪くはない




67: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:23:04 ID:MJa
1954年の海外映画は道、裏窓、波止場、現ナマ、大砂塵あたりやろうなあ




70: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:25:14 ID:71A
>>67
アメリカン・ニューシネマの下地になりましたね




71: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:25:23 ID:HiN
>>67
現ナマはどうなん?
キューブリックのフィルム・ノワールとして
あとから無理に評価された印象やが




75: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:28:09 ID:MJa
>>71
キューブリックやから格的にとりあえず入れたけど、そんなおもろないで
キューブリック自体そこまでおもんない
突撃だけ見たけばええ




78: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:29:42 ID:HiN
>>75
突撃か
ワイはバリー・リンドンが好きやわ
主に戦列歩兵描写のおかげやけど




76: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:28:27 ID:HiN
ヌーベルバーグの評価は上がる一方やけど
アメリカン・ニューシネマの評価は下がる一方やな




77: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:29:38 ID:71A
>>76
どっちも対して変わらんと思うけどね




79: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:29:45 ID:qPp
アメリカンニューシネマは10年遅れで敗戦国の気持ちが分かっただけぐらいの扱い受けとるな
あの時代の俳優はすこすこやで




82: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:31:08 ID:QMH
「キューブリックは意味不明なことやってれば自称映画通は勝手に評価してくれるってのを宇宙の旅で証明した」
って宇多丸が言ってた
多分そうなんやろなと思ってる(未視聴並感)




83: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:32:39 ID:HiN
>>82
町山が言うには2001年は単にキューブリックが下手なだけらしいな
原作はちゃんと筋の通った話らしいし




85: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:34:16 ID:qPp
キューブリックは「別に悪くはないんやが他にもっと凄い監督知っとるわ」的なポジションやと思う
ただロリータだけは凄いと思ったわ




89: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:36:41 ID:MJa
>>85
ロリータのどこがすごいんか見当もつかんがキューブリックは時の洗練に比例して評価さがっとる印象




88: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:35:58 ID:71A
なおロリータは原作ファンからは受けが良くなかった模様




98: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:40:46 ID:qPp
ロリータは抑圧に抑圧を重ねたカット割り凄いと思ったんやがなぁ
感情移入を許さないような突き放したタッチやけど端々からはみ出そうになっとるのが原作っぽくてすこや




100: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:44:36 ID:71A
>>98
知ってるで
ロリの語源を作り上げただけはあるで

でも原作ファンが気に入らんかったのはなんなんやろなぁ
不思議やなぁ

ってネタや




103: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:46:22 ID:qPp
>>100
ああそらもう原作に比べたら色々と大人の都合で徹底され方が違うで
毒抜きを要求され過ぎた結果殺菌剤が毒になっとるようなパターンやと思うわ




65: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:21:21 ID:TZC
ゴジラはマジで「戦後まだ10年経っていない日本」というのが生々しい
「また疎開?」とかセリフあったり
子供抱えた母親が「(戦死した)お父ちゃんの所へいくのよ・・」とか




118: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:00:15 ID:b2T
ゴジラさんはvsキングコングの時に日本だけで来場者数1000万人とかいう偉業をなした模様




120: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:01:32 ID:GSn
いうてゴジラも今見たら流石に見てられてんところは多いで
当時の特撮技術やし




128: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:04:43 ID:71A
>>120
今の技術で目線でそれ言ったら当時の特撮全部おしまいやで
モスラなんか……モスラなんか……




126: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:03:25 ID:8rR
平成ガメラとかいう傑作
ほんとすこ




130: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:05:24 ID:MJa
>>126
1,2見たが言うほどやったわ
特撮オタしかりジャンル映画オタの言うことは所詮ジャンル映画の話でしかないんやなって




132: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:06:05 ID:GSn
>>130
そんなこと言ったら初代ゴジラも(当時の)特撮にしてはすげーってだけやん




137: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:08:42 ID:MJa
>>132
まあそうやな
ゴジラは登場を引っ張らせたり電線が焼け消えるショットとか印象的な映像になるような工夫を感じるが




142: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:09:53 ID:GSn
>>137
誰かが言ってたけど
ジャンル映画は映画としての完成度よりジャンルとしての完成度の方が大事なんや
SF映画は映画としての完成度よりSFとしての完成度の方が大事やし
特撮映画も映画としての完成度より特撮としての完成度のほうが大事やねん




145: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:10:46 ID:MJa
>>142
やから>>130を書いたんやで




131: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:05:37 ID:HiN
初代ゴジラはなんか見れる
カラー化してからのがキツイ




143: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:10:28 ID:71A
CG技術で言ったらどうしても1980年代以降が強いね

バックトゥザフューチャーとか




123: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:02:30 ID:LIb
7人の侍は何言うてるかわからんのがアカン




135: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:07:41 ID:QMH
>>123

じゃけん字幕ONにしましょうね~




140: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:09:41 ID:LIb
>>135
マジではじめのシーンから何言うてるかわからんからな
当時の人たちはどうやってたんやろ?と思ったら
当時から何言ってるかわからんと批判されとったとかほんま草




147: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:11:03 ID:QMH
>>140
左卜全は最初から最後まで何言ってるかわからない説大草原




153: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:15:54 ID:LIb
黒沢って七人の侍で結局は戦前の左翼と右翼を描きたかったんやんな?




155: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:17:15 ID:QMH
>>153
そんな見方あるんか
アクション娯楽だと思ってたゾ




159: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:21:09 ID:MJa
>>153
作者の気持ち的言説は排除するスタンスやが
どちらかというとか金子光晴の文脈での絶望しない日本人庶民とエリート層の図式やろ




161: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:22:32 ID:LIb
>>159
当時はその図式はそのまま左翼と右翼の図式に当てはまるから・・・
でもブルジョワジーとプロレタリアートの図式は黒澤はよく使うね




163: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:29:11 ID:QMH
まあリアリティ第一主義の黒澤に当時の百姓扱わせたら
「弱者はかわいそうだ、清貧だ、ってそんなわけねぇダルルォ?」ドドン
こうなるやろな




166: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:45:28 ID:Gey
7人は貧乏浪人だし、頭脳派と腕っ節派に分かれてるし、いつのまにか死んでるやつもおるし、言うほどエリートか?
ただの泥臭い侍やん?