20181004-5




1: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:41:01.64 ID:MZIvsB/X0
耳を取られるって言うのがまた不気味

秀逸な話だ




2: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:41:27.91 ID:MZIvsB/X0
でもどうしたら助かったんやねん




3: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:41:31.44 ID:GNF+y0t8a
耳引きちぎられても鼓膜あるから聞こえるよな




8: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:16.02 ID:MZIvsB/X0
>>3
ま、そりゃそうだけどな

殺されなかったのかは知らない




5: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:06.74 ID:O488VDgpd
目玉にも書いてたんかな?




6: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:11.89 ID:+6K8PdK+0
痛い




24: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:45:31.91 ID:ZmDvPXpn0
>>5
ガ●ジかな?




10: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:37.42 ID:MZIvsB/X0
>>5
まぶたやろ




7: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:12.06 ID:3FYqO4Db0
ちゃん耳まで書けや




11: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:42:37.48 ID:O488VDgpd
乳首にも書いたんか?




12: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:43:10.12 ID:MZIvsB/X0
>>11
書いたぞ

耳は忘れたけと




16: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:43:32.45 ID:O488VDgpd
>>12
ええなぁ
ワイの乳首にも書いてほしい




21: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:44:16.73 ID:gfXGrQIA0
>>16
どんな性癖やねん




14: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:43:17.93 ID:923G/agy0
そもそもなゆで呪文書く事になったんや、理不尽すぎやろ




19: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:44:02.87 ID:MZIvsB/X0
>>14
そら成仏できるのは芳一ってなったんやろ




38: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:13.31 ID:2+t5JMpp0
>>14
呪文じゃなくて護身用のお経だし…




18: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:43:54.35 ID:s2gidlj70
芳一て平家物語を歌いきったら勝ちやったんか?




23: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:45:04.96 ID:MZIvsB/X0
>>18
そんな設定あったの?




30: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:19.55 ID:s2gidlj70
>>23
身体にお経書いて平家物語歌いきるチャレンジやなかったけ?




20: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:44:11.75 ID:XrZ4hh6V0
ラフカディオハーンさん


20181004-4

小泉 八雲
(こいずみ やくも、1850年6月27日 - 1904年(明治37年)9月26日)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者。東洋と西洋の両方に生きたとも言われる。 出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)。ラフカディオが一般的にファーストネームとして知られているが、実際はミドルネームである。アイルランドの守護聖人・聖パトリックにちなんだファーストネームは、ハーン自身キリスト教の教義に懐疑的であったため、この名をあえて使用しなかったといわれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/小泉八雲




27: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:01.87 ID:fc1MaDKwp
小泉八雲記念館いいぞ




31: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:20.99 ID:MZIvsB/X0
>>27
ええな




28: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:09.47 ID:vhqqB9oSa
これ平家の亡霊じゃなくて源氏の八郎さんが相手だったら耳どころか引っ張った勢いでそのまま頭半分に千切られてたよな

20181004-3
源為朝/鎮西八郎




36: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:03.45 ID:MZIvsB/X0
為朝さんが幽霊だったらカケラも残らなさそう




47: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:48:59.51 ID:vhqqB9oSa
>>36なんか知らんけど琉球王になってるもんな、あの鎮西八郎様




32: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:30.43 ID:clZSK8Sy0
全身にお経書いて幽霊相手にプレデターごっこしたい




45: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:59.56 ID:vhqqB9oSa
>>32ワロス ホーイチシュワちゃん




34: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:48.80 ID:/TMXU0L/0
この怪談の教訓は?




43: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:45.49 ID:MZIvsB/X0
>>34
画竜点睛を欠くやろな




53: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:50:16.98 ID:XCqe7ZVj0
>>43
欠くな。やろ




44: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:49.17 ID:2+t5JMpp0
>>34
知らない人にはついていくな




35: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:49.32 ID:gJF9rb6J0
命は助かったしいいじゃんじゃんみたいなつらしてるお経書き忘れた坊さん見たら殴り飛ばしそう




46: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:59.69 ID:kW1ed6y20
まず体中筆でこしょこしょ文字を書かれたら耐えられへんわ
ワイなら悶える




48: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:49:18.62 ID:KLjhcDfr0
言うほど耳たぶ取られて困るか?




49: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:49:32.83 ID:MZIvsB/X0
呪文を書いたら見えなくなるって、不思議だ

普通倒すためにやるよね




56: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:50:38.44 ID:vhqqB9oSa
>>49目が見えへん奴に殺しは無理ゲーやろ

つーか見えてたら目玉だけ浮かんでる図になってどっちみちバレる




57: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:50:53.04 ID:scTp0FA60
>>49
昔の人はお経に仏の力が宿ると考えとったしな
南無阿弥陀仏言うだけで幽霊倒せるし




62: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:52:00.88 ID:2+t5JMpp0
>>49
仏は守ってはくれるけど攻撃はしないんだろ
よく知らんけど




26: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:45:54.64 ID:5+kPmJF70
日本の昔話って怨霊が勝ったり登場人物消えるの大杉




17: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:43:50.60 ID:KVWfQYAdd
日本昔話とかいう畜生
飯降り山?だかなんだかトラウマもんやで




39: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:47:15.71 ID:vhqqB9oSa
>>17日本人なんて殆どの時代で門の前通った坊さんと乞食弓矢の的にする畜生やぞ




33: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:46:32.98 ID:KVWfQYAdd




51: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:49:58.25 ID:KVWfQYAdd
イワナの怪とか怖かった気がする





58: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:51:01.05 ID:fc1MaDKwp
>>51
日本昔話かな
絵がまた怖かったな




59: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:51:04.03 ID:TWAaHKq70
>>51
これはぁ...根じゃな?




55: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:50:35.88 ID:MZIvsB/X0
昔の怪談ってなかなかいいよね

迷い家だの七人ミサキだの凝ってる




61: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:51:58.78 ID:vhqqB9oSa
>>55遠野物語とかは「まつろわぬ民」要素とか古代日本のかほりもして面白い




63: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:52:12.12 ID:RsfP8qFv0
お経書いた場所は見えなくなるんやなかったけ。耳だけ見えてたから耳とられた。でもそこで声だしたらバレてたから耐えた




66: 風吹けば名無し 2018/10/03(水) 22:52:26.51 ID:zV6O3yJJa
耳だけ浮いとるから取ったろの精神




耳なし芳一(みみなしほういち)は、安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の赤間神宮、山口県下関市)を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の『怪談』にも取り上げられ、広く知られるようになる。

物語
阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいた。芳一は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手であった。
ある夜、和尚の留守の時に、突然どこからともなく一人の武士が現われる。芳一はその武士に請われて「高貴なお方」の屋敷に琵琶を弾きに行く。盲目の芳一にはよく分からなかったが、そこには多くの貴人たちが集っているようであった。壇ノ浦の戦いの くだりをと所望され、芳一が演奏を始めると皆熱心に聴き入り、芳一の芸の巧みさを誉めそやす。しかし、語りが佳境になるにつれて皆声を上げてすすり泣き、 激しく感動している様子で、芳一は自分の演奏への反響の大きさに内心驚く。芳一は七日七晩の演奏を頼まれ、夜ごと出かけるようになるが、武士にこのことは 言うなと告げられた。

和尚は、目の見えない芳一が無断で毎夜一人で出かけ、明け方に帰ってくる事に気付いて不審に思い、寺男たちに後を着けさせた。すると大雨の中、芳一は一人、誰もいない平家一門の墓地の中におり、平家が推戴していた安徳天皇の墓前で、恐ろしいほど無数の鬼火に囲まれて琵琶を弾き語っていた。驚愕した寺男たちは強引に芳一を連れ帰る。事実を聞かされ、和尚に問い詰められた芳一はとうとう事情を打ち明けた。芳一が貴人だと思っていたのは最近、頻繁に出没が目撃されている平家一門の邪悪な怨霊だった。和尚は怨霊たちが邪魔をされたことで今や芳一の琵琶を聞くことだけでは満足せず、このままでは芳一が平家の怨霊に殺されてしまうと案じた。和尚は自分がそばにいれば芳一を守ってやれるが、生憎今夜は法事で芳一のそばについていてやることが出来ない。寺男や小僧で は怨霊に太刀打ちできないし、芳一を法事の席に連れいてけば、怨霊をもその席に連れて行ってしまうかもしれず、檀家に迷惑をかけかねない。そこで和尚は怨 霊の「お経が書かれている身体部分は透明に映り視認できない」という性質を知っていたので、怨霊が芳一を認識できないように、法事寺の小僧と共に芳一の全 身に般若心経を写した。ただしこのとき耳に写経し忘れたことに気が付かなかった。また、芳一に怨霊が何をしても絶対に無視して音を立てず動かないよう堅く言い含めた。

その夜、芳一が一人で座っていると、いつものように武士(平家の怨霊)が芳一を迎えに来た。しかし経文の書かれた芳一の体は、怨霊である武 士には見えない。呼ばれても芳一が返事をしないでいると怨霊は当惑し、「返事がない。琵琶があるが、芳一はおらん。これはいかん。どこにいるのか見てやら ねば…」という独り言が聞こえる。怨霊は芳一を探し回った挙句、写経し忘れた耳のみが暗闇の中で見え、「よかろう。返事をする口がないのだ。両耳の他、琵 琶師の体は何も残っておらん。ならば、出来る限り上様の仰せられた通りにした証として、この耳を持ち帰る他あるまい。」と言い、芳一の頭から耳だけをもぎ 取った。それでも芳一は身動き一つせず、声を出さなかった。怨霊はそのまま去って行った。 明け方になり帰って来た和尚は、両耳をちぎられて血だらけになり意識のない芳一の様子に驚き、昨夜の一部始終を聞いた後、初めて、芳一の身体に般若心経を 写経した際に、小僧が経文を耳にだけ書き漏らしてしまったことに気付き、芳一に、そのことを見落としてしまった自らの非を詫びた。その後、平家の怨霊は二 度と現れず、芳一の耳の傷も無事に癒え、この不思議な出来事が世間に広まり、彼は「耳なし芳一」と呼ばれるようになった。やがて琵琶の腕前も評判になり、 その後は何不自由なく暮らしたという。結果的に芳一に降りかかった禍は、反対に彼の名声を高めることになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/耳なし芳一