20181006-11




1: 天之御名無主 2018/02/23(金) 18:28:45.53
穀物の起源神話とかはまだわかるけど、大洪水なんて滅多に起きないしどうして広まったかわからん




2: 天之御名無主 2018/02/24(土) 01:52:25.36
有史以来これまでナイル河の氾濫はじめ古今東西大洪水事故は数え切れないほど起こって来た
近年の我が国でも大洪水現象は起こっている




3: 天之御名無主 2018/02/24(土) 10:32:05.37
縄文海進じゃないですかね




4: 天之御名無主 2018/02/25(日) 00:22:10.39
氷河期が終わった時の伝承が各地にあるだけだろ




5: 天之御名無主 2018/02/25(日) 01:26:23.31
それも考えられる




6: 天之御名無主 2018/02/25(日) 05:34:33.61
以外と皆んな知らない事実だけど、今から12000年前は現在の海抜より、120メートル程低かった。
それは単に氷河期時代の終わりに氷雪が溶けただけの話。
氷の溶ける温度は0度なので、緩やかな上昇ではなく、一気に数十メートル級の水面上昇が起こって、海抜が低かった頃の文明をいくつも呑み込んだのが起源だと思う。
現在の人口の大半が海抜100メートル以内だからそりゃ当時のアトランティスやムー、マヤなどの先進文明も滅びるしかなかった。




13: 天之御名無主 2018/02/28(水) 14:13:05.21
>>6
文明というか数多の原始文化ね
「先進文明」という言葉を使うとカルト厨共が寄ってくるぞw




15: 天之御名無主 2018/03/01(木) 13:19:47.96
人間の進化に伴い細々と様々に文化集団はあったろうからね。




7: 天之御名無主 2018/02/26(月) 06:30:41.21
世界中に大昔から大洪水はあった 伝説も残る




12: 天之御名無主 2018/02/27(火) 20:39:21.76
中国のは異色で
石像の目が赤くなると、その地は海の底に沈むという言い伝えがあって
それを聞いた悪戯者が目を真っ赤に塗ると
本当に洪水が起こってその一帯が海に沈んでしまう話になってる。

日本でも、宇治拾遺物語に
「唐土の卒塔婆に血の付く事」として伝わっている。




14: 【大吉】 2018/03/01(木) 00:14:39.43
www




17: 天之御名無主 2018/03/05(月) 22:51:30.56
〇〇文明って大抵でかい川の名前やん?
長く続けば大洪水の1つや2つぐらいあるやろ




18: 天之御名無主 2018/03/09(金) 23:26:43.53
パクリ元がシュメール神話の洪水話と思しきものがある。
その代表が旧約とギルガメシュ叙事詩。




24: 天之御名無主 2018/04/22(日) 12:39:41.06
>>18
あの辺りの洪水譚はかなり広範に影響を及ぼしていると感じる




54: 天之御名無主 2018/08/24(金) 16:24:52.46
>>18
それもある




60: 天之御名無主 2018/08/28(火) 06:35:09.52
>>18
影響受けている話は多いだろう

シュメールの神話では、エンキ神がシュルッパクの王ジウスドラ(「命を見る者」という意味で、彼が神から不滅を約束されたことから)に、洪水による人類抹殺を予告する。しかし、神がなぜこれを決定したかという部分については、粘土板から失われている。エンキ神は、大きな船を作るように指示する。命令についての文章も、同じく神話から失われている。7日の氾濫の後、ジウスドラは供物と祈りをアン(空の神)とエンリル(最高神)にささげ、ディルムン(シュメールにおけるエデンの園)で神から永遠の命を授けられる。

バビロニアのギルガメシュ叙事詩によれば、不死を追い求めていたギルガメシュ王は、一種の地上の楽園・ディルムンで、ウトナピシュティムに出会う。ウトナピシュティムは、大洪水によってすべての生命を破壊するという神の計画について、エア神(シュメール神話のエンキ神に類似)が彼に警告し、船を作って彼の家族や友人、財産や家畜を守るよう指示したことを語る。大洪水の後、神はみずからの行動を悔やみ、ウトナピシュティムに不死を与える。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大洪水




19: 天之御名無主 2018/03/11(日) 19:24:10.80
神話の元話の世界的還流




56: 天之御名無主 2018/08/25(土) 12:04:52.10
☆彡
  ( ̄- ̄)
 それな>>19




22: 天之御名無主 2018/03/16(金) 15:55:19.29
神が悪を一掃し善のみ残ると
話は簡単だがそうはいくまいよ




23: 天之御名無主 2018/03/29(木) 22:56:58.60
そりゃそうだ 選民思想も絡んどるけえの




25: 天之御名無主 2018/04/22(日) 21:06:54.28
大洪水は事実だから世界中に神話として残っている




26: 天之御名無主 2018/04/23(月) 23:04:18.33
>>1
雨期と乾季を交互に繰り返す地域や、ナイルの氾濫が出典。




27: 天之御名無主 2018/04/25(水) 10:21:04.83
縄文海進だろ


20181006-12

縄文海進
(じょうもんかいしん)は、縄文時代に日本で発生した海水面の上昇のことである。約6,500年前-約6,000年前にピークを迎え、ピーク時の海面は現在より約5m高く、気候は現在より温暖・湿潤で平均気温が1-2℃高かった。地質学的には有楽町海進(日本では有楽町で最初に調べられたことから)、完新世海進、後氷期海進(Holocene glacial retreat)などと呼ばれる




31: 天之御名無主 2018/04/26(木) 18:06:05.99
メソポタミアから麦作農耕と共に広まっていった説
麦作と言えば氾濫原!みたいな考え方があったとか




32: 天之御名無主 2018/04/27(金) 02:08:28.19
初期のメソポタミア文明はペルシャ湾の底だしな




37: 天之御名無主 2018/05/15(火) 01:12:17.12
洪水は自然現象だからなあ




38: DJgensei artchive gemmar 2018/05/15(火) 14:20:14.73
水分にもストレスがたまるから。




40: 天之御名無主 2018/06/08(金) 20:39:30.33
つーかよう、世界中ってどこだよ
学問やるなら言葉を正確に使えよ、なんで誰も突っ込んでねーんだよ




42: 天之御名無主 2018/07/26(木) 22:29:39.06
エジプトはナイル川氾濫の賜物




43: 天之御名無主 2018/08/01(水) 20:46:00.75
治水は古代より各地域の課題だっただろう




45: 天之御名無主 2018/08/10(金) 20:39:51.67
古代都市は水脈の移動を追うようにして繁栄し衰退している




46: 天之御名無主 2018/08/12(日) 07:20:22.68
水、河川、海に纏わる話は付き物




47: 天之御名無主 2018/08/15(水) 18:33:36.91
>>1
世界中で起こっていた現象だから




48: 天之御名無主 2018/08/16(木) 02:00:40.87
どうしてって、普通に考えて
氷河期が終わって海面が130m上昇して沿岸部が水没したのと
氷山が溶けて氷河湖が形成されてそれが一気に麓に流れて集落を流したことなどが元でしょ




49: 天之御名無主 2018/08/20(月) 05:08:13.11
氷河期が終わったのってどれくらい前の出来事?




80: 天之御名無主 2018/09/06(木) 18:51:04.05
>>49
1万2千年前




58: 天之御名無主 2018/08/26(日) 06:32:05.66
メジャーな文化に大河のエリアが多いよね




61: 天之御名無主 2018/08/29(水) 18:55:19.49
シュメールの影響か




62: 天之御名無主 2018/08/30(木) 21:42:34.06
メソポタミアの「ギルガメッシュ叙事詩」に洪水伝説も洪水7日後にニシル山に漂着して鳩を飛ばし水の引きを確認するくだりも出て来るとさ




71: 天之御名無主 2018/09/03(月) 14:07:16.17
>>62
山への漂着や鳩飛ばしのエピソードまであるんじゃなあ。
ギルガメッシュの聖書への影響は考えねばと。




87: 天之御名無主 2018/09/11(火) 13:07:34.15
>>71
そこまで類似のエピソードがあればこれは影響、繋がりを検討すべき




63: 天之御名無主 2018/08/31(金) 11:03:07.58
ギルガメの話がユダヤの民族に伝わったものがノアの方舟の話ということか




64: 天之御名無主 2018/09/01(土) 06:08:49.69
聖書話の元ネタはメソポタミアの神かいな




65: 天之御名無主 2018/09/01(土) 08:47:10.23
直接ではないだろう
当時西アジア一帯に広まっていたものをシュメールもヘブライも拾った




66: 天之御名無主 2018/09/01(土) 11:34:54.38
バビロン捕囚で捕らえられていたユダヤ人たちがバビロンで聞いたギルガメッシュの話を解放された後にエジプトや行き先で語ったという説があるな




90: 天之御名無主 2018/09/12(水) 11:05:37.71
>>66
ギルガメッシュと聖書との類似性のわけ、そうなったわけの可能性をいえば、ユダヤ人のバビロン捕囚後の解放という話が興味深い




67: 天之御名無主 2018/09/01(土) 14:24:56.25
思えばなるへそな話




68: 天之御名無主 2018/09/01(土) 14:26:28.57
そもそも世界中で洪水があったわけだから




69: 天之御名無主 2018/09/01(土) 21:36:30.81
>>68
>>66はギルガメッシュの方舟の話がユダヤ人に伝わった可能性の場合、その経緯の話な




70: 天之御名無主 2018/09/02(日) 15:04:11.26
ああ、それだよね




74: 天之御名無主 2018/09/03(月) 18:37:38.64
ノアの方舟にはメソポタミア文化の影響ね




75: 天之御名無主 2018/09/03(月) 19:29:35.14
聖書には影響しているんだろうな




78: 天之御名無主 2018/09/06(木) 15:20:42.32
世界各地の水源のある地域では古来何度も自然の洪水はあったが、ギルガメッシュと聖書の波及で似たような神話、伝説が世界中に存在するということですかね




79: 天之御名無主 2018/09/06(木) 16:28:33.08
実際にメソポタミアの下流域が沈んでるわけだし




81: 天之御名無主 2018/09/08(土) 17:24:13.83
↑ザックリ言ってラスコー洞穴の絵画の描かれたくらいの時代かな…

20181006-10
ラスコー洞窟




82: 天之御名無主 2018/09/08(土) 17:58:38.69
ラスコー洞穴の絵画は20,000年前




83: 天之御名無主 2018/09/10(月) 07:25:39.38
大抵、人間は川などの水辺にまず住み着いて
そういった川は定期的に反乱するからじゃないかと




84: 天之御名無主 2018/09/10(月) 14:02:54.30
頷けるよネ




85: 天之御名無主 2018/09/11(火) 12:37:59.62
洪水伝説で、伝説内の表現、エピソードのパターンがギルガメッシュのそれと酷似しているものは、ギルガメッシュの影響を受けて物語が成立した伝説




86: 天之御名無主 2018/09/11(火) 12:44:49.08
人間という同じ種が形成したものだから、洪水という同じ被災を受けた人間たちは、同じような行動をするというだけの話




88: 天之御名無主 2018/09/11(火) 22:30:49.10
ミャオ(苗)/モン族の洪水神話は口伝のせいか諸説別れていて
ノアの箱舟そのままの話とストーリーは別物だが船(瓢箪)で生き残る話がある
どれも兄妹婚姻オチは共通している
ミャオは中国(漢民族)側の呼称でミャオ族自らはモン族と呼ぶ




89: 天之御名無主 2018/09/12(水) 10:01:02.92
↑実に面白い 口伝されて来た伝説の源、出所、大モトネタは何か




91: 天之御名無主 2018/09/12(水) 14:29:35.96
「旧約聖書」はいつ、どのように編纂されたのか
まとまりのあるものが最初に成立したのは前5世紀から前4世紀頃で、ユダヤ民族がペルシアの支配下にあった時期です。
http://textview.jp/post/culture/14116




92: 天之御名無主 2018/09/12(水) 14:32:19.36
マツヤ(サンスクリット語: ??????, Matsya)は、ヒンドゥー教におけるヴィシュヌの第1のアヴァターラ(化身)である。

マツヤが7日後に大洪水が起こり全ての命を破壊することを予言した。
マヌは海にも入りきらなくなった巨大魚マツヤがヴィシュヌの化身であることに気づいた。
彼に船を用意して七人の賢者と全ての種子を乗せるよう言うと魚は姿を消した。
やがて大洪水が起こり、マツヤ(ヴィシュヌ)は船にヴァースキを巻きつけてヒマラヤの山頂まで引張った。
こうしてマヌは生き残り人類の始祖となり、地上に生命を再生させた。

Matsya_painting
https://ja.wikipedia.org/wiki/マツヤ




96: 天之御名無主 2018/09/13(木) 20:37:24.14
日本にもノアの大洪水の話の漢字有るやん

船 

口は人の数を表すし数は八 ノアの箱舟の人間の数と同じだ




97: 天之御名無主 2018/09/15(土) 07:23:18.85
>>96
夢は膨らむな




98: 天之御名無主 2018/09/16(日) 20:35:03.42
神話・伝説は出所の民族と接触した人々を介して伝播、還流して各地、各文化圏でアレンジされ固定化してゆくのかな




99: 天之御名無主 2018/09/29(土) 08:33:22.29
幾つか系列があるんだろ




100: 天之御名無主 2018/10/04(木) 14:12:34.94
あるやろね




101: 天之御名無主 2018/10/05(金) 07:29:09.34
よく判らないがノアの方舟の漂着した跡だとか(否定する調査報告も出ている)、方舟の材料の木片が発見された…とされている
浪漫があると言うか、何とか史実としたい情熱があるんだな




102: 天之御名無主 2018/10/05(金) 17:16:12.77
「the governments top secret pursuit of mystical」の本にこうある。
「1975年夏に米陸軍特殊部隊がアララト山に降下して、ノアの箱舟といわれる物体を調査した。
異様な物体はあちこちが損傷していて、非常に古いらしく、氷に深く埋め込まれていた。
中は廃棄されたように空っぽで、金属製の外殻しか残っていなかった…氷に激突した金属製の機械の
ようだった。おそらく何千年も前のもだろう…」