20181018-11




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:13:35.501 ID:tEEyIIyn01010
大男「――ん?」


ゴォォォォッ!!!


大男「トロッコが猛スピードで走ってきやがった!」

大男(このままじゃ五人死ぬ! かといってコースを変えりゃ一人死ぬ!)

大男(どうすりゃいいんだ!?)

大男「…………」

大男「へっ、そんなの決まってんじゃねえか」




2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:17:09.699 ID:tEEyIIyn01010
ゴォォォォォッ!!!


大男「オレが止めるッ!!!」バッ


ガシッ!


大男「ぐっ!?」グンッ

大男(なんつう衝撃だ……!)グググググ…




5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:20:16.757 ID:tEEyIIyn01010
ギャギャギャギャギャ……!

大男「ぐぐぐ……!」

大男「ぐぐぐぐぐ……!!!」

ギャギャギャギャギャギャギャ……!

大男「止める……ッ!」

大男「止まれええええええっ……!!!」




6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:22:58.418 ID:BkZ9+4Mn01010
塩狩峠事故か




7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:23:04.784 ID:tEEyIIyn01010
キキキキキ……!!!

シュゥゥゥゥゥ…



大男「ぐぅぅぅ……」

大男「ハァ、ハァ……と、止まった……」




9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:27:13.223 ID:MhDddrFV01010
トロッコ問題も筋肉で解決できるのか…




10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:27:33.978 ID:tEEyIIyn01010
ワァッ!!!

五人「俺たちを助けてくれてありがとう!」

一人「コースを変えないでくれてありがとう!」

ワイワイ…



大男「へへっ、みんな無事でよかったぜ!」

大男(しかし、まだ事件が解決したわけじゃねえ……)

大男(トロッコ暴走の原因を突き止めないとな!)




12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:30:17.366 ID:tEEyIIyn01010
大男「おい、トロッコ!」

トロッコ「!」ギクッ

大男「なんでこんなことした?」

トロッコ「くっ、壊せ!」

大男「壊さねえよ……」

大男「わけを話せ! おめえは理由もなくこんなことするトロッコじゃねえはずだ!」

トロッコ「…………ッ」




14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:32:19.968 ID:F18nQy7ar1010
トロッコがしゃべった!




15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:34:14.260 ID:tEEyIIyn01010
トロッコ「実は……命令されたんだ」

大男「やっぱりな……で、誰にだ?」

トロッコ「……社長」

大男「社長?」

トロッコ「俺を作ったトロッコメーカーの社長だよ……」

大男「な、なんだとう!?」




16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:37:09.954 ID:tEEyIIyn01010
大男「人をわざと轢けなんて、なんでまたそんなことを!?」

トロッコ「分からねえ……が、我が社の発展のためだっていわれて……」

トロッコ「俺だってやりたくなかったが……やるしかなかった!」

大男「そりゃそうだろう!」

大男「トロッコが主人に逆らったら、スクラップにされちまうからな!」

大男「お前のような良トロッコにこんなことさせるなんて、トロッコメーカーの社長……許せねえ」

大男「許せねえええええええええ!!!」




17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:40:23.212 ID:tEEyIIyn01010
大男「トロッコ!」

トロッコ「!」

大男「お前はここで待ってろ……」

大男「オレがトロッコメーカーの社長になんでそんな命令したか問いただして、ブン殴ってやるから!」

大男「じゃ、行ってくるぜ!」

五人「行ってらっしゃーい!」

一人「お気をつけて!」




18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:42:11.448 ID:9UdJhZdi01010
がんばえー




19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:44:13.014 ID:tEEyIIyn01010
<交番>

警官「…………」ピクッ

大男「おまわりさん、聞きたいことがあるんだが」

警官(デカイな……。2メートル10……いや2メートル20センチってところか)

警官「なにを聞きたいのかね?」

大男「トロッコメーカーはどっちにある?」

警官「ああ、それなら……」




20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:46:32.247 ID:tEEyIIyn01010
警官「ここから西に4000kmほど行けばいい」

大男「そんなに遠いのか!?」

大男(うむむ、どうしよう……)

大男(行くまでにものすごい時間を食っちまうぞ……)


ゴォォォォォッ!!!


大男「ん?」




21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:47:35.125 ID:F18nQy7ar1010
遠すぎだろ




22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:48:24.317 ID:oP20C1aea1010
警官物知りだな




23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:49:19.929 ID:tEEyIIyn01010
キキッ!

トロッコ「こんなこったろうと思ったぜ!」

大男「トロッコ!」

トロッコ「会社はものすごく遠いんだ! 乗りな! 連れてってやるぜ!」

大男「ありがとよ!」ドスッ

トロッコ「忘れ物はないか!?」

大男「おう!」

トロッコ「しっかり掴まってろよォ! 飛ばすぜぇ!」

ゴォッ!!!




24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:50:07.637 ID:7+6zRvGa01010
警官(デカイな///)




25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:51:16.420 ID:tEEyIIyn01010
ゴォォォォォッ!!!

大男「ヒューッ! 速い速い! 新幹線より速いぜぇ!」ガブッ

トロッコ「おいおい、あんまりしゃべるなよ! 舌噛んじまうからな!」

大男「もう噛んだ」

トロッコ「え」

大男「だが、オレは舌も鍛えてあるから大丈夫だ!」

トロッコ「なるほどな!」




26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:53:10.628 ID:oP20C1aea1010
どこ走ってんのヤバくね?




28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:54:06.570 ID:tEEyIIyn01010
ゴォォォォッ!!!


トロッコ「本社ビルが見えてきたぞ……どうする?」

大男「決まってる! このまま社長室に突っ込んでくれ!」

トロッコ「ラジャー!」


ギュオオオオオオッ!!!




30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 21:57:27.629 ID:tEEyIIyn01010
<トロッコメーカー>

社長「今頃、あのトロッコは人を轢き終わった頃だな」

秘書「はい、破壊力を知らしめてくれるはずです」

社長「クックック……こうしてトロッコの破壊力を宣伝できれば」

社長「我が社のトロッコを兵器市場に売り込めるというもの!」

社長「そうすれば、我が社はさらに発展するというわけだ! ハッハッハ!」



ドガシャァァァンッ!!!




32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:01:26.546 ID:tEEyIIyn0
大男「聞いたぜぇ!」キキキィッ

社長「なんだ貴様は!?」

秘書「きゃっ、風でスカートが……」フワッ

社長「むふっ!」

大男「むほっ!」

大男「おっと……てめえ、トロッコを兵器にするなんて許せねえ!」

トロッコ「社長、こんなことやめてくれ! あんたはそんな人じゃないはずだ!」

社長「トロッコ、貴様裏切ったな! スクラップになりたいか!」

トロッコ「人を轢くぐらいなら、スクラップになった方がマシだ!」

社長「貴様ァ……!」




33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:03:39.104 ID:tEEyIIyn0
大男「社長!」

社長「なんだ!」

大男「オレと勝負しろ! もしオレが勝ったらトロッコを兵器にするなんてやめろ!」

社長「いいだろう……」

社長「トロッコレースで勝負だ! 秘書、私のトロッコを用意したまえ!」

秘書「かしこまりました」




34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:06:32.613 ID:tEEyIIyn0
<レース場>

社長「貴様に乗るのも久しぶりだな。貴様の性能をとくと思い知らせてやれ!」

黒トロッコ「御意」ブオオオン…


大男「絶対勝とうぜ!」

トロッコ「おう!」ブオオオン…



実況『さぁ、二つのトロッコがスタートラインに並び、いよいよレースが始まろうとしております!』

実況『世紀のトロッコレース、勝つのは社長か、それとも大男か!?』




36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:10:33.893 ID:tEEyIIyn0
実況『レディ……ゴー!!!』


社長「ゆけい!」ゴォッ!!!

大男「飛ばすぜぇっ!」ゴォッ!!!



実況『両者一斉に飛び出したーっ!!!』




37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:12:39.069 ID:tEEyIIyn0
ギュンッ!

社長「クックック、その程度か! 早くもだいぶ差がついてしまったぞ?」

大男「は、速い!」



実況『社長の黒トロッコ速い! どんどん差が開いていくぅ~っ!!!』




38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:15:22.811 ID:tEEyIIyn0
社長「当然だ! この黒トロッコは速さに特化した特注品だからなァ!」

社長「そこらの炭鉱で働いているトロッコなどに負けるはずなかろう!」

社長「このレース、最初から勝者は我々だと決まっていたのだ!」

黒トロッコ「…………」



トロッコ「くっ、すまねえ……!」

大男「なに謝ってやがる! 勝負はこれからじゃねえか!」

トロッコ「大男……」

ゴオォッ!!!




39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:18:20.788 ID:tEEyIIyn0
実況『さぁ、最初のコーナーに差し掛かります!』


社長(コーナーか……減速せねば)キキッ…


大男「曲がれぇ!」

トロッコ「おう!」

ギュオオッ!


社長(なにっ!? コーナーを減速せずに!? バ、バカな……!)




40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:21:12.603 ID:tEEyIIyn0
実況『大男、最高速でコーナーを曲がり、一気に追いついたァ! これは分からなくなってきた!』


社長「な、なぜだ!? なぜ減速せずに曲がれたのだ!?」

大男「オレはでかくて重いから、その分車体が安定してるのさ!」

大男「そしてなにより、オレはこいつを信頼してるからなァ! どんなカーブも怖くねえ!」

社長「……くっ! おい、もっとスピードを上げろ!」ビシッバシッ

黒トロッコ「……御意」ギュンッ


実況『ここでムチが入る! やはり直線では社長が速いッ!』




42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:24:09.049 ID:0zzNh6QDr
大男であることがここで活きてくるとは




43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:25:25.604 ID:tEEyIIyn0
実況『さぁ、最後の急カーブ! 両者、この難所をどう突破するのか!?』


ゴォォッ!!!

トロッコ「くそっ、あっちのが速い!」

大男「だが、社長は減速するはず! チャンスはある! 最後まで諦めんな!」

トロッコ「おう!」


社長「…………」




45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:28:21.655 ID:tEEyIIyn0
黒トロッコ「社長、ブレーキを――」

社長「減速するな!」

黒トロッコ「無茶だ、社長! ここは一度減速して、最後の直線で勝負を――」

社長「私の命令が聞けんのか!」

黒トロッコ「……了解した」

ギュルルッ!


実況『黒トロッコ、なんと速度を保ったまま最後のカーブに突っ込んだ!』




46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:31:23.440 ID:tEEyIIyn0
ギャルルルッ! スガァンッ!


実況『黒トロッコ、クラァァァッシュ! 線路の外に吹っ飛んだァァァ!!!』


社長(しまった! やはり私のテクニックでは曲がり切れなかったか!)

社長(あの大男に妙な対抗心を燃やしてしまったことが、運の尽きだったか……!)

社長(私は……ここで死ぬのか……)

社長(トロッコに人を轢けなどと命令した報いか……)




47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:34:28.674 ID:tEEyIIyn0
ガシィッ!!!

大男「ぐっ!」


実況『大男がトロッコに乗りながら、社長と黒トロッコをつかんだ!』


大男「うおおおおおおっ!」グイイッ

ズシンッ!


実況『しかも、見事に社長と黒トロッコを着地させたァ! なんというパワーだァァァ!!!』




48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:37:12.900 ID:tEEyIIyn0
社長「ハァ、ハァ、ハァ……」

社長「なぜ助けた? 我々など助けず、ゴールすればよかったものを……」

大男「へっ、んなこと決まってらぁ!」

大男「おめえはトロッコの生みの親みたいなもんだ……」

大男「親友のオヤジを……見殺しにはできねえだろ?」

社長「ぐうっ……!」

黒トロッコ「社長!」

秘書「社長!」

社長「ああ、分かっている……私の完敗だ」




50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:39:30.149 ID:0zzNh6QDr
かっけえ…




52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:42:09.000 ID:tEEyIIyn0
大男「ってことは――」

社長「むろん、我が社の兵器市場参入は撤回する! これからは平和なトロッコメーカーを目指す!」

大男「やったぜ!」

トロッコ「大男、ありがとう!」

大男「オレのおかげじゃねえ……お前が頑張って走ったからだろうが!」

社長「…………」

秘書「社長、心なしか表情が晴れ晴れなさってますわ」

黒トロッコ「これからもあなたについていきます」

社長「二人とも、ありがとう……」




53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:44:26.076 ID:2q3aXUii0
戦争行ったことないけどトロッコで戦ってたのか




54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:46:02.343 ID:tEEyIIyn0
大男「んじゃあ、仲間達のところに帰るか!」

トロッコ「おう! 乗ってけドロボー!」

ゴォォォッ!!!


こうして、長年人々を悩ませ続けた「トロッコ問題」はついに解決したのであった……!







― 完 ―




56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/10(水) 22:49:13.565 ID:0zzNh6QDr

やっぱり大男は最強だぜ!




★ちなみに塩狩峠事故とは…

塩狩峠(しおかりとうげ)とは、北海道上川郡比布町(旧石狩国)と上川郡和寒町(旧天塩国)の境にある峠。
天塩川水系と石狩川水系の分水界である。

鉄道事故と小説『塩狩峠』
1909年(明治42年)2月28日、午後8時過ぎに蘭留駅を出発した8100形蒸気機関車牽引の名寄駅発旭川駅行き最終急行列車が塩狩峠の頂上付近に差し掛かった時、最後尾の客車の連結器が外れて単独で上り勾配を逆行・逸走する列車分離事故が発生した。乗り合わせていた鉄道院(国鉄の前身)旭川鉄道運輸事務所庶務主任が、客車最後尾側デッキ上のハンドブレーキを操作して暴走する客車の停止を試みるも庶務主任はデッキから転落し、床下に巻き込まれ殉職した。しばらく走行したあと客車は停止し乗客にけが人や犠牲者はなかった。
三浦綾子の小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫は実際の事故の犠牲者である鉄道院職員・長野政雄がモデルである。作品中では主人公が暴走する客車を停止させる最後の手段として、みずからの体を車輪の歯止めにするべくデッキから車両の前に飛び込んで殉職しているが、実際の事故では当事者死亡につき顛末の詳細は不明である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/塩狩峠