20181021-14




1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:15:37 ID:RBJ
【悲報】元寇の頃に日本に送られた蒙古の使者の末路……

1回目 高麗で引き返した(生還)
2回目 蒙古国牒状書持ってきたけど返事もらえなかった(生還)
3回目(1回目と同じ人) 対馬で拒まれて島民捕えて帰った(生還)
4回目 島民帰した(生還)
5回目 日本からの使者?連れて帰った(生還)
6回目(5回目と同じ人) フビライに>>1の報告した(生還)
(文永の役)
7回目 処刑…(死亡)
8回目 また処刑…(死亡)
(弘安の役)
9回目 台風で引き返した(生還)
10回目 日本に行きたくない船員に使者が殺された…(死亡)
11回目 日本に来ずに手紙だけ届けた(生還)
12回目(4回目と同じ人) 鎌倉へ連行、のち15年後に病没(生存、日本に留めて帰さず)
13回目 お坊さんだったんで幽閉のち赦免、日本のお寺の住職になった(生存、日本に留めて帰さず)

13回中、生還8回(本土に来れたのは4回)、死亡3回。

時期で分けると
文永の役前→生還、
文永の役後→処刑
弘安の役後→生かすが帰さず日本に留める

7回目と8回目だけ処刑されとるンゴ……




2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:19:01 ID:KZ1
9回目と11回目の使者はフビライに殺されたけどな




19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:40:42 ID:sJ6
>>2
ファッ!?




44: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)10:52:03 ID:j8L
>>2
それは初耳やわ

10回目の船員も巻き添え恐れたんかもしらんけど、
皇帝の使者を殺害したら当時だと死罪になりそうやな




3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:19:47 ID:mw7
わりと生きてて意外だった
日本もそんなに野蛮人じゃなかった




45: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)11:12:52 ID:j8L
>>3
何度もくる使者に対して全くリアクションせえへんかったと思っとったけど、
何度も朝廷とも議論したり、半島の高麗で偵察しとったり、
5回目の使者の時に日本からも偵察の使者出しとったり、
割と事前に情報収集も対策考えたりもしとるんやな

朝廷の出そうとした返書の内容がぶっ飛んでて
返書しないのとこれ出すのどっちが不味かったのか謎やけど




4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:20:41 ID:zBB
はえーてっきり全部殺されてたと思ったわ




5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:21:09 ID:p61
>>4
ワイもこれ
全員殺されたのかと




20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)22:11:31 ID:vnW
>>4
>>5
そう思っとる人よう見かけるけどなんでやろ?
使者切られたのが元寇の原因だと思っとる人もよう見かけるし
実際は元寇の前には斬られてへんから順番が違うんやけどな

日本が使者切った後に元が攻めてきたんやのうて、
元が攻めてきた後に日本が使者切っとるから




6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:22:43 ID:mw7
あの処刑前に漢詩を残したイケメンの印象が強すぎて
それに比べて倭猿ヤバン過ぎって感じになるんだな




17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:48 ID:sJ6
>>6
大河でイケメンが演じとったの覚えとるわ
原作の小説でも日本からも実家(時輔が手紙届けた)の従僕からも褒められとったな




7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:23:11 ID:F5S
いくら当時でも使者を殺すにはまずいって風潮があったんちゃう




19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:40:42 ID:sJ6
>>7
でも元の使者て色んな国で殺されたり投獄されとったような




8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:25 ID:cqY
>>7
まあ当時世界最大の国やしな




9: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:38 ID:Mqu
シシャだけに生きては帰れません




10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:59 ID:5OT
なんで殺したのバレたんや?
全員帰さなかったら行方不明で済むんちゃうんか?




11: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:26:03 ID:LHc
ワイ執権
外圧には断固屈しない




12: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:26:33 ID:L08
「捕虜を盾にしたろ!これであいつら矢を射れんやろなぁ…ファッ!?」
「博多略奪して物資補給したろ!…ファッ!?」

これは蛮族ですわ




13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:35:48 ID:p61
>>12
「大将っぽい奴の首取ったンゴ!掲げれば戦意喪失やろなぁ…ファッ!?」




14: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:37:44 ID:lhc
鎌倉武士とかいうぐうの音も出ない蛮族集団




15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:16 ID:SNm
鎌倉武士云々より元軍の戦闘力低すぎない?




16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:37 ID:SNm
>>15
戦闘力というか戦意か




26: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)01:43:40 ID:6iX
>>16
弘安の役の時なんか軍議まとまんからて
味方を日本に棄てて帰った人おったなあ

ばれた後に処刑されたんやけど




30: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)04:12:02 ID:icJ
>>15-16
使者も消極的なんか途中で海怖がって帰った人とか
クビライに元寇反対の進言した人とかおったなあ
使者は文官やろうから武官とは違うんかもしれへんけど




21: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)23:23:35 ID:Bnt
文永の役後→処刑
弘安の役後→生かすが帰さず日本に留める

どっちも戦後の使者なのにこの違いは一体……
片方は僧侶だからとしても、もう片方はどうして切られなかったんだ
4回目の使者だった時に対馬の島民を送り帰してるからか?




23: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)00:57:24 ID:Hqh
まあ元て騎馬が主だし日本に来たの正規軍じゃないしな
ほとんど朝鮮で降伏したのが保身のためにした戦争だし




24: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)01:05:34 ID:6iX
>>23
元って従属した国の人が戦いに参加するものちゃう?
南宋の人も弘安の役では参加しとったし、
戦争に限らず政治でも漢人はよく登用されとったし

同じ大陸の騎馬民族で他国征服して広がった女真族の金でもそうやったし、
少数の騎馬民族が広大な領土と人を征服したら
どうしてもそうなるんやろか




27: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)02:08:36 ID:uDu
その頃から蒙古ってあったんか
なんか第二次世界大戦でも目撃したような気がするんやが




28: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)02:12:38 ID:cnA
>>27
第二次大戦でも目撃したて27はいくつや…?
そら蒙古は元寇のもっと前からあるで
チンギスハーン有名やろ




29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)03:47:11 ID:icJ
>>27
元寇の昔の呼び方は蒙古襲来や

今でもこのタイトルそのままの小説とかあった気がするけど




33: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:09:07 ID:OnH
>>27
それ満州の馬賊とちゃうか?




32: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)05:56:04 ID:KrR
「出門妻子贈寒衣 問我西行幾日歸 來時儻佩?金印 莫見蘇秦不下機」 第七回使節 杜世忠
(家の門を出る際に私の妻子は、寒さを凌ぐ衣服を贈ってくれた。そして私に西に出かけて何日ほどで帰ってくるのかと問う。私が帰宅した時に、使節の目的を達して、もし(恩賞として)黄金の印綬を帯びていたならば、蘇秦の妻でさえ機織りの手を休めて出迎えたであろう)

悲しいなあ……




35: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:12:13 ID:hsU
日本に攻めてきたやつらの大半は元に認められたいのと自分らより下の身分の民族が欲しくて参加した高麗人やしな
ついでに日本攻めようぜってフビライに具申したのも高麗人




36: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:14:43 ID:jOK
秀吉の唐入りの時の李氏朝鮮と同じく使者送られた当事者にとっては
「は?何言ってるんや、コイツ」
みたいな内容やったし、扱いが厳しくなっていったのはしゃーない




37: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:16:19 ID:8Ns
蒙古軍の鎌倉武士のイメージほんますこ




40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:22:34 ID:Bdl
指揮官が有能だったのかな
北条氏?




48: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:03:30 ID:AKW
>>40
当時の執権は時宗やけど、戦場には出てへんな




42: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:26:36 ID:jOK
いきなり戦争吹っ掛けずに何度も使者を送ってるあたり、モンゴルさんサイドも脅せば戦争せずに日本が屈すると思ってたんやろな

その度重なる使者が日本の危機感煽って対策を促したのは皮肉やけど




43: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)08:13:09 ID:3km
>>42
時宗は2回目の使者(日本にとっては最初)が着た後にはもう
蒙古が我が国を狙ってるから気を付けろ!って警告発してたんだっけ

二度攻め込まれても折れず対抗姿勢貫いたことといい、
まだ若かったのにすごい気概だったんだな北条時宗って




47: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)16:48:59 ID:AKW
>>42
最初の国書が鎌倉に届いたのが1268年、一度目の元寇の文永の役が1274年やから、
6年も経っとるんやなあ……意外と時間かけとるな
まあ南宋とか他も攻略しとったから日本だけにかまけてたわけやないけど

最初の国書でも日本のこと小国扱いするような書き出しやったし、
舐めプされとったのは日本にとっての幸いやったな




46: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)16:17:41 ID:NSU
6回目の使者ぐう有能
海と風が危険なのも予想的中
やっぱ有能な部下の言葉には耳を傾けないとアカンな

1 名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)22:05:20 ID:Y4y
一年ほど日本に居た第五回&第六回使節の趙良弼さんの報告より

・獰猛で殺を嗜む
・親孝行を知らない
・上下の礼も知らない
・土地は山水が多くて耕作に利がない
・日本人を得ても役に立たない
・日本の土地を得ても富まない
・舟で海を渡るのも風は不定期で、損害を測ることもできない。
・日本征服なんて有用な民力で底なしの巨大の谷を埋めるようなもの
・結論、(元寇)反対

ここまで言われてなんで攻めてきたんや…




49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:45:56 ID:REo
6回目まで全員生還しとるのに、日本が処刑したってデマが蔓延しとるのはなんで?




50: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:51:29 ID:REo
元寇の前に使者を処刑したってデマ、やった

元寇の前に来たのってこの生きて帰った6回だけやろ?