20181026-14




1: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:33:21.21 ID:x2rxX8Ix0
これは体に良い食い物じゃ
みたいなやつ




2: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:33:41.52 ID:tUaNrdEDa
紀元前からあった




3: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:34:03.71 ID:zwUdcqv/a
あったら脚気なんか流行らんやろ

脚気(かっけ、英: beriberi)は、ビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患である。心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって、下肢のしびれが起きることから、脚気の名で呼ばれる。心臓機能の低下・不全(衝心(しょうしん))を併発したときは、脚気衝心と呼ばれる。最悪の場合には死亡に至る。
日本では、白米が流行した江戸で疾患が流行したため『江戸患い』と呼ばれた。大正時代には、結核と並ぶ二大国民亡国病と言われた。1910年代にビタミンの不足が原因と判明し治療可能となったが、死者が1千人を下回ったのは1950年代である。その後も1970年代にジャンクフードの偏食によるビタミン欠乏、1990年代に点滴輸液中のビタミン欠乏によって、脚気患者が発生し医療問題となった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/脚気




4: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:34:30.81 ID:lBv+yHQ60
そういわれれば気になるな




5: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:34:50.59 ID:x2rxX8Ix0
ないのか?




6: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:35:07.52 ID:x2rxX8Ix0
あったのか?




21: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:37:35.04 ID:tUaNrdEDa
>>5
だからあったって
紀元前5世紀にヘロディコスっていうヒポクラテスの家庭教師が健康のために食事指導だったりマッサージやってた

ヘロディコス(Ήρóðιĸος)は紀元前5世紀のセリュンブリア生まれのトラキアの医者。運動を健康維持と病気の治療へ使った最初に使ったのは彼の功績であり、ヒポクラテスの家庭教師の一人とも言われている。薬草と油を用いた健康の為の食事とマッサージを推奨し、その論理はスポーツ医学の基礎だと考えられている。最初はやさしくゆっくりと、その後より速く力を加え、そして緩やかに摩擦するという的確なマッサージの方法を編み出した。

ヘロディコスはまた体操の達人(παιδοτρίβης)にして哲学者であったと記述されている。プラトンによればヘロディクスは患者へアテネから110km以上離れたメガラまで歩くことを推奨したというが、確かな証拠は見つかっていない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘロディコス




24: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:18.40 ID:x2rxX8Ix0
>>21
はぇ~よくわかったな




9: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:35:34.00 ID:RVNJZTzi0
そりゃあるだろ




7: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:35:15.33 ID:ANoMjASG0
勘で何とかしてた




10: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:35:55.16 ID:x2rxX8Ix0
米大量に食って空腹抑えるンゴ!!!
ってやってたら死ぬやろ
なんか体にいいもん食ってたんじゃね




11: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:35:57.40 ID:8OjDS6gaK
ビタミンは知らなかったからなあ




13: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:20.75 ID:jcBIMGjop
カロリー=栄養




14: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:34.06 ID:xDwT2vAya
ギリシャの医学書を読め




15: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:37.77 ID:GG1TpFbHa
科学的根拠ないけど、経験則で滋養食とかあったやろ
一部は今でも通用しとる




16: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:57.03 ID:x2rxX8Ix0
武士とかよく筋肉モリモリなれるよな




17: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:57.33 ID:lBv+yHQ60
あったとしても精がつくモノ=イイモノ位のテンションちゃうの




18: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:36:57.85 ID:cCf2xRU00
納豆




19: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:37:05.41 ID:zwUdcqv/a
鰻とかすきやきはそうか




20: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:37:28.14 ID:RVNJZTzi0
レバー食ってち○ぽビンビンとか経験でわかったんちゃう?




22: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:37:59.16 ID:RVNJZTzi0
生牡蠣食ってち○ぽビンビンとか




23: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:16.34 ID:RVNJZTzi0
ニンニク食ってち○ぽビンビンとか




37: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:57.20 ID:cze4K5Upx
これ食べるとやけにチ○コビンビンになるなぁ…みたいなのはあったんやないか?




25: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:19.62 ID:MaVR+0HL0
栄養に関しては中国のほうが有能だったよな医食同源とか薬膳料理とか
ソースは中華一番




26: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:26.27 ID:GG1TpFbHa
煙草も昔は薬扱いだったとかなんとか




27: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:26.60 ID:e/iETVWl0
江戸時代の方に今の日本を見せてあげたい
こんなに平均身長大きくなりやがって




28: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:49.74 ID:shecNtfV0
ニキビとかできんかったのか?




29: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:52.15 ID:+guwUVzuM
経験則からあるやろ




30: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:52.97 ID:eOdlucZp0
炭水化物とタンパク質は全て米から摂取する




31: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:58.27 ID:87fe0Ah70
意味分からんまま数千年飯食ってるとしたら流石にガイジすぎる




32: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:38:58.52 ID:x2rxX8Ix0
平均身長伸びたのって何が要因?




34: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:15.33 ID:+guwUVzuM
>>32




39: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:02.49 ID:x2rxX8Ix0
>>34
にくは偉大やな




33: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:06.54 ID:s5M0RI440
栄養とは違うかもしれないが古代ギリシャ由来の四体液説やアジアでの医食同源の概念はイッチの求める考えに近くないか?


20171027-5

四体液説
(よんたいえきせつ、英: Humorismまたはhumoralism)とは、「血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁」の4種類を人間の基本体液とする体液病理説(英: humoral pathology)である。体液病理説(もしくは液体病理説)とは、人間の身体には数種類の体液(ラテン語: humorは古代ギリシャ語: χυμός、chymosの訳語で、そのまま「体液」を意味する)があり、その調和によって身体と精神の健康が保たれ(Eucrasia)、バランスが崩れると病気になる(Dyscrasia)とする考え方で、古代インド(アーユルヴェーダ)やギリシャで唱えられた。インドからギリシャに伝わったとも言われる。

四体液説は、西洋で広く行われたギリシャ・アラビア医学(ユナニ医学)の根幹をなしており、19世紀の病理解剖学の誕生まで支持された。どの体液が優位であるかは、人の気質・体質に大きく影響すると考えられ、四体液説と占星術が結びつけられ広い分野に影響を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/四体液説




35: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:46.08 ID:X0ICcMV40
自分の身体で試してみた膨大な歴史があるやん




36: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:54.77 ID:6fWwUbyt0
卵と牛乳は革命的やったらしい




38: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:39:58.60 ID:pEizQSzrM
基本的に栄養失調で死ぬやつが一定数いたから砂糖が万能薬扱いされてた




41: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:20.67 ID:lBv+yHQ60
何がナニにイイとかもわかってたんかな




43: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:35.38 ID:x2rxX8Ix0
肉って何で食ったらあかんかったん?




54: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:42:30.02 ID:s5M0RI440
>>43
仏教では殺生を伴うものとされたから
また中世西欧では肉に性欲を高める効果があるとされた




48: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:41:17.29 ID:jzKBvoi80
肉を薬とか言ってたくらいだし食べるものによって何か違うぐらいは認識してるやろ




44: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:43.91 ID:KUQ8qSfp0
漢方て全部そうちゃう




45: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:44.05 ID:NNJGEEzz0
日本人に関してはそんな贅沢言ってられるほど選択肢なかったやろ




47: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:40:56.39 ID:tUaNrdEDa
経験則ってのは馬鹿にならんで
アスピリンも紀元前からあったし


20171027-7

バイエルアスピリンの広告(1904年)ヘロインなども宣伝されている。

ヤナギの鎮痛作用はギリシャ時代から知られていた。紀元前400年ごろ、ヒポクラテスはヤナギの樹皮を熱や痛みを軽減するために用い、葉を分娩時の痛みを和らげるために使用していたという記録がある。
19世紀にはヤナギの木からサリチル酸が分離された。その後、アセチルサリチル酸の出現まではサリチル酸が解熱鎮痛薬として用いられたが、サリチル酸には強い胃腸障害が出るという副作用の問題があった。しかし1897年、バイエル社のフェリックス・ホフマンによりサリチル酸がアセチル化され副作用の少ないアセチルサリチル酸が合成された。

アセチルサリチル酸は世界で初めて人工合成された医薬品である。1899年3月6日にバイエル社によって「アスピリン」の商標が登録され発売された。翌1900年には粉末を錠剤化。発売してからわずかな年月で鎮痛薬の一大ブランドに成長し、なかでも米国での台頭はめざましく、20世紀初頭には、全世界のバイエルの売り上げのうち3分の1を占めた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アセチルサリチル酸




52: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:41:45.34 ID:NNJGEEzz0
>>47
そら先進的な地域はな




49: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:41:24.01 ID:x2rxX8Ix0
口内炎痛いンゴ...せや!ビタミンC摂るンゴ!ってならなかったんか




51: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:41:32.99 ID:umuAozn30
塩取らないと体調悪くなるのは世界共通で常識だった




53: 風吹けば名無し 2017/10/26(木) 21:42:19.17 ID:x2rxX8Ix0
酒ドババババ!!塩ペロペロペロ!!

これ体に悪すぎない