20181103-19




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:38:12.042 ID:dQjJF5yEM
男「あっ、ごめんわかった」

後輩「えぇ……誘っといてすぐ諦めるんですか……?」

男「えっ……でも面倒くさいって……」

後輩「面倒くさいですけど……ちなみにどこ行くんですか?」

男「駅前の焼き鳥屋だけど」

後輩「えぇ……自分、今日パスタの気分なんですけど……」

男「あー、ごめん夕飯決まってたのか、邪魔しちゃったね」

後輩「いや、焼き鳥のお腹にはできますけど……」




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:39:25.676 ID:dQjJF5yEM
男「えっ、でも行けないんでしょう?」

後輩「えぇ……一度も行けないとは言ってないんですけど……」

男「じゃあ、行けるんだ?」

後輩「行けるんだって……なんか先輩が無理やり誘って来るからじゃないですか……」

男「えっ!? 俺そんな無理やり誘ってたかな、ごめん……」

後輩「えぇ……なんで謝るんですか……?」

男「じゃあ、とりあえず予約しとくから、仕事終わったら連絡ちょうだい」

後輩「えぇ……行けるとは言ってないんですけど……」

男「えぇ……」




7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:43:28.893 ID:dQjJF5yEM
後輩「えっ、ていうか、なんで私のこと誘ったんですか……」

男「いや、最近仕事順調かなとか、色々と現場慣れてきたかなとか」

後輩「えぇ……せっかくの飲みの席なのに仕事のことだけですか……」

男「いやいやもちろん、普通の会話もするよ」

後輩「普通の会話ってなんですか……?」

男「……んー、なんか、最近何ハマってるのとか、趣味は? とか……」

後輩「えぇ……それ飲みの席じゃなくても話せなくないですか……?」




11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:47:52.856 ID:dQjJF5yEM
男「ごめん、今はこういう事しか思い浮かばなかったわ。もちろん飲みの席ではまた違ったこと話すかもしれないけど……」

後輩「だから、違ったことってなんですか……?」

男「いや……だからその……」

後輩「せっかくの貴重な時間を、計画も無く、奪われるなんてちょっと……」

男「あ、ごめん。もしかして俺と飲み行きたくないのか……?」

後輩「えっ……」

男「い、いや、そうだよな……ちょっとパワハラみたいになってたな……無理やり後輩を誘って、断る選択肢を無くしてたな……ごめんな」




12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:51:43.406 ID:dQjJF5yEM
後輩「えぇ……なんでそうなるんですか、こっちはパワハラとは思ってないんですけど……。勝手に汲み取って、相手の意見を考えないのがもっとパワハラじゃないですか……」

男「えぇ……そうだったのか、なんか行きたくなさそうにしてたから……」

後輩「えぇ……一回も行きたくなさそうにはしてないんですけど……先輩の誘い方に問題があるんじゃないですか……?」

男「……じゃ、じゃあ、今日居酒屋に一緒に行ってくれるかな?」

後輩「えぇ……そう言われると、いいともとしか言えないじゃないですか……」

男「そうなのか」




18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/07(木) 23:58:33.556 ID:dQjJF5yEM
後輩「もっと先輩が私のこと本当に誘いたいという気持ちを表してくださいよ……私には伝わりませんよ……」

男「じゃあ、俺と居酒屋に行ってくださいお願いします」

後輩「えぇ……先輩からお願いされたら、絶対行くみたいな流れになっちゃうじゃないですか……」

男「えっ、これもだめなの」

後輩「えぇ……ダメとは言ってないんですけど……まぁ、私と行きたいんだっていうのがわかったんで、仕方ないですけど……行きますよ……」

男「ほんとうか! やったー!」

後輩「えぇ……なんでそんな喜んでるんですか……」




20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:06:03.958 ID:Qf4VHnCVM
男「いや、後輩と飲みに行けるのが嬉しくてな」

後輩「えぇ……先輩私のこと好きなんですか……?」

男「い、いやそんなことないぞ! 誤解しないでくれ!」

後輩「えぇ……なんか反応がますます怪しいんですけど……」

男「ごめん、そういう他意は無いんだほんとにマジで、セクハラとかじゃないから、勘弁してくれ……」

後輩「えぇ……勘弁してくれって……そしたら、私のこと女として見れないってことですか……それこそセクハラじゃないですか……?」




22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:10:57.066 ID:Qf4VHnCVM
男「えっ、そうなの? だとしたら、女の子として十分なほど完璧だ後輩は!」

後輩「えぇ……まるで、私が女だから男性と同列に扱ってもらえないってことですか……それ女性蔑視ですよ……」

男「うぅ、どうしたらいいんだ……」

後輩B「せんぱぁ~い、さっきの資料修正しましたー、机に置いときましたー」

男「おっ、ありがとう」 

後輩B「ふたりで何話してるんですかぁ?」

男「いや、他愛もない話だよ、はは」

後輩「えぇ……他愛もないってなんですか……? 私との会話そんなしょうもないですか……?」

男「えっ、いやいやそんな事はないぞ!」




23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:15:21.566 ID:Qf4VHnCVM
後輩B「あははっ、先輩罪作り~☆」

男「えっえっ?」

後輩B「この子は、先輩ともっと話したいなぁ~って言ってるんですよぉ~」

男「えっ、そうなのか?」

後輩「ち、ちがっ……」

後輩B「女の子って、やっぱり独占欲があるって言うかぁ~? やっぱり、私との間を大事にしてほしいっていうか~?」

後輩「そんなこと無いです、あなたはあっち行っててください……。これは、私と先輩の問題なんで……」




24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:20:41.518 ID:Qf4VHnCVM
後輩B「あはっ☆マジごめんね☆せんぱぁーい、じゃああとで資料のチェックお願いしまぁ~す」

男「ああ、うん」

後輩「……」

男「えっーと、なんの話だっけ」

後輩「……もういいです、とりあえず仕事終わったら、連絡するんで」

男「おっ、ああ! わかった」

後輩「……」




25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:23:29.267 ID:Qf4VHnCVM
____
会社終


後輩「先輩、なんで現地集合なんですか?」

男「えっ、いや仕事バラバラに終わるから先に行ってくれてたほうが、楽かなって」

後輩「えぇ……普通、こういうのって会社から二人で居酒屋までいくものですよ……」

男「あ、ごめん……。でも、色々と仕事立て込んでたから、待たせるの悪いし」

後輩「えぇ……そういうときは仕事私に与えればいいじゃないですか……そしたら、分散できるのに……効率悪いですね……」

男「いやいや、せっかくみんなが定時で上がれるのに悪いだろ」




27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:26:32.771 ID:Qf4VHnCVM
後輩「えぇ……そんなこと気にしてるたんですか……どうせ私は今日先輩と二人で一緒に飲むんだから、仕事くれたらむしろ、早めに飲めるし、早めに帰れるじゃないですか……」

男「あっ、そうだな、ごめん」

後輩「えぇ……もしかして、私のこと使えないから、わざと仕事与えなかったとかですか……?」

男「いやいや、そうじゃないって!」

後輩「まぁ、いいですよ……とりあえず入りましょ……」

男「ああ、待ってくれ、もうすぐ来ると思うから」

後輩「?」

後輩B 「せんぱぁ~い、遅れてごめ~☆」




31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:30:54.006 ID:Qf4VHnCVM
男「おう、大丈夫だ。今、俺も来たところだから」

後輩「先輩……」

男「ん?」

後輩「なんでこの人がいるんですか? 二人きりで飲むんじゃないんですか?」

男「あれ、行ってなかったけ? 今日は、後輩連れてみんなで飲もうって……」

後輩「聞いてないです。私は先輩と二人で飲むと聞いたから来たんですけど……。これ、契約違反ですよ」

男「契約って」

後輩B「あるれ~☆? なんかワタシお邪魔系~? ごめ~ん後輩ちゃん許して~」




32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:33:49.447 ID:Qf4VHnCVM
後輩「はぁ……もういいです、帰ります……」

男「えっ、ちょ、ちょっマテヨ! 帰るの!?」

後輩「はい、契約とは違うことなんで……」

後輩B「え~、後輩ちゃん帰っちゃうの~!? さみしぃ~☆、せんぱぁい、もう二人でデートするしかないっすね~」

男「え、で、デートって……」

後輩「……」

後輩B 「ちょ先輩、何照れてるんすか、かわい~♡先輩ワタシ、お腹ペコペコ~早く~」

後輩「やっぱり、私も行きます」




33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:35:56.235 ID:Qf4VHnCVM
男「えっ?」

後輩B「マジで? やった~うれし~☆」

後輩「せっかくなんで、先輩に奢ってもらいます……焼き鳥のお腹にしてきたので、さあ行きましょ……」

男「奢ることは奢るけど……。あと部長とか会社の人とか、何人か来るからちょっと待ってて」

後輩「……」




34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:37:32.697 ID:Qf4VHnCVM
____


部長「いや~、久々に飲めるな~家内から、酒は止められててな~」

男「部長……大丈夫ですか?」

部長「なぁに、バレない程度にうまく調整するさ」

後輩「……」

部長「それじゃ、我々チームの親睦も兼ねて、これからも頑張っていきましょう……カンパーイ!」

「「「カンパーイ!!!」」」




36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:40:21.258 ID:Qf4VHnCVM
後輩C「先輩! ビールそぞきますね!」

男「おっ、ありがとう」

後輩C「いえいえ、でも、先輩とこうして飲めるのなんて自分……嬉しいっス!」

男「えへへ、そうかー?」

後輩C「はいっ! 先輩には教わったことたくさんあるので、いつか恩返しをしたいなって!」

男「いやいや、そんな何もしてないよー」

後輩C「いやいや! 先輩は自分の憧れッスよ!」

男「照れるなーあはは」

後輩「……」




37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:44:08.527 ID:Qf4VHnCVM
男「そういえば、大学ではサッカーやってたんだっけ?」

後輩C「はい! 一応ベスト8までは!」

男「へぇ~すごいなぁ~! 俺もやってたけどほとんどベンチだったな~」

後輩C「本当ですか!? 先輩も経験者だったとは知りませんでしたよ!」

男「ははっ、そんな上手くないけどね」

後輩「先輩、ちょっといいですか」

男「?」

後輩「ちょっと、来てください」

男「あ、ああ」




38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:48:38.743 ID:Qf4VHnCVM
後輩「先輩ってホ●なんですか?」

男「はぁ!?」

後輩「妙にC君と仲良しですし、それにベタベタ結構触ってましたよ」

男「え、触ってたのか……!?」

後輩「別に人の恋愛事情にとやかくは言いませんが……C君はそういうつもり無いと思うんで……あまり迫るとセクハラになりますよ」

男「だから違うって! 俺は至って健全だ!」

後輩「えぇ……女好きってことなんですか?」

男「そこまでは言ってないよ! 普通に好きだってことだ!」 




39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:51:46.646 ID:Qf4VHnCVM
後輩「……まあ、いいですけど……それより、先輩が誘っといて私と会話しないってどういうことですか……? 仕事のこととか聞くんじゃないんですか……?」

男「あ、ああごめん」

後輩B「ねぇ、先輩~こんなところで二人きりで~イチャイチャしてぇ……。なにやってるのぉ」

男「イチャイチャはしてない! 今戻るところだよ」

後輩B「ふーん……」




40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:55:06.415 ID:Qf4VHnCVM
後輩B「せんぱぁ~い、飲みたりなくなくなくないっ☆?」

男「いや、まだ始まったばかりだろ」

後輩B「え~っ!? あ、そうだっ☆せんぱいってぇ彼女さんいるのぉ~?」

男「えっ、ええ!」

後輩C「それ、自分も気になりまッス!」

後輩「ちょっと、それはセクハラですよ、やめなさい」

後輩B「え~☆? いいじゃん! 後輩ちゃんも気になるっしょ!」

後輩「私は気になりません……!」




44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:12:02.810 ID:Qf4VHnCVM
後輩B「じゃ~先輩、私だけに教えてよ~」

男「えっ、じゃあ……」スッ

後輩「……」

後輩B 「んっ……」

男「!? ごめん!」

後輩B「先輩、くすぐったい~☆」

男「いや、そういうつもりじゃなくて!」

後輩「……」


後輩B「でも、先輩~、彼女いないんですね~」

後輩「……」

男「ま、まあね」

後輩C「へぇ、先輩彼女いないんすねぇ~……」




45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:13:20.220 ID:Qf4VHnCVM
男「じゃあ、そろそろ、お開きにしますか」

課長「うむっ、そうだな。それじゃ、今日はこのへんで……」

後輩B「えー! もう帰るんですかー? 先輩2軒目行きましょうよー!」

男「明日も早いし今日は……」

課長「じゃあ、私と行こうか!」

後輩B「あ、わかりました帰りまーす」

課長「……私も帰るとしよう(´・ω・`)」




47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:15:00.365 ID:Qf4VHnCVM
後輩C「うーん……」

男「おい、大丈夫か?」

後輩C「うー、少し飲みすぎたかもしれないです……」

男「そうか……一人で帰れる?」

後輩C「ちょっと無理そうぇすね……」

男「うーん……部長ちょっと、彼を送りますね」

部長「大丈夫かね?」

男「はい、じゃあお疲れ様です」

部長「うむ、また明日」




48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:16:18.259 ID:Qf4VHnCVM
男「今、水買ってくるから」

後輩C「先輩……」ギュゥ

男「え」

後輩C「ちょっとそばにいてくれませんか……?」

男「いいけど……水を飲まないと……」

後輩C「先輩……ボクのことどう思いますか……?」




49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:17:24.846 ID:Qf4VHnCVM
男「えっ、いや……よく頑張ってる後輩だなと」

後輩C「……そうじゃなくて、人として、ボクのことは好きですか?」

男「えっ、す、好きだけど……」

後輩C「先輩……ボクのこと、可愛いと思いませんか……?」ニヤ

男「えっ」




51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:22:14.465 ID:Qf4VHnCVM
後輩「先輩これ」ヒョイ

男「えっ……あっ! お水ありがとう!」

後輩C「……」

後輩「先輩、この子はもう水を飲ませてタクシー拾わせて運転手に任せちゃいましょう」

男「いやでも……」

後輩C「なんか気分が……あぅぅ……」

男「おいおい、大丈夫か……?」

後輩「いや多分、大丈夫だと思いますよ、それとちょうどいまタクシー来たんで」

男「気が利くな」

後輩「ほら、立てるでしょ?」スッ

後輩C「……」




52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:25:57.572 ID:Qf4VHnCVM
男「ちゃんと帰ったら連絡くれよ?」

後輩C「はい……ありがとうございます……ご迷惑かけました」

男「あんまり無理すんなよ?」

後輩C「大丈夫です……先輩、今度は二人で……」

後輩「じゃあ運転手さん目的地までお願いしまーす。Cさんお疲れ様です」

後輩C「じゃま……」ボソッ

後輩「……」

後輩C「……じゃまたあした」


ブロロン

後輩C「邪魔……」




55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:28:08.926 ID:Qf4VHnCVM
後輩「先輩……」

男「? どうした?」

後輩「……」ヨリカカリ-

男「!」

後輩「ちょっと、酔っちゃいました……」

男「だ、大丈夫か?」

後輩「ちょっとこうさせてください……」

男「ああ」
 
後輩「……」

男「……」




56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:29:21.935 ID:Qf4VHnCVM
後輩「先輩……」

男「ん?」

後輩「きゅうけい……しますか……?」

男「休憩!?」

後輩「……」




57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:30:37.929 ID:Qf4VHnCVM
男「そんなに、具合が悪いのか……!?」

後輩「えっ」

男「すごい吐きそうなのかなって……ビニール袋は一応持ってるから、吐くときは思う存分吐いてくれ!」

後輩「えぇ……」

男「お? 吐くか?」サスサス

後輩「はぁ……もう大丈夫です……!」スッ

男「え、そうか」




58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:31:31.840 ID:Qf4VHnCVM
後輩「先輩……」

男「ん?」

後輩「こんどは二人きりで飲みましょうね」ニコッ


ENDO




59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:32:09.880 ID:jwxInrP50
終わりかよ




63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/08(金) 03:16:58.863 ID:4Z8WTZ//0
めんどくさすぎていっそすがすがしい