20181104-12




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:35:35.149 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……んー?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ、そうか」

幽霊ちゃん「……信号無視の車に轢かれたんだっけ。私」

幽霊ちゃん「それで……えっと……あれ?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ていうか、私浮いてない?」

幽霊ちゃん「……おや~?」




2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:36:19.290 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……とりあえず」

幽霊ちゃん「家に帰ろうかな」

幽霊ちゃん「……おお。すごい。ホバー移動してるみたい」

幽霊ちゃん「あ、電柱通り抜けちゃった」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「まいったなー……」




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:37:18.411 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……うーん」

幽霊ちゃん「……えいやっ」

幽霊ちゃん「……おお、壁通り抜けた」

幽霊ちゃん「ていうか、昼間だし、誰もいないかな……」

幽霊ちゃん「時間も……結構経ってるのかな」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ」

幽霊ちゃん「お母さんいるし……仕事どうしたの」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……聞こえてないし」

幽霊ちゃん「はあー……」




8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:38:21.299 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「お母さん、凄く草臥れてるなあ」

幽霊ちゃん「……そりゃあ、苦労して育ててきた一人娘が、ねえ?」

幽霊ちゃん「まいったなあ……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……昼間なのに、暗いし」

幽霊ちゃん「電気付けた方がいいよ……って、触れないし……」

幽霊ちゃん「ていうか触ったらポルターガイストだし……」

幽霊ちゃん「……」




9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:39:19.451 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……ここで、こうしてても仕方ないし」

幽霊ちゃん「……学校行ってみよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……空がとっても青いよ」

幽霊ちゃん「……お母さんも、家に籠ってるから元気でないんじゃないかな……」

幽霊ちゃん「はあー……」




11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:40:21.729 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……体育の時間か」

幽霊ちゃん「クラスに誰もいないや……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……私の席、ここだよね」

幽霊ちゃん「……中、空っぽ。誰か片付けたのかな」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ふわあ」

幽霊ちゃん「……寝てよ」




12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:41:31.992 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……ん」

幽霊ちゃん「……んんんー」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……おわぁあぁ……って、ああ夢か。ああ、轢かれたかと」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……いや、轢かれたんだっけ」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……ていうか騒がしいし」

幽霊ちゃん「体育終わったんだ……」

幽霊ちゃん「ああ、なんだろ。みんなの顔が懐かしいというか、切ないというか……」

幽霊ちゃん「本当に誰も私に気づかないんだねえ……」




13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:43:08.923 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「授業始まっちゃった」

幽霊ちゃん「……誰も座らないってことは、ここが私の机でいいんだね」

幽霊ちゃん「授業の内容わかんないや……やっぱり結構時間経ってるなあ……」

幽霊ちゃん「……皆、いつも通り」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……人が、一人死んだって言うのになー」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「まいったなあ……」




15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:44:09.646 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ねえ、○○くんさ」

幽霊ちゃん「悲しくないの?」

幽霊ちゃん「……私って、やっぱり印象薄い?」

幽霊ちゃん「……だからフラれたのかな」

幽霊ちゃん「……喋ってよ」

幽霊ちゃん「……真面目に授業受けちゃってさ」




16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:45:07.856 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……まつ毛長いなあ」

幽霊ちゃん「……遠くからじゃ、わからなかったな」

幽霊ちゃん「……ふーん」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……んー」

幽霊ちゃん「……ちゅっ。なんてね、なんてねー」

幽霊ちゃん「……はあー」

幽霊ちゃん「……虚しいけど、ちょっとドキドキしたわ」




17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:46:09.204 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……こっち全然見ないのも、無反応なのもドキドキする」

幽霊ちゃん「変なのに目覚めそう」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ゆうたいりだつ~」

幽霊ちゃん「……ちょっと古いね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……匂い、感じないんだね」

幽霊ちゃん「触覚と嗅覚が駄目なんだ……残念」




18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:47:12.074 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……はあー」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……うーん」

幽霊ちゃん「……目を、ズボンとパンツの間に入れれば中見えるのかな」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ、暗いけど、あ、あ」

幽霊ちゃん「え、待って、待って……これ、もうちょっとだけ進んじゃったら、私、どうなっちゃうの……?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……わわ」




19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:48:11.265 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ、授業終わった」

幽霊ちゃん「……きりーつ、れい」

幽霊ちゃん「ありがとうございましたー……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……○○くん、どこ行くの」

幽霊ちゃん「……お昼ごはん、何食べてるの」

幽霊ちゃん「……いつも教室から出てるけど、一人で食べてるの?」

幽霊ちゃん「ねえ、ねえ……」




20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:49:09.540 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「わー、屋上で食べてるんだ……」

幽霊ちゃん「悪だなあ、でも青春っぽい」

幽霊ちゃん「私も○○くんと一緒に食べたかった……」

幽霊ちゃん「……お、手作りー。冷凍しかないけど」

幽霊ちゃん「お母さんが作ってくれたの? それとも、もしかして自分でだったり? 冷凍しかないし」

幽霊ちゃん「……私、味覚ってどうなってるんだろ?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ぺろぺろ。駄目だ、味しないやー」

幽霊ちゃん「……ぺろぺろ」

幽霊ちゃん「……○○くん。何も知らないでご飯食べてるや……ふふふ……れろれろ」




21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:50:24.783 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「はあーあ……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……○○くん、食べ終えた? お腹いっぱい?」

幽霊ちゃん「……昼寝かあ。いいねえ。私も寝ようかなあ」

幽霊ちゃん「……あ、○○くんのお腹動いてるなあ。生きてるんだなあ」

幽霊ちゃん「……私って息止めても大丈夫なのかな……あ、ずっと止められる」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……はあー」

幽霊ちゃん「……まだ死にたくなかったなあ」




22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:51:43.252 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「お母さんが悲しんでるの見ると後ろめたくなるよ」

幽霊ちゃん「私のこと頑張って育ててくれたもんねえ。もっと孝行しておけばよかったなあ」

幽霊ちゃん「私に期待してたんだなあとか、それを裏切っちゃったんだなあって、いろいろ考えちゃうよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「○○くんは悲しんでくれた?」

幽霊ちゃん「○○くんが悲しんでくれてたらね、私は嬉しいよ」

幽霊ちゃん「嬉しい。後ろめたくはないかなあ」

幽霊ちゃん「なんでだろうね? お母さんが悲しむところは見たくないのに」

幽霊ちゃん「いやまあ、○○くんと私は他人だから」

幽霊ちゃん「ろくに話したことも無かったよね。もしかしたら私の名前って知らなかったりする?」

幽霊ちゃん「私はあなたのことをよく見てたけど、でも深くは知らないな。見てただけだもん」

幽霊ちゃん「ねえ、びっくりした? 告白してきた子が死んじゃってどう思った?」

幽霊ちゃん「……少しは泣いてくれてたらいいな」

幽霊ちゃん「……」




23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:53:15.451 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……授業終わっちゃった」

幽霊ちゃん「……どうしようっかなー」

幽霊ちゃん「ねえ、○○くん。どうしたらいいと思う?」

幽霊ちゃん「……やっぱり返事くれない。不意打ちならいけると思ったんだけどなー」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「○○くんについてっちゃおーかなー」

幽霊ちゃん「私、ストーカーになっちゃおかな」

幽霊ちゃん「……家に帰りたくないし」

幽霊ちゃん「……」




25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:54:06.605 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ね、○○くん。ついてっていい?」

幽霊ちゃん「うんいいよ! もちのろんさ!」

幽霊ちゃん「ありがと~ちゅちゅちゅのちゅ~」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあー……」




26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:55:16.692 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「ここが○○くんの家かあ。興奮するなあ」

幽霊ちゃん「大きいね。一戸建てなんだね」

幽霊ちゃん「自分の部屋とか持ってるんだ。ふーん」

幽霊ちゃん「お母さんも綺麗な人だったね。マダムーって感じ?」

幽霊ちゃん「お父さん何してる人なの? 何してたらこんなにお金貰えるの?」

幽霊ちゃん「……私んちは母子家庭でボロアパートだからさ、こういうの素直に羨ましいよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……あ、今のは、別に、他意はないよ。羨ましいってだけで」

幽霊ちゃん「でも、お母さんがあくせく働いて稼いでくれるお金が、悲しくなってくるよね」

幽霊ちゃん「……」




27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:56:12.560 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……ていうか、帰ってそうそう部屋に閉じこもって、PCでアニメ見てるのってどうなの?」

幽霊ちゃん「……まあ、○○くんはクラスでよくアニメの話してるもんねえ」

幽霊ちゃん「いやいや、そういうところも好きだよ、うん。楽しそうでいいよね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……お母さんがご飯作ってくれるんだ? ていうか、お母さん一日中家にいるんだ?」

幽霊ちゃん「……いいねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……何のアニメ? ねえ、これ何で日本なのに髪がピンク色なの? ねえ?」

幽霊ちゃん「……楽しそうに見てるねえ、うんうん、いいね。私も見てよっかなー」

幽霊ちゃん「……」




28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:57:27.469 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……ねえ、どの子が好き? 私はねえ、この気の強そうな子がいいなあ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ、ご飯呼んでるよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……私はー、いいかな。行かないでおこうっと」

幽霊ちゃん「……おかまいなくー」

幽霊ちゃん「……元から構われてないけど」

幽霊ちゃん「……はあー」

幽霊ちゃん「……やっぱり行こう」




29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:58:31.591 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……はい、おやすみー」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……私はぷかぷかと○○くんの部屋の中」

幽霊ちゃん「……不思議だなあ。こうして○○くんが寝ている空間にいるなんて」

幽霊ちゃん「……○○くんの寝息が聞こえてくるなんて、不思議だなあ」

幽霊ちゃん「……今日は私の知らない○○くんの顔を見れて良かったよ」

幽霊ちゃん「……家族そっけなくない? 会話少なくない? まあ私関係ないからいいんだけど」

幽霊ちゃん「……」




30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:59:27.479 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……未練があるんだろうねえ」

幽霊ちゃん「……私」

幽霊ちゃん「だから、私って成仏してないんだろうねえ」

幽霊ちゃん「……何となくわかるんだ。そういうことなんだって」

幽霊ちゃん「……なんだろうなあ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……どうしたらいいと思う? ○○くん」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……どうすればいいんだろうね?」




31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:00:43.036 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……悪霊になっちゃおうかな!」

幽霊ちゃん「……そうだよ、私は悪霊~けけけっ」

幽霊ちゃん「未練たらしく好きな男の子に付きまとうお化けなんだ」

幽霊ちゃん「ああ、○○くんに散々付きまとえるんだ!」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……どこにも触れないけどね」

幽霊ちゃん「……」




32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:01:38.312 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……せめて憑りつければな」

幽霊ちゃん「幽霊ってそういうもんじゃないの……? なんていうか……」

幽霊ちゃん「こうやって浸透するように侵入すれば、普通は、こう……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あ、できた」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」




33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:02:58.001 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「ねえ○○くん、いろいろ試した結果」

幽霊ちゃん「……興味深いことが分かったよ、○○くん」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「まずね、憑りついたら自由に体を動かせるけど、本人の嫌がることはできないんだね、うん」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あと、動かしてる間の記憶は普通に本人に残る。でも、自分の意思でやったこととして認識されるようだね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……だから、まあ、凄いハッスルしちゃったよね。ごめんね○○くん」

幽霊ちゃん「夜中に急に目覚めてハッスルしちゃったんだよ○○くんは」

幽霊ちゃん「……私、いろいろブレーキが壊れてきてるなー、ごめんごめん」

幽霊ちゃん「……久しぶりに匂いと触覚を感じたよ。凄く感動した。私生きてるんだって勘違いできた」

幽霊ちゃん「……」




34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:04:08.762 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……でも、何度もできることじゃないようだね」

幽霊ちゃん「幽霊としての力が使うたびに薄れてるから……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……何度もできないし、何度もやったら終わるんだ」

幽霊ちゃん「はあ……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「どうしようかな……私どうすればいいのかな」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」




35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:05:08.461 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「とりあえず、○○くん……」

幽霊ちゃん「……ご飯を作ってあげるよ」




36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:06:12.660 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「○○? 朝ご飯はちゃんと食べていきなさい」

幽霊ちゃん「うるさいなあ? うるさくない。せっかく作ったんだから、ちょっとだけでも食べていきなさい」

幽霊ちゃん「昨夜の残りじゃないわよ。朝から作ったんだから」

幽霊ちゃん「珍しい? まあ、そういう気分の時もあるわよ。いいから、ホラつまんできなさい」

幽霊ちゃん「おいしい? おいしいの? ふーん、おいしいんだ……」

幽霊ちゃん「何でもないわよ。何怪訝そうな顔してるの。何にもないわよ」

幽霊ちゃん「私だって、お母さんなんだから、いつまでも手抜きばっかりしないわ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……はい、あーん」

幽霊ちゃん「……じょ、冗談よ。おほほ」

幽霊ちゃん「……」




37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:07:12.631 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……あー、○○?」

幽霊ちゃん「お父さん時間あるし、駅まで一緒に歩こうか?」

幽霊ちゃん「……何をポカンとしているんだ。いいじゃないか。別に」

幽霊ちゃん「お父さんな、最近お前とろくな会話をしていないことに気づいてな」

幽霊ちゃん「たまにはいいじゃないか。ん? 親子の会話をしようじゃないか。ん?」

幽霊ちゃん「何を不気味そうにしている。まあいいから一緒に行くぞ」

幽霊ちゃん「お前の好きなアニメの話とか、何でもいいんだ。会話をできれば」

幽霊ちゃん「さあ行くぞ……何を怯えているんだ、まったく」

幽霊ちゃん「……」




38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:08:18.895 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「おっはよ! ○○くん!」

幽霊ちゃん「あ、びっくりした? ごめんね、あはは」

幽霊ちゃん「ねね、一緒にご飯食べようよ!」

幽霊ちゃん「へ? じゃなくてぇ。いいじゃん、私たち友達でしょ?」

幽霊ちゃん「友達だよぉ、結構会話するじゃん、私たち! ね? ほらほら、一緒にご飯食べよう?」

幽霊ちゃん「私、前から○○くんと親睦を深めたいなあって思ってたんだぁ」

幽霊ちゃん「……実は私もアニメとか興味あってぇ。○○くんに面白いの教えてほしいなぁって……」

幽霊ちゃん「ねぇ、いいでしょ? ……やったぁ! じゃ、行こう!」

幽霊ちゃん「……」




39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:09:11.072 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「あ、○○くん。一緒に帰ろ!」

幽霊ちゃん「○○くんの家って、向こうだよね? 私の家も同じ方向なんだぁ」

幽霊ちゃん「どうしてって、まだ話足りないからだよ! お昼に話しただけじゃ、全然足りないもん!」

幽霊ちゃん「もしかして誰かと帰る約束してる? それとも、私と一緒に帰るの恥ずかしいかな?」

幽霊ちゃん「そんなことない? よかったあ、じゃあ一緒に帰ろうよ!」

幽霊ちゃん「○○くんと会話してると楽しいんだあ。これは本当」

幽霊ちゃん「私たち、前からちょくちょく話してたじゃない? でも、積極的に話せてなかったから」

幽霊ちゃん「思い切って誘ってみたんだ! OKしてくれて良かったよ!」

幽霊ちゃん「私もっと○○くんと仲良くなりたいな!」

幽霊ちゃん「……」




40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:10:04.137 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「おかえりなさい、○○お兄ちゃん!」

幽霊ちゃん「ん? どうしたの? え? 話しかけてくるなんて珍しいなって?」

幽霊ちゃん「んー……まあ最近は、ちょっと気恥ずかしかったからぁ。お兄ちゃん、アニメ見ててキモいし」

幽霊ちゃん「それよりお兄ちゃん、なんかいいことあった?」

幽霊ちゃん「なんだかテンション高いような気がするけど」

幽霊ちゃん「……ふーん? まあいいけど」

幽霊ちゃん「あ、そうだ、お兄ちゃん……」

幽霊ちゃん「……夕飯出来るまで一緒に遊ばない?」

幽霊ちゃん「いいでしょー、ね? ね?」

幽霊ちゃん「……」




41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:11:10.773 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「おい、○○。たまには一緒に風呂に入ろうか」

幽霊ちゃん「なんだ、吹き出して。そんなにお父さんと入るのが嫌か」

幽霊ちゃん「そうか……」

幽霊ちゃん「……妹となら入るのか? そうか、入らないか」

幽霊ちゃん「うん、お父さんのちょっとした冗談だ」

幽霊ちゃん「悪かったな。はっはっは……」

幽霊ちゃん「……」




42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:12:07.820 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「あー……あー……」

幽霊ちゃん「うん」

幽霊ちゃん「……あー、最近誰かが死んだ気がするなあ」

幽霊ちゃん「俺に告白してきたあの子が死んじゃったんだよなあ」

幽霊ちゃん「なんだか悲しいなあ。悲しいなあ」

幽霊ちゃん「それほど仲良くはなかったけど、人に好かれて悪い気はしないからなあ」

幽霊ちゃん「悲しいなあ、悲しいなあ……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」




43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:13:10.013 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「はあー……何してんだろ、私」

幽霊ちゃん「……虚しい。でも、憑依してるときは生きてる感じがする」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……○○くん、なんだかんだ結構愛されてるよね」

幽霊ちゃん「……暇を持て余しつつも余裕のあるお母さん、ちょっと難しい年ごろだけどいい子な妹ちゃん、あとどっしりしてるお父さん」

幽霊ちゃん「……お父さんって、こういう感じなんだねえ」

幽霊ちゃん「私んちはお父さん、私が小さい頃にいなくなっちゃったから」

幽霊ちゃん「それからずっとお母さんと二人で暮らしてたから、わかんないんだよね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……なんだかんだ、幸せそうだねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……はあ」




45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:14:15.604 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……すーはー、すーはー」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ピンポーン」

幽霊ちゃん「もしもーし……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……出ないし」

幽霊ちゃん「……」




46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:15:40.028 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あー、最近、疲れたなあ」

幽霊ちゃん「……力使いすぎたなあ、ふらふらしちゃうよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……このまま使いすぎると消えちゃうのかな?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……まあ、このまま幽霊やっててもしょうがないからねえ」

幽霊ちゃん「こうやって、好きやって消えるってのも、悪くはないかもねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……はあ」




47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:16:33.944 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……さあて、と」

幽霊ちゃん「……気を取り直して、今日もやりますかぁ」

幽霊ちゃん「……最近○○くんと話しててアニメにも随分詳しくなったなー」

幽霊ちゃん「……ええと、もうすぐお昼だから」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あれ? ○○くん」

幽霊ちゃん「……なんでもう私と話してるの?」

幽霊ちゃん「……いや、アレは私じゃなくて、あれ?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……んんー?」

幽霊ちゃん「……随分と、仲良さそうな」

幽霊ちゃん「……」




48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:17:48.229 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……そうかあ」

幽霊ちゃん「……記憶あるもんねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……私凄いなあ、洗脳じゃないのこれ?」

幽霊ちゃん「……いやでも、元々そういう気持ちが無ければ楽しくお話しさせてくれないから」

幽霊ちゃん「……私はただのきっかけに過ぎないのかなあ?」

幽霊ちゃん「……」




49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:18:44.115 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……いいよいいよ、元々自己満足でしかなかったからね」

幽霊ちゃん「それにまだ家族路線があるから」

幽霊ちゃん「……今の時間帯は、○○くんのお母さん、アレだな。井戸端会議してるかな?」

幽霊ちゃん「いや、今日は水曜日だから、家でTV見ながら暇してるはず」

幽霊ちゃん「……ちょっと乗り移らせてもらって、夕飯の仕込みをしようっと」

幽霊ちゃん「いつもより凄い渾身の料理で○○くんを唸らせてやるんだから……」

幽霊ちゃん「今日はどうしようかな、冷蔵庫の中足りないから買い出し行って、今からなら時間たくさんあるからあの料理もできるし」

幽霊ちゃん「よし、やるぞやるぞー」




50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:19:53.315 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……あれー?」

幽霊ちゃん「冷蔵庫の中、食材たくさんあるなあ」

幽霊ちゃん「……たしか、冷凍以外の奴、尽きてたと思ってたんだけど……」

幽霊ちゃん「……あ、○○くんのお母さん」




52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:20:51.902 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「結構、気合入った格好ですね」

幽霊ちゃん「なんだか、今から、料理の仕込みをするぞー、みたいな」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……なるほどー」

幽霊ちゃん「あはは……私、結構いい幽霊だなー」

幽霊ちゃん「はははは……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあーーーーーーーーーーっ」

幽霊ちゃん「……はあぁ」




53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:21:59.180 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……皆さん、和やかですねえ」

幽霊ちゃん「ちょっと前と、だいぶ違いますよ。会話が多くなった」

幽霊ちゃん「どうです? お母さんの作った渾身のお料理は」

幽霊ちゃん「おいしそうですねえ、○○くんもお父さんも妹さんもおいしいっつってますねえ」

幽霊ちゃん「お母さんも満更でもなさそうですねえ」




54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:23:09.957 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ふっ」

幽霊ちゃん「……まあ、いいことだよねえ」

幽霊ちゃん「家族、仲いいのが一番だもんねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「最初から、最後まで、全然私の居場所なんて作れなかったね」

幽霊ちゃん「いや、本気で作ろうだなんて思ってないけど。私、死んでるし」

幽霊ちゃん「じゃあ、何がしたかったの? って感じだけど」




55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:24:08.016 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……おいしそうだねえ」

幽霊ちゃん「……○○くん。私の料理と、どっちがおいしい?」

幽霊ちゃん「……私だってさあ、料理上手いほうでしょ?」




56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:25:24.660 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……私んちはねえ」

幽霊ちゃん「……家だと私がいつも、料理作ってるんだ」

幽霊ちゃん「前話したよね? お母さん、私を養うために一生懸命働いてるから……」

幽霊ちゃん「お父さんいないから、一人で頑張って働いて、私を学校に通わせてくれて、結構苦労してて……」

幽霊ちゃん「……いつも朝早く出て、夜遅く帰ってくるから、私がご飯つくってるんだあ」




57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:26:34.109 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……お母さん、いつも疲れた顔してて、ぐったりしてるから」

幽霊ちゃん「……私は、私とお母さんの分の料理を作って」

幽霊ちゃん「……お母さんの分は、ラップをかけて冷蔵庫に」

幽霊ちゃん「……お母さんが夜遅く帰ってきたら、レンジでチンして食べるの」

幽霊ちゃん「……お母さん忙しいから、食べるのは私がもう寝てからになるけど」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……でも、後でメールとかでね、ご飯の感想くれたりするんだよ。美味しかったよとか、いつもありがとうって」




58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:28:03.398 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……時々仕事から早く帰れることがあって」

幽霊ちゃん「そういう時は、お母さん予め私にメールくれるんだ」

幽霊ちゃん「今日は早く帰れる><みたいな。顔文字とか使ってきて」

幽霊ちゃん「メール受け取ったら、私も買い出しに出かけて、いつもよりちょっと豪勢なの用意してね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「TVも無いし、狭いテーブルで、二人だけで向かい合って」

幽霊ちゃん「いろんなこと話しながら、私の頑張った料理を食べるんだけどね」

幽霊ちゃん「……そういう時は、お母さん、とっても嬉しそうにしてるんだ」

幽霊ちゃん「……こんな賑やかじゃないんだけどね。二人だけの侘しいものだったけどね」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……でも」

幽霊ちゃん「それでも、寂しいなんて、思ったことはなかったよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあーあ」




59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:28:51.991 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」




60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:29:43.485 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……今日は、いい天気だねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「はあーあ、っと……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「なんか迷惑かけてごめんね」

幽霊ちゃん「じゃあね、○○くん」

幽霊ちゃん「ばいばい」




62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:31:02.754 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……おはよーう、お母さん」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……なにぼーっとしてんですかー。朝も遅くにいつまで寝ぼけてんですかー?」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……らしくないじゃーん。全然らしくないよ。前までのお母さんはもっとキビキビしてたよー?」

幽霊ちゃん「……」




63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:32:05.105 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……いや」

幽霊ちゃん「……ほんとさあ、いつまでこうしてるつもりなの?」

幽霊ちゃん「仕事もやめて、一日中家に引きこもって、何してんの?」

幽霊ちゃん「働きたくないんなら、適当な男ひっかけなよ。お母さん、まだ美人なんだからさあ」

幽霊ちゃん「いつまでもこんな生活してたら、それもしわくちゃになっちゃうよ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……ほんとさあ。いい加減にしてよ」

幽霊ちゃん「……聞いてんの? 聞けよ」

幽霊ちゃん「……もしもーし!!」

幽霊ちゃん「……」




64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:33:15.991 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……あー、はいはい。わかりましたわかりました」

幽霊ちゃん「……お母さんの、馬鹿! アホ! 間抜け!!」

幽霊ちゃん「そっちがそうなら、私ももう勝手にやらせてもらうから!! おりゃー!!」

幽霊ちゃん「……って、体が重っ!!!! なんだっこれ!!!」

幽霊ちゃん「ぐっ、ぎぎぎっ……動きづらぁい……」

幽霊ちゃん「……くぅー、力が、抜けていく……」

幽霊ちゃん「……はぁ、はぁ……」

幽霊ちゃん「……くぅ……はぁ……」

幽霊ちゃん「……よいしょ、よいしょ」

幽霊ちゃん「よいしょ、よいしょ……」




65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:34:09.039 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「はぁ、ふぅ……」

幽霊ちゃん「やっと玄関出れた……! よいしょ……よいしょ……」

幽霊ちゃん「はぁ……はぁ……はぁ……」

幽霊ちゃん「……人間なんてさあ、外に出て、体を動かしてれば、」

幽霊ちゃん「……元気になるもんだからね……!」

幽霊ちゃん「……よいしょ、よいしょ、ふぅー……」

幽霊ちゃん「……美味しいもの食べて、誰かと話してれば、きっと、良くなるから……」

幽霊ちゃん「……ふぅ、ふぅ……」

幽霊ちゃん「……井戸端会議の、暇な人たちいるし、まずは、そこに突っ込んでみよう……」

幽霊ちゃん「……誰か、友達が、できれば、きっと、」

幽霊ちゃん「……私が、いなくなったって、さあ、」

幽霊ちゃん「……大丈夫だから、お母さんなら、絶対に、大丈夫だから……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……だから」

幽霊ちゃん「……ちゃんと、生きてよ。お願いだから」





66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:35:11.651 ID:kP5HIXW50
幽霊ちゃん「……はぁ、ちょっと、休憩……」

幽霊ちゃん「……はぁっ、はぁ……ふぅ、ふぅ……」

幽霊ちゃん「はあー……」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「あー、くっそお……」

幽霊ちゃん「……空が青いねえ」

幽霊ちゃん「……」

幽霊ちゃん「……大丈夫だよ」

幽霊ちゃん「お空の上からずっと見守ってるから……」

幽霊ちゃん「……だから、寂しがらないでよ。お母さん」

幽霊ちゃん「……」




67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:36:05.061 ID:kP5HIXW50
終わりです
また方向性がずれた
エ○くなるつもりだったけどやめにしました
もう寝ます




70: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:44:21.203 ID:PcNSMS6L0
泣かせてどうするつもりだよ