20181213-4




1: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:44:56.36 ID:a4VlstS901212
なんで800年経っても誰もサルベージしないんや?




2: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:45:43.41 ID:jbWLt2r101212
もう朽ちてなくなってるやろ




3: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:45:46.33 ID:5aQUrqVX01212
海底と同化してそう




4: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:46:49.91 ID:SOV32lUK01212
落ち武者狩りするような連中が潜って取ってるやろ




5: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:47:38.22 ID:PWcqBob001212
海草に埋もれて見つからないまま朽ちてるやろ




7: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:47:57.97 ID:xoDy9u1gd1212
海底動き回って場所特定できんねん




8: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:48:25.10 ID:+tul24Ska1212
熱田にあるぞ




9: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:48:56.07 ID:xoDy9u1gd1212
>>8
マ?




14: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:51:24.77 ID:+tul24Ska1212
>>9
真相は知らんがそういう話もあるで




32: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:58:42.35 ID:CNN6MSy5r1212
>>8
あつたにあった
ナンチテ




39: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:59:47.99 ID:SaeUwZXlr1212
>>8
あれは十握剣やろ




40: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:00:29.13 ID:+tul24Ska1212
>>39
そうなんか?すまんぎ




42: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:00:44.95 ID:IAbAGgTMd1212
>>39
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は[1]、三種の神器の一つ[2][3][4]。 草薙剣(くさなぎのつるぎ)[5]、草那藝之大刀(くさなぎのたち)とも言われる[6][7][8]。 熱田神宮の神体となっている[9][10]。




10: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:49:32.35 ID:lmY73F/501212
三種の神器って肉眼で見た奴
1000年くらい誰もいないってきいたぞ




11: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:49:51.57 ID:+YeOAbinp1212
三種の神器を全部集めたら天皇を名乗れるのになあ




12: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:50:14.03 ID:27Yf5//Q01212
ヤマタノオロチが何故か食った草薙より
ヤマタノオロチ切った十拳剣の方が上やろ




26: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:57:39.00 ID:ngIfRzu001212
>>12
十束は草薙が入ってる尾を切ったとき刃が欠けとるんや

天羽々斬(あめのはばきり、あめのははきり)は、日本神話に登場する刀剣である。「天羽々斬剣」(あめのはばきりのつるぎ) 、石上神宮では「布都斯魂剣」として祀られる。 別名「天十握剣」(あめのとつかのつるぎ)、 「蛇之麁正」(おろちのあらまさ)、 「蛇之韓鋤」(をろちのからさひ/おろちのからさび)、 「天蠅斫剣」(あめのははきりのつるぎ/あめのはえきりのつるぎ)。

スサノオが出雲国のヤマタノオロチを退治した時に用いた神剣。大蛇を斬った時、体内にあった天叢雲剣(草薙剣)にあたって切先が欠けてしまった。 当初は十拳剣/十握剣/天十握剣としか言及されず、古事記と日本書紀本文では固有名詞を与えていない。十拳剣とは「一握り十個分の長さの剣(約75.8㎝~78.8㎝)」という普通名詞である。 スサノオの十握剣には、八岐大蛇退治の時に天羽々斬剣と名称がつけられた。日本書紀では複数の別名がある(上述)。伝承によれば、現在は石上神宮で祀られている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/天羽々斬




13: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:50:57.71 ID:fhIg4bem01212
あそこは海流が速いから…




15: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:52:05.64 ID:RNpfgmMJr1212
三種の神器の本物一回見てみたい




17: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:52:54.60 ID:aJ3z8vGCF1212
見たことあるけどそんなやったで




18: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:53:07.57 ID:a4VlstS901212
平安時代末期の寿永4年3月24日(1185年4月25日)、壇ノ浦の戦いの際、二位の尼が安徳天皇とともに宝剣を抱いて入水、宝剣は関門海峡に沈み失われた[13][158]けど、
朝廷と源氏軍は宝剣の捜索を行い、寺社に加持祈祷を行わせたりもしたが、結局見つからなかったため朝廷は伊勢神宮より献上された剣を「草薙剣」とした[13][159]んや




20: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:54:29.65 ID:2D7siV7501212
>>18
wikiJ民は博識やな




23: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:56:04.78 ID:cpUK7dCA01212
>>18
やま糞




19: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:53:35.69 ID:sk57ndP201212
十種の神宝って話題にならんよな

十種神宝(とくさのかんだから)とは、『先代旧事本紀』の天孫本紀(巻3)に登場する天璽瑞宝十種(あまつしるし-みずたから-とくさ)を指す。記述によると饒速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする。

分類すれば、鏡2種、剣1種、玉4種、比礼(女性が、首に掛けて、結ばずに、左右から同じ長さで前に垂らすスカーフ様のもの)3種となる。これを三種の神器に対応させて、鏡は八咫鏡、剣と比礼は草薙剣、玉は八尺瓊勾玉であるとする説もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/十種神宝




21: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:55:30.92 ID:lwsSWRRPa1212
皇居の地下に鏡はあるんやろ?




24: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:56:17.55 ID:WTD5+MPZ01212
草薙剣は本物が何本かあるから大丈夫だぞ
どれかが贋物とかじゃなくて、全部が本物扱いなんや




27: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:57:47.53 ID:WX7s/RaMr1212
ドラクエ3でもあったな
ジパングにある




29: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:58:00.00 ID:FojwbzsHd1212
そもそもヤマタノオロチだなんて意味のわかんねーバケモノから剣が出てくるわけねーだろ
初めから天叢雲剣なんて存在しねーんだから全部ニセモノだぞ




45: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:01:56.91 ID:zK4mkYAea1212
>>29
ヤマタノオロチ神話は治水の話やぞ




30: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:58:20.47 ID:YKeZeT5i01212
確か明治天皇は三種の神器を見てるはずやで




35: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:59:09.35 ID:8ZVca/dYd1212
>>30
神宮の方は天皇でも見ちゃダメなんじゃないんか?




31: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:58:29.55 ID:I++PLCKfa1212
全部集めたらなんかすごいパワーが得られそう




36: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:59:22.48 ID:LVXagzWT01212
ロマンの塊よね




37: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:59:24.44 ID:Oa+eUOGpd1212
そもそもヤマトタケルのメイン武器は剣よりも火打ち石なんだよなあ




38: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:59:38.39 ID:WzRHcRNT01212
なんか儀式すればレプリカを以後正統扱いにできるんやろ?




41: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:00:33.31 ID:9zKkpZZw01212
ポール・アレンが探してくれるで




28: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 17:57:56.06 ID:BFEwQYjt01212
すまんが勾玉って何ンゴ?


20181213-3

勾玉
(まがたま、曲玉とも表記)は、先史・古代の日本における装身具の一つである。祭祀にも用いられたと言われるが、詳細は分からない。語の初出は『記紀』で、『古事記』には「曲玉」、『日本書紀』には「勾玉」の表記が見られる。語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/勾玉




43: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:01:47.78 ID:P48tyBL601212
曲玉ですら凡人が見たら眩しすぎて目がくらんで鼻血出るぐらいやぞ




48: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:04:35.11 ID:P48tyBL601212
海の中にも都はあるんやで~




49: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 18:05:00.77 ID:NGsT28t7p1212
三種の神器って本当に現存してんの?



天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は、三種の神器の一つ。 草薙剣(くさなぎのつるぎ)、草那藝之大刀(くさなぎのたち)とも言われる。 熱田神宮の神体となっている。

天叢雲剣は草薙剣とも言われ、三種の神器の一つ(八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣)。 三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴であるとされる。 日本神話において、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内(尾)から見つかった神剣である。八岐大蛇退治に至る経緯と、神剣の名称については古事記・日本書紀で複数の異伝がある。 スサノオは、八岐大蛇由来の神剣を高天原のアマテラスに献上した。 続いて天孫降臨に際し他の神器と共にニニギノミコトに託され、地上に降りた。 崇神天皇の時代に草薙剣の形代が造られ、形代は宮中(天皇の側)に残り、本来の神剣は笠縫宮を経由して、伊勢神宮に移されたという。 景行天皇の時代、伊勢神宮のヤマトヒメノミコトは、東征に向かうヤマトタケルに神剣(天叢雲剣/草薙剣)を託す。ヤマトタケルの死後、草薙剣は神宮に戻ることなくミヤズヒメ(ヤマトタケル妻)と尾張氏が尾張国で祀り続けた。これが熱田神宮の起源であり、現在も同宮の御神体として祀られている。

形代の草薙剣は、壇ノ浦の戦い(源平合戦)における安徳天皇(第81代天皇)入水により関門海峡に沈み、失われた。神剣の喪失により、様々な伝説・神話が生まれた(中世神話)。結局、後鳥羽天皇(第82代天皇)は三種の神器がないまま即位。平氏滅亡により神璽と神鏡は確保できたが、神剣を手にすることは出来なかった。その後、朝廷は伊勢神宮より献上された剣を「草薙剣」とした。南北朝時代、北朝陣営・南朝陣営とも三種神器(神剣を含む)の所持を主張して正統性を争い、この混乱は後小松天皇(第100代天皇)における南北朝合一まで続いた(明徳の和約)。現在、神剣(形代)は宮中に祭られている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/天叢雲剣