20190113-6




1: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:17:31.32 ID:qD0l6Y+O0
劉邦




4: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:18:23.83 ID:J1fMDVxda
劉備




9: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:19:50.07 ID:qD0l6Y+O0
>>4
名家の子孫やんけ




32: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:01.78 ID:QG8dAAH5d
>>9
史実はチンピラ同然やんけ




43: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:21.71 ID:y2gb9of20
>>32
チンピラだけど一応豪族の一族だったし
劉邦よりは有利な位置にいた




50: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:27:18.77 ID:mG/JHa1wd
>>43
きちんとした教育も受けてたしな




6: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:18:48.50 ID:qD0l6Y+O0
豊臣秀吉  水呑百姓   → 関白太政大臣
ナポレオン 敗戦国の貴族 → フランス皇帝
劉邦    地方公務員  → 前漢皇帝




10: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:20:11.85 ID:DNwjOKot0
ユスティニアヌス1世が最強やね




15: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:21:32.62 ID:qD0l6Y+O0
>>10
知らなかった
よく農民から皇帝になれたな




62: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:30:22.26 ID:Tz5sz536d
>>10
ググったが大帝すげえな


20190113-4

ユスティニアヌス1世
(ラテン語: Justinianus I, 483年 - 565年11月14日)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(在位:527年 - 565年)。

のちに皇帝ユスティニアヌス1世となるペトルス・サッバティウスは、483年にダルダニア州タウレシウム(現マケドニア共和国スコピエ近傍)で農民サッバティウスの子として生まれた。ラテン語を話す彼の家族はトラキア系ローマ人またはイリュリア系ローマ人であると考えられている。のちに彼が用いるコグノーメンの Iustinianus は叔父のユスティヌス1世の養子となったことを意味する。彼の治世中に出身地から遠くない場所にユスティニア・プリマを建設している。母ウィギランティアはユスティヌスの姉だった。

叔父のユスティヌスは近衛隊(Excubitores)に属しており、ユスティニアヌスを養子とし、コンスタンティノポリスへ招き寄せて養育した。このため、ユスティニアヌスは法学と神学そしてローマ史について高い知識を持っていた。彼はしばらく近衛隊に勤務していたが、経歴の詳細については分かっていない。ユスティニアヌスと同時代の年代記編者ヨハネス・マララスはユスティニアヌスの外見について背が低く、色白で、巻き毛、丸顔の美男子だったと述べている。もう一人の同時代の年代記編者プロコピオスは(おそらく中傷だが)ユスティニアヌスの外見を暴君ドミティアヌスに喩えている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ユスティニアヌス1世




12: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:20:33.12 ID:+FbiHLT80
さすがに朱元ショウは確定やろ




22: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:22:59.48 ID:qD0l6Y+O0
>>12
wikiみたら劉邦より生活きつかったとか書かれてて草


20190113-5

朱 元璋
(しゅ げんしょう)は、明の始祖であり、初代皇帝である。廟号は太祖(たいそ)。その治世の年号を取って、洪武帝(こうぶてい)と呼ばれる。また、生まれた頃の名は、朱重八(しゅ じゅうはち)といい、後に朱興宗(しゅ こうそう)と改名し、紅巾(こうきん)軍に参加する頃にさらに朱元璋と改名し、字を国瑞(こくずい)とした。

元末の天暦元年(1328年)、濠州の鍾離(現在の安徽省鳳陽県)の貧農の家の末子に生まれる。伝承によると母親は夢の中で仙人から赤い玉を授かって妊娠し、朱重八が生まれると家全体が赤く光り輝き、近所の人々が火事であると勘違いして家の周りに集まってきたという。従兄弟も含めて八番目の子であったため、重八と名づけられた(もしくは排行でそのように呼ばれた)。元末の政治混乱に伴い飢饉・凶作が頻発しており、朱元璋の家族は食べるものも無く飢え死にした(流行病で家族を失った説もある)。朱元璋だけは皇覚寺という寺に身を寄せ托鉢僧となり、淮河流域で勧進の旅を続けながら辛うじて生き延びたが、ほとんど乞食同然の生活であった。中国はもとより全世界の帝王・王朝創始者の中でも最も悲惨な境遇から身を起こした人物といわれる所以である。全くの庶民から王朝を創業した皇帝として劉邦と並び称されることもあるが、一応は生活の安定した自作農の家に生まれ育った劉邦に対して朱元璋の貧苦は格別である。ただし、劉邦は読み書きがほとんど出来なかったといわれるが、朱元璋は皇覚寺時代に最低限の教養は身につけていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/朱元璋




13: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:20:54.22 ID:7tpZohfS0
ナポ公は腐っても貴族やし言うほど身分低くないやろ




16: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:21:43.72 ID:Qqs4N1kK0
ゴータマ・シッタールダ




17: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:22:08.31 ID:FEmdfCSV0
アイバク




28: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:24:17.75 ID:qD0l6Y+O0
>>17
マムルークは奴隷という名の子飼いやろ

クトゥブッディーン・アイバク(قطب الدين أيبك (Quṭb al-Dīn Aybak) ? - 1210年)は、ムガル帝国のインド侵入以前にデリーを中心に北インドを支配したデリー・スルタン諸王朝最初のスルタン(在位1206年6月27日 - 1210年)。
マムルーク(奴隷軍人)としてゴール朝のシハーブッディーン・ムハンマド(ムハンマド・ゴーリー)に仕え、元奴隷身分ながら新王朝を開いた。後継者(娘婿)のイルトゥトゥミシュもまた解放奴隷であったことから、アイバクの開いたデリー・スルタン朝最初の王朝は奴隷王朝と呼ばれる。

中央ユーラシアのテュルク系遊牧民、キプチャクの出身で、アイバクの名はテュルク語で「月の主」を意味する。父母に関しては不明である。
幼少のころ、ホラーサーン(現在のイラン東北部)の都市ニーシャープールで名家に奴隷として売られて軍人教育を受けたあと、シハーブッディーンに購入されて、宮廷に仕えるマムルークとなった。アイバクは厩舎係からやがて将軍に出世すると、ゴール朝の諸君主の中ではインド方面の経略を担当したシハーブッディーンに従いインドでの戦役に従軍、ヒンドゥースタン(北インド)のラージプート諸勢力との戦いに功績を立てた。1193年にデリーを攻略したシハーブッディーンが兄・ギヤースッディーン・ムハンマドのいるホラーサーンに活動の拠点を移すと、アイバクはデリーの支配を委ねられ、北インドの征服をほとんど完了させた。1202年にはカーリンジャルを落として中央インドを征服し、さらにベンガルまで進軍して占領しインド仏教の拠点であったヴィクラマシーラ僧院を破壊してゴール朝のインド支配に貢献した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/クトゥブッディーン・アイバク




19: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:22:20.55 ID:gdVN+0DAp
田中角栄




60: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:30:03.41 ID:2swYD1tCd
>>19
これな




20: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:22:49.29 ID:RgjcIbHTM
朱元璋はナポやサルと比較にならへんぞ




23: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:23:07.37 ID:6qrB6/cy0
ヒトラー




36: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:39.48 ID:qD0l6Y+O0
>>23
時代が時代なら神聖ローマ皇帝やろな




84: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:34:25.25 ID:bAQwxrZCp
>>23
低いとまではいかない
税務官の息子だから、ひろゆきレベル




25: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:23:19.17 ID:VBdX2+aq0
貧民→盗賊から明帝国を打ち立てた朱元璋ってすごくね




34: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:21.08 ID:y2gb9of20
朱元璋
乞食坊主→皇帝




44: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:32.17 ID:QCmz1rNe0
朱元璋って成り上がりの過程がよくわからんわ
乞食やってたと思ったらいつの間にか軍閥の幹部になってるし




26: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:23:19.98 ID:bAQwxrZCp
スターリン




33: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:07.89 ID:gdVN+0DAp
>>26
ソ連って結構共産党内で頭角を現して出世した人多いよな




39: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:48.55 ID:G+27S9Mz0
スターリンの親って何しとったんやっけ
本人はジャーナリストやけども

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Ста́лин, 1878年12月18日– 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人(職業軍人ではない)。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られている「スターリン」という姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(ロシア語: Джугашви́ли、グルジア語: ჯუღაშვილი)である。

生い立ち
1878年12月18日、ヨシフ・スターリンはロシア語名ヨシフ・ヴィサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Джугашви́ли)として、ロシア帝国支配下のグルジア(現在のジョージア国)のゴリ市に生まれた。父ヴィッサリオン・ジュガシヴィリは靴職人、母ケテワン・ゲラーゼは農奴出身のカルトヴェリ人という貧しい家系であった。両親の第3子であったが2人の兄は幼児で死没しているため、実質的には長男として育てられた。
彼の生まれ故郷は騒々しく暴力的で、治安の悪い地域であった。父ヴィサリオンは地元でも評判の職人だったがアルコール依存症を患い、しばしば妻や子供に暴力を振るった。家計は次第に傾いていき、幼少期だけで9回も転居を繰り返した。7歳の時には天然痘に罹患する不幸にも遭い、助かったものの皮膚に目立つ痘痕を残した。また12歳の時までに2度に亘って馬車に撥ねられて大怪我を負い、後遺症で左腕の機能に障害を抱えることになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヨシフ・スターリン




29: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:24:30.17 ID:aLQE9weY0
イエスキリスト




30: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:24:34.89 ID:ypvwOoB50
近代日本だと田中角栄やろな




38: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:25:47.25 ID:ajITs0qZ0
角栄やろ




45: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:43.37 ID:gdVN+0DAp
田中角栄は高等小学校卒業だけど今で言うと中学校?




42: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:07.99 ID:wqasbUe8d
チンギスって最初から結構偉かったんやったっけ?




47: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:59.18 ID:qD0l6Y+O0
>>42
お父さんがモンゴル族のリーダーやな




46: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:54.85 ID:FsF743E26
桂昌院だろ




48: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:26:59.21 ID:pX1dca6qM
石勒
奴隷から皇帝

石 勒(せき ろく、274年 - 333年8月)は、五胡十六国時代の後趙の創建者。字は世龍。上党郡武郷県(現在の山西省晋中市楡社県の北西)出身の羯族(匈奴羌渠種の子孫)である。元の名を㔨と言い、幼名は㔨勒と言った。祖父は耶弈于、父は周曷朱(または乞翼加)。前趙の将軍として河北を転戦し、王浚・劉琨・段匹磾・曹嶷といった北方の諸勢力を次々と滅ぼした。3代皇帝劉聡の死際には後事を託されたが、5代皇帝劉曜と対立するようになると自立して後趙を樹立し、前趙を滅亡に追いやって華北に覇を唱えた。奴隷の身分から中原を統べる皇帝まで昇った、中国史上唯一の人物。
https://ja.wikipedia.org/wiki/石勒




78: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:33:33.77 ID:qD0l6Y+O0
>>48
ガチ奴隷から皇帝はすごいけど
血筋はいいっぽいな




49: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:27:03.15 ID:+dcrWuf3H
まあ洪武帝やろな




52: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:27:44.36 ID:DNwjOKot0
女ならシャジャル・アッ=ドゥッルとかいう化け物がおる

シャジャル・アッ=ドゥッル(アラビア語:شجر الدر (Shajar al-Durr), ? - 1257年4月28日)は、アイユーブ朝のスルタン、サーリフの夫人で、マムルーク朝の初代君主(在位:1250年)。イスラム世界の歴史において稀少な女性の君主。アイユーブ朝を引き継いでエジプトを支配したマムルーク朝は、初代スルタンにシャジャル・アッ=ドゥッルを継承したイッズッディーン・アイバクを擬することも多いが、事実上は、わずか3ヶ月であっても統治を行ったシャジャル・アッ=ドゥッルが開いた王朝であると言える。

シャジャル・アッ=ドゥッルは、もとはバグダードのアッバース朝のカリフの後宮(ハレム)にいた奴隷であったといわれ、のちにアイユーブ朝のエジプト君主となったサーリフに贈られたといわれる。いずれにせよ、1240年頃までにサーリフの寵愛を受け、サーリフの息子ハリール(夭折)を生んで解放奴隷とされ、サーリフの正夫人となった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/シャジャル・アッ=ドゥッル




59: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:29:55.78 ID:qD0l6Y+O0
>>52
女は王の嫁になりさえすればどうにでもなるからな




65: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:30:52.22 ID:1x9KJnH2d
>>59
ジャンヌダルクはどーなん?




69: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:32:01.73 ID:qD0l6Y+O0
>>65
王太子の側仕えってだけで権力は無いやろ
伝記としては人気やけど




70: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:32:20.68 ID:UprBhBK+0
>>65
そもそも出世しとらんやろ




56: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:28:46.07 ID:gdVN+0DAp
女性ならシャネルとか?




57: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:29:49.72 ID:Ycdg9E980
岩崎弥太郎




93: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:36:23.19 ID:qD0l6Y+O0
>>57
この人もすごいけど
経済界なら大久保長安もすごいな




64: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:30:34.43 ID:RH1gUFeV0
日本→秀吉(百姓)
中国→朱元璋(農民)
フランス→ナポレオン(砲兵仕官)
ドイツ→ヒトラー(伍長)

成り上がりって農民か下級軍人が多いイメージやな




68: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:31:58.31 ID:l0265G/F0
>>64
ヒトラーは軍人で頭角表したわけちゃうからスタートは美大落ちからの失業者やろ




74: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:33:06.68 ID:y2gb9of20
>>64
そら日本でも中国でも人口の9割くらいは農民だったし




66: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:31:32.89 ID:VBdX2+aq0
アイビーリーグとか出るような上層家庭のエリートが普通な中で
高卒という経歴でアメリカ大統領になったトルーマンも成り上がりといえば成り上がり




75: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:33:18.13 ID:DNwjOKot0
>>66
アメリカ大統領ならリンカーン一択やで




80: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:34:02.28 ID:31LOe4uB0
ぽるぽと




87: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:35:05.13 ID:Tz5sz536d
>>80
良いとこ出の坊ちゃんやぞ確か




82: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:34:08.75 ID:rH+DJJIW0
朱元璋に決まっとるやろ




92: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:35:48.32 ID:1k/WXqv/d
中東で奴隷から皇帝になったのもおったな




94: 風吹けば名無し 2019/01/12(土) 19:37:01.69 ID:y2gb9of20
逆にレーニンとか毛沢東なんかいちおう土地の名士の家だしな
よく革命やる気になったもんだ